木村佳乃 玉木宏に関するニュース

【エンタがビタミン♪】木村佳乃『ジュラシック・ワールド』吹替えで声がつぶれる。娘たちから「ママ、何言ってるか分からない」

TechinsightJapan / 2015年07月13日22時10分

夏休みの公開を前に、ブライス・ダラス・ハワードをはじめとするキャストと監督が来日し、吹替えを演じた玉木宏、木村佳乃、松岡茉優も登壇した。 13日、都内にて映画『ジュラシック・ワールド』来日記者会見が行われ、ヒロイン・クレア役のブライス・ダラス・ハワード、クレアの甥・グレイを演じたタイ・シンプキンス、ザック役のニック・ロビンソン、初来日となるコリン・トレボロ [全文を読む]

玉木宏、恐竜のテーマパークには誰と行く?

Movie Walker / 2015年05月13日16時30分

5月13日に都内で本作のテーマパークオープン発表会が開催され、日本語吹替版キャストに決定した玉木宏、木村佳乃、お笑いコンビのオリエンタルラジオ(中田敦彦、藤森慎吾)が出席した。 本作は、恐竜たちの生態が楽しめるテーマパーク“ジュラシック・ワールド”を舞台に、新種の恐竜が暴れ出し、人々を恐怖に陥れる様が描かれるアクション・アドベンチャー大作。イベント会場には [全文を読む]

「プロを使えば?」『ジュラシック・ワールド』の声優騒動、ファンからもっともな指摘

Business Journal / 2017年09月22日20時00分

だが、劇場版での日本語吹き替えではオーウェン役を玉木宏、クレア役を木村佳乃が演じていたが、テレビ放送ではそれぞれを山本耕史、仲間由紀恵へと変更。 一部の視聴者から違和感を覚えたという声がSNSなどであがったほか、玉木と木村の両事務所がメンツを潰されたと激怒しているなどと一部スポーツ紙で報じられ、プチ炎上を招く事態となっている。 2人以外にも、グレイ役が松岡 [全文を読む]

『真田丸』堺雅人のギャラは1本50万円、では大泉洋は?

WEB女性自身 / 2016年04月01日06時00分

木村佳乃 15万円。 だが、最近は徐々に値上がりしているという。芸能関係者は次のように語る。 「いまでもNHKは額面では民放よりも低い。だが、再放送やBSの放送で上積みされるうえ、最近は金額が上積みされている。場合によっては民放よりも高くなるケースもある。ただでさえNHK番組の出演はイメージがいいのだから、キャスティングで民放に負けることもない。事務所側も [全文を読む]

玉木宏、木村佳乃が吹き替え!ド級のヒット作発売決定

Smartザテレビジョン / 2015年12月23日20時45分

日本語吹き替えには、主演の二人の声を、玉木宏と木村佳乃が演じる他、子役の声は松岡茉優が、コミカルなシーンはオリエンタルラジオが演じるなど、吹き替えキャスト陣も話題に。 ■ストーリー:恐竜の謎と優れた特性を体験し、至近距離で触れ合うことができる高級リゾート“ジュラシック・ワールド”。 このパークのマネジメントに意欲満々の野心家クレア(ブライス・ダラス・ハワ [全文を読む]

「初恋の人に会ったみたい」 松岡茉優、吹き替えにドキドキ

NEWSポストセブン / 2015年07月26日16時00分

会見には、日本語版吹き替えを担当したオーウェン役の玉木宏(35才)、クレア役の木村佳乃(39才)、グレイ役の松岡茉優(20才)も出席し、4人の来日を歓迎した。 今回が吹き替え初挑戦だった松岡だが、担当したのはタイ・シンプキンスが演じた、グレイ少年。収録中はずっとタイ・シンプキンスの口元を見ていたとのことで、「初恋の人に会ったみたい」とドキドキの告白をした [全文を読む]

『ジュラシック・ワールド』の美少年に松岡茉優が告白!

Movie Walker / 2015年07月13日14時56分

スティーヴン・スピルバーグ製作総指揮による世界的ヒットシリーズ最新作『ジュラシック・ワールド』(8月5日公開)の来日記者会見が7月13日にザ・リッツ・カールトン東京で開催され、来日を果たしたブライス・ダラス・ハワード、タイ・シンプキンス、ニック・ロビンソン、コリン・トレボロウ監督、日本語吹替え版声優を務めた玉木宏、木村佳乃、松岡茉優が出席。 少年・グレイ役 [全文を読む]

オリラジ・藤森慎吾が交際女性を揶揄され怒り「そんなに激しくねぇよ!」

Entame Plex / 2015年05月13日20時13分

5月13日、東京タワー・スターライズタワー スタジオアースで、映画「ジュラシック・ワールド」テーマパーク発表会が行われ、俳優の玉木宏、木村佳乃らが登壇し、花を添えた。このイベントは、今年8月7日(金)より全国公開される映画「ジュラシック・ワールド」を記念したもので、日本語吹き替えを担当する玉木、木村、さらにオリエンタルラジオの中田敦彦・藤森慎吾のふたりも登 [全文を読む]

「失敗すれば脱がされる」!? 沢尻エリカ、綾瀬はるかとの“水10対決“にどうしても勝ちたい理由

メンズサイゾー / 2014年10月21日20時20分

だからこそ、絶対に続編は失敗できないという気負いがあり、初回の低視聴率に危機感を抱いたのか非常にナーバスになって現場もピリピリしてきている」(芸能関係者) フジも『ファーストクラス』に並々ならぬ期待をかけており、新キャストに木村佳乃、夏木マリ、余貴美子、倉科カナなど主役級を投入。ドラマ初出演となるシシド・カフカや、特に人気の高かった菜々緒ら前作キャストを再 [全文を読む]

フォーカス