ドナルド・トランプ トランプ大統領に関するニュース

トランプ大統領就任記念 1/20~22限定半額 日本人で最初にインタビューした植山周一郎の話題作 『予言ドナルド・トランプ大統領で日米関係はこうなる』 Kindle/iBooks/hontoでセール

DreamNews / 2017年01月19日17時00分

ドナルド・トランプ第45代大統領就任記念! 1/20~22限定3日間 50%OFF 日本人として最初にインタビューした植山周一郎氏の話題作 『予言 ドナルド・トランプ大統領で日米関係はこうなる』 Kindle/iBooks/hontoで半額セール決定!ドナルド・トランプ氏に日本人で初めてインタビューを敢行した国際ビジネスコンサルタントの植山周一郎氏の話題作 [全文を読む]

トランプ大統領の未来 「クビだ!」連発か閣僚らのサボり

NEWSポストセブン / 2017年02月15日16時00分

ドナルド・トランプ米大統領は、雇用増大や移民排斥など、選挙中に繰り返していた公約の実現に邁進中だ。どれも大衆の人気を得るにはもってこいだったが、果たして実現可能なのだろうか? 経営コンサルタントの大前研一氏が、トランプ大統領の今後について以下のように展望する。 * * * トランプ大統領は就任前の記者会見で「8年後、自分が事業に戻った時に息子たちがちゃんと [全文を読む]

だから中国は侮れない。トランプの態度を一転させた懐柔作戦の全容

まぐまぐニュース! / 2017年03月03日04時45分

「中国の夢!」(=ナショナリズム)は、どこにいっちゃったのでしょう? 世界の舞台では、習主席は、自分がドナルド・トランプとは違うということを巧みに示した。ダボスでの世界経済フォーラムで、習主席がグローバル化と自由貿易を擁護したのは有名な話だ。 (同上) というわけで、習近平政権は、トランプが大統領になってから、「国をあげて」アメリカ新政権「懐柔」に奔走して [全文を読む]

【完成度高い】ドナルド・トランプ大統領にそっくりな「熱帯魚」が発見される!

秒刊SUNDAY / 2017年02月26日08時32分

ドナルド・トランプ大統領にそっくりな生物や物はかなり多く目撃されており話題となることも多いわけですが、今回発見されたものは今まで見つかったものが「遊び」であるかのように実に見事なまでの完成度である。もちろん彼はそういうつもりはないわけですが、あまりに似ているのでトランプフィッシュでもいいのかもしれない。ートランプ大統領にそっくりなもの さて以前から「トラン [全文を読む]

【プロ野球】人間性は違えども…。今もっとも旬な“お騒がせ男”トランプ大統領を彷彿させる名監督はこの2人!?

デイリーニュースオンライン / 2017年02月12日16時05分

2016年11月の米国大統領選挙に勝利して以来、一躍、世界中を振り回す“時の人”となったドナルド・トランプ大統領。 トランプ大統領の動向を、アメリカ国内のみならず、世界中の人々が固唾を飲んで見守り、その計り知れない影響力は国際社会の多方面に及んでいる。 トランプ大統領は、掲げる政策はもとよりそのパフォーマンスに至るまで、非難の声も多いが、カリスマ性を持ち合 [全文を読む]

不動産王から大統領に・・・トランプ大統領の食生活はどんな感じ?

AOLニュース / 2017年02月10日18時55分

ドナルド・トランプ大統領はお酒にはあまり興味がないようだが、ケンタッキー・フライドチキン(KFC)には目がないという。 お酒を飲まず、タバコも吸わないトランプ大統領。しかし、食生活はあまり健康的とはいえないようだ。 KFCやマクドナルドのようなファストフードをこよなく愛し、昨年『デイリー・メール』に「移動中は大量のファストフードを食べる」と語っているトラン [全文を読む]

「すべてを自社サイトへ呼び戻していた時代は終わった」:フォーブスのCPO、ドボーキン氏が語る

DIGIDAY[日本版] / 2017年03月25日12時00分

ドナルド・トランプ大統領は、自分が米国を再び偉大な国にできると言っている。そこで当メディアは「偉大さ」を州ごとに示す月間指数を作成することにしています。幸福度など、人々に強い印象を与えるデータを測定する予定です。 また、数週間以内に、トランプ大統領関連のポッドキャストを開始します。当社の記者の1人が、トランプ大統領の時代における消費者の活動に関する記事を書 [全文を読む]

トランプ氏感涙 安倍首相の謝意

Japan In-depth / 2017年02月22日10時13分

古森義久(ジャーナリスト・麗澤大学特別教授)「古森義久の内外透視」アメリカのドナルド・トランプ大統領が2月18日、国内の支持者向けの演説のなかで突然、安倍晋三首相の名前を出したことは、やはり安倍首相への特別な好感を表すといえそうだ。揺れの激しい同大統領だから今後の見通しは不明だとしても、現在の首脳レベルでの日米関係は日本側の主要メディアが報じるよりはずっと [全文を読む]

シリア空爆の裏でトランプ氏がしていること 国際援助を大幅縮減する米国の前途

東洋経済オンライン / 2017年04月29日13時00分

猛毒サリンで自国民を攻撃したシリアのアサド大統領に対してドナルド・トランプ米大統領が取った行動は、悲劇的なほど矛盾している。罪のない子どもが神経ガスで殺害される画像に突き動かされ空爆の行動に出た、とトランプ大統領は語った。だが、同政権が後押しする予算案は、シリアを含む世界の人道問題を一段と悪化させるものだ。 トランプ大統領は国連拠出金の3割カットを掲げる。 [全文を読む]

トランプ以前とトランプ以後で世界はこう変わる。就任後の最新情報もふまえて緊急出版!池上彰『世界を揺るがすトランプイズム』2月24日(金)発売(発行=ホーム社/発売=集英社)

DreamNews / 2017年02月24日09時00分

反グローバリズムの波が押し寄せようとする2017年、政治経験のないドナルド・トランプがアメリカ大統領に就任した。「アメリカ・ファースト」を連呼するビジネスマン大統領の誕生。選挙中に何度もアメリカに渡り、トランプが支持されていく現象をじかに見た池上彰が、新大統領の本質と日本や世界に与える影響を緊急解説。池上彰最新刊『世界を揺るがすトランプイズム』2月24日( [全文を読む]

【鬼才現る】シュール過ぎ!トランプ大統領の口が「アレ」にみえるからクソコラした結果!!

秒刊SUNDAY / 2017年05月09日11時08分

さて、世界が注目しているドナルド・トランプ大統領ですが、アメリカではトランプのアゴに注目が集まっているようです。なんと、トランプ大統領が蛙体化してしまった模様です。アメリカのアーティストMike Mitchell氏はある時ふとこう思ったのです。「トランプ大統領ってカエルに似てね?」そう思ったらアーティストの血が騒ぎ出し、いても立ってもいられません!トランプ [全文を読む]

アンダーアーマーCEO、トランプ大統領を称賛して炎上:騒動に巻き込まれるブランドたち

DIGIDAY[日本版] / 2017年02月16日20時50分

ドナルド・トランプ米大統領に対する姿勢で炎上を起こしたブランドは、これまでも多く存在している。このたびアンダーアーマーも、CEOのケビン・プランク氏がトランプ擁護をしたことで、そのリストに名を連ねることになった。 プランク氏は、CNBCの「ファースト・マネー・ハーフタイム・ショー」という番組内のインタビューにおいて、トランプ大統領について言及。トランプが大 [全文を読む]

日本は利用される。突然「一つの中国」を認めたトランプの思惑

まぐまぐニュース! / 2017年02月14日19時00分

トランプ米大統領「一つの中国」支持 習主席に電話で BBC News 2/10(金)15:36配信 米ホワイトハウスは9日、ドナルド・トランプ大統領が習近平・中国国家主席と電話会談し、中国本土と台湾は不可分だとする「一つの中国」の原則を尊重すると伝えたと発表した。トランプ氏が就任後、習主席と直接やりとりをするのはこれが初めて。ホワイトハウスによると、両首 [全文を読む]

トランプ大統領の発言がまた火種に?ホワイトハウス職員に「女性らしい服装」を要求―中国メディア

Record China / 2017年02月11日19時00分

女性を全く尊重しないとたびたび指摘されている米ドナルド・トランプ大統領から、また火種となる発言が飛び出した。トランプ大統領は、「ホワイトハウスの女性職員はもっと女性らしい服装をすべきだ。たとえジーンズを履いていたとしても女性らしさを追求すべき」と発言し、ホワイトハウスの女性職員たちの多くに多大なプレッシャーを与えている。人民網が伝えた。 トランプ大統領はホ [全文を読む]

大前研一氏 トランプ時代の到来は日本に大チャンス

NEWSポストセブン / 2017年02月03日16時00分

米国のドナルド・トランプ政権の誕生で日本の外交環境も激変しつつある。その中で日本外交は何を目指すべきか、大前研一氏が解説する。 * * * 日本政府は戦後70年以上、外交関係について整理することをおろそかにし、国民をごまかし続けてきた。それを根底から見直して世界の国々との付き合い方をゼロベースで組み立てるべきであり、そのことこそが国益につながるのだ。 トラ [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】トランプ大統領誕生を予言したアニメ『ザ・シンプソンズ』が「ノストラダムスよりすごい」

TechinsightJapan / 2016年11月11日14時25分

アメリカ大統領選挙でドナルド・トランプが当選したことにより日本でも彼の動向や米国の成り行きが注目される。選挙結果が出る直前までは民主党のヒラリー・クリントン元国務長官が接戦を制するという大方の予想だったが、それを覆す結果に米国はもちろん世界中が騒然となった。そんななか米テレビアニメシリーズ『ザ・シンプソンズ』が16年前に「トランプ大統領就任」を描いていたこ [全文を読む]

ドナルド・トランプが米既成政治に逆転勝利

ニューズウィーク日本版 / 2016年11月09日19時52分

<ほとんど誰も予想していなかったトランプの大統領選勝利は、アメリカの既成政治を根本的に変えてしまうほど大きな衝撃をもたらした> ワシントンの既成政治に猛省を迫る驚くべき逆転劇で、ドナルド・トランプはアメリカ合衆国第45代大統領に選出された。【参考記事】「トランプ勝利」世界に広がる驚き、嘆き、叫び 思えばアメリカの政治を大きく変質させるトランプの試みは、前回 [全文を読む]

米国大統領選 トランプ候補の当確で「日本のトランプ」続々登場

しらべぇ / 2016年11月09日18時00分

日本のトランプは石原慎太郎という説を推したい(石原にはよいブレーンを引っ張ってくる力があったが......)— 敗北主義者 (@SKYH_O_RSE_2) November 9, 2016確かに日本のトランプはマックじゃなくて桜井誠だなwww— R I K A K O (@777ri73) 2016年11月9日マック先輩には悪いけど日本のトランプは三宅洋平 [全文を読む]

「迷走気味の民主党」が米国最大のリスクだ 米国政治の機能不全を増幅しかねない

東洋経済オンライン / 2017年04月26日07時59分

■防御はできても攻め手がない民主党が勢いを増す背景には、ドナルド・トランプ大統領の支持率低迷がある。米世論調査会社のギャラップ社によれば、支持率は3月末には36%まで低下。これは、バラク・オバマ前大統領やビル・クリントン元大統領が、通算8年間の任期で記録した支持率の最低水準すら下回る。本来であれば、政権発足から100日間は勝利の勢いがあるはずだが、トランプ [全文を読む]

トランプ大統領誕生! 今さら聞けない「トランポノミクス」とは?

ZUU online / 2017年04月19日06時20分

ドナルド・トランプ氏とはどのような人物なのか、大統領としてどのような政策を打ち出すのか、トランプ大統領について解説する。■米国の不動産王ドナルド・トランプとは何者かドナルド・トランプは不動産会社を経営していた父親の事業を引き継ぎ、今ではホテルやゴルフ場を多数所有する実業家である。ニューヨークや米国内外にある不動産にはトランプパルク、トランプパレス、トランプ [全文を読む]

フォーカス