井上真央 木村佳乃に関するニュース

嵐・松潤と井上真央、結婚破談に…ジャニーズ事務所の犠牲に、SMAP解散騒動の影響

Business Journal / 2016年05月03日07時00分

女優・井上真央が所属事務所セブンス アヴェニューを退社、独立する。井上は2005年に連続ドラマ『花より男子』(TBS系)で人気ジャニーズグループ・嵐の松本潤と共演して以来、たびたび熱愛が報じられてきたが、井上の独立により2人の結婚が間近になったとも一部で報じられている。 しかし実際は、間近だった結婚が、松本が所属するジャニーズ事務所の都合で先送りされていた [全文を読む]

踏ん張れなかったNHK大河ドラマ『花燃ゆ』、『平清盛』と仲良く並んで“歴代ワーストタイ”を徹底分析!

おたぽる / 2015年12月15日19時00分

井上真央主演のNHK大河ドラマ『花燃ゆ』(日曜午後8時~)最終回(第50話)が12月13日に放送され、視聴率は前週(第49話)の13.4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)よりダウンして、12.4%止まり。これで、全話平均は12.01%となり、2012年の『平清盛』(松山ケンイチ主演)と同率で、仲良く、大河ドラマ史上ワーストタイの不名誉な記録に並んだ [全文を読む]

NHK『花燃ゆ』 吉田松陰と桂小五郎が共演しない理由とは

NEWSポストセブン / 2015年06月08日16時00分

獄中でなお老中暗殺を諦めない松陰は、妹の文(ふみ・井上真央)の最初の夫で江戸にいる久坂玄瑞(東出昌大)に計画に賛同するよう手紙を書くが、久坂と高杉晋作(高良健吾)から計画に反対する血判状が返ってくる。松陰は激怒し、絶交を宣言する。 しかし、史実では血判状は桂小五郎(維新後に木戸孝允に改名)が江戸から萩に帰る際に、久坂、高杉から預かり、松陰に渡したとされて [全文を読む]

波瑠、土屋太鳳らブレーク女優のウラで……消えた“朝ドラヒロイン”たちはいま

サイゾーウーマン / 2016年03月07日12時45分

セブンス・アヴェニューは、所帯は小さいながらも、“大御所”白川由美、松嶋菜々子、井上真央らを擁する有力事務所で、「事務所の力で勝ち取ったヒロイン」との疑念も。『天花』には、今をときめく香川照之や木村佳乃らも出演していたが、平均視聴率は16.2%で、朝ドラスタート以降、当時のワースト視聴率を更新する不振だった。 朝ドラ後、藤澤は05年公開の『奇談』に、阿部寛 [全文を読む]

NHK大河ドラマ『真田丸』 まずまずのスタートを切ったが“不安要素”も……

日刊サイゾー / 2016年01月14日21時00分

『平清盛』は17.3%、14年の『軍師官兵衛』(岡田准一主演)は18.9%、15年の『花燃ゆ』(井上真央主演)は16.7%のスタートで、それらと比較すれば上々の発進といえる。 15年の『花燃ゆ』は、主人公が思想家・吉田松陰の妹・杉文(後の久坂美和)という極めて無名な人物。その上、主役の井上はトップ女優とはいえず、当初から視聴者の関心も低く、まったく盛り上が [全文を読む]

嵐・松本潤、岡田准一……マスコミ関係者をも驚愕させた「ジャニーズ熱愛スクープ」

サイゾーウーマン / 2014年11月09日09時00分

「やはり嵐・松本潤と井上真央の真剣交際でしょうか。彼らの熱愛説はネットのうわさを含めれば、5年以上前から断続的にもたらされていたものです。決定的な証拠が大々的に報じられたわけではありませんが、一部週刊誌が証拠を掴んだものの、ジャニーズ側の圧力で記事が握りつぶされたという情報がメディア関係者の間で流れた時は、『本当に付き合っていたんだ』と驚いたものです」( [全文を読む]

フォーカス