ドナルド・トランプ ブランドに関するニュース

新年予測:2017年、米ブランドは政治スタンスを表明しなくなる

DIGIDAY[日本版] / 2017年01月10日16時50分

ニューバランスの広報バイス・プレジデントは、ドナルド・トランプの貿易に関するスタンスに賛同を表明したが、それは多くの顧客からのボイコットを招く結果となった。食料配達サービスのグラブハブ(Grubhub)のCEOマット・マローニー氏は、社内メールでドナルド・トランプ支持者は会社を辞めることを薦め、多くのトランプ支持者からの非難を受けた。 ブランド・デジタル [全文を読む]

広告出稿先として敬遠される「トランプ関連ニュース」:前例なき事態にバイヤーも苦慮

DIGIDAY[日本版] / 2017年01月27日11時50分

クライアントたちはエージェンシーのバイヤーに対し、大統領就任式後の1月20日正午以降、自社ブランドの広告がドナルド・トランプ氏に関連するニュースと一緒に表示されないようにしてほしいと依頼している。これは前例のない要請だ。 大手メディアバイイングエージェンシーの幹部(匿名希望)いわく、広告主は通常、政治絡みのニュースに出稿するか、あるいはしないかの2つのタイ [全文を読む]

トランプ新大統領の最終兵器 年商270億「令嬢イヴァンカ」の正体

プレジデントオンライン / 2017年01月20日09時15分

1月20日に就任するドナルド・トランプ新大統領の長女で、ペンシルバニア大学出身。元モデルの美しさを保ちつつ、3人の子育てをこなし、自らの名前を冠したブランドを経営(編集部注:先日、トランプ政権の間はブランドの経営から身を引く旨の発表をした)。イケメンでやり手の夫は実業家。全てを兼ね備え、米国の女性にとっても理想の存在です。 あまりにもかけ離れていて気軽に [全文を読む]

スパイサー報道官、目の敵のアイスブランドに歩み寄り?:リアルタイムマーケティングの作戦勝ち

DIGIDAY[日本版] / 2017年01月30日16時50分

ドナルド・トランプ Jr.がシリア難民をボール一杯の毒入りスキットルズにたとえた声明を出したときに、スキットルズは反応を出さないといけなくなったのも記憶に新しい。ハイダー氏は「ブランドはソーシャル上のチャンスをつかみ、批判する声を支援の声へと変換する必要がある」と語る。 ブランドや公人はソーシャルメディア上でどのような振る舞いをするか、もっと慎重でなければ [全文を読む]

トランプの新ホテル、名称はトヨタが捨てた「サイオン」に ブランド崩壊の回避策か

Forbes JAPAN / 2016年10月24日16時00分

大失敗に終わりそうな米大統領選の共和党候補ドナルド・トランプの選挙活動が直面する現実は、ある犠牲者を生み出した──トランプの「ブランド」だ。不動産王トランプはこれまでの方針を転換、新たに展開するホテルには、自身の名を付けないことに決めた。トランプがミレニアル世代を主なターゲット層としてオープンする新たなホテルは、「サイオン(Scion、名門の子孫、の意味) [全文を読む]

「すべてを自社サイトへ呼び戻していた時代は終わった」:フォーブスのCPO、ドボーキン氏が語る

DIGIDAY[日本版] / 2017年03月25日12時00分

ドナルド・トランプ大統領は、自分が米国を再び偉大な国にできると言っている。そこで当メディアは「偉大さ」を州ごとに示す月間指数を作成することにしています。幸福度など、人々に強い印象を与えるデータを測定する予定です。 また、数週間以内に、トランプ大統領関連のポッドキャストを開始します。当社の記者の1人が、トランプ大統領の時代における消費者の活動に関する記事を書 [全文を読む]

Adobeが即座にソーシャルを探り、コンテンツ製作することを支援する理由

DIGIDAY[日本版] / 2016年10月19日09時50分

「ヒラリー・クリントンとドナルド・トランプの大統領選討論会がいい例だ。討論会に関する投稿群は『ごちゃごちゃ』だ。数百万の投稿があるが、Livefyreは数千までフィルタをかけることができる」。この機能によりAdobeがLivefyreの買収を決めたという。 ブランドに関する投稿にはポジティブ/ネガティブの双方がある。「ポジティブなものに関してはプロモートす [全文を読む]

米有名ブランドが「愛国心」を売り出した本当の訳とは

Forbes JAPAN / 2016年06月03日07時00分

ドナルド・トランプのスローガン、「米国を再び偉大な国にする」が暗に示すのは、現在のわが国は偉大ではないということだ。そして、このフレーズには言外に、「私が」という一言が付いている。トランプは国民に行動を呼びかけているのではない。これは、ドナルド・トランプという”手段”によって実現が期待できるとされる「結果」なのだ。ヒラリー・クリントンも大差はない。彼女のホ [全文を読む]

G・ヴェイナーチャック、広告業界のトランプと呼ばれた男:ソーシャルメディアの風雲児

DIGIDAY[日本版] / 2017年05月07日12時00分

ある者はギャリー・ヴィーを、「広告業界のドナルド・トランプ」であると同時に「業界のアンドリュー・ブレイトバート」だと称した。 ヴェイナーはにぎやかな急成長が続いているが、つまずきもあった。11月にはサンフランシスコのオフィスを閉鎖。1月と4月頭に、2回のレイオフを経験した。元従業員らは、獲得するビジネスを会社をあまりに大きく見積もっていたため、人員削減にな [全文を読む]

国民がトランプ一家に期待する「セレブ一家」からの脱却

Forbes JAPAN / 2017年02月13日10時06分

ドナルド・トランプ米大統領の上級顧問、ケリーアン・コンウェイは2月9日、出演した米FOXニュースの番組で、トランプの娘イヴァンカが手掛けるブランドの製品の購入を呼び掛けた。不買運動がきっかけで、小売各社が同ブランドの取り扱いを中止する事態が相次いでいることを受けたものだ。トランプ大統領自身もツイッターで、「娘が(販売を中止した大手百貨店の)ノードストローム [全文を読む]

コラム:ブランドたちよ、偽ニュース撲滅に立ち上がろう!

DIGIDAY[日本版] / 2016年12月13日20時50分

では、ローマ法王のドナルド・トランプ支持についての記事の横に広告が表示されたら、そのブランドストーリーはどうなるだろう? その記事の意図が風刺的である場合も問題だが、記事が事実として位置づけられている場合は別の問題が出てくる。ブランドとして広告が掲載される場所で、そのブランドが判断され、信頼性に欠けるメディアの横に広告が掲載されれば、そのブランドの信頼性 [全文を読む]

トランプ・ホテルで続く客足減少、主な原因は「女性」 候補自身に痛みはなし?

Forbes JAPAN / 2016年08月10日08時00分

米共和党大統領候補のドナルド・トランプは、不動産開発業者としての自らのキャリアについて熱弁を振るう。そしてトランプの支持者たちは、光輝く「トランプ」ブランドの建物を指し、それらは同候補が米国の抱える債務問題を解決するのに必要な専門知識を持っていることの証だと主張する。だが、さまざまな議論を呼んでいるトランプの大統領選への出馬は、そのトランプ・ホテルの集客力 [全文を読む]

ドナルド・トランプ新大統領の不動産遍歴

ZUU online / 2017年03月28日16時50分

2017年1月、ドナルド・トランプ氏がアメリカ新大統領に就任しました。破天荒な物言いでなにかと物議を醸していますが、世界屈指の不動産王としてよく知られている人物でもあります。トランプ氏はいかにして「不動産王」と呼ばれるようになったのでしょうか。その波乱に満ちた半生と、ビジネスの軌跡を探ります。■父に学び、父を超えた青年時代ドナルド・トランプの父、フレッド・ [全文を読む]

パーフェクトな容姿に「変身」したイバンカ その品位はどこに?

ニューズウィーク日本版 / 2017年02月27日17時30分

ドナルド・トランプ大統領の長女イバンカに密かに囁かれる疑惑。自身のアパレルブランドはトラブルを抱えるなど、マイナスイメージのニュースが多い中「真のファーストレディ」としての品位が問われる>「真のファーストレディ」と目されるイバンカ。昨年の大統領選を通して日本でも知名度を上げたが、才色兼備というイメージの一方で意外なニュースがぽつぽつと聞こえてきた。「トラ [全文を読む]

「イヴァンカ・トランプ」不買運動が拡大、ネット販売でも取り扱い中止

Forbes JAPAN / 2017年02月06日15時30分

ドナルド・トランプ米大統領がイスラム圏7か国の市民らの入国を一時的に停止したことへの反発が各地で広がる中、大統領を支持する企業や関連のある企業に対する不買運動が過熱している。大統領の長女イヴァンカ・トランプが手掛けるブランドの衣類や靴、ジュエリーなどさまざまな商品を扱っていた百貨店ノードストロームに加え、新たに百貨店ニーマン・マーカスも、オンラインショップ [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】安藤優子、ドナルド・トランプの娘イヴァンカにため息「非の打ち所がない」

TechinsightJapan / 2016年11月17日19時51分

11月14日の『直撃LIVE グッディ!』に続き15日の『バイキング』でもドナルド・トランプの娘であるイヴァンカ・トランプ(35)を話題にしている。米メディアの分析により今回の大統領選でドナルド・トランプが勝利した要因は彼女の存在が大きいと言われ始めたことから、日本のメディアもこぞって扱っているようだ。 『グッディ!』では昨年7月の米・ペンシルベニア州の [全文を読む]

ゴルフ場からワイナリーまで、「ドナルド・トランプ」のブランド価値

Forbes JAPAN / 2016年05月11日15時00分

だが仮に、純資産の中からそれだけを切り離すとしたら、”ドナルド・トランプのブランド”には、どれほどの価値があるのだろうか。本人は30億ドルかそれ以上だと言っているが、それは正しいのだろうか?そこで、本誌は20人近いブランドの専門家に話を聞いた。明確な答えを得るために匿名を条件にした。30億ドルという彼の言い値を認めた専門家は1人もいなかった。彼らの挙げた数 [全文を読む]

フォーブス記者が見た「裸のドナルド・トランプ」

Forbes JAPAN / 2016年05月01日10時00分

そして、ドナルド・トランプほど純資産の評価額にこだわりを見せた者はいない。特に、現在の評価額は彼にとって重要な意味を持つ。米大統領候補の指名争いに参戦しているからだ。トランプ自身は少なくとも100億ドルの資産があると主張する。だが、80人以上の情報源に取材をした結果、本誌はその半額以下の45億ドル程度が妥当な数字だと考えている。「私は大統領選に立っているん [全文を読む]

ハフィントンなきハフィントンポストの未来:新編集長リディア・ポルグリーン氏に聞く

DIGIDAY[日本版] / 2017年04月16日12時00分

――つまり、アンチ・ドラッジレポートとして発足したハフィントンポストが、トランプ支持者を読者層に取り込みたいと考えていると? ドナルド・トランプ氏に投票した、たくさんの人々にハフィントンポストを読んでもらうことは、わたしの念願のひとつだ。 ――でも、どうやって? 我々はみな、グローバリゼーションはすべての船を前進させる潮流だと思っていた。だがそれは結局、 [全文を読む]

便座からコンドームまで…中国には「トランプ」と名の付く商品がいっぱい!―米華字メディア

Record China / 2017年02月17日22時30分

2017年2月15日、米華字メディアによると、ドナルド・トランプ米大統領が中国で自身の名前に関する商標権訴訟に勝利した場合、「トランプ便座」を含む225種類余りの中国国内商品が改名を余儀なくされるという。 中国語でトランプ(Trump)大統領は「川普」あるいは「特朗普」と表記される。同大統領は以前より中国で、自身に無関係な「川普」ブランドに対して名称の使用 [全文を読む]

フォーカス