ドナルド・トランプ 可能性に関するニュース

ドナルド・トランプ日本最大の理解者『予言 ドナルド・トランプ大統領で日米関係はこうなる』 著者:植山周一郎が最新ツィートに隠れた本音を分析「彼(トランプ)も(テロを)内心非常に恐れているのではないか」

DreamNews / 2017年01月12日12時00分

絶賛発売中の「予言 ドナルド・トランプ大統領で日米関係はこうなる」の著者、植山周一郎氏が最新のドナル・トランプ氏の最新ツィートを翻訳、分析し発表しました。日本人で初めてドナルド・トランプ氏にロングインタビューし、バースディ・パーティにも出席した植山氏。過去2冊トランプ氏の書籍を翻訳、トランプ氏研究の第一人者です。大統領就任間近のドナルド・トランプ過激発言の [全文を読む]

米メディアも報じ始めた「朝鮮戦争」の不気味なリアリティ

まぐまぐニュース! / 2017年03月08日05時00分

ところで、なぜ武力行使の可能性を検討しているのでしょうか? ドナルド・トランプ米大統領はこれまで同盟諸国に対し、米国の数十年来のアジア政策を維持し、同地域で結ばれている合意を破棄することはないと伝え続けてきた。一方で北朝鮮による大陸間弾道ミサイルの発射実験は阻止するとも明言しており、ここ2週間の戦略見直し作業を踏まえると、米国のアジア政策が大きく変わると [全文を読む]

トランプ当選の可能性はもうゼロではない - 冷泉彰彦 プリンストン発 日本/アメリカ 新時代

ニューズウィーク日本版 / 2016年09月23日17時00分

そんななか、ドナルド・トランプ候補とヒラリー・クリントン候補の支持率は拮抗してきています。いつの間にか、全国規模の世論調査の数字も拮抗しているのです。 政治情報サイト「リアル・クリアー・ポリティクス」によれば、最新の「世論調査の全国平均」では、まず支持率の単純平均値で、■ヒラリー・クリントン・・・46.0%■ドナルド・トランプ・・・・43.4% と僅差に [全文を読む]

中国、トランプ発言に猛反発。南シナ海に「怒り」の爆撃機

まぐまぐニュース! / 2016年12月16日04時30分

【中国】トランプ発言に対して台湾に圧力をかける中国の姑息 ● トランプ氏、「一つの中国」政策終わりを示唆 蔡英文台湾総統との異例の電話会談を行い、自身のツイッターで中国の南シナ海侵略や不公正な関税、為替操作について批判を行ったドナルド・トランプ次期大統領ですが、今度はアメリカのフォックス・ニュースとのインタビューで、中国側が蔡英文との電話会談に「重大な懸 [全文を読む]

マーク・ザッカーバーグが米国大統領になる日 2024年の未来予想図

Forbes JAPAN / 2016年11月01日07時30分

今回の選挙でドナルド・トランプが勝利するかどうかはさておき、彼のビジネスでの経験が評価され、思わぬ支持を集めたことは特筆に値する。トランプは数十年にわたり、実業の分野でリアルな困難に直面してきた。対立候補のヒラリーが長年、政治闘争やウォールストリートのインサイダーとの付き合いに明け暮れてきたのとは対照的だ。トランプは資産家の二代目で、さほどの苦労も積んでい [全文を読む]

ドナルド・トランプは自己愛性パーソナリティ障害?

JIJICO / 2016年08月18日15時00分

ドナルド・トランプ氏を自己愛性パーソナリティ障害という博士も 現代では、そういった誇大的なナルシストを自己愛性パーソナリティ障害と称します。 以下の5つ以上に当てはまると、その可能性が高いです。 □自分が重要であるという誇大な感覚 □限りない成功、権力、才気、美しさ、あるいは理想的な愛の空想にとらわれている。 □自分が “特別” であり、独特であり、他の [全文を読む]

日本は利用される。突然「一つの中国」を認めたトランプの思惑

まぐまぐニュース! / 2017年02月14日19時00分

トランプ米大統領「一つの中国」支持 習主席に電話で BBC News 2/10(金)15:36配信 米ホワイトハウスは9日、ドナルド・トランプ大統領が習近平・中国国家主席と電話会談し、中国本土と台湾は不可分だとする「一つの中国」の原則を尊重すると伝えたと発表した。トランプ氏が就任後、習主席と直接やりとりをするのはこれが初めて。ホワイトハウスによると、両首 [全文を読む]

ドナルド・トランプ次期大統領がIT企業の幹部たちと会合 イーロン・マスク氏が参加する可能性も

Autoblog JP(オートブログ) / 2016年12月14日18時00分

ドナルド・トランプ次期米大統領が12月14日に開催するIT企業幹部との会合に、グーグルの親会社アルファベットや、Facebook、マイクロソフトなどのリーダー達が参加するのは驚くことではない。テスラモーターズのイーロン・マスクCEOはこれに参加するともしないとも噂されている。差し当たってお伝えしたいのは、この会合が開かれること自体が意外な展開だということだ [全文を読む]

トランプの「秘密兵器」娘婿J・クシュナーが初めて語る、歴史的勝利の舞台裏

Forbes JAPAN / 2016年11月25日11時35分

ドナルド・トランプが近代の米大統領選史に残る劇的な勝利を収めてから1週間が経ったこの日、彼の選挙対策本部があるニューヨークの高層ビル「トランプ・タワー」の周辺は、次期大統領の登場を待つ報道陣や観光客でにぎわっていた。かつてリアリティー番組「アプレンティス」で落ち目のセレブリティたちがトランプの一番弟子になろうとしのぎを削ったこのビルの26階で、トランプは今 [全文を読む]

ニュースで学ぶMBA用語 大統領選の世論調査が外れたワケは「見栄張りバイアス」?

Spark GINGER / 2016年11月18日12時00分

アメリカ大統領選挙は、前日の世論調査でヒラリー・クリントン候補の方が3ポイントほど上回っていたにもかかわらず、ドナルド・トランプ氏の勝利に終わりました。これは、リアル・クリア・ポリティクスというサイトが出した数字で、いくつかの世論調査の平均をとったものです。統計的なバラつきをなるべく減らすよう工夫されており、NHKなどのニュースでもこのサイトの数字が用いら [全文を読む]

トランプ大統領誕生 大谷翔平の米国流出阻止できるか

NEWSポストセブン / 2016年11月15日07時00分

米大統領選挙で劇的勝利を収めたドナルド・トランプ氏の口癖は「メキシコとの国境に壁を作る」だが、日本のプロ野球界との間にも壁を作るかもしれない。アメリカ野球愛好会副代表で法政大学国際日本学研究所の鈴村裕輔氏が指摘する。 「トランプ大統領の誕生によって、日本人選手のメジャーリーグ挑戦への影響が考えられます。トランプ氏が訴えている移民の抑制にはビザ発給の制限が効 [全文を読む]

あの大川隆法がトランプ勝利を予見!? ジョージ・ワシントンの生まれ変わり説も

東京ブレイキングニュース / 2016年11月11日19時05分

世論調査やメディア報道からヒラリー・クリントン氏優位と見られていた注目の米大統領選挙だが、蓋を開けてみれば共和党のドナルド・トランプ氏が僅差で勝利という驚きの展開が世界中を騒がせている。 早くも金融相場も乱高下という先の読めない値動きで驚きを表現している。これらの騒動に対し「予見通り」と自信を覗かせるのは、ドナルド・トランプ氏の守護霊を度々自身に降霊させ、 [全文を読む]

ドナルド・トランプの総資産は37億ドル、1年で8億ドル減 フォーブス新調査

Forbes JAPAN / 2016年09月29日08時15分

ドナルド・トランプは、ここ数十年の米大統領選で全候補が行ってきた納税申告書の公開を、かたくなに拒み続けている。26日の第1回討論会では「納税申告から分かることはそれほど多くない」と主張し、米内国歳入庁(IRS)による監査を15年連続で受けていると説明。詳細を知りたければ、連邦選挙委員会に提出した104ページにわたる「財務報告書のようなもの」を参照すればいい [全文を読む]

【イタすぎるセレブ達】クリント・イーストウッド、米大統領選は「ドナルド・トランプに投票する」

TechinsightJapan / 2016年08月05日10時50分

このほどクリント・イーストウッド監督が人気誌のインタビューに応じ、米大統領選挙ではヒラリー・クリントン氏ではなく「ドナルド・トランプ氏に投票する」と語った。 歯に衣着せぬ発言や人種差別的かつ過激な発言で物議を醸しているドナルド・トランプ氏だが、クリント・イーストウッド監督は彼に投票する意向とのこと。このほど『Esquire』誌インタビューに応じたイーストウ [全文を読む]

ドナルド・トランプが語る「ビリオネアになる条件」

Forbes JAPAN / 2016年07月14日17時00分

大統領選で時の人となったドナルド・トランプは、富を手にするために何を大切にしているのか。ドナルド・トランプは2006年、『金持ち父さん、貧乏父さん』の著者であるロバート・キヨサキと共著を出している。タイトルは『Why We Want You to Be Rich』(邦題『あなたに金持ちになってほしい』筑摩書房)だ。キヨサキは、お金のゲームで勝つためには、自 [全文を読む]

【イタすぎるセレブ達】テイラー・スウィフトからドナルド・トランプまで。カニエ・ウェストのPVに全裸のセレブがズラリ!?

TechinsightJapan / 2016年06月26日16時30分

さらにベッドには元米大統領ジョージ・ブッシュ氏、リアーナ、クリス・ブラウン、ドナルド・トランプ氏、アナ・ウィンター、ケイトリン・ジェンナーといった著名人が全裸でズラリ。「数名は本物」という説もあるが、ほとんどが偽物、ソックリさん、または画像加工である可能性が高い。 ちなみにこれを知ったテイラーについては「激怒すると同時にゾッとしている」「彼女にとってはまさ [全文を読む]

「トランプ氏税金不払い」は誤報

Japan In-depth / 2017年03月19日07時00分

・朝日新聞は訂正報道するか? 「アメリカ大統領のドナルド・トランプ氏は税金を払っていなかった」――こんなニュースを読んだ人も多いだろう。日本ではたとえば2016年10月2日の朝日新聞に載った「トランプ氏、18年間税金逃れか NYTが納税記録入手」という見出しの記事など、それだった。この記事はニューヨーク・タイムズからの転電だった。【ニューヨーク=中井大助】 [全文を読む]

背が高くなる「遺伝子」が解明! ついに明かされるのか? 乳児が成人になる過程のナゾ

ヘルスプレス / 2017年02月19日21時57分

第44代のオバマ前大統領までの平均身長も180cmと一般平均よりも高いそうだが、なにかと話題のドナルド・トランプ氏は191cmというから「ビッグサイズの貫禄」という点では歴代比でもひけをとらない新大統領といえそうだ。 かように身長問題というのは侮れず、米国心理学会の専門誌が掲載したある研究報告によれば、身長が1インチ(2.54cm)高くなるのに応じて年収 [全文を読む]

EU崩壊?キリスト教が危機に?日本は?ド~なる、2017年の世界

まぐまぐニュース! / 2017年01月07日13時04分

イギリスの国民投票でEU離脱派が「まさか」の勝利、そして当初はイロモノ候補として扱われていたドナルド・トランプ氏が、アメリカ大統領選挙でヒラリー氏を破り、「まさか」の勝利と、2016年は「まさか」な出来事が多い一年でした。さて、新たに迎えた2017年はどんな年になるのでしょうか? 無料メルマガ『ロシア政治経済ジャーナル』の著者で世界情勢に詳しい北野幸伯さん [全文を読む]

NY在住の猫好き医学博士が警告する、危険な世界通貨「ドル」の実態

まぐまぐニュース! / 2016年11月21日04時45分

大きな話題となったアメリカ大統領選は、ドナルド・トランプの勝利で幕を閉じました。その過激な言動や女性問題から「反トランプ」の声も少なくありませんが、就任が決定した現在もその声は収束の気配を見せていません。メルマガ『しんコロメールマガジン「しゃべるねこを飼う男」』の著者でNY在住の猫好き医学博士・しんコロさんは、今回の米大統領選を通して「米国民の衆愚化」を懸 [全文を読む]

フォーカス