出版 黒木華に関するニュース

『とと姉ちゃん』『重版出来!』『バクマン。』……出版業界の内幕描く物語はなぜ増えた?

リアルサウンド / 2016年04月13日06時10分

』など、出版業界を舞台に、編集者や漫画家の活躍を描くテレビドラマや映画が目立っている。『暮しの手帖』創業者の大橋鎭子氏をモデルとしたヒロイン(高畑充希)が活躍するNHK連続テレビ小説『とと姉ちゃん』も、そうした作品のひとつとして挙げられるだろう。少し前のテレビドラマでは、『働きマン』(日本テレビ系列)や『ゲゲゲの女房』(NHK)なども、出版や漫画にまつわる [全文を読む]

「重版出来」って読める? これだけじゃない出版難読ワード4選

しらべぇ / 2016年04月29日11時00分

もはや出版業界でしか使われない言葉といっていいくらいだから、なじみがないと正しく読めないのは致し方ないところだろう。なお出版業界周辺で使われる言葉には、「出来」のほかにも難読語がいくつかある。(1)「読点」「とうてん」と読み、句読点のうち「、」を指す言葉だ。ちなみに「。」は「句点」である。(2)「平仄」「ひょうそく」と読む。もともとは中国語関連の言葉だが、 [全文を読む]

二宮和也&黒木華が表紙&巻頭に登場! 中島裕翔&菅田将暉、ふぉ~ゆ~グラビアも! 「シネマ☆シネマNo.60」が11月12日(木)発売!

PR TIMES / 2015年11月11日11時19分

【ご注文はコチラ】Amazon http://www.amazon.co.jp/dp/B016PIX502セブンネットショッピング http://7net.omni7.jp/detail/1201839171楽天ブックス http://books.rakuten.co.jp/rb/13449443/エルパカBOOKS http://www.hmv.co.j [全文を読む]

第16回「かつてSMAPと呼ばれた男たち2017」

ソーシャルトレンドニュース / 2017年01月27日19時15分

一般に、連ドラで出版モノって当たりにくいんですが、これは「校閲」という仕事を発見したのが勝因に。加えて、日陰のポストが組織を動かす、いわゆる『ショムニ』的な王道フォーマットもよかった。もちろん、石原さとみサンも素敵でした。6位(1票)■『ちかえもん』(NHK)「今年のNHKドラマは当たりが多かったけど、これからの時代劇の新たな道筋を示したという点で、この作 [全文を読む]

黒木華、主演ドラマの大コケの原因は異例のスキャンダル対策!?

Business Journal / 2016年04月25日17時00分

視聴率が低迷する中、主演の黒木サイドと原作漫画を発行する大手出版社との意外な不協和音を極秘キャッチした。 今作の原作漫画の発行元は日本を代表する大手出版社の一つの小学館。小学館といえば、昨年には同じくTBS系列で放送されたドラマ「下町ロケット」の原作小説を発行しており、同ドラマの撮影にあたっては同出版社が手掛ける「週刊ポスト」編集部をロケ地として提供する [全文を読む]

黒木華、初写真集が売れないワケ

NewsCafe / 2016年07月01日06時39分

「もともと黒木は容姿端麗というより、演技面で評価されていますから、写真集が売れる可能性が極端に低いのは出版する前からわかっていたこと。女優としての知名度も高くはありませんし…」 確かに、華を「はる」と読める人はよほどの芸能通だろう。 「そう。黒木が主演したドラマ『重版出来!』(TBS系)はヒロインが能年玲奈(22)で内定していたものの、独立騒動の影響から [全文を読む]

戦争映画で日本を加害者に描くと製作資金が集まらない!『野火』の塚本晋也監督と松江哲明監督が語る日本映画の悲惨な現実

リテラ / 2016年05月13日12時00分

二人は中部、東海地方で出版されている芸術批評誌「REAR no.36」(リア制作室)で対談をしているのだが、そのなかで松江氏はまず、脚本家の笠原和夫氏など実際の戦争体験者がつくった過去の戦争映画と、最近の日本の戦争映画とを比べてこのような苦言を呈している。「最近出てきた体験者じゃない人がつくる、あまりにも現代的な視点が強すぎる戦争映画にすごく違和感を持っ [全文を読む]

黒木華ってなんて読む?ドラマ好評も悲しい結果に…

しらべぇ / 2016年05月06日07時00分

(取材・文/しらべぇ編集部・岡本拓)・あわせて読みたい→「重版出来」って読める? これだけじゃない出版難読ワード4選【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」調査期間:2016年4月22日~2016年4月25日 対象:全国20代~60代の黒木華を知っている男女735名(有効回答数) [全文を読む]

ドラマ「重版出来!」に出版業界・中の人が騒ぐ理由

Woman Insight / 2016年04月13日18時30分

タイトルからも何となく察せられるように、『重版出来!』は出版業界骨太チーム戦記。週刊コミック誌の編集部を舞台に、新米マンガ編集者とマンガに人生をかける全ての人たちの熱いチームの物語です。 『重版出来!』1~7巻 発売中 著/松田奈緒子 552円+税(小学館) 放送時にはツイッターのハッシュタグで1位を獲得するなど、リアルタイムで盛り上がっていました。 そ [全文を読む]

顔がデカくちょいブサ?黒木華の連ドラ初主演に「インパクトありすぎ」の声

アサ芸プラス / 2016年04月05日17時58分

柔道の元五輪代表候補で大手出版社の新入社員という主役女性を務める黒木華が大映しになるのだが、そのルックスがとてもドラマのヒロインに見えないというのだ。そもそもこの黒木とはどんな女優なのか、テレビ誌のライターが説明する。「NHK大河ドラマ『真田丸』で長澤まさみの幼馴染みと言えばおわかりでしょうか。芸術系の大学で演技を学んだ彼女は舞台と映画を中心に活躍し、日本 [全文を読む]

“演技派若手女優”黒木華がTBS『重版出来!』で連ドラ初主演! 豪華キャストも“低視聴率”のにおいがプンプン……

日刊サイゾー / 2016年02月05日09時00分

ドラマの舞台となるのは、大手出版社・興都館(こうとかん)の週刊コミック誌「バイブス」編集部。柔道一筋で元五輪代表候補だった主人公・黒沢心(黒木)は、新卒で同社に入社し、同編集部に配属される。厳しい出版業界の中で、黒木と仲間たちが次々と襲いかかる難題に奮闘する姿を描いた作品だ。 黒木は、12年度後期のNHK連続ドラマ小説『純と愛』で注目を集め、13年には映 [全文を読む]

今から楽しみな10月期の日テレ新ドラ『校閲ガール』

NEWSポストセブン / 2016年08月14日07時00分

出版社」「女性」というと、2年前、沢尻エリカが完全復活するきっかけにもなった『ファースト・クラス』(フジテレビ系)も思い出される。 格付けし合う女たち=「マウンティング女子」を流行らせた同ドラマは、まず、14年4月期の「土ドラ」枠でオンエア。「これって『an・an』? それとも『25ans』?」と出版業界では“舞台”となっているのがどの女性誌の編集部なの [全文を読む]

重版出来はなし?黒木華の写真集発売にネット民から「どの層に需要があるんだ!」

アサ芸プラス / 2016年06月10日17時59分

しかし、容姿をウリにした女優ではないので、写真集の出版は意外でしたね」(週刊誌記者) 業界人からは厳しいコメントもある一方で、ファンからは「素朴で普通な感じがかわいい」「蒼井優に似てる」という声も上がっている。主演ドラマのように、写真集も「重版出来!」となる日は来るのだろうか。(佐藤ちひろ) [全文を読む]

「ラヴソング」が「重版出来!」に負けているのは制作側の本気度だった!

アサ芸プラス / 2016年05月16日17時58分

企業ブースには小学館に加え、競合出版社の講談社やKADOKAWAまで参加しており、制作陣が本気でコミティアを完全再現しようとした心意気がひしひしと感じられました」 なにかと口うるさいマンガファンも納得するほど、マンガ業界の描写にこだわっている「重版出来!」。その本気度と対照的なのが、視聴率が低迷する「ラヴソング」(フジテレビ系)だという。テレビ誌のライター [全文を読む]

黒木華「重版出来!」の視聴率が伸びないのは「オダギリジョーの呪い」!?

アサ芸プラス / 2016年05月11日09時59分

ドラマは松田奈緒子原作の人気漫画が原作で、黒木が演じるのは柔道日本代表を目指しながらもケガを契機に一転出版社に入社し、週刊漫画雑誌で悪戦苦闘する新人編集者だ。「“昭和顔”などと言われ、これまで大人しそうなワキを演じることの多かった黒木ですが、今回は明るい新米OL役を見事に演じ、女優としての新境地を見せてくれています」(テレビ誌記者) 実際、視聴者の声も「楚 [全文を読む]

野々すみ花 宝塚退団4年にして「料理屋女将」の地位確立

NEWSポストセブン / 2016年05月04日07時00分

しかし、ケガで挫折し、頑張って大手出版社に入社。マンガ雑誌「週刊バイブス」に配属された。編集部の紅一点の心は、「力と体力だけはあるんで頑張ります!!」と前向き一直線だが、初回から大御所漫画家がネットの中傷を受けて連載を休むと言いだしたり、やる気がないバイブスの営業担当と書店周りをしたり、担当した売れっ子漫画家と激論になったりと大忙し。ついには涙もポロリ…。 [全文を読む]

2年連続助演女優賞! 黒木華「私のほうが普通の人を演じやすい」

anan NEWS / 2016年04月20日12時00分

新卒で大手出版社に入社し、コミック誌の編集部に配属された黒沢心(黒木)の成長が描かれる。 ※『anan』2016年4月27日号より。写真・内田紘倫 スタイリスト・井伊百合子 インタビュー、文・望月リサ [全文を読む]

小学館全面協力なのに…ドラマ初主演の黒木華がやらかした「タブー破り」とは?

アサ芸プラス / 2016年04月10日09時59分

このドラマは原作を出版している小学館の全面協力を受けて制作中。編集部のセットは同社の編集部を参考にし、同社の漫画や備品などを借りてきて美術担当者が作り上げました。それがよりによって主演女優が講談社の『亜人』や集英社の『東京喰種トーキョーグール』がお気に入りとペラペラしゃべり出した。スタッフはあちゃーと思ったに違いありません。黒木も気配を察し、慌てて『萩尾望 [全文を読む]

J Movie Magazine ジェイムービーマガジン Vol.05刊行のお知らせ

@Press / 2015年11月13日10時15分

■書籍概要 書籍名 :パーフェクト・メモワール J Movie Magazine ジェイムービーマガジン Vol.03 判型 :A4変型判 ページ数:フルカラー 112ページ 定価 :917円+税 発行日 :2015年11月16日(月) ◆会社概要 社名 : 株式会社リイド社 所在地 : 〒166-8560 東京都杉並区高円寺北2-3-2 代表 : 代表 [全文を読む]

狂気のツイートに恥じらわぬパンチラ! 清水富美加、夏帆…「黒髪和顔女優」がモテる理由

ソーシャルトレンドニュース / 2015年05月24日08時00分

清水さんが生む独特の世界観を目の当たりにして、ツイート集の出版を企てている業界の方も多いのではないでしょうか。そんな高クオリティで安定した“摩訶不思議な言葉たち”は狙って表現するのは難しいはずです。他の女優さんが彼女のようなキャラを作ろうと思っても、継続してそのキャラを演じるのが容易でないことは間違いありません。キャラを作れないといえばもう一人、いま日本映 [全文を読む]

フォーカス