母親 黒木華に関するニュース

『真田丸』はなぜ、黒木華を殺したか──脚本を左右する俳優の“出演”事情とは?

おたぽる / 2016年05月03日12時00分

『渡る世間は鬼ばかりシリーズ』(TBS系)では、母親役の山岡久乃が亡くなると、ドラマの中でも亡くなった。対して父親役の藤岡琢也が亡くなると、同役は宇津井健に引き継がれた。宇津井も亡くなったため、ドラマ中でも2014年に死亡という設定となった。 はからずもドラマのキャラクターは、芸能人その人の人生遍歴を映し出すこともあるのだ。 (文=平田宏利) [全文を読む]

嵐・二宮和也が『母と暮せば』『赤めだか』『坊っちゃん』で示した、俳優としての真価

リアルサウンド / 2016年01月07日10時10分

二宮が演じた息子は、原爆が投下された1945年8月9日に亡くなっているため、亡霊で母親にしか見えず、泣くと姿が見えなくなるという設定だった。その事実とは裏腹に、浩二はおちゃめで前向きな青年で居続けた。母親との談笑シーンでは、笑い転げる様子を、顔の表情や手を叩くのではなく、足を小刻みにバタバタさせることで表した。観客もつい笑ってしまう穏やかで明るいシーンのひ [全文を読む]

吉永小百合、共演・二宮和也のムチャな●●に「大丈夫かしら、うちの息子」とハラハラ

Woman Insight / 2015年08月13日18時15分

そんな母親を演じた吉永さんと、息子役の二宮さんは、現場でファーストネームでお互いを呼び合っていたそうです。 そのことを聞かれ二宮さんは「“カズナリさん”と呼んでいただいていたんですが、ドキドキしちゃいました。家族や身内にも1回も呼ばれたことがなかったので、僕の“初めての人”になりました。“カズヤ(和也)と書いて“カズナリ”なので、読み間違えるひとが多く、 [全文を読む]

【速報】14歳のルーキー女優、藤野涼子や尾野真千子、佐々木蔵之介ら登壇! 映画『ソロモンの偽証』完成披露イベント

Woman Insight / 2015年02月23日22時20分

監督、「14歳の心情の“歪み”は○○で表現した」と明かす ※すごすぎる!23体が集結!銀座で歴史系ご当地キャラが大名行列 ※木下優樹菜が親友の演技を、“母親目線”で絶賛!佐々木希も「早く母親になりたい」 [全文を読む]

日本で「偽装結婚」ドラマが人気になる背景―中国メディア

Record China / 2016年11月19日20時10分

沢村一樹演じる主役の陽村超治は、高齢の母親の余命いくばくない病気を心配し、母親を安心させるために、天海祐希演じるヒロインの嘉門ヒロに偽装結婚を申し込む。同ドラマでは、信頼できる夫婦関係とは何か、結婚に性関係は必ず必要か、「偽装」の真の境界線を決めるものは何かなど、複雑な問題が入り混じっているものの、非常にコメディチックな雰囲気でストーリーが進んでいく。■「 [全文を読む]

岩井俊二監督最新作 綾野剛、黒木華、Coccoがねこかんむり

NEWSポストセブン / 2016年04月01日16時00分

なんと、男の母親から逆に浮気の罪をかぶされて家を追い出されてしまうのだ。 七海は友人が少なかったため、なんでも屋の安室(綾野)に元々結婚式の代理出席をしてもらい彼とは知り合っていた。家から追い出され、窮地に追い込まれた七海は安室から次々と奇妙なバイトを斡旋される。その中には、オーナーが外遊中の間屋敷を管理する月給100万円のバイトもあった。この屋敷には、C [全文を読む]

新作『リップヴァンウィンクルの花嫁』公開で岩井俊二監督が明かす創作エピソード「数十年わからなかった。あれはなんだったんだろうって…」

週プレNEWS / 2016年03月27日15時00分

ヒロインじゃなくて、エロい母親役だったんですけど。まぁその時代からエロかったですよね。撮影が終わって、まだアフレコとか残ってる段階でデビューされてしまって。なかなかつかまらなくなって苦労したことがあったんですけど(苦笑)。 彼女の家に電話したら、お母さんが出て、ものすごい娘に対して怒ってて。もう、ああいう時の親の怒りって本能としか言いようがないくらい全否定 [全文を読む]

業界人300人に聞いた!2015年にもっとも活躍した若手女優ランキングTOP10!

日本タレント名鑑 / 2015年12月29日09時56分

コミカルな保険のCMで母親役を演じ、じわじわとお茶の間にも浸透しています。 そして同率9位に、広瀬すずさんのお姉さん、広瀬アリスさんが姉妹揃ってのランクイン。2015年は「すずちゃんの姉」と言われる事も多かったのですが、すずさんデビュー前から、アリスさんも相当評判でした。 すずさんが美少女なら、アリスさんは大人の魅力も兼ね備えた美女。やわらかボディと、ほん [全文を読む]

ニノ、普段は汚い格好!?ジャニーズらしからぬ素顔明かす

Movie Walker / 2015年12月12日13時20分

本作では、原爆で亡くなった息子と残された母親の儚くて優しい日々を丁寧に描く。50年以上に渡り家族の絆を描いてきた山田洋次監督が贈る、母子の感動の物語。母親・伸子役は吉永小百合、息子の浩二役は二宮和也が務める。 舞台挨拶で登壇者らは公開初日を迎えた思いを語った。二宮は「初日と言うのはすごく嬉しい気持ちでいっぱいなんですが、どこかさみしい気持ちもありまして。 [全文を読む]

吉永小百合のプレミアムトークショー開催。終戦70年、今年一番の映画『母と暮せば』公開記念

PR TIMES / 2015年10月06日12時42分

大女優、吉永小百合が映画に込められた想い、母親の愛情の深さや世界の平和を語ります[画像: http://prtimes.jp/i/14571/17/resize/d14571-17-674319-2.jpg ]ホテルニューオータニ大阪 開業30周年企画松竹120周年記念映画『母と暮せば』公開記念「吉永小百合シネマトーク&グルメ」http://www.ne [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】二宮和也、吉永小百合に“かずなりさん”と呼ばれドキドキ「“かずや”でいいと諦めた自分をぶん殴りたかった」

TechinsightJapan / 2015年08月12日18時05分

長崎を舞台に、原爆で一瞬にして人生を失った息子とその母親の物語を丁寧に描いた、山田洋次監督最新作にして初のファンタジー作品『母と暮せば』(12月公開)クランクアップ記者会見が12日、都内にて行われた。本作で初の親子共演を果たした吉永小百合、嵐・二宮和也、山田洋次監督らが登壇し撮影秘話を語った。 山田組出演は本作が初めてとなる二宮和也は「前日に緊張したのを覚 [全文を読む]

日本人唯一のオスカー俳優、ナンシー梅木のドキュメンタリー番組のナレーションを黒木華が担当!

PR TIMES / 2015年02月12日16時28分

母親であること、妻であることなど、普通であることにものすごくこだわっていた部分はわたしもすごく分かる気がします。オスカー像をもらったことによって、人生の回転が激しくなってしまったんだろうな」と理解を示す。 細田守監督のアニメ映画「おおかみこどもの雨と雪」などでも声優経験のある黒木。声の芝居については「ナレーションは何回かやらせてもらいましたが、いつやっても [全文を読む]

NHK朝ドラの鉄板ジンクス!有村架純、高畑充希の次にブレイクする脇役は?

アサ芸プラス / 2017年03月08日05時59分

“NHK朝ドラの脇役女優は大成する”という業界内ジンクスが、またも当てはまるのではと言われています」(テレビ誌ライター) このジンクスは13年上半期放送の「あまちゃん」でヒロインの母親の若い頃を演じた有村架純、同年下半期放送の「ごちそうさん」でヒロインの夫の妹役を演じた高畑充希などが当てはまる。「土村は京都造形芸術大学映画学科俳優コース出身で、1学年上には [全文を読む]

第40回日本アカデミー賞最優秀主演女優賞は宮沢りえ「大きな爪あとを残した役」

Movie Walker / 2017年03月03日22時52分

『湯を沸かすほどの熱い愛』はがんで余命2か月を宣告された母親が、残された時間で家族を成長させようと奮闘し、より強い絆で結ばれていくさまを描く家族ドラマ。宮沢りえ演じる双葉の娘役で、最優秀助演女優賞と新人俳優賞を受賞した杉咲は「本当にうれしいです。りえさんから教えてもらったことは本当にたくさんあって。この先ずっと忘れられないことばかり。やっぱりおかあちゃん [全文を読む]

『リップヴァンウィンクルの花嫁』岩井俊二監督が「ウシジマくん」を映像化希望?! 漫画家・真鍋昌平とのスペシャルトークショー実施

AOLニュース / 2016年09月14日19時00分

お父さんの教育の一環で彼女にはモノを言わなかった上に母親は天然で、場の空気が読めない人だったから、そこでバランスを取っていたと思うんです」と分析し、さらに「そのまま世間に出て行ってしまうけれど、武器がないから生きていけないわけですよね。だから、合わせることしかできなくて、翻弄されて、流されていく。それは誰にでも起こり得ることで、彼女が特別な子だからではない [全文を読む]

岩井俊二監督の「『闇金ウシジマくん』映像化してみたい」に真鍋先生感激! 『リップヴァンウィンクルの花嫁』トークショー

ガジェット通信 / 2016年09月14日12時00分

お父さんの教育の一環で彼女にはモノを言わなかった上に母親は天然で、場の空気が読めない人だったから、そ こでバランスを取っていたと思うんです。そのまま世間に出て行ってしまうけれど、武器がないから生きていけないわけですよね。 だから、合わせることしかできなくて、翻弄されて、流されていく。それは誰にでも起こり得ることで、彼女が特別な子だからではないんですよね。 [全文を読む]

脚本家がゴリ押し!?有村架純の朝ドラ抜擢に「新鮮さがない」とブーイングの嵐

アサ芸プラス / 2016年06月30日17時59分

同ドラマのヒロインオーディションで能年玲奈に負けたものの、能年の母親役(小泉今日子)の少女時代に抜擢され、一気にブレイクした。だが、このニュースが報道されたとたん、ネット上ではブーイングが殺到。「どんどんヒロインに新鮮味がなくなってきてるが、そういう起用方針になってきたの?」「朝ドラ主人公はもうちょっと発掘感があったほうが」「CMとか色々出過ぎててちょっと [全文を読む]

「とと姉ちゃん」「松岡修造の妻」で注目の平岩紙に「美人かブスか」論争が勃発

アサジョ / 2016年06月03日09時59分

ファブリーズのCMでは松岡修造の妻役であり3人の息子の母親役でもある、あの女優だ。 平岩は宮藤官九郎や阿部サダヲといった個性派が多く所属する松尾スズキ主宰の劇団「大人計画」のメンバーだが、これといった個性が見つからない。そんな平岩に対してネット上では「平岩紙は美人か、ブスか」といった論争まで起きている。「平岩は“個性がないのが個性”といえる稀有な女優です。 [全文を読む]

能年玲奈、証人出廷の可能性も? 滝沢充子氏との“本当の関係”が明らかに!?

tocana / 2016年05月10日09時00分

滝沢氏は能年さんの母親に頼まれて面倒をみていたにすぎず、洗脳どころか、彼女を使って金儲けする気もないと主張していますが、個人事務所の株式の保有比率にはおかしな点もあります。対する被告サイドは、能年さん本人の証人出廷の申請を検討しているそうです」と話す。 来月にも所属事務所との契約が切れ、晴れて自由の身となる能年だが、滝沢氏の裁判が続く限り、平穏とは言えなさ [全文を読む]

【ウラ芸能】能年玲奈、見えた復活シナリオ

NewsCafe / 2016年05月09日15時00分

事実上の引退状態だよね」記者「所属事務所との契約が6月に切れ、その後は彼女がブレークしたNHK朝ドラ『あまちゃん』で母親を演じた小泉今日子(50)の引きで、小泉の事務所に入るのではないかとみられています」デスク「キョンキョンなら、業界のドンの息がかかる事務所と関係が深いからオッケーてか」記者「それが証拠に、能年の唯一の活動の場ともいえるブログで『この間、身 [全文を読む]

フォーカス