メイク 黒木華に関するニュース

黒木華、吉高由里子、永作博美ら「離れ目和顔」がモテる理由

NEWSポストセブン / 2015年04月04日07時00分

ファッションやメイクは「脱力系」がトレンド。浜崎あゆみ人気に端を発したデコ目&デカ目ブームは落ち着き、“離れ目の和風顔”に人気が回帰している。芸能界でも、映画界で引っ張りだこの黒木華や、新ドラマ「ドS刑事」に主演中の多部未華子、吉高由里子、人気上昇中の足立梨花など、ふわっとした雰囲気の「離れ目和顔」女優の活躍が目立つ。 ネット上に「求心顔」と「遠心顔」とで [全文を読む]

初回視聴率21.8%で好調スタート!(関東地区・ビデオリサーチ調べ) 吉高由里子 主演「花子とアン」 中園ミホが描く“タフに生きる女性”花子に注目

PR TIMES / 2014年04月08日14時12分

つぎはぎの衣装と薄汚れたメイクで貧しい農家の娘になりきった黒木華の演技も見どころの一つです。 また、甲府の地主・徳丸甚之介を演じるカンニング竹山、花子が編入した女学校の先輩、白鳥かをる子を演じるハリセンボンの近藤春菜など個性豊かな俳優の演技にも注目です。【放送予定】第1週 「花子と呼んでくりょう!」※終了 第1~ 6回 3月31日(月)~ 4月 5日 (土 [全文を読む]

笑えて泣けるあの話題作に出演! 実力派女優・黒木華インタビュー

エンタメNEXT / 2016年09月05日18時00分

黒木 (作品ポスターにも使用されている)パンダメイクのままだったのに……そう言っていただけて、うれしいです(笑)。でも、あのシーンは実は、うまくハリセンを当てられなくて、何回もNGを出してしまったので、おふたりにはすごく申し訳ないことをしたな、と思ってるんです。 ──そんな、お二方との共演はいかがでしたか? 黒木 森岡さんとは過去にもご一緒させていただい [全文を読む]

チークは顔の形で似合う色と入れ方が違う!4つの顔型別攻略法

Woman Insight / 2016年03月29日07時30分

顔型を意識してチークを入れると、効果は歴然! この春、みなさんもぜひ自分の顔型にあったチークの色・入れ方で、チーク美人を目指しましょう!(さとうのりこ) 『美的』2016年5月号(小学館) 【あわせて読みたい】 ※2016年の恋愛運もアップ!メイクで「優しい顔」をつくる4つの法則 ※これが正解!20%小顔になれる「縮小メイク」を実際にやってみた! ※特別 [全文を読む]

若手実力派女優・黒木華の3つの顔…『海辺のリア』では“期待を裏切る”○○を魅せる!

dmenu映画 / 2017年06月06日07時00分

赤いルージュをひき、メイクも服装もバッチリ、いかにも“できる女性”という役柄です。これまで、明るくちょっと控えめで清楚な女性を演じてきたイメージの強い黒木にとっては、従来にはなかったタイプの役といっていいかもしれません。どちらかというと童顔の彼女ですが、ここでは大人っぽく艶っぽい、女性の色気をほのかに漂わす姿に出会えます。 父親に無残に捨てられた愛人の娘役 [全文を読む]

吉高由里子、蒼井優…ハマるとヤバい「塩顔女子」の魔力

ダ・ヴィンチニュース / 2016年07月20日11時00分

「塩顔女子」とは、目は一重や奥二重で、鼻や口などのパーツも小ぶりで控えめな顔立ちの女子のことで、肌が白くてメイクは薄めなのもマストであるらしい。 タレントだと、吉高由里子・蒼井優・宮崎あおい・蓮佛美沙子・黒木華……あたりが「典型的」とされ、「好かれやすい」というよりは「嫌われにくい」といった観点から、昨今はCMでも引っ張りだこであるようだ。 「塩顔女子」 [全文を読む]

3位綾瀬はるか2位広瀬すず「理想の新人女子」…実力派の1位は?

BizLady / 2016年06月03日11時30分

爽やかで汚れを知らない青春系清純派の女子には、無条件に好感を抱くひとも多いですよね! 派手すぎず地味すぎずな広瀬さんのようなメイクやファッションを意識すると、初々しい新入社員っぽい演出につながるかもしれません。 男性って女性に対して「俺が教えてあげたい!」と思うひとも多いそうなので、青春系清純派を目指してみると、モテを独占できる可能性も。 ■1位:ほんわ [全文を読む]

吉高由里子×人気脚本家・中園ミホの『花子とアン』 『ごちそうさん』に続く好発進

AOLニュース / 2014年04月08日14時00分

つぎはぎの衣装と薄汚れたメイクで貧しい農家の娘になりきった黒木の演技も見どころの一つだ。 他には、甲府の地主・徳丸甚之介を演じるカンニング竹山、花子が編入した女学校の先輩、白鳥かをる子を演じるハリセンボンの近藤春菜など、個性豊かな俳優陣にも注目が集まる。主題歌は絢香の「にじいろ」。 女性の本音をリアルに描き続けてきた脚本家・中園ミホによる、明治~昭和・女性 [全文を読む]

フォーカス