ドナルド・トランプ スピードに関するニュース

G・ヴェイナーチャック、広告業界のトランプと呼ばれた男:ソーシャルメディアの風雲児

DIGIDAY[日本版] / 2017年05月07日12時00分

ある者はギャリー・ヴィーを、「広告業界のドナルド・トランプ」であると同時に「業界のアンドリュー・ブレイトバート」だと称した。 ヴェイナーはにぎやかな急成長が続いているが、つまずきもあった。11月にはサンフランシスコのオフィスを閉鎖。1月と4月頭に、2回のレイオフを経験した。元従業員らは、獲得するビジネスを会社をあまりに大きく見積もっていたため、人員削減にな [全文を読む]

米・大統領‘トランプショック’で問い合わせ増!国内の金相場も乱高下で目が離せない!

PR TIMES / 2016年11月12日10時54分

※1 自社調べ(2015年) 接戦の米・大統領選 「ドナルド・トランプ氏」の勝利の影響で金価格が乱高下!(日本時間)11月9日昼頃に当確が確定したドナルド・トランプ米・大統領の影響を受け、世界的に為替や株価が不安定状況に突入に伴い、安全資産の金価格も乱高下が続いている。国内でも当確直前急激に落ち込んだが、当確直後からは乱高下が続き、11月10日のピークで7 [全文を読む]

【衝撃】ホラー映画級の恐怖! 夜のプールに紛れ込んだカップルをワニが襲う

AOLニュース / 2016年11月04日20時00分

■参照リンクhttp://www.aol.com/ ■急上昇ワード「ドナルド・トランプ」 ・トランプ氏を警戒しまくるニャンコが面白すぎるwww 【動画】 ・【知られざるトランプ伝説】プロレスで培った「アオり系演説パフォーマンス」 ・ロバート・デ・ニーロがトランプに激怒! 「あいつの顔を殴ってやりたい」罵倒ビデオが制御不能な勢いで拡散中 ■フォトギャラリー [全文を読む]

「日経平均2万円無理かも説」はいつ崩れるか 強気にも弱気にもなれない投資家が増加中

東洋経済オンライン / 2017年05月29日08時00分

先週を振り返っても、海外要因としては、まず米国関連では、ドナルド・トランプ大統領の弾劾観測は全く後退していない。むしろ身内のジャレッド・クシュナー上級顧問までも疑惑の対象とされる事態になっているが、すでに米国株式市場はトランプ政権を見放しているためか、材料としては反応しにくくなっている。また、5月2~3日に開催されたFOMC(米連邦公開市場委員会)の議事録 [全文を読む]

【海外発!Breaking News】ロンドンテロで犠牲となった米旅行者夫婦 結婚25周年のお祝いが悪夢に

TechinsightJapan / 2017年03月26日16時42分

地元でレコーディングスタジオを経営していたカートさんとメリッサさんが巻き込まれた今回の事件に、ドナルド・トランプ米大統領も「偉大なアメリカ人をロンドンテロで亡くしました。彼の遺族や友人らに深く哀悼の意を祈りとともに捧げます」とツイッターで追悼の意を表した。 カートさんの義理の妹にあたるシャンテル・ペインさんは、この訃報を聞きFacebookにこう綴った。 [全文を読む]

今年の注目株「キレイなオジサン銘柄」とは

Forbes JAPAN / 2017年02月27日10時00分

ドナルド・トランプがアメリカ大統領選で勝利した。昨年11月、これに同国の”インテリ層”はアッと驚いた。「周りにトランプ支持者なんていなかったのになぜ」、と。少し振り返って考えてみたい。今から20年ほど前、筆者はインターネットの普及によってより良い社会になると信じて疑わなかった。ネット革命により情報の伝達コストが著しく低くなるからだ。 ネット環境さえ整えば、 [全文を読む]

「TPPの死」でも中国主導RCEPは前途多難? 「閉鎖的な国々」のそろわぬ足並み

NewSphere / 2017年01月17日17時45分

次期米大統領のドナルド・トランプ氏は、TPPからの撤退を公言しているが、ついに同氏のアドバイザーが、「TPPは死んでいる」とメディアに語った。TPP参加国の反応はさまざまで、各国とも生き残り策を模索中だ。TPPが消滅すれば中国主導の協定が発効すると危惧する声もあるが、そちらもうまくいかないという意見もある。◆TPPの死で、中国の影響力拡大か? ロイターによ [全文を読む]

FBミッドロール動画広告はYouTubeへの宣戦布告:デジタルマーケティングサマリー

DIGIDAY[日本版] / 2017年01月13日14時50分

■ピーター・ティール「Appleの時代は終わった」 PayPal元CEO、Facebookの最初の外部投資家であり、ドナルド・トランプ次期米大統領のアドバイザーであるピーター・ティール氏はニューヨークタイムズに対し「Appleの時代は終わった。われわれはすでにスマートフォンがどんなものかを知っている。ティム・クックの責任ではなく、スマートフォンがもはやイ [全文を読む]

大物カップルが泥沼離婚、2016年に破局したセレブたち

ハリウッドニュース / 2016年12月24日14時00分

2016年はイギリスがEUから離脱することになり、アメリカの次期大統領がドナルド・トランプ氏に決まって世界中に大きな影響を与える出来事があった一年。今年ハリウッドでは大物カップルの離婚が目立ち、世間を騒がせた年となっただろう。そんな2016年に破局したセレブカップルを振り返りたい。■キルスティン・ダンスト&ギャレット・ヘドランドキルスティンとギャレットは映 [全文を読む]

現時点で見えた「トランプ政権」の輪郭を、しっかり分析していく

まぐまぐニュース! / 2016年11月16日18時00分

世界中が驚いた、ドナルド・トランプ氏の米大統領選の勝利。その政策や方針が徐々に明らかになってきていますが、まだまだ不透明な部分が多く、各国のマスコミは「世界や日本はどうなってしまうのか」と、少々煽り気味な報道を垂れ流している状態です。 そんな中、メルマガ『冷泉彰彦のプリンストン通信』は、前号に続いて緊急号外を発行。著者でアメリカ在住の作家・冷泉彰彦さんは「 [全文を読む]

イラストで差別化! 女性サイト「バッスル」のブランド戦略

DIGIDAY[日本版] / 2016年11月07日11時50分

これらのなかには、たとえば「A Timeline Of Donald Trump’s Most Criticized Moments Along The Campaign Trail(大統領選でドナルド・トランプ候補が最大級の非難を浴びた瞬間のタイムライン」などがある。 「アダルティング(大人の責任を自覚し行動すること)」もまた、ミレニアル世代に焦点を合わ [全文を読む]

プーチンをヨーロッパ人と思ったら大間違い

ニューズウィーク日本版 / 2016年10月07日18時14分

米共和党大統領候補ドナルド・トランプが中国の習近平国家主席と「親友」になったと言いふらすところは想像できないが、ロシアのウラジーミル・プーチン大統領が相手なら気安くできてしまったのもそのせいだ。【参考記事】トランプはプーチンの操り人形? だがロシアがヨーロッパに属すという勘違いは、プーチンを利するだけだ。外部から見たロシアに関する我々の知識は薄っぺらで情報 [全文を読む]

ミシェル夫人も利用、マッチングアプリ「nine」を生んだ関口 舞

Forbes JAPAN / 2016年06月09日10時00分

ミッシェル・オバマやドナルド・トランプらもサービスを利用したことから、米国でも注目を集める。「nine」構想の原点には、先の”両思いアプリ”がある。このアプリをリリースしたところ、次から次へと感謝の手紙が関口の元に届いた。あるLGBTの男性は、親友の男性に思いを寄せるものの言い出せずにいたが、アプリを通し、相手と心が通じていることがわかったという。そんな声 [全文を読む]

売春婦はセックスロボットに、タクシー運転手は自動運転車に職を奪われる!? しまいに次期アメリカ大統領はワトソンで決まりだと!?

おたぽる / 2016年02月22日23時00分

次期大統領の有力候補者は、ヒラリー・クリントン、ドナルド・トランプ、バニー・サンダース……と日本から眺めてみても曲者揃い。まぁ人間である以上、その考え方に偏りがでてしまうのはしょうがないことかもしれない。そこで今アメリカで、次期大統領にもっともふさわしいと言われているのが、「無欲・公正・英知」という完璧なワトソンだ。 ワトソンはIBMが制作した、質問応答シ [全文を読む]

フォーカス