清原和博 仁志敏久に関するニュース

【プロ野球】大型補強で挑む巨人・高橋由伸体制の2年目はいかに!? 巨人の大型補強の歴史を振り返る

デイリーニュースオンライン / 2016年12月22日16時05分

その後、巨人は清原和博(西武)、石井浩郎(近鉄)、マルチネス(西武)と他チームの4番打者を獲得し、その乱獲ぶりは「4番打者コレクション」「何でも欲しがる長嶋監督」と揶揄された。しかし、その補強によりチームのバランスは大きく崩れ、1997年から3年間、優勝から遠ざかった。 ■2000年:補強が成功し「ミレニアムV」を果たす 20世紀最後の年となる「ミレニア [全文を読む]

【プロ野球】9番・倉本寿彦(DeNA)は奇策か。ラミレス監督の変わり手「8番・投手」は堀内・巨人も試していた

デイリーニュースオンライン / 2017年06月07日16時05分

9番・仁志、1番・清水隆行、2番・二岡智宏が塁を埋め、ローズ、小久保裕紀、清原和博の強力クリーンナップが走者を還すという戦略だった。 ここでも「9番・仁志」という形で固定され、9番が「影のリードオフマン」役を担っていた。 なお、阪神時代の岡田監督も2004年と2007年に、8試合で「8番・投手」のオーダーを組んでいる。 現状、DeNAが「8番・投手」の効果 [全文を読む]

巨人、課題の“1、2番コンビ”

ベースボールキング / 2017年04月14日11時00分

山本氏が話したように当時の巨人は、“仁志、清水”の1、2番が出塁し、高橋由伸、松井秀喜、清原和博といった中軸で還すという抜け目のない打線だった。今季は3番・坂本勇人、4番・阿部慎之助が打撃好調も、1番の中井大介が打率.222、2番の立岡宗一郎の打率も.217と“1、2番”にしては物足りない。 特に2番を任されている立岡はバントを失敗するシーンが目立つ。そ [全文を読む]

【プロ野球】青木宣親と山田哲人の共演、早仕上げのバレンティンetc…。ヤクルトファン的WBCの楽しみ方!

デイリーニュースオンライン / 2017年01月28日17時05分

代打の切り札に清原和博を据え、清原も12本塁打。この年、チームはプロ野球歴代記録となる259本塁打をかっ飛ばした。 そしてチームは優勝と言いたいところだが、なんと結果は3位。思ったよりも投手陣が奮わず、競り負ける試合が予想以上に多かった。「4番をかき集めて……」批判の論拠となる結果だった。 ■それでも巨人の“脳筋補強”が見たい それでも2004年は、開幕か [全文を読む]

阪神タイガース・藤浪晋太郎独占インタビュー! かつて少年だった全ての人に送る珠玉の甲子園物語が完成!

ダ・ヴィンチニュース / 2015年07月29日17時30分

桑田真澄・清原和博のKKコンビ、5打席連続敬遠の松井秀樹、平成の怪物・松坂大輔など、多くのスターを誕生させた夏の甲子園。 【画像あり】ダ・ヴィンチニュースはこちら そんな夏の甲子園100年を振り返る『甲子園100年物語』が、2015年7月28日(火)に発売された。同書では、1984年夏に当時最強を誇ったPL学園を倒した、取手二高の名将・木内幸男元監督と、常 [全文を読む]

汗と涙のあの夏の物語 日販限定流通商品『甲子園100年物語』を販売

DreamNews / 2015年07月28日10時30分

不運のエース太田幸司、「怪物」と呼ばれた江川卓、バンビこと坂本佳一、荒木大輔、桑田真澄・清原和博のKKコンビ、5打席連続敬遠の松井秀喜、平成の怪物・松坂大輔など、甲子園から生まれたスター選手は数知れません。本商品は、名監督として名高い常総学院の木内幸男元監督と、その教え子である元プロ野球選手の仁志敏久による師弟対談や、阪神の若きエース藤浪晋太郎の独占インタ [全文を読む]

フォーカス