容疑者 清原和博に関するニュース

ASKAと覚せい剤使用の女性、パソナ南部会長が溺愛&接待要員との報道 政財界に波及か

Business Journal / 2014年05月22日06時00分

5月17日、CHAGE and ASKAのASKA(本名・宮崎重明)容疑者が、覚せい剤取締法違反(所持)の疑いで逮捕され、芸能界に衝撃が走った。ASKA容疑者は、17日午前7時半頃、同容疑で逮捕された知人の栩内香澄美容疑者宅から出てきたところ、任意同行を求められ、尿検査の結果、陽性反応が出たという。また、警視庁は、東京都目黒区のASKA容疑者宅から合成麻薬 [全文を読む]

ハマのお嬢様がなぜ?高知東生の”愛人ホステス”に当局が重大関心

デイリーニュースオンライン / 2016年06月29日18時05分

覚せい剤と大麻の所持容疑で逮捕された元俳優の高知東生容疑者(本名・大崎丈二=51)の騒動が波紋を広げている。ラブホテルで共に逮捕された五十川敦子容疑者(33)が過去に芸能活動をしており、その交友関係が『週刊文春』(文藝春秋)などで取り沙汰されているのだ。 ■「ハマのお嬢様」だった五十川容疑者の正体 逮捕当時は「クラブホステス」とされていた五十川容疑者だが、 [全文を読む]

高知東生容疑者と覚せい剤・大麻をつなぐ”銀座コネクション”の闇

デイリーニュースオンライン / 2016年06月25日12時05分

調べによると、高知容疑者は同日午前9時半過ぎ、横浜市南区のホテルで一緒にいたホステスの女(33)と覚せい剤約4グラム、大麻約2グラムを所持したという。 「高知容疑者が逮捕されたのは横浜南区のラブホテル。周辺には風俗店が建ち並ぶエリアで、ホステスの女は午前2時すぎにホテルにチェックインした。マトリが午前8時半ごろに室内に踏み込むと、そこには焦げ跡がついたガ [全文を読む]

売人以上の存在だった!? 覚せい剤・大麻で薬物逮捕の高知東生容疑者に重大疑惑

日刊サイゾー / 2016年06月28日09時00分

元俳優の高知東生容疑者が24日、覚せい剤と大麻を所持していたとして、覚せい剤取締法違反などの容疑で関東信越厚生局麻薬取締部に現行犯逮捕された。 同容疑者は前夜、横浜市南区のラブホテルに、クラブホステスの女性と宿泊。24日午前9時半ごろ、このホステスと共に逮捕された。2人は薬物を「自分たちで使うために持っていた」と供述している。 高知容疑者は、1993年に「 [全文を読む]

元麻薬取締官が読む、清原“不可解な逮捕劇”から浮かび上がる安堵の心情

週プレNEWS / 2016年02月15日06時00分

覚醒剤所持で逮捕された清原和博容疑者――。 その後、同棲していたとされる“謎の女”や、清原容疑者に覚醒剤を横流ししていた巨人時代の元同僚の存在など次々と新たな疑惑や新事実が明るみに出ている。 日増しに報道が過熱する中、全く別の角度から清原容疑者を注視していた人物が。元厚生労働省・麻薬取締部・捜査一課長の経歴を持つ高濱良次(たかはま・よしつぐ)氏だ。 同省所 [全文を読む]

【清原】現役時代は凄かったんだぞ! 清原和博・9つの名エピソード

ヨメルモ トリビアニュース / 2016年02月25日06時00分

30年前は大スターだった 清原容疑者は甲子園で1年生から活躍し、プロ入りしても1年目から大活躍。今やセ・リーグとパ・リーグの人気は対等になりつつあるが、不人気だったパ・リーグを注目させるきっかけを作った大スターなのである。 若者は活躍を知らない? しかし、清原容疑者の現役生活の後半は度重なるケガに見まわれ、満身創痍の状態で2008年をもって引退した。引退 [全文を読む]

清原容疑者が子供2人をシャブ部屋に…近隣住民が見た”恐怖の光景”

デイリーニュースオンライン / 2016年02月18日07時30分

元プロ野球選手の清原和博容疑者(48)が覚せい剤取締法違反の疑いで逮捕されてから半月あまり、群馬県の密売人とされる小林和之容疑者(45)が沖縄県で身柄を拘束された。 警視庁組織犯罪対策5課は、1月31日に清原容疑者に覚醒剤0.2グラムを4万円で譲渡した疑いで小林容疑者を逮捕。一方、捜査関係者によると、清原容疑者は覚醒剤の入手先については、いまだ小林容疑者[全文を読む]

清原和博容疑者を逮捕..."山口組分裂"で後回しにされていた捜査

東京ブレイキングニュース / 2016年02月03日17時00分

清原容疑者が住んでいる港区東麻布のウィークリーマンションでガサ入れが行われ、清原容疑者はその後、糖尿病の申告があり、警察病院に運ばれている。 ■一時期は"大物業界人"をバックに付けてメディア対策 拙稿では度々、薬物使用が疑われる「大物アスリート」と誤魔化してはいたが、実は清原容疑者の事であった。清原容疑者が覚せい剤を使用していた事は警察関係者、一部マスコミ [全文を読む]

ASKAからつながる飯島愛さんと“芸能人薬物ルート”キーマンは元運転手のX氏か!?

日刊サイゾー / 2014年06月06日09時00分

「薬物常習者というだけでなく、当局は芸能界の麻薬汚染の大本としてASKA容疑者を徹底的に調べているフシがある」 そう話すのは一般紙の警察担当記者だ。先月17日に覚せい剤取締法違反の疑いで逮捕されたCHAGE and ASKAのASKA(本名・宮崎重明)容疑者。東京・目黒区の自宅には大量の捜査員に加え、麻薬探知犬まで投入された。 「同容疑者の自宅が薬物の取引 [全文を読む]

2,016人にきく! 2016年上半期 日本の世相調査(マクロミル調べ)

PR TIMES / 2016年07月21日11時54分

“にがいニュース”ランキング1位「舛添(元)都知事の辞職」、2位「清原和博容疑者逮捕」、3位「熊本地震発生」 株式会社マクロミル(本社:東京都港区、代表執行役 グローバルCEO:スコット・アーンスト)は、全国2,016人を対象に「2016年上半期 日本の世相調査」を実施しました。 調査手法はインターネットリサーチ。調査期間は2016年6月21日(火)~6月 [全文を読む]

携帯に「○○組△△組長」と登録も……拘置所の清原和博容疑者が保釈にビビリまくり!

日刊サイゾー / 2016年03月09日18時00分

覚せい剤取締法違反(所持、使用)で逮捕された元プロ野球選手・清原和博容疑者が、眠れぬ夜を過ごしている。 早ければ今月中旬にも保釈される見込みだが、“そのあと”のことを心配しているようだ。 「いまだに保釈金を誰が用立てするか、誰が身元引受人になるかで議論は続いているが、保釈という方向で話は一致しているようだ」とは清原容疑者に近いグループの1人。 ただし、問題 [全文を読む]

清原裁判で“実名爆弾”が投下される!? 目がギンギンのプロゴルファーなど、実名告白に怯える人々とは?

tocana / 2016年03月05日08時00分

覚醒剤取締法違反(所持、使用)で逮捕された清原和博容疑者の“自爆テロ”に怯える人が続出している。 同容疑者は使用容疑で今月中旬にも起訴されることが確実。初公判は来月にも開かれることになるが、法廷で清原容疑者が“宿敵”の名前を実名告白するというのだ。 というのも、現在拘置所にいる同容疑者は後悔の念で号泣する一方、「ハメられた!」と怒りも増幅させているという。 [全文を読む]

政治家とも交際?高知東生の愛人ホステスに浮かぶ”怪しい男性遍歴”

デイリーニュースオンライン / 2016年06月29日07時05分

覚せい剤取締法違反などの疑いで逮捕された元俳優の高知東生容疑者(51)。昨年、妻での高島礼子(51)の義父の介護を理由に芸能界を引退したが、清原和博と同様に、ただれた薬物と色恋の世界に溺れていたようだ。 「これで終わりではない。捜査当局は芸能界に巣食う薬物ルートの解明に向けて、さらに捜査を進める方針だ」(大手紙社会部記者) そんななか、注目を集めているのが [全文を読む]

高知東生逮捕で向けられる高島礼子への疑惑…! 果たしてどこまで知っていたのか?

tocana / 2016年06月28日09時00分

女優高島礼子の夫で、元俳優高知東生(本名大崎丈二)容疑者が、覚醒剤取締法違反容疑などで逮捕された。高知容疑者は昨年秋に、高島の実父を介護するなどとして芸能界を引退していたのだが、やはりそれは方便に過ぎず、クスリの影響や、高知容疑者を取り巻く“黒い人脈”のせいだという。 今後は、果たして高島はどこまで知っていたのか? ということに焦点が当たりそうだ。 「例え [全文を読む]

男気にも疑問符?”清原のシャブ仲間”と実名報道された長渕剛の評判

デイリーニュースオンライン / 2016年02月19日12時00分

いまだに世間を騒がせ続けている元プロ野球選手・清原和博容疑者(48)の覚せい剤事件。清原容疑者にクスリを流した群馬の密売人「シャブばばあ」と関係があるとされる男が逮捕されたり、元チームメイトで同じく覚せい剤で逮捕された過去のある野村貴仁氏(47)が変わり果てた姿でメディア出演したりと周辺の人物たちをめぐる動きもせわしない。 そんな中、かつて清原容疑者が「ア [全文を読む]

清原和博 電撃逮捕までの“薬物アリ地獄”3650日(1)逮捕に至るまでの経緯

アサ芸プラス / 2016年02月13日09時57分

かねてより疑惑の絶えなかった、元プロ野球選手・清原和博容疑者がついに「薬物所持」で現行犯逮捕された。グラウンドでは燦然と輝いたスーパースターが、なぜ転がるように堕ちていったのか──。不自然なまでに日焼けした肌同様にドス黒く暗転した、闇番長の交遊を洗いざらい書き尽くす。 ついに「清原和博容疑者(48)」と呼ばれるまで堕ちてしまった。「清原覚醒剤逮捕」──その [全文を読む]

清原容疑者の逮捕劇を肴に関東連合OBが…危ういコネクションの接点

デイリーニュースオンライン / 2016年02月09日16時00分

覚醒剤を東京都港区東麻布の自宅マンションで所持したとして警視庁組織犯罪対策5課が、覚せい剤取締法違反容疑で逮捕した清原和博容疑者(48)に関する報道が過熱している。 マスコミ各社は、薬物の入手先や「逮捕直前まで一緒にいた」(捜査関係者)とされる恋人の素性など、連日連夜、清原容疑者絡みのニュースを報じており、「球界のスター」の逮捕劇の波紋は収束の気配を見せて [全文を読む]

「しゃべったら、どうなるかわからんで!」清原容疑者を脅した元ボクサーって?

日刊サイゾー / 2016年02月09日11時00分

覚せい剤取締法違反(所持)で現行犯逮捕された清原和博容疑者の“シャブ入手ルート”が、大きな注目を集めている。 足掛け2年。警視庁組織対策犯罪5課の特命チームは清原容疑者を24時間体制で監視してきた。いつどこで誰と会ったのか――。データは膨大な量に上る。 「本気を出せば、もっと前にパクれたかもしれない。それをやらなかったのは、清原容疑者が複数の入手ルートを持 [全文を読む]

清原和博容疑者 消えたブログにあった「不安定な文面」

NEWSポストセブン / 2016年02月04日07時00分

元プロ野球選手でタレントの清原和博容疑者が覚醒剤取締法違反(所持)の疑いで2月2日夜に逮捕されて以来、同容疑者が綴っていた公式ブログの内容が話題になっている。現在は削除され閲覧できないが、マスコミは逮捕から削除されるまでのわずかな時間の間に保存し、撮影したブログを引用して、彼の最近の様子や不安定さをにおわせる記述を報じている。 「何か事件が起きると、インタ [全文を読む]

「愛人バンクで収入を…」詐欺逮捕の元DMM美人広報、夜の顔

WEB女性自身 / 2015年11月13日06時00分

長く続いたパートナーはいなかったようです」 そう話すのは、松永かなえ容疑者(26)を知る都内の飲食店関係者だ。10月28日、ネットオークションで高級ブランド「カルティエ」の偽ブレスレットを65万円で販売したとして、京都府警に詐欺と商標法違反の容疑で逮捕された松永容疑者。 じつは松永容疑者は、数カ月前まで「DMM.com」の格安SIM事業の美人広報として活躍 [全文を読む]

フォーカス