黒木華 波瑠に関するニュース

「火10」ドラマ対決初戦は波瑠が僅差で武井咲&タッキーに勝利! “低レベル”での激しい視聴率争いになりそうな気配

日刊サイゾー / 2016年07月14日23時30分

4月期の「火10」対決は、フジ系『僕のヤバイ妻』(伊藤英明主演)が平均8.2%、TBS系『重版出来!』(黒木華主演)が平均8.0%で、フジが僅差で勝っている。両局とも、この枠自体、数字をもっていないだけに、今クールも低レベルでの争いになりそうだが、両ドラマには、大方の予想を覆すべく、今後好視聴率をマークしてほしいものだ。 (文=森田英雄) [全文を読む]

業界人300人に聞いた!2015年にもっとも活躍した若手女優ランキングTOP10!

日本タレント名鑑 / 2015年12月29日09時56分

7位には、『花子とアン』で知名度を上げ、2015年『天皇の料理番』でお茶の間に強い印象を残した黒木華さん。最近はCMなどでも良くみかけます。清潔感のある無垢な顔立ち。どんな役にも染まる透明感は演劇界の宝物の一つです。 そして8位も朝ドラから。『まれ』で友人一子役を演じた清水富美加さんです。清水さんは『仮面ライダーフォーゼ』のヒロインを演じたのち、バラエテ [全文を読む]

2017春ドラマ「そんなに美人とは思わない女優」ランキング 1位は話題のアノ人に

しらべぇ / 2017年04月17日07時30分

■第3位:黒木華(115票)(画像はみをつくし料理帖公式サイトのスクリーンショット)5月13日からスタートの『みをつくし料理帖』(NHK)主演の黒木華(27)が3位に。どこか昭和的な雰囲気をもつ彼女だが、世間からの評価はやや辛口のようだ。おもに4、50代女性からの票が集まっている。 ■第2位:剛力彩芽(173票)(画像は女囚セブン公式サイトのスクリーンショ [全文を読む]

第16回「かつてSMAPと呼ばれた男たち2017」

ソーシャルトレンドニュース / 2017年01月27日19時15分

6位(1票)■『重版出来!』(TBS系)「古風な役柄がピカイチの黒木華さんが現代劇でもあの可愛らしさ!低迷する出版業界が枠組みを取っ払って番組に協力した背景も好感。」小学館の人気コミックを名人・野木亜紀子サンが珠玉の脚色。黒木華サンがハマり役でしたね。オダジョーもいつものスカした役じゃなくて好感が持てました(笑)。小学館だけじゃなく、ライバルの講談社や、ロ [全文を読む]

波瑠、黒木華、栗山千明も!芸能界の新潮流「サロモ」出身女優とは?

アサジョ / 2016年06月17日09時59分

「『世界一難しい恋』(日本テレビ系)の波瑠さん、『重版出来!』の黒木華さんなど、『サロモ』出身の女優が多いんです。『サロモ』とは『サロンモデル』の略で、美容室の広告に載っているモデルさんのこと。波瑠さんは中学から事務所に所属していますが、売れないので特例でサロンモデルのバイトを許されました。その写真が出版関係者の目に留まり、雑誌『セブンティーン』のモデルに [全文を読む]

野々すみ花 宝塚退団4年にして「料理屋女将」の地位確立

NEWSポストセブン / 2016年05月04日07時00分

主人公の黒沢心(黒木華)は、子供のころからオリンピック目指して柔道一筋。しかし、ケガで挫折し、頑張って大手出版社に入社。マンガ雑誌「週刊バイブス」に配属された。編集部の紅一点の心は、「力と体力だけはあるんで頑張ります!!」と前向き一直線だが、初回から大御所漫画家がネットの中傷を受けて連載を休むと言いだしたり、やる気がないバイブスの営業担当と書店周りをしたり [全文を読む]

女性タレントCMギャラ 今後アップ確実なのは2人の「はる」

NEWSポストセブン / 2015年07月09日07時00分

もう1人は、やはり朝ドラ『花子とアン』のヒロインの妹役、『天皇の料理番』(TBS系・日・夜9時~)で好演した黒木華(25歳/2000~2500万円)。2人ともまだお手頃なのでとにかく人気」(同前) ※週刊ポスト2015年7月17・24日号 [全文を読む]

フォーカス