両親 安藤サクラに関するニュース

4月7日(金)より放送開始 新番組『Koh Gen Do WORDS ALIVE』

PR TIMES / 2017年04月06日12時15分

また番組内では世界的な音楽家の坂本龍一さん、矢野顕子さんをご両親にもつミュージシャン、坂本美雨さんが美しい声でお届けする江原道のCMも流れます。 江原道の世界観がつまった素敵な30分間となっております。皆様に楽しんでいただけますと幸いです。 【番組概要】 番組名: 『Koh Gen Do WORDS ALIVE』 放送局:J-WAVE(81.3FM) 放送 [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】安藤サクラ、義弟・柄本時生と摩訶不思議なダンス披露「仲良すぎw」

TechinsightJapan / 2016年08月05日13時00分

一方でプライベートでは2012年に俳優の柄本佑と結婚している彼女、共に両親が有名人ということで注目を集めていたが、その家族仲の良さは人一倍のようだ。安藤が自身のInstagramに義弟で俳優の柄本時生と奇妙なダンスを踊る動画を投稿、その楽しそうな姿にフォロワーも思わず和んだようだ。 安藤サクラは4日、自身のInstagramを更新。義弟の柄本時生とダンスを [全文を読む]

安藤桃子さん(映画監督)安藤サクラさん(女優)姉妹で江原道イメージキャラクターに

PR TIMES / 2017年03月31日13時22分

幼いころからご両親が江原道の愛用者であったというご縁と、実際に撮影現場でも使用していたという信頼感から、今回のオファーを快く受けて下さいました。【コメント】[画像2: https://prtimes.jp/i/25018/1/resize/d25018-1-271434-4.jpg ]《安藤桃子さん》肌は環境に直接触れるアンテナのひとつ。都会で生まれ育ち、 [全文を読む]

柄本佑&安藤サクラは、小栗旬、大森南朋を超えるナイス夫婦!

サイゾーウーマン / 2012年03月26日08時04分

その理由は両親の性格もさることながら、安藤自身の人間性に依る部分も大きいようだ。「やはり親が芸能人となると、特に女性は反抗期が長く続いてしまうことが多いです。そんな中でもサクラさんは若い頃から親孝行をしていたタイプで、成人した現在でもご両親に頼まれてお使いに、なんてこともあるそうです。これだけ作品に出演している女優さんで、ここまでしている人はそういませんよ [全文を読む]

坂上忍、柄本・安藤夫妻のなれ初めに憤慨「ふざけんな」

日刊大衆 / 2017年05月18日08時05分

その後、坂上から「両親から演技のダメ出しされない?」と聞かれると、柄本は、父からは携帯のメールで「あんなことやるんだったらやめな」「もっと考えろバカ」など短い一文でダメ出しされると言い、「めっちゃイヤ」だと語った。また、俳優の故原田芳雄の家族が、原田のことを“芳雄”と呼んでいたことに父の柄本明が憧れ、家族に“明”と呼ぶように命じたことがあると暴露。しかし [全文を読む]

お見事! 安藤サクラの「オレオレ詐欺」への神対応

アサ芸プラス / 2014年11月12日09時59分

曽祖父は犬養毅元首相で、姉と共に幼い頃から学習院で学んだという経歴を持ち、高い演技力と独特な世界観で、映画監督が起用したい女優NO1の呼び声も高い稀有な存在です」(映画関係者) そんな安藤サクラは、10年程前、奥田家に「オレオレ詐欺」の電話があった時に、両親が不在で彼女が出たことがあったという。 「当時、海外にいた姉の桃子さんの名前でかかってきたそうです。 [全文を読む]

“北”と引き裂かれた在日家族の愛『かぞくのくに』上映開始

NEWSポストセブン / 2012年08月07日16時00分

在日コリアン二世になるヤン・ヨンヒ監督(一九六四年生まれ)の「かぞくのくに」は、若い時に北に行った兄(井浦新)と、日本に残った妹(安藤サクラ)、そして両親(津嘉山正種、宮崎美子)の引き裂かれた家族愛を描いていて深い感動がある。ヤン・ヨンヒ監督の、妹としての実体験が反映されている。 一九九七年。北にいる兄が病気療養のため短期間だけ許されて日本に帰ってくる。 [全文を読む]

あの人とあの人は親戚だった?意外と知らない芸能人同士の血縁関係!?

日本タレント名鑑 / 2015年06月10日15時15分

両親双方が美形で、親戚にもイケメンがいるなんて・・・。今後も親戚関係から美形芸能人が出てきてもおかしくないですね。 音楽関係ではROLLY(旧名:ローリー寺西)さんと槇原敬之さんが従兄弟同士なのは有名な話。家も近所でともに腕を磨いたそうです。音楽のジャンルは全く違うのに意外ですよね。 再従兄妹というのは意外と多く、実は木村拓哉さんと神田うのさんも再従兄妹。 [全文を読む]

綾野剛、東出昌大らキネ旬映画賞受賞コメント一挙公開!

Smartザテレビジョン / 2015年02月08日08時47分

同じ両親から生まれて、生まれた時代もほぼ変わらず、同じものを食べて同じお乳を吸って(笑)大きくなりましたから、感覚がとても似ていて。何も言わずに一緒に同じ世界がつくれる。父はまた違って、性別も違いますし、私は父の作品に2回出ましたが、たぶん、父にこういう女性像を描きたいっていうのが強くある気がします。一番思うのは、私がずっと二世だというのがコンプレックスだ [全文を読む]

安藤桃子監督が描きたかった「バラバラでも別れない家族の力」

WEB女性自身 / 2014年11月15日07時00分

父の奥田瑛二(64)がエグゼクティブ・プロデューサー、母の安藤和津(66)がフードスタイリスト、妹の安藤サクラ(28)が主演を務め、サクラの義理の両親である柄本明(66)と角替和枝(60)も出演している。一族総出で作り上げた渾身の一作だ。 原作は安藤監督が書き下ろした同名小説。’06年に永眠した母方の祖母・昌子さん(享年82)の在宅介護の体験が原点になって [全文を読む]

フォーカス