英語 法政大学に関するニュース

現役ハーバード大生と高校生の交流プログラム「FGLP in Tokyo」を8月6日~8月8日に法政大市ケ谷キャンパスで実施

@Press / 2015年07月22日12時30分

現役ハーバード大生と交流する、高校生対象の英語によるアクティブラーニングプログラム「FGLP(Future Global Leaders Program)in Tokyo」(企画:株式会社JTBコーポレートセールス、プログラム運営:日米学術センター)を、本学市ケ谷キャンパスにて開催します。 同企画は、昨年に引き続き2回目の開催となり、日本の若者に不足しがち [全文を読む]

法政大学初のビジネスプランコンテスト『APOLLO2012』 無事閉幕!

@Press / 2013年02月14日10時00分

また、コンテスト最終日には参加者の中から選ばれた4名の有志による英語でのプレゼンテーションも行われ、レベルの高いコンテストになりました。法政大学でのビジネスプランコンテスト開催は初めての試みにも関わらず、7学部から50名近くの参加者が集まりました。参加者からは「自分とは異なる他学部の視点に触れることができて新鮮であった。」「授業で学んだ知識を実践の場で生か [全文を読む]

2018年9月、英語学位プログラム「グローバル経済学・社会科学インスティテュート(IGESS)」を開設

@Press / 2017年03月16日10時00分

学校法人法政大学(総長:田中 優子)は、全ての授業を英語で行う新プログラム「グローバル経済学・社会科学インスティテュート(IGESS)」を2018年9月に開設します。 本学では2008年4月に開設したグローバル教養学部(GIS)をはじめとして、2015年9月にイノベーションマネジメント研究科のグローバルMBAプログラム、2016年9月に情報科学・理工学研究 [全文を読む]

法政大学スーパーグローバル大学創成支援事業シンポジウム「持続可能な地球社会の構築に貢献する人材育成」を市ケ谷キャンパスにて3月17日(金)に開催

@Press / 2017年02月10日11時30分

シンポジウムの前半では、本学が考える持続可能社会とその実現のための取組み、現在開発が進むベトナムが抱える課題と日越大学間の協働可能性を議論し、後半では世界規模で事業展開する企業が求めるグローバル人材像の紹介を受け、本学の英語学位プログラムや企業が目指すサステイナブル社会を担う人材育成の実際と展望をめぐって意見交換を行います。 【開催概要】 ■日時 2017 [全文を読む]

法政大学 窓口のグローバル化対応の新展開『大学職員のためのとっさのひとこと中国語会話』発行(『大学職員のためのとっさのひとこと英会話』続編)

@Press / 2016年03月30日09時30分

この冊子は、大学職員があらゆる業務場面で「とっさに」英語で対応できるようになるための予習用教材として編集され、「履修」「必修科目」などのいわゆる大学業界の業界用語をまとめて学ぶことのできる教材として発行されました。学内では、英語勉強の参考資料として利用されると共に、実際の電話やメールにて対応する際に参照されています。発行後の学内外の反響も大きく、全国の大学 [全文を読む]

法政大学イノベーション・マネジメント研究センター国際セミナー「Individual Thinking Preferences:Impact on Leadership and Why That Matters in Business」シンキング・プリファレンス ― リーダーシップへの影響とビジネスにおける重要性 ― 市ケ谷キャンパスで12月21日(月)開催

@Press / 2015年12月04日15時30分

【開催概要】 ※セミナーの使用言語は英語です。日本語通訳はありません。 ■日時 2015年12月21日(月) 18:40~20:30(開場18:10) ■会場 法政大学市ケ谷キャンパス ボアソナード・タワー25階 研究所会議室5 (所在地)東京都千代田区富士見2-17-1 JR・地下鉄市ケ谷駅または飯田橋駅 徒歩10分 ■プログラム 《講師》Dr. Ja [全文を読む]

法政大学が2016年9月、英語学位プログラムを同時開設 経営学部「GBP」、人間環境学部「SCOPE」

@Press / 2015年08月03日15時00分

学校法人法政大学(総長:田中 優子/以下、法政大学)は、2016年9月に経営学部及び人間環境学部で全ての授業を英語で行う新プログラムを同時開設しますので、お知らせいたします。 本学は、文部科学省の2014年度スーパーグローバル大学等事業「スーパーグローバル大学創成支援(タイプB:グローバル化牽引型)」に採択されました。今回の取組みはこの一環となります。 今 [全文を読む]

センター過去問、国語の平均演習年数は11年分! 難関大学合格者のとった対策とは?

PR TIMES / 2013年05月16日14時34分

【調査概要】調査内容:大学入試センター試験について(過去問演習年数、学習のポイント)調査方法:アンケート調査回収期間:2013年2月27日~4月15日調査対象:117名(国公立大学49名、私立大学68名)北海道大学、東北大学、筑波大学、千葉大学、お茶の水女子大学、東京大学、東京外国語大学、東京工業大学、一橋大学、名古屋大学、京都大学、大阪大学、大阪市立大学 [全文を読む]

あらゆる教科教材に対応→仲間と共に楽しく学べるクラウドスタディの「Studynote」 【増田(@maskin)真樹】

TECH WAVE / 2012年03月29日15時30分

英語や数学、会計などなど学びたいことは山ほどある。これぞという参考書を買ってきても、冒頭の数ページをめくり、いくつかの問題を解いたあたりで、その意欲は積読の山に埋もれてしまう現実がある。 そういった学習意欲の維持を助けてくれるクラウドスタディの新サービス「Studynote」が3月28日にリリースされた。 “どれくらい勉強したか” といった進捗を公開し、他 [全文を読む]

4月1日より田中優子総長のもと法政大学の新理事会体制がスタート -- 同大初の長期ビジョン(HOSEI2030)のウェブサイトをオープン

Digital PR Platform / 2017年04月04日08時05分

また、現在実施中のスーパーグローバル大学創成支援事業(2014-2023年度)も、2018年度には5つの英語学位コース全てが揃い、事業課題として掲げた「課題解決先進国日本からサステイナブル社会を構想するグローバル大学の創成」の実が問われる時期を迎えます。 これら重要な大学運営の確かな舵取りのために、本学では役員制度改革を図りました。今期理事会は、従来より [全文を読む]

法政大学イノベーション・マネジメント研究センター 国際シンポジウム「起業家教育の最前線-米国、スウェーデン、日本の取り組み-」2月23日(木)に市ケ谷キャンパスで開催

@Press / 2017年02月03日14時00分

【開催概要】 ■日時 2017年2月23日(木) 13:00~17:00(開場12:30) ■会場 法政大学市ケ谷キャンパス ボアソナード・タワー26階 スカイホール (アクセス)東京都千代田区富士見2-17-1 市ケ谷駅または飯田橋駅 徒歩10分 ■プログラム ※日本語・英語同時通訳付き 13:00~13:10【開会挨拶】 「日本の起業家活動の課題」 [全文を読む]

法政大学と三輪田学園が高大連携に関する協定を締結

@Press / 2015年07月31日16時00分

2015年度の具体的な事業内容としては、理科実験教室(体験授業)のほか、法政大学キャンパス見学会、三輪田学園の英語異文化交流討論会への法政大学交換留学生の参加等を予定しています。 【主な連携内容】 (1)法政大学の教員による三輪田学園の生徒を対象にした講義 (2)法政大学の学生と三輪田学園の生徒の交流 (3)法政大学と三輪田学園の教職員の情報交換 【締結 [全文を読む]

法政大学大学院に公共政策研究科サステイナビリティ学専攻を2016年4月 設置

@Press / 2015年06月30日13時30分

(本学博士後期課程での長期履修制度導入は 本専攻が初めてとなります) (3) 学位 修士(サステイナビリティ学)、 博士(サステイナビリティ学) (4) 全てのカリキュラムを英語で実施する 英語プログラム(博士課程のみ)受験資格 : http://www.hosei.ac.jp/documents/gs/nyushi/syutsugansyorui/ju [全文を読む]

中学英文法の知識で、英語の大学入試問題の79%が解答可能- 『アルク英語教育実態レポート』 2月20日発表

PR TIMES / 2015年02月20日12時06分

実証データが明らかにした「中学英文法」の重要性株式会社アルク(東京都杉並区永福 代表取締役社長:野田 亨、以下アルク)は本日、『アルク英語教育実態レポート(Vol.2) -英語の大学入試問題における中学英文法の重要性調査-』を発表しました。英語学習者に成果をもたらす有益な方法を追求し、その研究結果をお伝えする『アルク英語教育実態レポート』。この度発表する『 [全文を読む]

グローバル・多文化共生トークショー!移民の子どもを追ったフランス映画『バベルの学校』公開記念

DreamNews / 2015年01月30日10時00分

フランス語音声(一部他言語)、日本語・英語両字幕にて上映。http://unitedpeople.jp/babel/アイルランド、セネガル、ブラジル、モロッコ、中国…。フランス・パリのとある中学校には、11歳から15歳の世界中からやってきた20国籍24人の子供たちが集まっている。家庭の事情で やってきた子、辛い母国の生活から逃れ自由になるためにやってきた子 [全文を読む]

オンライン学習サーヒ゛ス「schoo(スクー)」と、法政大学 キャリアテ゛サ゛イン学部か゛コンテンツ提携

PR TIMES / 2014年05月15日09時47分

「キャリア」と聞いて一般的に想起される、職業、特に専門的な 職業に関することて゛はなく、英語の Career の意味(生涯、経歴、行路なと゛)に即して、人か゛生涯にわた ってたと゛る生の軌跡のすへ゛てか゛「キャリア」て゛あると定義。一人ひとりにとってかけか゛えのない人生=キ ャリアを主体的に「テ゛サ゛イン」(設計・再設計)していくための理論と実践を「キャリ [全文を読む]

フロスト&サリバン ジャパン エグゼクティブブリーフィング4月12日(火)開催「2016年グローバルセキュリティ展望と投資機会」

DreamNews / 2016年03月17日10時00分

)【プログラム】(13:40 - 14:00) 受付 (14:00 - 14:05) 開会挨拶 長竹 宏/日本オフィス コンサルティング部長兼副社長 (14:05 - 15:20) グローバルセキュリティ展望と成長を続けるテクノロジースブランシュ ダス/フロスト&サリバン 航空宇宙・防衛・セキュリティ部門 アジアパシフィック地区 副社長兼部門長 (15:2 [全文を読む]

彬子女王『赤と青のガウン オックスフォード留学記』発刊のお知らせ

@Press / 2015年01月15日13時45分

全25編のエッセイは、当時の留学生活を振り返り、留学して最初のオリエンテーリングで飛び交う英語がまったく聴き取れず、部屋に逃げ帰って涙をこぼしたエピソードや、生まれて初めて側衛が付かずに街を歩いたときの「言葉にしがたいさびしさ」など、日本とはまったく違う環境で一人暮らしを始められた皇族の戸惑いを正直に書かれ、さらに指導教官になってくれたマートン・コレッジ [全文を読む]

千葉テレビの中山京子アナ 趣味はママチャリで迷走すること

NEWSポストセブン / 2015年01月08日16時00分

小学生時代、女性アナウンサーが英語で外国人にインタビューしている番組を見て「かっこいい」と憧れていたという彼女。 夏の甲子園千葉予選を伝える『高校野球ダイジェスト』を担当したいと思い千葉テレビを選んだ。敗れたチームの女子マネージャーが泣く姿を見て、自身の高校時代と重なりもらい泣きが止まらなかったという。 趣味は自転車でわざと知らない道に入って、目的地にた [全文を読む]

世界一のウェルネスカンパニーを目指す株式会社FiNC 両代表制を導入 元みずほ銀行常務 乗松文夫 代表取締役副社長就任のお知らせ ~理化学研究所・DeNA・Yahoo!出身などの多彩なメンバーも参画~

DreamNews / 2014年12月09日11時30分

個人Developerとして英語学習ログアプリ「英語1000時間」やスポーツ動画のキュレーションサイト「Topranker.tv」などの企画・開発を行う。その後、株式会社Groodに参画、オーダーメイド旅行のクラウドソーシングサービス「tabikul」を立ち上げ、ディレクション・開発を担当。 ■佐藤 卓(さとう たく)1989年生まれ。慶應義塾大学環境情報 [全文を読む]

フォーカス