市場 酒井法子に関するニュース

【ウラ芸能】酒井法子、本格復帰が見えない

NewsCafe / 2013年12月12日15時00分

筋のいいスポンサーがつかないので、台湾や中国といったアジア市場での公開を先行させ、日本に再上陸させるという案もあるようです」デスク「別れたダンナのほうもいい話は聞かないね」記者「現在45歳のT氏ですね。2010年の離婚後、有名スキーショップ経営の父親のツテでラーメン店で働いていたのが、最近は千葉の脱法ドラッグも扱うショップで働いている、と写真誌が報じていま [全文を読む]

私立大46%が定員割れ 酒井法子入学の私大は今春入学者ゼロ

NEWSポストセブン / 2012年10月15日07時00分

大学入試はそれほど“売り手市場”なんです」 教育ジャーナリストの友野伸一郎さんが言う。 「最新の調査では、私立大学の46%が定員割れしています。(18才人口がさらに減る)2018年には大学受験対象者の人数がさらに激減し、閉校の危機に直面する大学が増えるでしょう。自分の子供がその危機に巻き込まれないためにも、これからの大学選びは慎重になるべきです」 ※女性セ [全文を読む]

中国に魂を売った!? 元SMAPメンバー3人の進出に「反日工作に利用される」「いずれボロボロに」と関係者心配の声

tocana / 2017年06月30日08時00分

何といっても、中国は市場が日本とは比較にならない。ジャニーズ事務所の影響力も及ばないことも大きい」(同) だが、この中国進出報道に複雑な心境をのぞかせるのがSMAPファンだ。40代のファン女性は「リーダーの中居正広さんがあえてジャニーズ事務所に残ったのは、将来的なSMAP再結成を意識してのものだと思う。でも、その時に3人の活動拠点が中国では行き違いが生じて [全文を読む]

芸能界を侵食する「危険ドラッグパーティー」の激ヤバ

日刊大衆 / 2017年04月09日19時05分

違法薬物指定される前に、大量生産されたものが市場にダブついている。今かなりはやってる印象がある」(前同) 危険ドラッグに関する驚愕の情報をつかんだのは、この話を聞いた直後のことだった。芸能人の顧客ネットワークを持っているという密売人と接触した。「ハーフの美女タレントとして有名なXが、この間、高級ホテルのスイートルームのトイレで両肩を出してぶっ倒れてましたよ [全文を読む]

薬物逮捕されたセクシー女優・麻生希がTwitterで謝罪動画も、「化粧濃すぎ」「風貌が異様」の声多数。国内での仕事は絶望も「アノ国」で大人気確実?

Business Journal / 2016年09月15日15時00分

アジア圏という大きな市場ならば、彼女が大活躍できる場所も見つかるかもしれませんね」(業界関係者) 中国でアダルトビデオやポルノ動画は違法コンテンツだが、見たことがないというものは少ないのが実情だ。また酒井法子が薬物事件以降、中国などのアジア圏で仕事が増えたということもある。海外で麻生が活躍するということも十分考えられるだろう。そのためにも、彼女には更生を期 [全文を読む]

芦田愛菜は「高額ギャラ報道」でイメージダウン

アサ芸プラス / 2013年01月09日10時00分

「やはり、新しい市場、つまり化粧品などアンチエイジングのマーケットがアラフォー、アラフィフ世代にできつつあります。美魔女ブームも手伝って、いちばんお金を握っている層でもあるこの年代を狙った大手代理店の戦略の結果と言えるかもしれません。おまけに知名度はあるから宣伝する必要がない。まあ彼女たちからすれば棚からボタモチといったところでしょう。2~3年はこの風潮 [全文を読む]

フォーカス