ドナルド・トランプ 黒人に関するニュース

トランプ就任で再燃する人種問題――2人の黒人活動家・キング牧師とマルコムXの闘いの記録を今こそ見よ

ニコニコニュース / 2017年04月12日13時00分

2017年、アメリカ合衆国第45代大統領となったドナルド・トランプ氏も、差別的な口調で「黒人は貧しく、教育も悪く、仕事も無い」と演説で語っている。彼はそれがアメリカにおける真実だと指摘しても、そうしてしまったアメリカ社会の構造問題・解決策については全く触れてない。封印されたある種の事実をこういう形で表現するトランプの演説に熱狂する観客の姿を見ていても、こ [全文を読む]

レストラン経営者「私はヒラリーの大ファンだ」

ニューズウィーク日本版 / 2016年10月27日11時13分

「私はヒラリーの大ファンだ」 なぜ共和党のドナルド・トランプではなく、民主党のヒラリー・クリントンを支持するのか。ハーレムという黒人社会で生まれ育ち、現在は16歳の息子の母であるウィルソンにとって、息子がより生きやすい国を作るのはどちらかを考えれば答えは明白だという。クリントンは同じ女性で母であり、教育問題に熱心で、マイノリティ社会にも積極的に関わってきた [全文を読む]

なぜ“暴言”が支持される? トランプの言葉が米国人を惹きつける理由をパックンが解説

週プレNEWS / 2016年04月10日06時00分

11月のアメリカ大統領選に向けた共和党の候補者指名争いで、予想外の進撃を続けるドナルド・トランプ。 なぜ、そこまで過激な男が支持され、米国民のハートを煽動(せんどう)するのか? というわけで、彼が発してきた数々の“暴言”を検証し、ついでに英会話の教材として学んでみようではないか。 今回、講師として招聘(しょうへい)するのはハーバード大学卒業後、日本で英会話 [全文を読む]

第89回アカデミー賞主要部門、海外の直前予測!

Movie Walker / 2017年02月22日19時20分

しかし米ドナルド・トランプ大統領誕生によって男尊女卑が今まで以上にクローズアップされるなか、ケイシーのもみ消された感がある2件のセクハラ疑惑がオスカー会員にどのような影響をもたらすのか。その後を追う『フェンシズ(原題)』のデンゼル・ワシントンは、同じ役でブロードウェイの舞台にも立っている点ではマイナスだと言われているが、実力は折り紙付きで最後まで予断を許さ [全文を読む]

ピーター・バラカンが推薦「ドナルド・トランプに聞かせたい“良心の”ロック名曲」

週プレNEWS / 2016年12月17日10時00分

人種差別的な政策を掲げるドナルド・トランプの次期大統領就任が決まった今、それでも音楽には世界を変える力があるのか? そこで、『ロックの英詞を読む―世界を変える歌』などの著書を持つ、ブロードキャスターのピーター・バラカン氏に「トランプに聞かせたい“良心の”ロック名曲」をレコメンドしていただいた――。 *** 今回は、週プレNEWS編集部から「トランプに聞か [全文を読む]

【海外発!Breaking News】24年目にして初 米最大のショッピングモールが黒人サンタを起用(米)

TechinsightJapan / 2016年12月16日13時45分

イギリスの「BREXIT(英国のEU離脱)」問題を先駆けにアメリカの大統領選挙でドナルド・トランプ氏が勝利するなど、ヘイトクライム(人種差別犯罪)の増加に伴い世界の様々な変動に我々は振り回されっ放しといっても過言ではないだろう。しかしここにきて、年の終わりに向けてなんとも心温まるニュースが報じられている。 クリスマスシーズンになると、各地のショッピングモー [全文を読む]

ダラス警官銃撃事件が大統領選の流れを変える

ニューズウィーク日本版 / 2016年07月14日16時00分

民主・共和両党の候補指名をほぼ確定させたヒラリー・クリントンとドナルド・トランプは、人種と暴力、警察の問題について、これまで以上に注意深い対応が必要になりそうだ。 トランプは銃撃事件の夜、いつもの自画自賛と他者への侮辱を控え、自己抑制の利いた声明を発表した。「われわれは法と秩序を取り戻さなければならない。人々の信頼を取り戻し、家も通りも安全・安心だと思える [全文を読む]

いまなぜドナルド・トランプなのか? 暴言・失言によって逆に支持率アップ…その裏側とは

NewSphere / 2015年12月17日11時10分

不動産王として有名なアメリカの実業家、ドナルド・トランプ氏は、2016年の大統領選挙に出馬を表明。オバマ大統領や移民に対する暴言、失言などが物議を醸しているにも関わらず、共和党候補者としては一番人気を保っている。全米に吹き荒れるトランプ旋風の背景には一体何があるのか。◆支えているのは誰? まず、どういった人々がトランプ氏を支持しているのだろうか。BBCによ [全文を読む]

黒人を助け、同性愛者の入会もOK? 差別結社KKKの本当の正体

ニューズウィーク日本版 / 2016年12月10日07時05分

(15ページより)【参考記事】トランプ氏がKKK元幹部からの支持拒否せず、選挙集会で黒人団体が抗議 たしかに読み進めていくと、ドナルド・トランプの言動を思い起こさせる箇所がいくつもあり、当然ながらそれは得体の知れない恐怖感へとつながっていく。ただし同時に、クランが必ずしも"暴力的な黒人差別集団"というような表層的なイメージだけでくくれるものではないこともわ [全文を読む]

型破りな次期大統領は超大国をどこへ導き、世界をどう変えるか?「ニューズウィーク日本版」11月22日号総力特集「ドナルド・トランプの世界」は11月15日発売!

PR TIMES / 2016年11月15日12時58分

終始トランプの劣勢が伝えられていたのになぜ当選したのか? 選挙結果の裏側にあるもの、そしてトランプ新大統領がこれから何をするのかを展望する「ニューズウィーク日本版」11月22日号総力特集「ドナルド・トランプの世界」(CCCメディアハウス発行)は11月15日発売!(一部地域は発売日が異なります)。 [画像: http://prtimes.jp/i/11369 [全文を読む]

黒人の支持率はわずか8%…トランプ氏を支持する人々の特徴はかなり偏りが

しらべぇ / 2016年11月10日10時30分

(※画像はYouTubeのスクリーンショット)8日に行われた米大統領選挙で、接戦の末に共和党候補のドナルド・トランプ氏が勝利した。次期大統領と米国の行く末に多くの人々が戸惑う中、CNNの出口調査が興味深いデータを示している。■約2万人を対象に調査調査は、投票を終えて出てきた24537人を対象に実施されたもの。まずは性別や年齢といった基本的なデータから見てい [全文を読む]

マシュー・マコノヒーが黒人奴隷の解放を成し遂げた実在のヒーローを熱演!『ニュートン・ナイト/自由の旗をかかげた男』来年2月公開

AOLニュース / 2016年11月09日20時00分

『ニュートン・ナイト/自由の旗をかかげた男』は2017年2月4日(土)より新宿武蔵野館、ヒューマントラスト渋谷ほか全国順次ロードショー(C)2016 STX Financing, LLC. All Rights Reserved. 海外版予告映像<関連動画はこちら> ■『ニュートン・ナイト/自由の旗をかかげた男』公式サイトwww.newtonknight [全文を読む]

反動的に生まれた“モンスター”…トランプと共闘する「オルトライト」のスターとは

週プレNEWS / 2016年10月16日06時00分

『週刊プレイボーイ』本誌で「モーリー・ロバートソンの挑発的ニッポン革命計画」を連載中の国際ジャーナリスト、モーリー・ロバートソンがドナルド・トランプを支持し、差別を煽(あお)るコラムニスト、マイロ・ヤノポロスについて語る。 * * * “The Dangerous Faggot Tour(危険なオカマ野郎ツアー)”ーー。 こんな奇妙な看板を掲げ、アメリカ各 [全文を読む]

少数民族が支持する候補は誰? 米大統領選クロニクル その7

Japan In-depth / 2016年03月19日12時00分

古森義久(ジャーナリスト・国際教養大学 客員教授) 「古森義久の内外透視」 アメリカ大統領選挙の共和党側で勝利を重ねるドナルド・トランプ候補の支持集会をみていると、集まった男女はヨーロッパ系、つまり白人が圧倒的に多いことにすぐ気づく。トランプ氏が黒人やヒスパニック系の少数民族を突き放す言辞や政策をみせていることのはっきりした反映なのだろうが、伝統的にも多数 [全文を読む]

「赤い州」と「青い州」の意味 米大統領選クロニクル その6

Japan In-depth / 2016年03月15日11時00分

ドナルド・トランプ候補は13.8%と3位に留まった。代議員を獲得できず、首都では敗北に終わった。ちなみにテッド・クルーズ上院議員は最下位、得票率12.4%だった。だがこの数字も順位も実はさほど意味がない。なぜなら民主、共和両党の候補が正面から対決する本番選挙ではワシントンDC(正式呼称はコロンビア特別区)では共和党候補はまず絶対に勝てないからである。この地 [全文を読む]

【海外発!Breaking News】CNN美人アンカー泣きながら「やめて!」 コメンテーターが黒人蔑称を連呼

TechinsightJapan / 2016年11月27日10時50分

ドナルド・トランプ氏の大統領選勝利に不満を抱く一人で、トランプ支持派の政治評論家パリス・デナード氏と丁々発止を繰り広げる予定であった。ところが米国内の差別意識や白人優位主義「alt-right(オルタナ右翼)」という話題になると、カイザー氏はトランプ氏が首席戦略官兼上級顧問に任命したスティーヴン・バノン氏を強く批判。黒人を蔑視する言葉“Nigger”をバノ [全文を読む]

トランプ大統領で合衆国「内陸」と「沿岸」の分断が進む

NEWSポストセブン / 2016年11月21日07時00分

ところが、接戦をものにしたのはドナルド・トランプ氏だった。この結果によって米国で進む「分断」について、経営コンサルタントの大前研一氏が解説する。 * * * アメリカ大統領選挙で共和党のドナルド・トランプ氏が勝利し、「トランプ・ショック」が世界に走った。イギリスのEU離脱(ブレグジット)に続いてアメリカも「内向き」「保護主義」になり、「反グローバリズムに突 [全文を読む]

NY在住の猫好き医学博士が警告する、危険な世界通貨「ドル」の実態

まぐまぐニュース! / 2016年11月21日04時45分

大きな話題となったアメリカ大統領選は、ドナルド・トランプの勝利で幕を閉じました。その過激な言動や女性問題から「反トランプ」の声も少なくありませんが、就任が決定した現在もその声は収束の気配を見せていません。メルマガ『しんコロメールマガジン「しゃべるねこを飼う男」』の著者でNY在住の猫好き医学博士・しんコロさんは、今回の米大統領選を通して「米国民の衆愚化」を懸 [全文を読む]

トランプ政権を生き残るアメリカ民主主義の安全装置

ニューズウィーク日本版 / 2016年11月14日19時26分

その一人である筆者が自分自身に言い聞かせている「それでもアメリカは大丈夫」の根拠> ドナルド・トランプが次期大統領に決まっても私は取り乱したりしていない──というのは嘘。内心は完全にパニック状態だ。それでも万事大丈夫だと自分自身に言い聞かせている。その根拠は以下の通りだ。●ドナルド・トランプはセールスマン トランプはモノを作るのではなく、「売る」側の人間だ [全文を読む]

米で400万人失業も…「トランプ大統領」誕生時の恐怖未来図5

WEB女性自身 / 2016年10月12日06時00分

この討論会で、ドナルド・トランプ候補(70)は、対立候補であるヒラリー・クリントン候補(68)を前に、そう強く言い放った。ここまで物議を醸した大統領候補がいただろうか。突如として立候補し、党の代表候補までのぼりつめたトランプ。もしも大統領になったら 。そこで、日本にも起こる 悪夢 を徹底シミュレーション! ■米国の景気暗転で400万人の失業者が! 貧富の差 [全文を読む]

フォーカス