綾瀬はるか 斉藤由貴に関するニュース

踏ん張れなかったNHK大河ドラマ『花燃ゆ』、『平清盛』と仲良く並んで“歴代ワーストタイ”を徹底分析!

おたぽる / 2015年12月15日19時00分

最後に大台を記録したのは、2013年の『八重の桜』(綾瀬はるか主演)の初回(21.4%)で、ほぼ3年間、20%超えを記録できていない。 来年の『真田丸』(1月10日スタート予定)は『半沢直樹』(TBS系)、『リーガル・ハイ』(フジテレビ系)で高視聴率をゲットし、“新・視聴率男”を襲名した堺雅人が主演を務め、脚本は三谷幸喜。キャストも木村佳乃、長澤まさみ、草 [全文を読む]

第12回「コメディエンヌの系譜」

ソーシャルトレンドニュース / 2016年11月05日12時00分

一例を挙げると――〇松たか子/『ラブジェネレーション』『HERO』『役者魂!』 〇観月ありさ/『ナースのお仕事』シリーズ 〇仲間由紀恵/『TRICK』『ごくせん』 〇深津絵里/『踊る大捜査線』『恋ノチカラ』 〇北川景子/『モップガール』『謎解きはディナーのあとで』『独身貴族』『HERO(第2シリーズ)』『家売るオンナ』 〇上野樹里/『のだめカンタービレ』 [全文を読む]

地味な「昭和顔」女優、なぜ大活躍?有村架純、高畑充希、黒木華が台頭した歴史的理由

Business Journal / 2016年09月08日06時00分

その一方で、深田恭子、上戸彩、井上真央、綾瀬はるか、石原さとみ、長澤まさみ、堀北真希、新垣結衣らの若手女優が次々に主演を飾り始める。 いずれも美しさは変わらないものの、彼女たちの特徴は“親しみやすさ”。不景気やインターネット普及の影響で、世間がタレント全般に「オーラやスキルよりも、親しみやすさを求める」ように変わったからだった。 10年前後では、「仲の良さ [全文を読む]

NHK大河ドラマ『真田丸』 まずまずのスタートを切ったが“不安要素”も……

日刊サイゾー / 2016年01月14日21時00分

初回が20%に乗らなかったことで、「低い」とする向きもあるが、12年の『平清盛』(松山ケンイチ主演)以降の大河ドラマで、初回視聴率が大台を超えたのは、13年の『八重の桜』(綾瀬はるか主演)の21.4%のみ。『平清盛』は17.3%、14年の『軍師官兵衛』(岡田准一主演)は18.9%、15年の『花燃ゆ』(井上真央主演)は16.7%のスタートで、それらと比較す [全文を読む]

今年のNHK紅白歌合戦 乃木坂46有力、松山千春が目玉に浮上

NEWSポストセブン / 2015年11月19日16時00分

司会は紅組が綾瀬はるか、白組がV6の井ノ原快彦、総合司会にNHKの有働由美子アナウンサーに決まったと報じられており、出場歌手にも注目が集まっている。 芸能評論家の三杉武氏はこう語る。 「昨年は、中森明菜の“復活”やアナ雪ブームもあり、視聴率的には何とか及第点を取りましたが、今年は話題になったヒット曲もこれと言ってなく、フジテレビが10年ぶりに格闘技大会の中 [全文を読む]

長澤まさみが広瀬すずを可愛がるのは「生田智子の教え」があったから!?

アサ芸プラス / 2015年06月15日17時59分

イベントには長澤さん、広瀬さん以外に、4姉妹を演じた綾瀬はるかさん、夏帆さんも出席。仲が良く、本当の姉妹みたいでしたね。広瀬さんは『皆の妹』という感じです。中でも同郷ということもあり、長澤さんに懐いていて、プライベートでもよく連絡を取り合っているそうです。長澤さんも『妹が出来たみたいで嬉しい』と、何でも相談に乗っていますよ。『自分も若い頃に先輩たちに優しく [全文を読む]

フォーカス