衣装 小泉今日子に関するニュース

武藤彩未が80年代アイドルの名曲を歌い上げる!「A.Y.M. ROCKS ~MUTOな夜~」ライブレポート

エンタメNEXT / 2015年06月14日07時00分

バンドメンバーに続いて現れた武藤は、花柄の上下の衣装にボブのヘアスタイル。80年代のトップアイドルのようなオーラをまとっている。初日同様『A.Y.M.』で始まったライヴ、観客の反応は明らかに前日より熱い。渾身の彩未コールと手拍子がフロアを包む。 スタンドから外したマイクを手に持ち、2曲目『Doki Doki』がスタートすると場内の熱気はさらに上昇。すぐにで [全文を読む]

気が付いていましたか?あまちゃん『東京編』小ネタ集

WEB女性自身 / 2013年08月14日07時00分

ここまでやらせるとは宮藤官九郎恐るべし」【第5位・GMT47のアイドル衣装は“ももクロ”をイメージしていた】 カラフルでかわいい、フリルいっぱいのGMT47のワンピース。衣装を担当した西川まりさんによると、「監督さんから『はっきりした色で。ももいろクローバーZのイメージで』との指定をいただき、5〜6案考えたなかでこのワンピースの衣装がOKになりました。元気 [全文を読む]

【紅白出演!中森明菜特集/後編】『ベストテン』における明菜伝説を一挙紹介!

しらべぇ / 2014年12月31日17時00分

司会の黒柳徹子さんは「このミラーゲートがあれば、衣装が大きい時にミラーゲートを通る練習ができますね」と、謎の一言を発していた。 ●山口百恵も『北ウイング』を歌っていた 『ジプシー・クィーン』は山口百恵さん(明菜のデビュー時には既に引退)を彷彿とさせるというハガキがたくさん届いたという。一方、百恵さんは自宅のカラオケで明菜の歌を歌っていることが徹子さんから [全文を読む]

<今年の紅白歌合戦の本当の見所>全盛期を知る元ディレクターが語る「聖子と明菜はライバルだったのか?」

メディアゴン / 2014年12月25日00時24分

勿論「聖子ちゃんカット」「フリフリ衣装」などなど、その年の年末各賞を獲った時の「涙」なども「聖子ちゃん」作りにとても寄与したと思います。1980年代は沢山のアイドルが輩出された時代ですが、松田聖子さんの歩みがこそが今日の日本の「アイドル」という言葉の定義になっていたように思います。「聖子=アイドル」という定義に当てはめて、 「他の子は、聖子(アイドルの定義 [全文を読む]

「週刊誌来ないで」でも記者夢中に…小泉今日子の魅力

WEB女性自身 / 2014年05月04日07時00分

衣装担当の佐藤愉貴子さんも、小泉の魅力の虜だという。「小泉さんはおしゃれなので、衣装もステキに着こなしてしまいます。ストールの巻き方がすごくうまくて、しかもパパっと素早くキメます。前回は冬クールだったので、ハイブランドのダウンも用意したんですが、『ユニクロとかでいいんじゃない?』と。鎌倉に初めて行くシーンや、BBQのシーンなどは、休日の設定だったのでそうし [全文を読む]

「マルモリダンス」や「恋ダンス」だけじゃない!?印象的なダンスエンディングドラマ5選!

日本タレント名鑑 / 2017年08月09日11時45分

常に黒ずくめの衣装で無表情、とにかく厳しい教師を天海祐希さんが演じました。2005年の夏ドラマですから、もう12年も前の作品です。 エンディングは、ドラマ撮影が終わったシーンから始まり、天海さんがいつもの黒い衣装を脱いでいき、突然ダンスシーンへと切り替わります。ドラマとは真逆のラフな格好の天海さんの姿がとても印象的でした。また、『マルモ』や『逃げ恥』のよう [全文を読む]

有村架純「NHK朝ドラ・ひよっこ」役作りは「5キロ増のムチムチボディ」

アサ芸プラス / 2017年04月08日09時57分

撮影現場では「昭和の色香」衣装で、共演者を魅了していた! 4月3日からNHK朝ドラ「ひよっこ」がスタートした。13年に放送された「あまちゃん」(NHK)で小泉今日子(51)が扮する天野春子の若い頃を演じてブレイクして以来、ヒロインに“出世”して朝ドラの舞台に戻ってきたのだ。「本来、オーディションで選ばれることが多いのですが、脚本を手がける岡田惠和さんの指名 [全文を読む]

天才テリー伊藤対談「松本伊代」(1)いつもより大人なライブになりそう

アサ芸プラス / 2017年02月07日12時57分

やっぱり、あの頃のアイドルっぽい衣装と髪形にすると、「あっ、けっこうイケてるかも!」みたいな雰囲気になったんですよね、優ちゃんも私も(笑)。テリー でも、それはやっぱり素材がよくないとね。今、いくつなんだっけ?松本 51です。テリー うわっ、あの伊代ちゃんが51歳? 全然そうは見えないんだけど。松本 いえいえ、そんなことないんですよ?テリー 近くで見てもシ [全文を読む]

『昭和のスターとアイドル展』、5月に日本橋三越本店にて開催決定! コンサートや屋上ライブも

okmusic UP's / 2016年04月04日20時30分

『昭和のスターとアイドル展』では、歌謡曲の歴史を彩ったシングル・レコードのジャケットが壁面いっぱいに飾られるなかで、当時のポスター・写真・ビデオ・パンフレット・原稿・楽譜・楽器・雑誌・衣装などが展示される。また、山野楽器、ディスクユニオン、八重洲ブックセンターなどと協力し、それら歌謡曲が収録されたCDやDVD、アナログレコード、書籍、グッズなどを販売する予 [全文を読む]

複雑に絡み合う人間関係!?記憶に残る“ドロドロ系ドラマ”10選!

日本タレント名鑑 / 2015年08月25日09時55分

一見、良い感じに見える二人ですが、光の衣装が燃えれば千代のせいにされ、幼馴染の金持ちが無理やり結婚を迫り、ユリのデザインが盗まれて疑われて退職、実は光と兄妹かも・・・、光のお父さんの会社が大変なことになる、光とみさ子が婚約する・・・、さらには、ゴーストデザイナーになったり頑張って作った花嫁衣装をとりあげられたり、恩師を裏切るハメになったり・・・。まぁ見事 [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】早見優&松本伊代、お揃いの“アイドル衣装”を披露「やっぱり、思い切ってやった方が楽しい」

TechinsightJapan / 2015年06月24日11時10分

早見優が松本伊代と一緒に可愛いアイドル衣装を着た1枚をInstagramに投稿した。彼女たちが先日行われた“やついフェス”に出演した時の衣装だ。フェスへの出演が決まった際に、互いに連絡を取り合って「お揃いにしよう」と盛り上がって出来たものだという。 6月20、21日に東京・渋谷エリアで開催された『YATSUI FESTIVAL!2015』(やついフェス)で [全文を読む]

『あまちゃん』でブレイク中の有村架純がグラビア撮影で見せた「女優としての成長」

週プレNEWS / 2013年08月07日06時00分

今回の撮影は、衣装や背景など彼女の存在感をクローズアップするため、すべて白一色。余計なものを一切排除して行なわれた。 デビュー以来4年にわたり、彼女を見続けてきた週プレの担当編集者は、彼女の魅力をこう語る。 「とにかく仕事に対して一本気。非常に謙虚でまじめなコですね。例えば普段からスタッフへの気配りなど素晴らしく、お弁当をみんなで食べるときも自らお茶を配る [全文を読む]

「今年はいつになくショボイ」NHK『紅白』、美輪明宏が隠し玉に選ばれた理由

サイゾーウーマン / 2012年12月05日13時00分

「美輪もきゃりーも、オファーの時点で『派手な衣装でお願いしたい』とNHK側から注文を受けていたそうです。かつては紅白の風物詩だった、美川憲一と小林幸子の『衣装対決』を再現したいことは明白ですが、恒例企画になるというよりは一発ネタで終わってしまう可能性の方が高い。小林の出場を、“芸能界のドン”は最後まで認めなかったようですが、大人しく本家を出しておいた方が [全文を読む]

染谷俊之が衝撃告白!?「実際、神谷リクさんに恋していました」

ananweb / 2017年07月04日19時00分

栗原 撮影に入る前に監督とお話をして、1作目も観させていただいたんですが、僕としては前作が映像やメイク、衣装がとても美しかったので、これを続編としてどう作るんだろうと思っていました。この作品のテーマを僕は「愛情とは何なのか」だと思っていて、愛する人に身を捧げるとはどういうことか、というのを考えながら撮影しました。ところで花魁道中で染谷さんが踊るシーンでは [全文を読む]

小泉今日子が美しき男同士の真実の愛を描く映画のナレーションに参加した理由は?

シネマトゥデイ 映画情報 / 2017年06月25日17時34分

メークや衣装がとても美しかったので、これの続編をどうやって作るんだろうと思いました」と述懐。実際に続編の撮影に参加してみて、「ひとつひとつの映像がきれいだなと思いました」と満足げな表情を見せた。 本作には若手の注目株はもちろんのこと、佐野史郎、吹越満、竹中直人といったベテラン勢も出演している。そして女優の小泉今日子がナレーションを務めていることも注目のポイ [全文を読む]

桐谷美玲と小泉今日子の“見た目”でわかった「ジェラートピケ」の限界年齢

アサジョ / 2017年05月22日18時15分

そのため『やっぱり小泉よりはるかに桐谷のほうが似合う』『ピケは若さがないと着こなせない』『41歳のバカリがデッドラインか』などの声があがっていました」(前出・テレビ誌ライター) 演技より衣装ばかりが話題になる桐谷。やはり女優よりモデルのほうが向いているのかも。 [全文を読む]

片桐はいり、“バアさん”姿で「もっと尺を…」

Smartザテレビジョン / 2016年11月28日17時55分

片桐が役衣装で登場すると、会場は片桐の“バアさん”っぷりにどよめいた。片桐は劇中の“笑子バアさん”と同様、終始腰を曲げ、老婦人風の口調を貫く。 さまざまなエッセンスが詰まった本作を「おせち料理のよう」と表現し、「一生懸命に作り過ぎちゃって、お重に入り切らないんですよ。ですから次は、もう少し大きいお重(放送時間)を頂きたいなと思います(笑)」と、ユーモアた [全文を読む]

河合奈保子 甦る「豊満バスト」伝説を大発掘!(1)Amazon写真集ランキングで深田恭子をしのぐ売り上げ

アサ芸プラス / 2016年09月27日05時57分

「押さえつけられても、衣装を破壊」「その重さで踊ればバランスを崩し、時に呼吸さえ困難にさせた」など、清純さを求められた80年代アイドル・河合ならではの「伝説」の数々をレポートする! 伝説の超巨乳アイドル・河合奈保子(53)が帰ってきた──8月31日、アイドル時代のショットを集めたリバイバル写真集「月刊平凡GOLDEN BEST!Vol.1 再会の夏」(マガ [全文を読む]

有村架純、テングぶりで分かる黄信号

NewsCafe / 2016年07月29日12時25分

「有村が『au×HAKUTO MOON CHALLENGE』にかぐや姫の衣装で出席したとき、終始不機嫌な態度を続けました。あまりに態度が悪くてイベントが失敗に終わる寸前、一緒に登壇した篠原ともえ(37)が気を遣って一人でしゃべりまくってくれましたが、最悪の雰囲気でしたね」(女性誌記者) なぜそんなに不機嫌だったの? 「冷房が弱くて暑かったからでしょう。有 [全文を読む]

青柳翔、歌声を披露!?「HiGH&LOW THE MOVIE」【インタビュー後編】

Woman Insight / 2016年07月17日11時00分

【青柳翔さん】 HM 鵜飼雄輔(TRON)ST So Matsukawa (TRON) 衣装協力 JUMPIN’ JAP FLASH(ジャンピン ジャップ フラッシュ) 【鈴木伸之さん】 HM 鵜飼雄輔(TRON) ST Yasuhiro Takehisa (MILD) 後編でも「苺美瑠狂」への愛が止まらなかった青柳さん。今回参加されたアルバムでの歌声も [全文を読む]

フォーカス