作品 香西咲に関するニュース

AV業界の問題は「現場の中からの変化」を 川奈まり子・青山薫教授が激論

しらべぇ / 2017年04月17日11時30分

警察が「3号ポルノ」と呼ぶいわゆる「着エロ」や、先日逮捕者が出たカリビアンコムのような海外配信サイトに作品を提供している企業は、IPPAに加盟しておらず、業界側から見ると仲間でも何でもなく、基本的に繋がりがないので、一緒くたにして叩かれるのはAV業界側では理不尽に感じています。■「強要」という言葉による誤解も青山:今回のヒューマンライツ・ナウ(HRN)の「 [全文を読む]

AVのモザイクってどうチェックされてる?じつは審査員の半数は女性だった

しらべぇ / 2016年09月23日06時00分

1本の作品を2名の審査員がチェックし、さらに別の審査員が最終確認を行なう。モザイクの薄さやストーリーなどに問題が指摘された作品は加盟メーカーに戻され、再編集などの修正を行わなければ販売することができない。審査は、たとえばDVDの場合、映像本体・盤面・ジャケットなど、作品にまつわるすべてが対象だ。■「自主規制」が守る表現の自由成人向け映像の規制は、国によって [全文を読む]

30人のおっぱいがポロリしまくり!? セクシー女優だらけの水泳大会が放送決定!

週プレNEWS / 2015年08月19日00時00分

秋にはポロリ運動会をやりたいなって思いました(笑)」 ―ポロリ運動会もいいじゃないですか! 広瀬「ビキニで走ったらポロリ展開がいいですよねー(笑)」 香西「みんな、カワイい女のコばかりなので、ポロリがめちゃくちゃ見られてイイ時代になったねって(笑)」 ―作品でおっぱいを出すのと、番組でおっぱいを出すのでは恥ずかしさに違いはある? 福咲「めちゃくちゃ恥ずかし [全文を読む]

人気AV女優・香西咲の「だまされて出演」告発で業界激震!「これからは中国から人材調達も……」

日刊サイゾー / 2016年07月18日12時00分

作品を作るには、事務所なんてどこにあってもいいわけですから。日本の法律から逃れるためには好都合で、最近は中国や台湾、韓国の女優をスカウトしたりして、現地に人脈のある大手事務所は少なくないですし」(同) AVメーカーのDEEPSなどは、中国で女性をスカウトし、「大手電子メーカーの箱入り令嬢」という触れ込みでデビューさせたりしている。AV女優の労働法遵守に立ち [全文を読む]

当局の締め付け強化、多彩な罪状での摘発……「崩壊前夜」AV業界から“本番”が消える日

日刊サイゾー / 2017年03月10日18時00分

海外の人権団体からは日本のポルノへの批判も高まっており、これに各機関が規制強化の動きを見せていることから、業界関係者が「このままでは現状のAV作品自体がアウトになるのでは」と戦々恐々としているのだ。 昨年、週刊誌でAV女優・香西咲が出演強要を告発したが、これが氷山の一角ではないかと人権団体が被害の調査報告書を公表。これには「すべての事務所やメーカーが悪者じ [全文を読む]

「出演強要問題」はAVだけでなくグラビアアイドル業界でも起きている...中には事務所が強いるケースも

リテラ / 2017年01月31日13時00分

アダルトビデオ作品への出演であることを隠しながら「グラビアモデル」として契約書にサインさせ、その後、脅しをかけてAVへの出演を迫る。業界内ではこのような事例が頻繁に起きていると、昨年3月に国際人権NGO団体のヒューマンライツ・ナウが指摘したことからこの問題が一気に社会問題化した。 その脅しのひとつが「出演を断れば違約金を請求する」というものだ。実は、こうい [全文を読む]

AV出演強要対策「無名の出演者を置き去りにしないで」男優・辻丸さんが語る課題

弁護士ドットコムニュース / 2016年09月02日10時24分

業界歴約30年の男優「辻丸」(つじまる)さんも、女優を拷問、罵倒するなどのサディスティックな作品で、人権侵害的な撮影を経験してきたという。「昔と比べてクリーンにはなったけれど、グレーな体質は残っている」(辻丸さん)辻丸さんは「AVで食ってきたので是非もない」として、男優を続けているが、女優に対する後ろめたさから、ツイッターやブログで業界の問題点を独自に発信 [全文を読む]

AV出演強要を告白した人気女優・香西咲が“枕営業“強制の事実も告発! この機に乗じて捜査当局のAV取締の動きも

リテラ / 2016年07月16日12時30分

アダルトビデオ作品への出演であることを隠しながら「グラビアモデル」として契約書にサインさせ、その後、脅しをかけてAVへの出演を迫る。業界内ではこのような問題が頻繁に起きていることをNGO団体のヒューマンライツ・ナウも以前から指摘しており、AVに出演する女性たちの人権をどう守っていくかについての議論はかねてより交わされていた。 そんななか、マークスジャパン [全文を読む]

フォーカス