子ども 安倍昭恵に関するニュース

松井一郎大阪府知事ロングインタビュー「籠池氏には一度も会ったことはない」

プレジデントオンライン / 2017年04月03日15時15分

維新が国政に進出し、国の未来を背負う子どもたちへの投資が重要、と言い出して、政府も動かざるを得なくなってきた。日本のためにプラスだと思いますね。 【塩田】松井さんは安倍首相とは、いつどんなことから付き合いが始まったのですか。 【松井】第1次内閣のとき、安倍首相は2006年12月に教育基本法改正を実現しましたが、志半ばで辞任となった。僕たちも日本の教育を変え [全文を読む]

物言う10代アイドルグループ「制服向上委員会」が森友学園問題を斬る!(インタビュー)

tocana / 2017年03月17日13時00分

社会には、心の傷が原因で不登校になる子どももいます。もっと子どもの心を大切にした方が良いのではないでしょうか」――子どもがどう捉えるかによるでしょうが、確かに物心ついた児童ならば、このような「教育」は精神的虐待になりかねませんね。安倍昭恵夫人についてはどうですか? [全文を読む]

<批判は思想の違い?>安倍昭恵夫人のズレた感性と軽率さ

メディアゴン / 2017年03月22日07時49分

いっぱしの社会人なら、いつまでも、ヘマをして親の陰に隠れている子どもじみたことをしていてはいけません。安倍昭恵首相夫人は、教育勅語と改正教育基本法についても、ご自身の考えを世間に説明しなければなりません。【参考】<記憶力も読解力も疑問?>トラブルメーカー・稲田防衛相の教育勅語観昭恵夫人と森友学園の関係は数年に及びます。当然ながら教育勅語を重んじるかなり偏っ [全文を読む]

<総理は辞めると啖呵?>「安倍晋三記念小学校」国有地払い下げ問題

メディアゴン / 2017年02月23日07時30分

『籠池先生の教育に対する熱き想いに感銘を受け、このたび名誉校長に就任させていただきました』首相夫人は、幼い子どもたちに「教育勅語」を暗唱させ、「海ゆかば」「愛国行進曲」を歌わせ、民族差別を指摘されるような発言を繰り返す籠池泰典理事長の教育への思いに感銘を受け、名誉校長に就任されたのです。形ばかりではなく、昭恵夫人は本気で籠池泰典理事長の理念に心酔しておら [全文を読む]

自由奔放、安倍昭恵さん主催の異業種交流会は合コンノリ

NEWSポストセブン / 2017年04月09日16時00分

そんな昭恵さんだが、子どもがなかなか授からず苦悩した日々もあるという。政治家の妻の仕事は後援会とのつきあいだけでない。周囲からは遠慮なく「跡継ぎ」を求められるからだ。昭恵さんはあるインタビューでこう明かしている。《選挙区の後援者の方に「あなたは嫁として失格だ」とか「人間としてダメだ」みたいなことを言われて…(略)「ワシが教えにいっちゃる」といった感じでど [全文を読む]

森友学園だけではない、安倍昭恵夫人の奇怪な活動6つ! 霊能者、中国人スパイ、大麻、謎の水…!!

tocana / 2017年03月01日08時00分

など「瑞穂の国記念小学院」HPで掲載された昭恵夫人の挨拶文には、「瑞穂の國記念小學院は、優れた道徳教育を基として、日本人としての誇りを持つ、芯の通った子どもを育てます。 そこで備わった「やる気」や「達成感」、「プライド」や「勇気」が、子ども達の未来で大きく花開き、其々が日本のリーダーとして国際社会で活躍してくれることを期待しております」(現在は削除) とあ [全文を読む]

「安倍晋三記念小学校」問題で安倍内閣総辞職か-植草一秀

メディアゴン / 2017年02月18日07時25分

瑞穂の國記念小學院は、優れた道徳教育を基として、日本人としての誇りを持つ、芯の通った子どもを育てます。そこで備わった「やる気」や「達成感」、「プライド」や「勇気」が、子ども達の未来で大きく花開き、其々が日本のリーダーとして国際社会で活躍してくれることを期待しております。」この「瑞穂の國記念小學院」が寄付集めに際して、学校名を「安倍晋三記念小学校」と表記して [全文を読む]

「子の無い人生」をどう生きたらいいか? 酒井順子が女性の生き方についてたっぷり語る

ダ・ヴィンチニュース / 2016年07月14日11時10分

30代未婚女性の生態を鋭く分析した『負け犬の遠吠え』の著者・酒井順子が、今度は“子どものいない人生”を真正面から斬った『子の無い人生』を刊行した。これにともない、2016年7月16日(土)に「酒井順子『子の無い人生』刊行記念トークショー 女の生き方について」が行われることが決定した。 2016年2月の同書発売後から大きな反響が起こり、読売新聞や北海道新聞に [全文を読む]

安倍首相の妻・昭恵夫人と布袋寅泰に“深夜のキス”報道! W不倫で猛バッシングの流れに!?

サイゾーウーマン / 2015年08月27日12時45分

「保阪の怒りは相当なもので、その後雑誌のインタビューで『子どもの気持ちを考えて、高岡を責めずに布袋に悪者になってもらった』と語っていましたが、その後も『彼だけは許せない』とこぼすこともありました」(同) しかし布袋に関しては、「確かに酔うと乱暴になったり、また女性に対しても奔放な言動を取ることで知られていますが、逆にシラフのときはとても大人しい常識人。今 [全文を読む]

森友問題はまだ終わってない。財務省も青ざめた籠池氏の「録音データ」

まぐまぐニュース! / 2017年05月12日05時00分

小学校の用地ですから、子どもが入るわけです、あそこに。…有害物質が入っている土を、そのまま埋め戻してほしい、と…いうようなことが発生したわけです。 児童の健康を考えるなら、場内埋め戻しではなく、場外に持ち出すべきだ。そのためにはコストがかかる。その分を値引きしなければならないのではないか。これが、籠池氏の言いたいことだったにちがいない。 田村室長にプレッ [全文を読む]

『ハウスパウダーケース』小麦粉も入浴剤もパッと振るだけ!便利でかわいい粉モノ容器

もぐもぐニュース / 2017年03月21日09時30分

ケースが落下するという大事件…その結末は!? 実は一度、粉を入れた『ハウスパウダーケース』を子どもがテーブルから落とすという事件が発生。ビンのようにしっかと締めるのではなく、シリコンで封をしているため「うわ~~!!絶対粉まみれ…」と思ったが、実際にはフタが開くことはなく、本当にちょこっと粉が下に落ちただけだった。ホッと胸をなで下ろすと当時に、ケースの優秀 [全文を読む]

「着物の魅力を中国の人々に」、中国で奮闘する日本女性―中国メディア

Record China / 2017年03月21日01時20分

日本では子どもの頃からの夢だったピアノの先生をしながら、着付けの仕事をする母親を手伝い、着付けや着付けレッスン、テレビの衣装指導などの仕事をしていたという。そんな五十嵐さんは北京でもピアノ講師を続けながら、着物の着付けレッスンや日本文化に関する様々なイベントを開催している。着物の着付けに関しては、母親の仕事の関係で、幼い時から着物に囲まれた環境で育ち、物心 [全文を読む]

【森友問題が政局化!】安倍首相、「逆ギレ」衆院解散&総選挙も現実味

Business Journal / 2017年03月15日06時00分

本来なら、今頃は「ピカピカの1年生」になるのを子どもたちが心待ちにしている時期です。ランドセルを机に置いて、毎日ワクワクしながら眺めている子も多いと思います。 すでに入学準備として就学前健康診断や制服・学業品の購入を始めている時期に、急に入学先の学校が変わるという現実を6歳の子どもが受け入れられるのでしょうか。 [全文を読む]

森友学園問題で安倍首相の答弁がヒドすぎる! 「理事長と考え方共鳴」が一転「しつこかった」

リテラ / 2017年02月24日17時49分

まるで名誉校長を強要されたと言わんばかりだが、昨日、削除された名誉校長の挨拶文で昭恵夫人は、〈瑞穂の國記念小學院は、優れた道徳教育を基として、日本人としての誇りを持つ、芯の通った子どもを育てます〉と、積極的に名誉校長らしく学校のアピールをおこなっている。昭恵夫人は「安倍晋三内閣総理大臣夫人」という肩書きで名誉校長に名を連ねていたのだから、「断れないから」 [全文を読む]

疑惑の国有地売却事件。日本初の神道小学校、名誉校長は首相夫人

まぐまぐニュース! / 2017年02月17日05時00分

瑞穂の國記念小學院は、優れた道徳教育を基として、日本人としての誇りを持つ、芯の通った子どもを育てます。そこで備わった「やる気」や「達成感」、「プライド」や「勇気」が、子ども達の未来で大きく花開き、其々が日本のリーダーとして国際社会で活躍してくれることを期待しております。 安倍総理夫人は塚本幼稚園を見学して感涙したといわれる。夫婦仲がどうかは知ったことでは [全文を読む]

西田ひかる「安倍首相との意外な関係」を明かす

日刊大衆 / 2016年11月04日20時00分

二人の子どもに恵まれ、現在は芸能活動をほぼ行なっていませんが、兵庫県で穏やかな毎日を送っていると聞きます。芸能界でもまれに見る勝ち組といえるんじゃないでしょうか」(芸能誌記者)――将来は政界進出!? [全文を読む]

沖縄高江を訪問、少子化対策批判も...昭恵夫人が安倍政権と真逆の言動を繰り返すのはなぜか? ガス抜き役かそれとも

リテラ / 2016年08月07日16時30分

しかも、このインタビュータイトルは「子のない人生乗り越えて」というもので、昭恵夫人は自身の"子どもがいない人生"や"不妊治療"の経験まで言及したうえで、安倍政権の少子化対策の根本的な欠陥についてかなり説得力を持って語っているのだ。 過去に不妊治療も受けたことがあるという昭恵夫人だが、実ることはなかったその経験についてまるで自らを卑下するようにこう語ってい [全文を読む]

初開催「知、衣、食、文化」でミャンマーの魅力を発見!「ミャンマー祭り2013」を11月17日(日)東京・芝 増上寺で開催

@Press / 2013年11月01日10時00分

子どもから大人まで誰もが参加できます。特別企画「ミャンマー・シンポジウム」では、実行委員会委員会名誉会長の安倍昭恵氏と、今泉記念ビルマ奨学会会長 今泉清詞氏、元サッカー選手で観光庁「アドバイザリー・ボード」メンバーの中田英寿氏を迎え、リアルなミャンマーについてのディスカッションを行ないます。なお、収益金の一部はミャンマーの寺子屋教育の支援金として寄付されま [全文を読む]

フォーカス