黒木華 上戸彩に関するニュース

業界人300人に聞いた!2015年にもっとも活躍した若手女優ランキングTOP10!

日本タレント名鑑 / 2015年12月29日09時56分

7位には、『花子とアン』で知名度を上げ、2015年『天皇の料理番』でお茶の間に強い印象を残した黒木華さん。最近はCMなどでも良くみかけます。清潔感のある無垢な顔立ち。どんな役にも染まる透明感は演劇界の宝物の一つです。 そして8位も朝ドラから。『まれ』で友人一子役を演じた清水富美加さんです。清水さんは『仮面ライダーフォーゼ』のヒロインを演じたのち、バラエテ [全文を読む]

FRaU1月号で、まるごと一冊ムーミン大特集!特製2015年カレンダー付き「ムーミン谷から学ぶこと」

PR TIMES / 2014年12月12日13時04分

ほかにも黒木華さん、壇蜜さん、ミムラさん、森下圭子さんら"ムーミン・ラバー"インタビューや、スナフキンに扮する(!)東出昌大さん、ムーミンママのレシピ、マグに代表される人気のムーミングッズ紹介など、ムーミンの世界を味わい尽くす企画も盛りだくさん。特別付録「FRaUオリジナル・ムーミンカレンダー」も付いたFRaU1月号で、ムーミンの魅力にあらためてハマってく [全文を読む]

地味な「昭和顔」女優、なぜ大活躍?有村架純、高畑充希、黒木華が台頭した歴史的理由

Business Journal / 2016年09月08日06時00分

黒木華、有村架純、高畑充希、蓮佛美沙子ら実績十分の主演女優から、松岡茉優、杉咲花、黒島結菜、芳根京子らの次世代ヒロインまで、“昭和顔”の女優が人気を集めている。「地味」「あか抜けない」というイメージのある昭和顔が大活躍しているのは、なぜなのか? かつては、目鼻立ちのハッキリした顔が“華のある女優像”だったのだが、いつから変わったのか? トップ女優の顔にまつ [全文を読む]

武井咲、視聴率公表に苦言「なんで?」…苦悩告白「なんにも面白くない」

Business Journal / 2016年06月25日07時00分

例えば、6月14日に最終話を迎えた黒木華の主演ドラマ『重版出来!』(TBS系)は平均視聴率8.0%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と数字的には苦戦しましたが、ネット上には『良質な仕事ドラマ』『毎回、セリフが身にしみる』『仕事やクリエイターのあり方について、考えさせられる』という視聴者の声があふれ、続編も期待されるほどです。 [全文を読む]

それでも、TBSなら……! 苦戦続きの女優・武井咲、初のTBSドラマ出演で捲土重来なるか?

日刊サイゾー / 2016年05月26日21時00分

今期の『重版出来!』(黒木華主演)も第7話までの平均が7.8%で、9期連続1ケタが決定的。「低視聴率女優」というレッテルが貼られる中で、あえて不毛の時間帯に切り込むのも、武井とオスカーの心意気かもしれない。 ただ、昨年1月期『まっしろ』(堀北真希主演/平均5.8%)や、同10月期『結婚式の前日に』(香里奈主演/平均5.6%)のような爆死ともなれば、さすがに [全文を読む]

【ウラ芸能】春ドラマの勝ち組・負け組(上)

NewsCafe / 2015年04月29日15時00分

以下同)と好発進だ」記者「過去に堺正章(68)や高嶋政伸(48)主演でドラマ化されているので目新しさはありませんが、TBSの60周年企画だけに予算かけてる感は分かりますね」デスク「佐藤の妻役・黒木華=はる=(25)が適役だな。それにしても4月クールは、つぶぞろいだった1月クールに比べると盛り上がらないっていうか、パッとしないね」記者「初回視聴率としては、S [全文を読む]

フォーカス