大会 黒木華に関するニュース

人間が不安や孤独を感じるのはなぜ? ももクロが永遠の命題に体当たりで挑む! 『幕が上がる』特典ディスクレビュー

おたぽる / 2015年08月11日18時00分

いつも地区大会で敗退していた弱小演劇部の新部長に、負けず嫌いな性格の高橋さおり(百田夏菜子)が選ばれたところから物語はスタートする。お姫さまキャラのユッコ(玉井詩織)、いつもハイテンションなガルル(高城れに)、学年はひとつ下だけどしっかり者の明美ちゃん(佐々木彩夏)と演劇部には個性派がそろっていたが、どう頑張れば万年予選敗退の悪循環から脱出できるのか分から [全文を読む]

注目女優・黒木華 演劇部に打ち込んだ高校時代は恋愛ゼロ?

太田出版ケトルニュース / 2015年03月03日09時05分

あと高校では何か打ち込めるものをしたかった」 そうやって飛び込んだ演劇部だったが、大会では「うちの学校のほうが評判が良かったのに、他の学校が通ったりするし…」「脚本が良かったからという理由で上がっていく人たちがいたし…」と、さまざまな葛藤があったという黒木。しかし結果的に、演劇部で培われたものは大きかったようだ。 「演劇って観ない方にとってはどこかアンダー [全文を読む]

ももクロ主演映画が公開! 弱小演劇部が全国大会を目指す青春物語

NeoL / 2015年02月26日23時13分

演劇部最後の1年を迎えようとしていたさおりは、姫キャラのユッコ、黙っていればかわいいがるるたちと共に、年に一度の大会に挑む。目指すは地区大会突破! ……のはずが、東京の大学で演劇をやっていたという美人教師・吉岡の「何だ、小っちゃいな、目標。行こうよ、全国」のひと声がきっかけとなり、一念発起。勉強よりも、恋愛よりもキラキラと輝く彼女たちの日々が幕を開ける―― [全文を読む]

ももクロ、映画『幕が上がる』予告編&主題歌「青春賦」解禁で可愛すぎるwww【動画】

AOLニュース / 2015年01月09日08時00分

弱小演劇部の少女たちが全国大会を目指し、本当の喜び、本当の悲しみ、本当に大切なことに気づき、きらめいていく本作。主演である演劇部の高校生たちには「今、もっとも輝いている少女たちに演じてもらいたい」という両者の想いからベストキャストを模索した結果、大抜擢されたのがももいろクローバーZの5人だったという。 また、演劇部を指導し全国大会へと牽引する新任教師役に [全文を読む]

最年少「銀熊賞」の快挙! 恩師らが明かす黒木華の女優一途な素顔

週プレNEWS / 2014年03月02日10時00分

ちなみに、この追手門学院高校は大阪府大会で優勝14回、全国大会を制覇したこともある高校演劇の名門だ。 「演技力がずば抜けていました。部員たちには常々、ひとつのシーンを演じるのに最低3パターンは考えろと指導していたんですが、黒木は3つどころか、きりがないくらいの多彩なパターンが頭に入っていました。あれは24時間、演技のことだけを考えているからやれること。学校 [全文を読む]

黒木華「名門演劇部で3年間主演…」高校時代の恩師が語る素顔

WEB女性自身 / 2014年02月28日07時00分

実際、彼女は1年生のころから卒業するまで、ずっと主演を務めていました」 演劇の大会では全国優勝したこともあるほどの名門だけあって、部活の厳しさも並大抵ではなかったという。だが、そんななかで黒木は猛練習を続け、頭角を表していった。「うちの部は年に4本の演劇を作り、8回公演を行います。そのため授業が終わると、下校時間ギリギリまでみっちり2時間練習があり、土日も [全文を読む]

ももクロが舞台あいさつ全国行脚!

Smartザテレビジョン / 2015年01月28日12時18分

看板女優で姫キャラのユッコ(玉井詩織)、黙っていればかわいいお調子者のがるる(高城れに)、一年後輩でしっかり者の明美(佐々木彩夏)らと共に、年に一度の大会に挑む。悲願の地区予選突破を目指す彼女たちの前に現れた新任の美術教師・吉岡(黒木華)から「一緒に全国に行きたい」と告げられたさおりたちは、強豪校からの転入生・中西(有安杏果)を加え、全国を目指し始める…と [全文を読む]

フォーカス