安藤サクラ ゆとりですがなにかに関するニュース

【エンタがビタミン♪】安藤サクラの代わりに番宣 父・奥田瑛二が「かっこ良すぎ」

TechinsightJapan / 2016年04月25日11時25分

今月スタートした日本テレビ系ドラマ『ゆとりですがなにか』に出演中の女優・安藤サクラ。ドラマ内では坂間正和(演・岡田将生)の恋人・宮下茜役を熱演しているが、彼女のために父親が手助けしたようだ。Instagramで安藤の代わりに父の奥田瑛二がドラマの番宣をする動画を投稿。奥田の渋すぎる魅力と仲睦まじい親子関係に称賛の声が寄せられている。 安藤サクラは24日、自 [全文を読む]

『ゆとりですがなにか』は平成版『ふぞろいの林檎たち』

NEWSポストセブン / 2016年05月15日07時00分

出演は件の岡田将生、松坂桃李に加えて、若き演技派・柳楽優弥、「日本アカデミー賞」最優秀主演女優賞に輝いた安藤サクラ、さらには、太賀や矢本悠馬、加藤諒ら、フルネームは知らなくても、出演していた作品名や役どころはしっかり浮かんで来る、若き個性派俳優がひしめきあっている。 他にも、真野響子、でんでん、吉田鋼太郎といったF3、M3にも刺さる俳優たちが出ているのだ [全文を読む]

杉咲花&神木隆之介が亀有で“かき氷”探し!「火曜サプライズ」

CinemaCafe.net / 2017年07月04日16時30分

岡田さん、太賀さん出演のSPドラマ「ゆとりですがなにか 純米吟醸純情編」は昨年放送された連ドラの1年後を描くスペシャル版となり、2人のほか松坂桃李、柳楽優弥、安藤サクラら連ドラ出演キャストに加え蒼井優も出演する。 『メアリと魔女の花』は7月8日(土)より全国東宝系にて公開。 「ゆとりですがなにか 純米吟醸純情編」は7月9日(日)22時30分~日本テレビに [全文を読む]

土屋太鳳、千葉雄大&片寄涼太と用賀へ!岡田将生&太賀も出演「火曜サプライズ」

CinemaCafe.net / 2017年06月27日17時15分

岡田さんをはじめ松坂桃李、柳楽優弥、安藤サクラらのキャストで昨年4月から放送された「ゆとりですがなにか」のスペシャル版となり、岡田さんらお馴染みのキャストが再集結するほか、新キャストとして蒼井優が参加し、連続ドラマから1年後を描いていく。 「火曜サプライズ」は6月27日(火)19時~日本テレビ系で放送。 [全文を読む]

<わからないけど面白い>ドラマ「ゆとりですがなにか」は視聴者に何を伝えたいの?

メディアゴン / 2016年07月02日07時30分

最終話、坂間正和(岡田将生)が、結婚式の行列の途中で、突然、「このまま神様の前に行けない」と言うと、列を離れ、婚約者の宮下茜(安藤サクラ)の前から姿を消してしまう。宮下の一度だけの不倫相手、早川道郎(手塚とおる)を殴りに行くためだ。ここで、筆者が以前、ドラマの歌詞とリンクしていないと指摘していた主題歌、『拝啓、いつかの君へ』(感覚ピエロ)の象徴的な歌詞「あ [全文を読む]

『ゆとりですがなにか』 若手俳優の役者力を堪能できる

NEWSポストセブン / 2016年05月07日16時00分

天性の演技力は、訓練や工夫をも超えていく? 『ゆとりですがなにか』(日曜22時30分日本テレビ系)で主役を演じている安藤サクラを眺めていると、そんなことを考えさせられてしまう。 このドラマ、クドカン「初の社会派ドラマ」。自虐的に“ゆとり”と口にするゆとりのないアラサーの男と女が、仕事に恋に友情に迷う姿がいきいきと描き出される。 宮下茜を演じる安藤サクラは、 [全文を読む]

「ゆとり」3人の1年後のそれぞれ リアル妊婦の安藤サクラが妊婦役で登場〈ゆとりですがなにか 純米吟醸純情編〉(日本テレビ)

J-CASTテレビウォッチ / 2017年07月05日12時00分

「ゆとり~」は、正和(岡田将生)、山路(松坂桃李)、まりぶ(柳楽優弥)、3人の"ゆとり第1世代"の若者たちの友情や恋愛、仕事を描いたコメディタッチのドラマで、最終回は正和と宮下茜(安藤サクラ)の結婚式で終わった。 あれから1年。家業の坂間酒造を継ぐため、会社を辞めた正和だったが、その酒蔵がオリンピックに向けた再開発で立ち退きを迫られることに。3億5千万円と [全文を読む]

【本日放送】人気ドラマ『ゆとりですがなにか』がスペシャルになってカムバック! 最終回から1年後のストーリーが展開されるよ

Pouch[ポーチ] / 2017年07月02日09時45分

【それぞれの人生に新たな展開が】 恋人の茜(安藤サクラさん)と紆余曲折を経て結婚した正和(岡田将生さん)。恋はしたけど、残念ながら最終回までに “ドーテイ” 卒業できなかった山路(松坂桃李さん)。「おっぱいいかがっすか~?」と客引きしていたまりぶ(柳楽優弥さん)も、11浪してようやく大学生になれた。 最終回から1年後、それぞれの人生は再び新たな局面を迎え [全文を読む]

「ゆとりですがなにか」続編で岡田将生と松坂桃李が殴り合い!?

ザテレビジョン / 2017年07月01日06時00分

正和は会社を辞めちゃったし、茜ちゃん(安藤サクラ)と結婚し現実的な方向に行くだろうと…。岡田くんのあたふたしているときの表現が好きで、今回のスペシャルも、正和にあたふたしていてほしいと思って続きを書きました」岡田「光栄です(笑)。確かにずっとあたふたしていたし、今回も妻の茜ちゃん(安藤サクラ)がある秘密を抱えているんですが、正和だけが気付かない。僕自身だっ [全文を読む]

岡田将生、宮藤官九郎が「自分で書いたセリフを小声で演じていた(笑)」と暴露!?

ザテレビジョン / 2017年06月29日18時00分

岡田将生演じる主人公の坂間正和、松坂桃李演じる山路一豊、柳楽優弥演じる道上まりぶ、安藤サクラ演じる正和の妻・茜、太賀演じる山岸ひろむらの1年後の姿を描く。正和(岡田将生)の実家の酒造がモノレールの建設予定地となることに。立ち退きに伴い大金が入ると知った家族は廃業を決意するが、正和は酒造の存続にこだわるが…といったストーリーだ。 主演の岡田は脚本を担当した宮 [全文を読む]

岡田将生主演「ゆとりですがなにか」続編放送決定!ですがなにか?

Smartザテレビジョン / 2017年03月14日18時09分

“ゆとり世代”が日々七転八倒しながらも前向きに生きる姿を描くと共に、松坂桃李、柳楽優弥、安藤サクラなど若手実力派キャストが集結したことで、若い世代の視聴者からの支持を得ていた。 2017年夏に放送される「ゆとりですがなにか 純米吟醸純情編」では、連続ドラマの物語から1年後を舞台に正和(岡田)をはじめとする“ゆとり”たちのたくましく成長した姿を描く。 主演の [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】安藤サクラ、義弟・柄本時生と摩訶不思議なダンス披露「仲良すぎw」

TechinsightJapan / 2016年08月05日13時00分

数々の映画やドラマに出演し人気の女優、安藤サクラ。今年4月~6月に放送されたドラマ『ゆとりですがなにか』では連続ドラマ初ヒロインを演じ、来月から始まるNHK BSプレミアムのドラマ『ママゴト』では主演を務めるなど女優業は絶好調である。一方でプライベートでは2012年に俳優の柄本佑と結婚している彼女、共に両親が有名人ということで注目を集めていたが、その家族仲 [全文を読む]

安藤サクラが「ゆとりですがなにか」で大ブレイク!要因は「女から嫌われる女」

アサジョ / 2016年06月23日09時59分

6月19日に最終回を迎えたドラマ「ゆとりですがなにか」(日本テレビ系)で、何かとブス呼ばわりされる宮下茜を演じた安藤サクラ。最終回では文金高島田に結い上げていた髪を振り乱しながら、岡田将生演じる坂間正和のもとまで這ってキスするシーンを怪演。女性視聴者からは「茜が嫌い」「茜がよかった」と正反対の意見が飛び交っている。「これは“安藤サクラ旋風”と言ってもよいで [全文を読む]

青木さやか、「不遇」を味方に女優としてただ今ステップアップ中?

アサジョ / 2016年06月22日17時58分

『ゆとりですがなにか』で演じた坂間みどり役ももっと話題になっていいはずなのに、安藤サクラに食われてしまった。芸人が本職で女優業もしている近藤春菜が同じような役どころを演じたなら、もっと騒がれたはずでしょうが、青木はそうならない。この不遇さが女優としての旨味といえるでしょう」(舞台演出家) 青木の演技には、ネット上でも「痛さが似合う」「けなげなのに報われない [全文を読む]

安藤サクラに嫉妬の声!原因は岡田将生ではなく“あの人”だった

アサジョ / 2016年05月05日09時58分

オンエア中のドラマ「ゆとりですがなにか」(日本テレビ系)で、主演の1人である岡田将生の上司であり、恋人でもある宮下茜を演じている安藤サクラ。「第39回日本アカデミー賞」の最優秀主演女優賞を獲得し、人気も急上昇中だが、その安藤に嫉妬の声が上がっているという。岡田ファンから嫉妬されているわけではない。嫉妬の原因は、安藤の父親である奥田瑛二にあるのだ。「奥田は4 [全文を読む]

『ゆとりですがなにか』日曜ドラマの“初回最低”更新! 戦犯はクドカンか岡田将生か?

サイゾーウーマン / 2016年04月20日13時00分

同作はゆとり世代の若者を演じる岡田、松坂桃李、柳楽優弥の3人組に加えて、安藤サクラやAKB48・島崎遥香の出演も話題に。放送前から各出演者の番宣出演も多かったが、肝心の視聴率は2ケタ割れ。昨年4月の放送枠開設以来、最低の初回視聴率となってしまった。 「さらにクドカン脚本のキー局GP帯連ドラでも、初回視聴率が10%を割ったのは初の事態です。前作となる錦戸亮 [全文を読む]

安藤サクラ、股間にバラ&スケスケドレス姿披露でファン興奮! 門脇麦は“美ちっぱい”披露で「将来が楽しみ」

おたぽる / 2016年03月16日09時00分

5日、女優の安藤サクラが自身のインスタグラムに、前日行われた『第39回日本アカデミー賞』授賞式の様子を投稿。バラの柄があしらわれた、スケスケのドレス姿に「胸元もざっくり開いてるし、結構エッチな衣装だったんですね!」「スケスケドレス越しに見える美脚に興奮する!」など、ファンからは歓喜の声が上がった。 「安藤は、綾瀬はるか、有村架純、樹木希林、吉永小百合といっ [全文を読む]

AKB48・島崎遥香、岡田将生主演ドラマに出演決定

Smartザテレビジョン / 2016年03月15日15時17分

つい先日、安藤サクラや太賀、吉田鋼太郎などのキャストが発表されたばかりの本ドラマ。ゆとり世代のキャストが中心となり、ゆとりの逆襲が始まる! [全文を読む]

『ゆとりですが』スペシャル版 クドカン脚本は「爽快」

NEWSポストセブン / 2017年07月08日16時00分

正和は、バリバリ仕事ができる同僚の茜(安藤サクラ)と結婚。茜は会社を辞めて正和の実家の酒屋へ嫁入り。良い意味でぼおっとしている正和は、そこに潜む矛盾に気が付かない。現実を鋭く指摘するのが、小学校教諭の山路。「他人の家の中で飼い殺していいのか」「旦那の家の中は、嫁にとって他人ばかり。彼女にとっては家ではなく会社と同じ環境にいるんだぞ」と正論を吐く。 対して [全文を読む]

第16回「かつてSMAPと呼ばれた男たち2017」

ソーシャルトレンドニュース / 2017年01月27日19時15分

女優陣も、安藤サクラをはじめ、ぱるるや吉岡里帆も“攻め”の芝居。もっと視聴率が取れてもよかったと思います。3位(3票)■『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)「石田ゆり子(アラフィフ)の圧倒的な破壊力。」「久しぶりにラブコメ見ました。今そうだよなとおしゃれ感。」野木亜紀子サン脚本の社会派ラブコメ。もう説明はいりませんね。登場人物に誰一人として悪人がいない― [全文を読む]

フォーカス