ドナルド・トランプ 政治家に関するニュース

「私は日本人を尊敬している」 実際に会ってロングインタビューを行った植山周一郎が語る ドナルド・トランプの正体とは 『予言 ドナルド・トランプ大統領で日米関係はこうなる』 12月29日緊急発売決定!!

DreamNews / 2016年12月29日11時00分

株式会社SDPより『予言 ドナルド・トランプ大統領で日米関係はこうなる』著者植山周一郎が、12月29日より発売を開始いたしました。平素よりお世話になっております。 株式会社SDPより『予言 ドナルド・トランプ大統領で日米関係はこうなる』著者植山周一郎が、12月29日より発売を開始いたしました。【著者はドナルド・トランプ氏にインタビューした最初の日本人:植山 [全文を読む]

トランプ大統領就任記念 1/20~22限定半額 日本人で最初にインタビューした植山周一郎の話題作 『予言ドナルド・トランプ大統領で日米関係はこうなる』 Kindle/iBooks/hontoでセール

DreamNews / 2017年01月19日17時00分

ドナルド・トランプ第45代大統領就任記念! 1/20~22限定3日間 50%OFF 日本人として最初にインタビューした植山周一郎氏の話題作 『予言 ドナルド・トランプ大統領で日米関係はこうなる』 Kindle/iBooks/hontoで半額セール決定!ドナルド・トランプ氏に日本人で初めてインタビューを敢行した国際ビジネスコンサルタントの植山周一郎氏の話題作 [全文を読む]

朝日健太郎候補は身長史上1位? 政治家たちの背比べ

NEWSポストセブン / 2016年07月07日16時00分

ちなみに、海外の政治家だとアメリカのバラク・オバマ大統領は185cm、イギリスのデーヴィッド・キャメロン首相は185cm、さらにアメリカ大統領選共和党候補が決定的となっているドナルド・トランプ氏も190cm近くあるとのこと。また、中国の習近平国家主席も180cmほどあり、やはり長身の政治家が目立っている。ただ、もちろん大きな政治家ばかりではなく、170c [全文を読む]

大川総裁が新有権者へメッセージ 「AKBの握手会で神対応と塩対応があるように、政治家の握手にもいろんな対応がある」

週プレNEWS / 2016年06月30日06時00分

もしここにドナルド・トランプのお面を被ったやつがいたら絶対撮るだろ。ぜひ、いろんな街頭演説会場に現れてくれ。今はネットで「ここにもトランプが現れた!」と拡散されやすい時代なんだから。 それから、オタ芸みたいな選挙芸も見てみたい。演説に合わせてみんなで踊るとか、候補者が「増税延期」と言ったら、「エンキ! エンキ!」とかけ声をかけるとか。 鉄道ファンに「撮り鉄 [全文を読む]

「メディアはトランプ報道をしくじった」:メディアウォッチャーのマイケル・ウルフ氏

DIGIDAY[日本版] / 2016年11月30日20時14分

ドナルド・トランプ次期大統領の誕生に対して、メディアが無力に感じているいま、長らくメディアウォッチャーとしてコラムを執筆してきたマイケル・ウルフ氏の評価は厳しい。米DIGIDAYのポッドキャストプログラムにおいて、「メディアはトランプ報道において何を間違えたか?」という質問に、同氏は「すべてだ」と答えた。 「文字通りすべてだ。予想、評価、そして、自分たちの [全文を読む]

トランプとプーチン「敵が多いのに愛される理由」

プレジデントオンライン / 2017年01月13日09時15分

ところがふたを開けてみれば、ジェブ・ブッシュは伸び悩み、泡沫候補と思われていたドナルド・トランプがクリントン優勢の予想を覆して勝ち抜いた。彼の放つ数々の暴言は、身内の共和党からも批判されているにもかかわらず、旋風は吹きやまない。 一方、大統領から首相へ、そしてまた大統領へと返り咲いたロシアのウラジーミル・プーチン。敵対する人物が次々と不審な死を遂げるなど、 [全文を読む]

「想定外」が連発の米大統領選の行方[グレン・S・フクシマの知彼知己]

Forbes JAPAN / 2016年04月05日10時31分

第二に、民主党はジミー・カーターやビル・クリントン、バラク・オバマなど、新顔を指名するのを好むが、今回は共和党の方がドナルド・トランプやベン・カーソン、カーリー・フィオリーナといった、最近まで政治家ではなかった新顔の候補者が有力であった。これは、いかに多くの共和党支持者が機能不全に陥った政治を作り出した政治家に不信感を持ち、この状態を打破するために、ワシン [全文を読む]

ドナルド・トランプ、柳井正、孫正義……お金がバンバン貯まる「実践!大富豪の言葉」

プレジデントオンライン / 2017年03月07日09時15分

---------- データファイル▼ドナルド・トランプ 米大統領(雑誌掲載当時:トランプ・オーガナイゼーションCEO) 【名言】私は物事を大きく考えるのが好きだ(『トランプ自伝』より) 【総資産】4500億円(45億ドル)* 【年齢】70歳(1946年生まれ) 【出身地】ニューヨーク市クイーンズ 【父親】父・フレッドも不動産業を営む 【学歴】ペンシルベ [全文を読む]

トランプ大統領の誕生 ノルウェーにもいる、静かなる支持者

ニューズウィーク日本版 / 2016年11月16日20時50分

ドナルド・トランプ氏が次期米国大統領になるというニュースは、北欧ノルウェーにも大きな衝撃として駆け巡った。筆者は、仕事柄、ノルウェーの政治家や企業・団体の代表者を取材することが多い。結果、その後フェイスブックでつながることも多く、そのネットワークには報道陣、政治家や社会活動家、企業・団体の運営者たちがやけに集まっている。一般人の集まりというよりも、その代表 [全文を読む]

【英語時事ニュース】歴史の転換点になる米大統領選を読み解く

まぐまぐニュース! / 2016年11月01日15時33分

彼は今ドナルド・トランプのために、政治家としてのキャリアを通した最大の危機に直面している。(ワシントンポストより) ニュース解説 今回の大統領選挙、ドナルド・トランプは、女性への過去のハラスメントや暴言が暴かれ、「トランプは女性の敵」とばかりに、民主党サイドは攻撃を強めています。CNNなどのメディアには、過去に言いよられたり、「おさわり」をされたりした女性 [全文を読む]

トランプ旋風を生んだ低俗リアリティ番組「アプレンティス」

ニューズウィーク日本版 / 2016年04月05日21時30分

ドナルド・トランプの人気は一時的なものではない、と当時のメディアの大勢に異論を唱えたのだ。 実際トランプは、その後急速に支持を広げていった。大半のメディアや評論家には理解できないことだった。なぜなら彼らは、トランプに魅力を感じる人々とまったく接点をもたなかったからだ。トランプを支持しているのは労働者層。政治談義を生業にするインテリ層が普段まったく注意を払わ [全文を読む]

トランプ氏を担ぎだした、米国を裏で仕切る新勢力の正体

まぐまぐニュース! / 2016年03月21日19時30分

トランプ氏の政治的背景 今週は、いよいよ本命視されてきたドナルド・トランプ共和党大統領候補の政治的背景につきまして、私見たっぷりにお話ししたいと思います。 政策もほとんど語らず、その場しのぎのポピュリストであると言われているドナルド・トランプの政治母体は、選挙対策本部のほとんどが、AFP出身者であることから、実は明確です。AFPは、「アメリカン・フォー・ [全文を読む]

落合信彦氏「アメリカは政治家も選挙民も劣化してしまった」

NEWSポストセブン / 2015年12月29日16時00分

一方の共和党は、「メキシコ系移民は麻薬や犯罪を持ち込むし、レイプ犯でもある」といった暴言がなぜか人気につながっている実業家のドナルド・トランプが支持率26%で首位。2位は小児神経外科医のベン・カーソンの23%で、この人物も「イスラム教徒にアメリカを委ねることはできない」といった過激な発言で知られている。こちらの2人は外交政策どころか、政治家としても素人と [全文を読む]

妻は25歳年上の恩師! フランス新大統領・マクロン氏はマニアック? ロマンチック?

プレジデントオンライン / 2017年05月08日15時15分

いかにもモテそうな(個人的な見解である)ニコラ・サルコジなどは3度結婚しており、大統領になる前に2人目の夫人に愛想をつかされ、その後再婚したのはあの元スーパーモデルでインテリの(そしてエリック・クラプトンやミック・ジャガーやドナルド・トランプといった名だたる色男、大物達と浮名を流し続けた)カーラ・ブルーニである! 「政治家としての人格と、プライベートの人格 [全文を読む]

トランプの計算づくめの発言に踊らされるマスコミ…「中抜き」加速で存在意義喪失

Business Journal / 2017年01月24日06時00分

20日(日本時間:21日未明)、ドナルド・トランプ米大統領の就任演説を聞いた。「アメリカ・ファースト」だけをコンセプトにした、ものすごくわかりやすい演説だった。英語も小学生でも理解可能な平易さである。さすが、泡沫候補といわれながらもプロの「政治家」を破ってきたトランプ氏らしい。哲学的なフレーズもまったくない、「シンプルこそベスト」といわんばかりだ。 筆者は [全文を読む]

独裁者からポピュリストへ「反知性」が世界を導く

ニューズウィーク日本版 / 2016年12月14日11時00分

ポピュリスト政治家の筆頭はドナルド・トランプ次期米大統領だろう。同様に大衆扇動の手法にたけているのはフィリピンのドゥテルテ大統領と中国の習近平(シー・チンピン)国家主席だ。非論理的な暴言が人々の心の奥に潜む反知性の琴線に触れて混乱を呼ぶ。そうした反知性の姿勢もまた、既存の体制やイデオロギーに対する反発だろう。ポピュリスト政治家の誕生を促したのは、ほかでも [全文を読む]

世界で広がる「反グローバリズム」が脅威に? しかし日本はまだ「グローバル化」が足りない

週プレNEWS / 2016年12月08日15時00分

イギリスのEU離脱とドナルド・トランプ氏の米大統領選挙勝利――2016年の世界を揺るがした大きな「変化」を生み出すひとつの要因となったのが、欧米で広がる「反グローバリズム」の波だ。 自由貿易を促進し、人とモノの移動を拡大してきたグローバリズムへの「疑念」がなぜ今、広がりを見せているのか? そして日本は…? 「週プレ外国人記者クラブ」第58回は、英「ガーディ [全文を読む]

トランプ大統領で合衆国「内陸」と「沿岸」の分断が進む

NEWSポストセブン / 2016年11月21日07時00分

ところが、接戦をものにしたのはドナルド・トランプ氏だった。この結果によって米国で進む「分断」について、経営コンサルタントの大前研一氏が解説する。 * * * アメリカ大統領選挙で共和党のドナルド・トランプ氏が勝利し、「トランプ・ショック」が世界に走った。イギリスのEU離脱(ブレグジット)に続いてアメリカも「内向き」「保護主義」になり、「反グローバリズムに突 [全文を読む]

トランプの「前例」もヒラリーの「心情」も映画の中に

ニューズウィーク日本版 / 2016年11月07日15時12分

●特別講義・前編:この映画を観ればアメリカ政治の「なぜ」が解ける◇ ◇ ◇(3)大衆政治とトランプ型「独裁者」の前例 今回の大統領選挙、申し上げるまでもなくヒラリー・クリントン氏とドナルド・トランプ氏が争っている選挙です。言うまでもなく、クリントン氏は実績もある既成の政治家。一方のトランプ氏は公職に就いたことが1回もない。テレビのスターだけども、政治家とし [全文を読む]

治安最悪だったメキシコのある町が、殺人や誘拐事件ゼロの町に! その背景には市民が結成した自警団の活躍があった

AOLニュース / 2016年11月05日19時00分

そのことを心から誇りに思っています」 ■参照リンクhttp://www.odditycentral.com/ ■急上昇ワード「ドナルド・トランプ」 ・トランプ氏を警戒しまくるニャンコが面白すぎるwww 【動画】 ・【知られざるトランプ伝説】プロレスで培った「アオり系演説パフォーマンス」 ・ロバート・デ・ニーロがトランプに激怒! 「あいつの顔を殴ってやりたい [全文を読む]

フォーカス