青学大 青山学院大学に関するニュース

箱根連覇狙う青山学院大学 1万m28分台で走る選手が11人になる

NEWSポストセブン / 2015年12月02日07時00分

エントリーメンバーの選考、レース形式での調整など各校の目的は様々だが、圧倒的な存在感を見せたのは、やはり青学大だった。 記録会は各選手が申告する目標タイムに応じて組分けされる。最も速い28分00秒~28分20秒で申告した選手が揃う第11組。ここでトップでゴールしたのは青学大の久保田和真(4年)。今年の箱根で1区を走った彼は序盤から集団を引っ張り、ラスト2周 [全文を読む]

箱根駅伝、ダントツ3連覇予想の青学に脅威浮上か!大番狂わせの目は駒澤大?東洋大は苦戦?

Business Journal / 2016年11月01日06時00分

ライバル校が主力を欠いたとはいえ、青学大の強さが際立ったレースになった。そのなかで青学大には、大きな収穫が2つあったと思う。ひとつはルーキー鈴木塁人が1区を区間5位と好走したこと。もうひとつは2年連続でアンカーに起用されたエース、一色恭志にタスキを渡す前にトップを奪ったことだ。 今年のチームは一色を除くと、卒業した神野大地、久保田和真ほど攻撃力のある選手は [全文を読む]

<箱根駅伝>青山学院大学・原晋監督にみる「若い人をその気にさせる伝え方」

メディアゴン / 2017年01月09日07時30分

【参考】<熊本震災 便乗犯罪に要注意>放送作家・安達元一氏「震災の被災現場で聞いた気分の悪い話、嬉しい話」今年の箱根駅伝では、3連覇を狙う青学大・復路の7区で田村和希選手が突然の体調不良に見舞われました。快調にトップを走っていたのが、16キロ過ぎから急激にベースダウン、苦しい表情で足もフラフラ、脱水症状の陥ったかのような状況でした。そんな時、監督車から原監 [全文を読む]

なぜ故障が少ない? 駅伝王者青学大を支える靴職人を直撃

NEWSポストセブン / 2016年10月21日07時00分

* * * 「これは昨夏、青学大が妙高高原(新潟県)で行なった選抜合宿の時に取った部員の足形ですわ」 3年エース下田裕太の足形を前にそう語るのは兵庫県高砂市のシューズ工房「ミムラボ」の三村仁司氏(68)だ。「青学大の強みである“故障の少なさ”の秘密を教えてください!」──そう請うてマニアさんと私は、キーマン・三村氏を訪ねた。 三村氏はオニツカ(現・アシッ [全文を読む]

ユーモラスな言葉や笑顔が印象的な青学・原監督の「別の顔」

NEWSポストセブン / 2015年11月19日07時00分

東洋・駒澤による「青学潰し包囲網」との今シーズンの戦績は、出雲駅伝(10月)では青学大が勝ち、全日本は東洋大が制する“1勝1敗”の五分。その最終決戦となる箱根駅伝に向け、原監督は対外的にも、そしてチーム内に向けても“復讐の鬼”になっている。 その象徴のひとつが、青学大相模原キャンパスから徒歩数分の場所にある3階建てのアパートだ。玄関前にはランニングシュー [全文を読む]

マラソン川内優輝「青学・原監督がマラソンを語るのは早い」

NEWSポストセブン / 2016年04月07日11時00分

発端は五輪代表選考における原監督の「リオ五輪に青学大ランナーを」発言だ。2月28日の東京マラソンで、10代選手の日本新記録(2時間11分34秒)で日本勢2位に入った青学大の下田裕太(19)について、原監督は「伸びしろは200%ある。将来性を見越して下田を五輪代表の大本命にすべきだ」とブチあげたのだ(結果的に下田は選出されず)。 原監督のビッグマウスぶりは [全文を読む]

青学・原監督が川内の「マラソン語るな」に答える【前編】

NEWSポストセブン / 2016年04月12日07時00分

青学大はら〉 本誌記者の携帯に届いたメールの文面の送り主は、今年の箱根駅伝で連覇を果たした青山学院大学の原晋・駅伝監督(49)だった──。 本誌は前号(4月15日号)で「最速の市民ランナー」川内優輝(29)が「青学・原監督はマラソンを語るな!」という激白記事を掲載した。 原監督は弱小だった青学大を箱根駅伝連覇に導き、陸上界での発言力を高めている。4月からは [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】篠田麻里子、青学大メンバーと記念撮影「完全優勝おめでとうございます」

TechinsightJapan / 2016年01月05日10時52分

そんな青学大選手たちのもとを、タレントの篠田麻里子が訪問。大の駅伝好きという篠田との記念写真に、ファンからは羨望の眼差しが注がれた。 篠田は4日、自身のInstagramを更新。「完全優勝おめでとうございます」とコメントし、今年の箱根駅伝で完全優勝を果たした青山学院大学駅伝メンバーとの写真を公開した。 もともと駅伝ファンであったという篠田麻里子。これまでも [全文を読む]

青田買い?『グッド!モーニング』の福田成美が初々しすぎる

NEWSポストセブン / 2017年01月28日07時00分

同局の青学大卒でいうことでは、堂真理子アナや小川彩佳アナ、15年入社の紀真耶アナも居るし、『グッド!モーニング』の先輩でセント・フォース所属の新井恵理那も青学大出身である。 いまのところ、福田さんがセント・フォースに所属したという情報はなく、もしかしてもしかしたら、テレビ朝日が福田さんを“究極の青田買い”をしたことも考えられる。 というのも、件の堂真理子 [全文を読む]

箱根駅伝から東京五輪へ…青学大・一色恭志が24時間すべてをマラソン中心の生活に

週プレNEWS / 2017年01月10日06時00分

(取材・文/加藤康博 写真/アフロ) [全文を読む]

東京マラソンで“オタクランナー”が躍進! 「アイマスのおかげで陸上がんばれる」青学大の“下P”こと下田裕太選手に注目

おたぽる / 2016年02月29日21時00分

“下P”こと下田選手も今年の「箱根駅伝」で復路8区を走り、青学大2連覇に貢献。区間賞歴代3位の力走を見せたことも相まって、「最速のアイマスP」などと呼ばれるように。 今回の「東京マラソン」でも、下田選手は“最速のアイマスP”っぷりを発揮。各紙のインタビューでは、終盤、ゴール地点であるコミケの聖地・東京ビッグサイトに向かうに連れペースが上がったことについて [全文を読む]

青学大・箱根駅伝2連覇の影に「青トレ」! 勝つために必要な“新しい風“とは?

ヘルスプレス / 2016年01月11日19時56分

かつては青学大も「腹筋、背筋、腕立て」という古典的な陸上競技のトレーニングを行っていたという。だがその常識を変えて、フィジカルトレーナーの中野ジェームス修一氏を招き「青トレ」が誕生した。 中野氏は指導するだけではなく、「能動的に考える」ことを重視。数名のグループにわけて骸骨の模型、筋肉図を前に議論させるなど、漫然と練習するのではなく、鍛える部位やその意味を [全文を読む]

新山の神 青学・神野大地は本田圭佑流有言実行ビッグマウス

NEWSポストセブン / 2015年01月06日16時00分

順大・今井正人(30才)、東洋大・柏原竜二(25才)に続く、“3代目・山の神”となったのが、青学大・神野大地(21才)だった。 歴史的快走を見せてくれた神野だが、襷を受ける前にはこんなエピソードが。 「この日、中継所の招集所で“かみの”ではなく“じんの”と間違えて呼ばれたんですが、それが神野くんの闘争心に火をつけたみたいですよ。名前を間違えられることを極度 [全文を読む]

箱根駅伝出場校が泊まる旅館 選手のために配慮尽くした食事

NEWSポストセブン / 2017年01月05日11時00分

1時間半ほど練習したあとは、朝食をとって普通の学生と同じように大学に向かうが、例えば青学大では寮から走って通学する。授業が終わって夕食を終えると、再び練習。ひと月で800~1000kmを走り込む。 食事もまた栄養士に徹底的に管理されている。それは、体をしぼり、体重が軽いほど長距離を走るのに有利といわれているから。選手たちは当日を最高のコンディションで迎える [全文を読む]

箱根駅伝 中継に映らない大学はウェブカメラでチェック

NEWSポストセブン / 2016年12月29日16時00分

この老舗梅干し店「村上二郎商店」は、社長の村上理吉氏が青学大OBで毎年垂れ幕を出している。店頭で確認した自家製梅干しの塩分濃度は「18%」。脱水対策に選手に差し入れしたくなる一品だ。 【1月2日12時30分頃】イチ押し大学はウェブカメラでチェック 湯本・大平台・宮ノ下などの道路を映す「箱根町観光情報ポータルサイト」のウェブカメラが存在し、中継に映らない大学 [全文を読む]

10月29日(土)開催 第30回青山まつり 『青山ワールドスポーツパレード』

PR TIMES / 2016年10月21日11時52分

過去最多32団体が参加 「スポーツの街、青山から未来へ」 青学大陸上部原監督やパラリンピックメダリスト、つば九郎も!スポーツの秋を彩るパレード開催青山商店会連合会は、青山の地域企業連携A-CROSSの協力を得て、きたる2016年 10月29日(土)に、今年30回目の節目を迎える「青山 まつり」において、年々大きな盛り上がりをみせる恒例のパレードを青山地域に [全文を読む]

箱根に男泣き“山の神”神野大地、2度の骨折から奇跡の復活!

WEB女性自身 / 2016年01月06日06時00分

青学大の象徴でもある 山の神 神野大地は、中学時代は野球で汗を流した。 「野球はクラブチームだったので、部活動は陸上部に入りましたが、掛け持ちのため陸上の大会には出られなかったんです。それでも、練習では楽しそうに走っていたのを思い出します。 印象的だったのは、とにかく小柄だったこと。入学時は体重が29キロで、今なら小4と同じぐらい。それでも元気でクラスの [全文を読む]

完全攻略ガイドで箱根駅伝をもっと楽しもう! 前早稲田大学監督・渡辺康幸による優勝予想も掲載

ダ・ヴィンチニュース / 2015年12月30日15時00分

2016年1月2日(土)のスタートを、本書を読みながら心待ちにしていよう! <内容> ・出場21チーム写真付き選手名鑑(出身高校別INDEX付き) ・付録:往路・復路コース別パノラマ3Dマップ ・瀬古利彦が解説する箱根全10区完全攻略法! ・青学大VS東洋大VS駒大! 伏兵は!? ・渡辺康幸が解説! 優勝争い大展望 ・有力校、監督たちの思惑 ・テレビ中継ス [全文を読む]

箱根で優勝狙う東洋大 「エース服部勇馬5区起用」説の根拠

NEWSポストセブン / 2015年12月19日16時00分

そう、前回箱根5区で驚異的な記録を叩き出した時の青学大・神野と同じ、山登り仕様である。ランナーは服にこだわる。着慣れないウェアで肌が擦れたりすれば集中力を削がれるからだ。 つまり、これは山登りの服装を実際に走ってチェックしているのではないか? 「東洋大の酒井俊幸・監督は、不動のエース服部勇馬を5区に起用するつもりでは」という想像が膨らみ出す。この日、東洋大 [全文を読む]

タスキのかけ方で選手の心がわかる? 箱根駅伝ウラ情報!

anan NEWS / 2015年12月13日20時00分

ちなみに1区の終わりと10区の始め、東京都と神奈川県の境で、警視庁の白バイと神奈川県警の白バイが交代します」 ■青学大の神野選手と山梨学院大のニャイロ選手に注目! では、和田さん。来年の第92回箱根駅伝の注目選手は? 「やっぱり青山学院大学の神野選手。‘12年、東洋大の柏原選手が作った5区の記録はさすがに抜ける選手はいないだろうと思っていたら、’15年いき [全文を読む]

フォーカス