メイク 木村佳乃に関するニュース

“イッテQ出演”木村佳乃に称賛の嵐「面白すぎる!」

日刊大衆 / 2017年03月26日11時05分

その後もゲームに負けて顔面にパイを浴びたり、イモトと同じような太眉メイクを披露したりと、お笑い芸人並みの体当たり芸で笑いを誘った。 そして極めつきが、ウォータースライダーでの雄姿だ。木村は全長85メートルの超ロングウォータースライダーに乗り、最後は池に勢いよく落水。水から上がると木村の髪の毛は水草まみれ。ナレーションで“水草女優”と紹介されてしまうほど、イ [全文を読む]

「WOMAN EXPO TOKYO 2017」が大盛況の中、閉幕!

PR TIMES / 2017年05月25日09時23分

ヘアメイクアップアーティストの嶋田ちあきさんの「感度を高める、自信がつく、『これだけメイク』」は、講演開始後も入場者があとを立たず、嶋田さんの人気と働く女性のメイクのトレンドへの関心度の高さをうかがわせるセッションとなった。今年のメイクのトレンドについて、嶋田さんは、「これまでの年より、ナチュラルなベールメイクが求められる」とコメント。いかに素顔っぽいメ [全文を読む]

【バンタンデザイン研究所】沢尻エリカさん主演!フジテレビ系ドラマ「ファーストクラス」に卒業生ファッションブランドの衣装協力をはじめ、多岐にわたり制作協力を実施!

DreamNews / 2014年10月09日11時00分

ファッション、ヘアメイク、ビューティ、グラフィックデザイン、映画、映像、フォト、ゲーム、マンガ、アニメ、パティシエ、カフェ、フードコーディネーターなどのクリエイティブ分野に特化し、即戦力人材を育成するスクール運営事業を行っているVantan(バンタン)(本部所在地:東京都渋谷区 代表:長澤俊二) は、フジテレビ系で10月15日(水)夜10時に放送される沢尻 [全文を読む]

モントリオール世界映画祭最優秀監督賞受賞の呉美保監督が演出 丸美屋「釜めしの素」新テレビCM放送開始のご案内 『がんばれる理由篇』 2017年2月25日(土)より全国で放送開始

PR TIMES / 2017年02月23日12時28分

今回、家事に奮闘するお母さん役ということでナチュラルなメイクで登場しました。花ちゃんと凛ちゃんが到着するまで、セットの子供用のおもちゃを見ると「これ2人喜ぶんじゃない」と木村さんご自身の家族構成と同じく、“2人の娘”である花ちゃんと凛ちゃんの到着を心待ちにするように、早くも母親の顔になっていました。2人が到着すると「大きくなったね」「向こうにいっぱい遊ぶも [全文を読む]

モントリオール世界映画祭最優秀監督賞受賞の呉美保監督が演出 丸美屋「釜めしの素」新テレビCM放送開始のご案内

PR TIMES / 2017年02月23日10時28分

今回、家事に奮闘するお母さん役ということでナチュラルなメイクで登場しました。花ちゃんと凛ちゃんが到着するまで、セットの子供用のおもちゃを見ると「これ2人喜ぶんじゃない」と木村さんご自身の家族構成と同じく、“2人の娘”である花ちゃんと凛ちゃんの到着を心待ちにするように、早くも母親の顔になっていました。2人が到着すると「大きくなったね」「向こうにいっぱい遊ぶも [全文を読む]

「イッテQ」で超絶ダイブ!“スライダー女優”木村佳乃の無双ぶりに人気急騰

アサ芸プラス / 2017年03月26日17時59分

上品なイメージが強い木村だったが、イモト同様の太眉メイクを披露したり、イモトとのパイ投げで顔面パイまみれになったりと、予想に反したはっちゃけぶりを見せた。「特にクライマックスで見せた長さ85メートルのウォータースライダーから泥沼にダイブするのは衝撃的でしたね。最初こそチャレンジに戸惑いがあったものの『スライダー女優、スライダー女優』と自身を鼓舞してしっかり [全文を読む]

怖すぎる妻演じる木村佳乃「私はもともとすっとこどっこい」

NEWSポストセブン / 2016年06月01日16時00分

「この間メイクさんに『5日って何日だっけ?』って聞いちゃって! もともと私はすっとこどっこいなことが多いんですけど、さすがにこれはヤバイなと思いましたね」 とお茶目に笑う木村。その表情は、バラエティー番組ではじける彼女の姿と重なる。 「以前からバラエティー番組には出していただいていたんですけど、海外ロケまで参加したのはあの番組が初めてでした」 木村が「あ [全文を読む]

映画『ホットロード』 能年玲奈のママ役に木村佳乃!能年「会う度こちょこちょってされるのが面白かった」

ダ・ヴィンチニュース / 2014年04月08日19時10分

木村さんとの撮影、毎日楽しかったです!」、木村佳乃さんは「能年さんと二人で、テストの時にメイクさんが用意してくれた付け髭をつけて監督を驚かせたりしました。監督のリアクションがとても面白かったです。」と語り現場の雰囲気の良さがうかがえた。 [全文を読む]

美女化するイモトアヤコ 太眉封印で女優業進出のワケ

文春オンライン / 2017年07月30日07時00分

人気バラエティー『世界の果てまでイッテQ!』(日テレ系)における“珍獣ハンター”として人気のイモトアヤコ(31)が、トレードマークの極太眉メイクを封印した女優顔で話題を集めている。 「イモトは昨年夏の『家売るオンナ』で初の連ドラ出演を果たし、現在同じ日テレ系の『ウチの夫は仕事ができない』に出演中。昨年はOL役でしたが今回は妊娠中の主婦役。20日の自身のツイ [全文を読む]

「イッテQ」木村佳乃の物忘れは超ドQ!?「食事したら尿意も忘れた」

アサジョ / 2017年06月01日18時15分

ドラマでは主演級のベテラン女優なのに、イモトと同じ太眉メイクにジャージ姿をしてくれるなんて、さすが大ヒット番組は違うと局内でも話題になりました」(番組関係者) いったいどうやって口説いたのか……。だが、素顔の木村は驚くほど“天然”なのだという。「イモトによると、木村はとにかく忘れっぽい。『トイレに行きたい』とずっと言っていたのに、食事をしたらすっかり忘れる [全文を読む]

有村架純「NHK朝ドラ・ひよっこ」役作りは「5キロ増のムチムチボディ」

アサ芸プラス / 2017年04月08日09時57分

「ひよっこ」の最初の舞台となる茨城編では、日焼けメイクに「もんぺ」の衣装を着用。その“コスプレ”姿がソソり、撮影現場で大コーフンしたのが、みね子の父親役の沢村一樹(49)だった。ドラマスタッフが話す。「役作りでムッチリした有村さんを見ながら、『もんぺ姿が昭和をにおわせて、いいね~』と言ってニヤニヤしていたんです。その様子に母親役の木村佳乃さん(40)が、『 [全文を読む]

中村倫也、佐々木希、木村佳乃、菅田将暉ら出演映画「星ガ丘ワンダーランド」待望のDVD & Blu-ray発売

Smartザテレビジョン / 2016年09月07日10時00分

「資生堂HighSchool Girl?メイク女子高生のヒミツ」や「Google」シリーズなど話題のCMを数多く手掛け、各国の広告賞にたびたび輝いている注目のクリエイターだ。 今回リリースされるBlu-rayには、予告編・メイキング映像などを収録した特典ディスクが同梱されている。日本映画界の"今"を映し出す珠玉の本作、本編と合わせて制作の裏側も楽しみたい。 [全文を読む]

伊東美咲「劣化してない!」と賞賛相次ぎハセキョーと明暗分かつ?

messy / 2014年12月01日14時30分

彼女の公式サイトに掲載された写真の初出は美容雑誌「VOCE」(講談社)であり、プロのヘアメイクがつき、プロのカメラマンが照明などを計算したうえで撮影し、画像補正も施された一枚であることは間違いない。それゆえ、ここまで「ヤバイ」と賞賛を受けるのも不自然な気がするのだが……。 思い起こせば、彼女の復帰直前に「フライデー」(講談社)に掲載された“隠し撮り写真” [全文を読む]

『ファーストクラス』に学ぶ!愛される「上質な」女性に必須のファッションセンスって?

ANGIE / 2014年11月19日22時59分

服に合わせてヘアメイクも毎回違うので、ファッションを見ているだけでも楽しめると思いますよ。 今、大注目のジュエリーって? 服に合わせたジュエリー選びは、普段のスタイリングでも迷ってしまうところ。そこで、沢尻さんのジュエリー使いをぜひチェックしてみましょう! 注目のジュエリーは、放送で何度も身につけていた『ヴァン クリーフ&アーペル』です。 さり気ないのに [全文を読む]

【Asia Fashion Collection】ドラマ「ファーストクラス」出演の“篠原ともえ”さんが登場!「アンリアレイジ」“森永邦彦”さんの応援メッセージを上映!各界を代表する著名人が審査を担当!

DreamNews / 2014年10月15日14時00分

現役のプロクリエイターを講師に迎え、ファッション、ヘアメイク、ビューティ、グラフィックデザイン、映画・映像、フォト、ゲーム、マンガ、アニメ、パティシエ、カフェ、フードコーディネーターなどの分野において、業界と連携した「実践型デザイン教育」で、即戦力となる人材を育成する教育事業を展開し、これまでに 18 万人以上の卒業生を輩出しています。 【東京・大阪】 P [全文を読む]

読モ志望女子急増も「見るに堪えない容姿の応募者多い」の声

NEWSポストセブン / 2012年11月23日07時00分

「ブロガー」をひとつのジャンルとすることで、「ブロガー風」ファッションやメイクを提案する。 こうして読モの門戸が広がったからなのか、近年、読モ志望の女子が急増、それに伴い、思わぬ余波が生じている。都内の広告代理店の女性社員が語る。 「読モを女性誌に斡旋する仕事をしているのですが、“控え組”と呼ばれる女子がかなり多くいます。こちらでは、自分から読モになりたい [全文を読む]

フォーカス