筋肉 清原和博に関するニュース

【ネットニュース編集者によるイニシャル鼎談】清原容疑者逮捕の舞台裏

デイリーニュースオンライン / 2016年03月03日18時00分

中川 なんで筋肉つけようとしたんだろう? 山本 タイトル欲しかったんでしょ。それまでも無冠だったわけですし。当時広いとされた東京ドームで沢山ホームラン打ちたいと思って、ならば肉体改造だって話になった。もちろん筋力をつけること自体は必要なことで、一概に悪いこととはいえない。 でも、身体には支えられるキャパシティというのがあって、それは関節や腱、靭帯によって [全文を読む]

【プロ野球】選手の”巨大化トレンド”に異を唱えるイチローの体重論

デイリーニュースオンライン / 2016年01月28日16時00分

ただ、かつての清原和博のように、体重増・筋肉量UPを境にケガがちになり、かつての輝きを失ってしまった例もある。果たして「巨大化」「体重増」は正義なのだろうか? そこで参考にしたいのが、43歳をこえてMLBでプレーを続けるイチローの言葉だ。 ※野球の見方が変わるスマホマガジンでニュースやコラムが読み放題! ■3キロ違うと全然動けない? 「アメリカに来ると、 [全文を読む]

ヌード写真集も頓挫……清原和博が“昇り龍の入れ墨”を「消したくても消せない」裏事情

日刊サイゾー / 2015年06月03日09時00分

格闘家を指導するトレーナーを付けてトレーニングしていた清原の“現役最後の筋肉美”を、DVDと連動して披露させるというものだった。 「しかし、これがまさかの入れ墨で吹っ飛んでしまった」と話すのは当時の関係者。 「球団の“便乗ビジネス”ではありましたが、写真集を計画した担当者は、長く清原の広報にも尽力してきた人で、引退する清原に大きな印税が入るようにと考えたも [全文を読む]

“薬物疑惑”清原和博に「Xデー」迫る!? マスコミの情報収集・素材収集が活発化

日刊サイゾー / 2014年10月08日09時00分

薬物疑惑に関しては、一説には肉体改造に使った筋肉増強剤の副作用から、海外プロレスラーなども悩む精神不安定な症状が顕著になったことが原因ともいわれるが、実際のところは定かでない。だが、取材記者がろれつの回らない不自然な姿を何度も目撃しており、疑惑を深めている。 その真偽は横においても、清原を「精神不安定」とする球界関係者や知人は少なくない。“番長”という愛 [全文を読む]

30年前の甲子園 清原・桑田“KKコンビ”の果たされなかった「約束」

日刊サイゾー / 2014年08月07日21時00分

ある日、桑田にマッサージを施した清水は、その筋肉に触れた瞬間に驚かざるを得なかった。何人もの先輩のマッサージをした清水でも、桑田ほど柔らかい筋肉を持っている人間は見たことがない。そして、いったん力を入れると、まるで鋼のように硬く変化する。それは、アスリートとして理想的な筋肉だった。 そんな才能に恵まれた2人だが、もちろん彼らの実力は才能だけがなせる業ではな [全文を読む]

保釈後の清原和博に忍び寄る「地下格闘技」からの黒いオファー

アサ芸プラス / 2016年03月06日17時57分

筋肉を増強するステロイド剤などのほか、試合前には『興奮剤』と称してビタミン剤と怪しい薬物を混合した『気合いグスリ』を注射することもある。清原の入れ墨『昇り龍』も、リングでは支障にならない」(薬物に詳しいアウトロー関係者) まさに受け皿として最適な分野なのだが、清原容疑者に注目しているのは本人が憧れた、他でもない闇社会だ。「清原は群馬以外にも、東京・新宿や白 [全文を読む]

清原和博を闇社会に陥れた「禁断の一言」とは? 関係者嘆く、清原の性格

tocana / 2016年02月06日09時00分

「プロ入り直後は細くてかわいらしい外見だったのに、巨人に移籍した1997年前後から一気に筋肉の量が増え、肌も黒くなっていった。とくに筋肉に関しては、下半身はともかく、上半身は逆にプレーに悪影響が出ると指導者やOBの解説者たちから苦言を呈されることもあったのにウェイトトレーニングをやめなかった。ちょうど、あの頃から夜の街でのあやしい人脈が増えていったよ」( [全文を読む]

清原和博氏は正論にこだわりうまくいかなかったと医師が分析

NEWSポストセブン / 2013年10月27日16時01分

一方の清原さんは、精悍なガングロで筋肉もりもり、威圧的な目でピッチャーを睨みつける。そしてバッターボックスに向かってのしのしと歩いて行く。さながらプロレスラーの入場のようなのだ。 バッターボックスに入り、清原さんに威圧されたピッチャーが投球ミスし、出会いがしらの一発で、感動的なホームランを打つケースも多かった。故障に泣いた選手人生の後半は、一流のバッター [全文を読む]

【プロ野球】青木宣親と山田哲人の共演、早仕上げのバレンティンetc…。ヤクルトファン的WBCの楽しみ方!

デイリーニュースオンライン / 2017年01月28日17時05分

確かに2004年の巨人は「脳筋(脳みそまで筋肉の略)」という力技のチームだったかもしれない。しかし、そこにはワクワク感があった。 近年は、「どういうチームスタイルで勝つのか」がハッキリと見えてこない球団が多い。確かに勝利は重要だが、結果だけに傾倒し、緻密になりすぎると野球のマニア化は進む一方だと感じる。 手堅い大型補強もいいが、その進む先が“勝利”だけで [全文を読む]

あくびが病気のサイン?生あくびのメカニズムと疑うべき病気|医師コラム

Fuminners / 2016年10月24日10時51分

口を大きく開けたり思いっきり背伸びをしたりしたときに、アゴや体幹の筋肉が引き伸ばされます。この刺激が脳に伝わり、脳が活性化されます。「心配なあくび」が出たときに疑うべき病気睡眠不足がかなりたまっているのに、自分ではそれを自覚していない状態を、「睡眠不足症候群」といいます。この状態になるとあまり眠気を感じなくなり、あくびばかりが出る人がいます。睡眠時間が短め [全文を読む]

禁断の「密着&激白」清原を知りすぎた男・野村貴仁(1)逮捕前に一度だけ清原の元夫人・亜希さんに手紙を送った

アサ芸プラス / 2016年03月12日17時57分

「10年ほど鍛えていないから腹は出とる」と語りながらも、腹回りは筋肉で覆われ、かつて松井秀喜氏すら抑え込んだ150キロ左腕には常時巨大な力こぶが。下半身も含めて20代の記者よりも相当“立派”なのである。 口周りのヒゲ剃りに失敗したため、血と汗を流しながらも野球の話を展開する野村氏。時には記者の女性関係にまで話が及び、「女に追いかけられるような男になれ」と、 [全文を読む]

清原容疑者の出所後プラン?浮上した”ラーメン屋開業”の現実度

デイリーニュースオンライン / 2016年03月03日08時00分

■突如浮上した”ラーメン屋開業プラン” プロ野球界で活躍していた当時は、コワモテの顔とアメリカ・シアトルで行なった肉体改造による筋肉隆々の肉体で、"番長"と称された清原。2月2日に覚せい剤を所持していたとして逮捕され、さらに尿から使用反応が出たことで、使用疑惑により再逮捕された。 そんな清原に意外な社会復帰プランが浮上している。事情通である関係者が「清原 [全文を読む]

中3で球速146kmも 大阪桐蔭の今期の新入部員は逸材揃い

NEWSポストセブン / 2016年02月24日16時00分

そのおかげで専門家がびっくりするぐらいの筋肉が下半身についている。中学生で140キロ以上のボールが投げられる理由だと思います」 両親は医師で、飛騨高山でも雪の深い僻地診療所の勤務医。井上氏が母親に聞いた話によれば、医師不足で診察に駆け回る両親に代わり、診察を受けたお年寄りたちに根尾投手は面倒をみてもらったという。中学時代をオール5の成績で過ごし、生徒会長も [全文を読む]

清原が教室に怒鳴り込んだ! PL最強世代を支えた男が難病と闘い、今明かす廃部危機への思いとあの時代の真実

週プレNEWS / 2015年07月07日06時00分

そんな小さな動きでも、全身の筋肉が衰えている伊藤さんにとってはかなり体力を消耗する作業なので、1回のやりとりの長さや取材の間隔には細心の注意を払いました。 ―伊藤さんの闘病生活を支えるご家族、親族、知人らの介護に対する生々しい声が盛り込まれていることでALSという病の苦しい現実が浮かび上がっています。 矢崎 介護される側の伊藤さんからすればショックを受ける [全文を読む]

佐村河内守&新垣隆カップルにある疑惑が浮上!? 大物オネエもついに言及

東京ブレイキングニュース / 2014年03月21日13時27分

寺門は筋肉モリモリのナルシストだけどね」C「有吉はマツコ・デラックスには『男性もイケる』と打ち明けているという噂もある」A「有吉はよく三軒茶屋近辺でうろうろ歩いてるのを目撃されてるけど、その姿もどこかの浪人生かと思うほど地味な感じだしね」B「有吉なんて、これだけカネと名声があれば女は選び放題なはずだけど、普段は家とコンビニの往復ばかり。張り込みした記者があ [全文を読む]

フォーカス