単行本 自衛隊に関するニュース

『戦国自衛隊 第1巻』10月27日刊行!

@Press / 2014年10月23日10時30分

なお、単行本の帯には、特別に防衛省・自衛隊岩手地方協力本部長 一等陸佐 黒田弘人氏からコメントを頂戴いたしました。◆ストーリー説明 富士の裾野で大演習を展開していた自衛隊を、突如「時震」が襲う。大量の補給物資や戦車、装甲車、ヘリコプターなどの最新兵器とともに、四百年前の戦国時代にタイムスリップしてしまった伊庭義明 三等陸尉を中心とする自衛隊一団は、否応な [全文を読む]

戦争を巡る呪縛と願望――『野火』と『ゲート』

ダ・ヴィンチニュース / 2015年08月19日06時30分

だが、ネット投稿の小説として登場し、単行本化、アニメ化もされ多くの支持を集めているというのもまた事実だ。戦争の凄惨さが経験から伝聞、記憶となり、やがてそこから反転するような願望に転化しつつある――「ゲート」と「野火」が描く世界の落差は、そんな現実を私たちに突きつけているように思えてならない。 文=まつもとあつし [全文を読む]

ゴルゴ13×自衛隊コラボレーショングッズ発売のお知らせ

@Press / 2016年07月21日16時45分

1968年11月の連載開始以来、48年間一度も休むことなく連載を続け、単行本は現在181巻、総発行部数は2億8700万部に達するロングセラー作品。 [全文を読む]

東野圭吾、宮部みゆきに山崎豊子!原作を読んで欲しい日本ドラマ5選!

日本タレント名鑑 / 2016年12月01日10時58分

原作は、『週刊現代』に2006年9月から2007年9月まで連載され、2008年に講談社より単行本が刊行された東野圭吾さんの推理小説です。 幼少時、両親を惨殺されるという過酷な運命を背負った三兄妹が、時効の迫る14年後に真犯人を追い詰める復讐劇を、二宮和也さん、錦戸亮さん、戸田恵梨香さんが演じました。物語の真相や展開は原作に沿っているものの、結末や独自エピロ [全文を読む]

GReeeeNリーダー・HIDEが福島で行った「遺体の検死」を初めて語る

Smartザテレビジョン / 2016年03月04日08時00分

ドキュメンタリー作家の著者が4年の歳月をかけて密着し、リーダーHIDEと兄でありプロデューサーであるJINとの兄弟の生い立ちや、メンバーnavi、92、SOHとの出会いと青春の日々、GReeeeN誕生の瞬間、メンバーの絆が克明に綴られたGReeeeN初の単行本となる。 [全文を読む]

【書評】現実と並行して空母の戦い描き「国民の覚悟」を問う

NEWSポストセブン / 2015年12月15日16時00分

単行本化されたのはまだ2巻目までだが、早くも大作の予感がある。現実の国際情勢と並行して進むであろう物語から目が離せそうもない。 ※SAPIO2016年1月号 [全文を読む]

『刃牙道』コミックス第1巻発売記念 板垣恵介直筆!「あなたの似顔絵」サイン色紙1名様プレゼントキャンペーン実施!ファン垂涎!5月8日(木)発売の第1巻を買って応募しよう!

@Press / 2014年05月07日09時30分

113巻まで発行された単行本は累計6,000万部を突破し、2001年にはテレビアニメ化された、海外で翻訳出版もされている大人気の作品です。新シリーズ『刃牙道』では、剣豪 宮本武蔵を現世に甦らせる展開が話題となり、格闘漫画としての新境地を開拓しています。 <キャンペーン概要> 【実施期間】 2014年5月8日(木)~2014年6月6日(金) 【応募方法】 『 [全文を読む]

内田樹、小田嶋隆、平川克美、町山智浩が憲法9条を語った本

NEWSポストセブン / 2012年11月21日16時00分

【書評】『9条どうでしょう』内田樹、小田嶋隆、平川克美、町山智浩著/ちくま文庫/714円 【評者】岩瀬達哉(ノンフィクション作家) 意表をついたタイトルで、六年前に刊行された単行本が、このたび「お蔵出し」されて文庫版となった。小田嶋隆、平川克美、町山智浩を束ねる編者であり、筆者のひとりでもある内田樹いわく、「気合いを入れて書いた本だったが、ぜんぜん書評に取 [全文を読む]

フォーカス