木村佳乃 鈴木京香に関するニュース

真田丸 秀吉演じる小日向文世らの「名古屋弁」の面白さ解説

NEWSポストセブン / 2016年05月18日16時00分

行方不明だった姉・松(木村佳乃)も戻って、にぎやかになり、視聴率も上がってきた。 そこで私が気になったのは、言葉のイントネーション。要するに秀吉らの名古屋弁(学術的には細かい分類があるかもしれないが、ここはざっくりと名古屋弁ってことで)である。ドラマの場合、あまり方言が出過ぎるとわかりにくくなるため、セリフではあまり使われないことも多いが、『真田丸』では秀 [全文を読む]

NHK大河ドラマ『真田丸』 まずまずのスタートを切ったが“不安要素”も……

日刊サイゾー / 2016年01月14日21時00分

加えて主な出演者は、木村佳乃、長澤まさみ、草刈正雄、高畑淳子、大泉洋、草笛光子、黒木華、内野聖陽、近藤正臣、斉藤由貴、藤岡弘、吉田羊、高嶋政伸、遠藤憲一、小日向文世、桂文枝、鈴木京香、竹内結子、山本耕史、片岡愛之助、吉田鋼太郎と、超豪華。ストーリーはともかく、このメンバーで視聴率が取れなければ、大河ドラマも終わりといっていい。 だが、期待が大きかっただけに [全文を読む]

踏ん張れなかったNHK大河ドラマ『花燃ゆ』、『平清盛』と仲良く並んで“歴代ワーストタイ”を徹底分析!

おたぽる / 2015年12月15日19時00分

キャストも木村佳乃、長澤まさみ、草刈正雄、高畑淳子、大泉洋、草笛光子、黒木華、内野聖陽、近藤正臣、斉藤由貴、藤岡弘、吉田羊、高嶋政伸、遠藤憲一、小日向文世、桂文枝、鈴木京香、竹内結子、山本耕史、片岡愛之助、吉田鋼太郎らの出演が決まっており、超豪華。これで、視聴率が取れなければ、大河ドラマも終わりか……。 ☆NHK大河ドラマ 平均視聴率ワースト10 1位タイ [全文を読む]

石原さとみが不倫妻で新境地開拓!? “官能ドラマ“に活路を見出すフジテレビの思惑

メンズサイゾー / 2014年10月30日10時00分

2010年に放送された『セカンドバージン』(鈴木京香主演)をはじめ、『カレ、夫、男友達』(2011年/真木よう子)、『はつ恋』(2012年/木村佳乃)、『夫婦善哉』(2013年/尾野真千子)、『ガラスの家』(2013年/井川遥)など、毎年のように不倫ドラマを連発している。こうした点を踏まえれば、フジテレビが牽引しているかのような不倫ドラマブームも、その源流 [全文を読む]

NHKドラマ「はつ恋」はひらがなだからいい、と女性ファン力説

NEWSポストセブン / 2012年08月21日16時00分

今、話題を一手に集めているのが木村佳乃主演の「はつ恋」(全8話)。初恋の人と再会し、愛する夫と子どもと、初恋の人との間で、少しずつ心を引き裂かれていく主人公。回を重ねるごとにじわじわと評判をあげ、最終回の視聴率は11.9%を記録。鈴木京香主演「セカンドバージン」の視聴率を上回り、この枠の最高視聴率をマークしました。 放送が終了した後、視聴者からの反響が殺到 [全文を読む]

フォーカス