ドナルド・トランプ ヒラリーに関するニュース

NY在住の猫好き医学博士が警告する、危険な世界通貨「ドル」の実態

まぐまぐニュース! / 2016年11月21日04時45分

大きな話題となったアメリカ大統領選は、ドナルド・トランプの勝利で幕を閉じました。その過激な言動や女性問題から「反トランプ」の声も少なくありませんが、就任が決定した現在もその声は収束の気配を見せていません。メルマガ『しんコロメールマガジン「しゃべるねこを飼う男」』の著者でNY在住の猫好き医学博士・しんコロさんは、今回の米大統領選を通して「米国民の衆愚化」を懸 [全文を読む]

ドナルド・トランプ日本最大の理解者『予言 ドナルド・トランプ大統領で日米関係はこうなる』 著者:植山周一郎が最新ツィートに隠れた本音を分析「彼(トランプ)も(テロを)内心非常に恐れているのではないか」

DreamNews / 2017年01月12日12時00分

絶賛発売中の「予言 ドナルド・トランプ大統領で日米関係はこうなる」の著者、植山周一郎氏が最新のドナル・トランプ氏の最新ツィートを翻訳、分析し発表しました。日本人で初めてドナルド・トランプ氏にロングインタビューし、バースディ・パーティにも出席した植山氏。過去2冊トランプ氏の書籍を翻訳、トランプ氏研究の第一人者です。大統領就任間近のドナルド・トランプ過激発言の [全文を読む]

ヒラリー、トランプ圧勝でも予備選の混迷は続く

ニューズウィーク日本版 / 2016年04月21日12時00分

今週ニューヨーク州で実施された予備選では、民主党のヒラリー・クリントン候補、共和党のドナルド・トランプ候補が共に大差で勝利した。それでは、この2人がこれで一気に大統領の座に近づいたのかと言うと、必ずしもそうは言いきれない。この先の「予備選の終盤レース」へ向けて、両党の混迷はさらに深まったという見方もできる。 まず民主党では、ここ数週間、ヒラリーは連戦連敗だ [全文を読む]

ヒラリー・クリントンを敗者にした4つの致命傷

NEWSポストセブン / 2016年11月23日07時00分

事前の下馬評では、ほとんどのメディアが勝利だとみていたヒラリー・クリントン氏は、なぜ米大統領選でドナルド・トランプ氏に敗れたのか。経営コンサルタントの大前研一氏が、その敗因として考えられる4つの致命傷について解説する。 * * * ヒラリー氏の敗因は大きく四つある。まず、副大統領候補選びの間違いだ。 民主党の予備選挙で最後まで競り合った「民主社会主義者」の [全文を読む]

流出メールで発覚! ヒラリー・クリントンが「尖閣諸島の日中対立は日本の国粋主義者のせい」と発言していた

リテラ / 2016年11月03日19時25分

一部の世論調査では、死に体といわれていたドナルド・トランプに逆転されるという結果が出て、最後まで予断を許さない状況となっている。仮にヒラリーが選挙に勝利して大統領に就任できたとしても、メール問題はまだまだ尾を引きそうだ。 だが、ヒラリーをめぐっては、もうひとつ、私用メールとは別の興味深いメールの存在が明らかになった。 それは、内部告発サイト「ウィキリークス [全文を読む]

「ヒラリー・クリントン大統領」誕生であの芸人の仕事が100倍に増える!?

アサ芸プラス / 2016年10月25日09時59分

民主党のヒラリー・クリントン候補と共和党のドナルド・トランプ候補による激しい選挙戦も、決着に向けたカウントダウンが始まっている。 最後の“直接対決”となる10月20日の第3回テレビ討論会を終えた段階で、世論調査ではヒラリー氏が大幅にリード。「ヒラリー大統領」誕生が確実視されている。 そんななか、ヒラリー大統領誕生により、大きな恩恵を受けるのが確実視されてい [全文を読む]

オールスター勢ぞろいの民主党大会、それでも亀裂は埋まらない

ニューズウィーク日本版 / 2016年07月29日16時00分

ちなみに、初日からドナルド・トランプ候補自身が登場した共和党大会と違って、民主党大会ではヒラリー・クリントン候補は初日と2日目には姿を見せず、3日目になって「チラッ」と登場したのだが、これはむしろヒラリーの方が「伝統」に即している。初日から出てきては「ありがたみ」がないわけで、過去にも同じような演出は両党で採用されてきた。 しかし問題は中身だ。ブッシュ父 [全文を読む]

サンダース支持者はヒラリーに投票するのか? しないのか?

ニューズウィーク日本版 / 2016年06月17日18時30分

サンダースも記者の取材に「ドナルド・トランプが大統領にならないよう、力の限りを尽くす」と答えた。 大手メディアは、これを「サンダースがヒラリー支持と民主党の団結を約束した」といったニュアンスで報じた。つまり、14日にワシントンDCで行われる最後の予備選までは戦いを続けるが、その結果が明らかになる15日には敗北宣言をして、本選でヒラリーに協力することを発表す [全文を読む]

ヒラリー氏敗北 想像以上に女性に嫌われていた

NEWSポストセブン / 2016年11月14日07時00分

アメリカの大統領選挙は共和党のドナルド・トランプ氏の劇的な勝利となった。それにしても不思議なのは、なぜ「絶対にあり得ない」はずのヒラリー・クリントン氏の敗北といった結果が導かれたのかということだ。国際問題アナリストの藤井厳喜氏は、「そもそもヒラリー氏有利の下馬評自体が誤りだった」と見る。 「アメリカは男女平等が進んでいる国だと思っている日本人は多いでしょう [全文を読む]

玄田哲章さんと野沢雅子さん 「最強の吹替」でトランプとヒラリーが『niconico』にて激突中

ガジェット通信 / 2016年11月06日17時45分

11月5日21時より、「ニコニコで決める米大統領選」と題し、ドナルド・トランプとヒラリー・クリントンの過去の明言を振り返る放送が『niconico』で行われている。24時間の放送の後に、実際のアメリカ大統領選に先立ちユーザーアンケートでアメリカ大統領を決定しようというもの。 トランプVSヒラリー名言集 《CV:玄田哲章/野沢雅子》 ~ニコニコで決める米大統 [全文を読む]

この週末にトランプ陣営が抱え込んだ5つのトラブル - 冷泉彰彦 プリンストン発 日本/アメリカ 新時代

ニューズウィーク日本版 / 2016年08月02日17時10分

政治サイト「リアル・クリアー・ポリティクス(RCP)」が出している、主要な世論調査の平均値では、現時点の数字を見てみると■ヒラリー・クリントン......45.9%■ドナルド・トランプ......42.0% とヒラリーが3・9ポイントの顕著なリードを確保しています。実は、数時間前に見た時点ではその差は2・2ポイントだったので、リードはジワジワ広がっている [全文を読む]

ドナルド・トランプ、ビヨンセらセレブを使うヒラリーの選挙戦略を批判「詐欺のようなもの」

ハリウッドニュース / 2016年11月06日15時15分

アメリカ大統領選の共和党候補のドナルド・トランプ氏が、民主党候補のヒラリー・クリントン氏の選挙戦略を批判した。現地時間8日に行われる大統領選挙の投票を前に、トランプ氏とクリントン氏の双方が最後の追い上げを見せている。トランプ氏は現地時間5日にネバダ州リノでの演説で、クリントン氏のセレブを使った選挙戦略を批判した。セレブたちの間ではトランプ氏はあまり人気がな [全文を読む]

ハロウィンのマスクの売れ行きから米大統領選の行方を予測できる?

AOLニュース / 2016年10月26日11時00分

というのも、ハロウィンのコスチュームを販売する"Savers/Value Village"によると、ドナルド・トランプの顔のマスクの売れ行きは76パーセントで、ヒラリーは69パーセント。トランプのほうがヒラリーより7パーセントも多く売れているのだ。 しかし、今年の大統領選には様々な要因があり、過去の選挙戦とは事情が違う。もし、ハロウィンのマスクの"予言" [全文を読む]

ドナルド・トランプ、ヒラリー支持の元ミス・ユニバースを罵倒「彼女のセックステープを観ろ」

ハリウッドニュース / 2016年10月01日15時00分

アメリカ大統領選の共和党候補のドナルド・トランプが、元ミス・ユニバースのアリシア・マチャドさんへの発言で非難を浴びている。1996年にベネズエラ代表として出場し、ミス・ユニバースに輝いたアリシアさん。現地時間26日に開催されたアメリカ大統領選テレビ討論会で、トランプがアリシアさんの体重増加を「ミス子豚」と罵倒したことを民主党候補のヒラリー・クリントンが暴露 [全文を読む]

トランプ当選の可能性はもうゼロではない - 冷泉彰彦 プリンストン発 日本/アメリカ 新時代

ニューズウィーク日本版 / 2016年09月23日17時00分

そんななか、ドナルド・トランプ候補とヒラリー・クリントン候補の支持率は拮抗してきています。いつの間にか、全国規模の世論調査の数字も拮抗しているのです。 政治情報サイト「リアル・クリアー・ポリティクス」によれば、最新の「世論調査の全国平均」では、まず支持率の単純平均値で、■ヒラリー・クリントン・・・46.0%■ドナルド・トランプ・・・・43.4% と僅差に [全文を読む]

お金で懐柔する?トランプ次期大統領に対する”中共政府の思惑”

デイリーニュースオンライン / 2016年12月13日11時45分

2016年12月2日、アメリカ次期大統領就任が予定されているドナルド・トランプ氏(70)が台湾の蔡英文総統(60)と電話会談を行いました。1979年の米中国交正常化以降、公式にはアメリカは台湾を国家と認めておらず、今回の会談は異例の事態といえます。 ■トランプ氏の就任は好都合だった? 2016年のアメリカ大統領選の際、蔡総統はトランプ氏の対抗馬だったヒラ [全文を読む]

トランプを仮想空間でボコボコに!? 米大統領選をネタにした大量のVRクソゲーを真剣にプレイしてみた【ドワンゴVR部体験レポ】

ニコニコニュース / 2016年12月06日12時41分

ドナルド・トランプ氏の勝利というまさかの結果に終わったが、その影響はVRゲームの世界にも及んでいた。トランプ氏をテーマにしたさまざまなVRゲームが、雨後の筍のように続々と現れているのだ。 どんなクソゲーだろうとプレイしないわけにはいかないドワンゴVR部。トランプ氏とアメリカ大統領選をめぐる、知られざるディープな世界を一緒に体験してみよう。すべての写真付きで [全文を読む]

トランプ大統領で合衆国「内陸」と「沿岸」の分断が進む

NEWSポストセブン / 2016年11月21日07時00分

ところが、接戦をものにしたのはドナルド・トランプ氏だった。この結果によって米国で進む「分断」について、経営コンサルタントの大前研一氏が解説する。 * * * アメリカ大統領選挙で共和党のドナルド・トランプ氏が勝利し、「トランプ・ショック」が世界に走った。イギリスのEU離脱(ブレグジット)に続いてアメリカも「内向き」「保護主義」になり、「反グローバリズムに突 [全文を読む]

ドナルド・トランプ、大切なことはすべてプロレスで学んだ|プチ鹿島の余計な下世話!

東京ブレイキングニュース / 2016年11月13日18時05分

ドナルド・トランプがアメリカ大統領選に勝つとは驚いた。「現象としてのトランプ」には興味津々だった。白人の不満だとか格差だとか、アメリカの今を知れたからだ。しかしそれはあくまでヒラリーが勝つという前提での"アメリカ事情のお勉強"という意味で。 今こうして「現象としてのトランプ」ではなく「現実としてのトランプ」を突き付けられるとビビる。「アメリカ、お前そこまで [全文を読む]

【注目記事まとめ読み】トランプ氏当選にセレブはショック!マイケル・ブーブレが3歳の息子のがん告白

ハリウッドニュース / 2016年11月12日15時45分

今週はどんな海外セレブが世間を賑わせたのでしょうか? 今週のニュースでハリウッドニュースの読者の反響が大きかったものを編集部がお届け!1位.ドナルド・トランプ氏当選、セレブたちはショック隠せずアメリカ大統領選で歴史的勝利を収めた共和党のドナルド・トランプ氏。セレブたちは今回の結果にショックを隠せない様子で、ケイティ・ペリーは「座ったままジッとしていないで。 [全文を読む]

フォーカス