山口百恵 斉藤由貴に関するニュース

【男性に質問】アイドルのカレンダー貼ってた? 40~60代全てで名前が挙がった人とは?

しらべぇ / 2015年11月05日17時00分

」「雛形あきこ」など【30代】「中山美穂」「酒井若菜」「持田香織」「内田有紀」「相川七瀬」「広末涼子」など【40代】「浅香唯」(2人)「薬師丸ひろ子」「伊藤つかさ」「Wink」「松田聖子」「本田美奈子」「岡田有希子」「中森明菜」「斉藤由貴」「河合奈保子」「菊池桃子」「柏原芳恵」「今井美樹」「細川ふみえ」など【50代】「山口百恵」(7人)「天地真理」(4人) [全文を読む]

戦後70年「日本のアイドル近代絵巻」、巨大セールスの80年代

アサ芸プラス / 2015年09月09日05時59分

山口百恵が白いマイクを置いて芸能界を去った80年、アイドル界は大きな激流に巻き込まれる。扉を開いたのは、何と言っても松田聖子である。どれだけ「ぶりっ子」と揶揄されようとも、聖子は一貫して“アイドルである私”を崩さなかった。また、それを可能とするだけの歌手としての実力があり、セールスにおいてもシングルの連続1位記録を樹立する。 同じ80年には河合奈保子や岩崎 [全文を読む]

様々なロマンティックな夢を歌った名曲を収録した決定盤!「夢のうた」7月25日発売!!

PR TIMES / 2012年07月25日10時36分

17: 夢先案内人 /山口百恵 山口百恵17枚目のシングル。オリコン1位獲得。 企業プレスリリース詳細へPRTIMESトップへ [全文を読む]

「消えた主役」名作ドラマ・映画の知られざる“交代劇”(5)八千草薫が「山口百恵スケジュール」にキレて降板

アサ芸プラス / 2016年09月14日05時57分

山口百恵主演の「赤い疑惑」(75年、TBS系)で、百恵の母親役を演じた。重要な役でありながら、わずか6話で降板したのは「百恵スケジュール」のためと言われている。「トップアイドルの百恵の過密スケジュールに合わせ、収録時間が左右される。さらに、向かい合っている場面では百恵の代役が背中だけ見せていることも多く、こうしたことがベテランの八千草には我慢ならなかった」 [全文を読む]

森雪之丞、作詞家生活40周年記念CDボックスに収録される全173曲が決定

okmusic UP's / 2016年05月04日12時00分

「雪之丞 IDOL」はキャンディーズ、山口百恵から斉藤由貴、浅香唯、少女隊、Wink、東京パフォーマンスドールなど女性アイドルに限定し、70年代後半~90年代を中心に、ヒット曲から隠れた名曲まで全38曲(DISC-4 20曲/DISC-5 18曲)がラインナップ。 「雪之丞 ANIME SONG」は、今や世界各国で愛される『ドラゴンボールZ』をはじめ、『キ [全文を読む]

「紅白に出てほしい80年代アイドル」ランキング女性編

WEB女性自身 / 2013年09月12日07時00分

彼女は、2曲目の『少女A』(’82年)ですごく売れて『ポスト山口百恵』ともいわれたくらい。それが、その年のレコード大賞の新人賞にノミネートされませんでした。『なんでなんだ!』って思った記憶があります」 2位の小泉今日子、3位の松田聖子は今も“現役アイドル”であることがポイントだ。「’80年代のアイドルブームを作ったのは、間違いなく松田聖子。’82年デビュー [全文を読む]

フォーカス