黒木華 真田信繁に関するニュース

『真田丸』はなぜ、黒木華を殺したか──脚本を左右する俳優の“出演”事情とは?

おたぽる / 2016年05月03日12時00分

人気大河ドラマ『真田丸』(NHK)において、堺雅人演じる真田信繁の初恋の相手である梅を演じた黒木華が早くも死亡してしまった。これが、同じく信繁の幼なじみであるきり役を演じる長澤まさみの“差し金”ではないかと話題となっている。 「不仲説などがささやかれていますが、さすがに脚本まで変えられるということはないでしょう。黒木華は4月から始まったドラマ『重版出来!』 [全文を読む]

視聴率も絶好調!目が離せない大河ドラマ『真田丸』大ヒットの要因を探る!

日本タレント名鑑 / 2016年04月07日13時55分

側室には、昨年の日本アカデミー賞助演女優賞最優秀賞を獲得した黒木華さん。同じく今年優秀賞の長澤まさみさん。正室には、朝ドラ『あまちゃん』ヒロインの同僚役やバラエティ番組での活躍も目覚ましい演技派女優・松岡茉優さんと、抜群の演技力を誇る若手女優たちが数多くキャスティングされています。 また、袂を別つことになる兄・信幸 (信之)には、日本アカデミー賞・ブルーリ [全文を読む]

「真田丸」の好調を支える堺雅人と小日向文世の人間関係

アサ芸プラス / 2016年05月22日17時58分

「一部では長澤まさみさんと黒木華さんの不仲説などが囁かれていましたが、男性キャスト陣に関しては非常に和気あいあいとしたムードで非常に現場の雰囲気が良い。視聴率も好調なので、相乗効果となって最近はさらに良くなっている印象です」 とくに仲が良いのが、堺と豊臣秀吉役の小日向文世だという。「休憩時間に冗談を飛ばし合うなど撮影中はもちろん、撮影終了後も一緒に飲みに行 [全文を読む]

黒木華ってなんて読む?ドラマ好評も悲しい結果に…

しらべぇ / 2016年05月06日07時00分

(画像は『真田丸』公式サイトのスクリーンショット)TBSで毎週火曜日に放送中のドラマ『重版出来!』主演で話題の俳優、黒木華。『真田丸』(NHK)にも出演し、真田信繁の最初の妻という重要な役を担っていた。俳優として順調にキャリアと知名度を上げている彼女だが、意外なところでも注目を集めやすい人でもある。それは名前の読み方が変わっている、というもの。■半数以上が [全文を読む]

真田信繁の子孫 『真田丸』で最初の妻演じた黒木華が大好き

NEWSポストセブン / 2016年04月27日07時00分

ちなみに私は信繁の最初の妻・梅を演じる黒木華さんの大ファンなんです。彼女が亡くなってしまうシーンはショックでした……」 “好きな女優が先祖の妻を演じる”という状況は、末裔にしか味わえないものだ。 ※週刊ポスト2016年5月6・13日号 [全文を読む]

『99.9』でブレイクの岸井ゆきのがNHK大河ドラマ『真田丸』で、信繁の3人目の妻役に大抜擢!

日刊サイゾー / 2016年05月23日23時30分

信繁は最初の妻(側室)として梅(黒木華)を迎えるが、すでに死亡。2人目の妻(正室)として、春(松岡茉優)と結婚する。 2009年のTBS系連続ドラマ『小少女セイラ』で女優デビューした岸井だが、端役が多く、作品にも恵まれたとはいえず、なかなかチャンスをつかめなかった。しかし、昨年は『ストレイヤーズ・クロニクル』(岡田将生主演)など4本の映画に出演し、上昇気流 [全文を読む]

下の名が11画の女性は彼に大事にされる?『真田丸』に学ぶ愛される名前の秘密【恋占ニュース】

ココロニプロロ / 2016年05月08日10時15分

(以下の画像にはそれぞれ、父親や兄と同じ苗字を入れています)◆梅(黒木華さん)地格「11」信繁の初恋の相手であり最初の妻となった女性ですね。残念ながら若くして亡くなってしまいましたが、信繁の生き方に大きな影響を与えた人物として描かれています。作中では気は優しくて力持ち、控えめだけど芯の強い梅。その健気さに、ネット上でも「かわいい」と人気を集めていました。姓 [全文を読む]

「真田丸」黒木華VS長澤まさみの次は竹内結子と鈴木京香のバトル第二幕が勃発!

アサ芸プラス / 2016年05月01日09時58分

序盤の見どころの一つだったのが、真田信繁(堺雅人)を巡る初恋相手の梅(黒木華)と幼なじみのきり(長澤まさみ)との三角関係だった。ところがこの2人、現場では不穏な空気を漂わせていたという。「長澤と黒木の2人は仲が悪く、わずか13話で梅が戦死した時には長澤サイドの圧力だったのではという噂が流れたほどです。黒木の出番がなくなり、胸を撫で下ろしましたよ」(ドラマ関 [全文を読む]

「昭和顔」の指摘にイライラ!?黒木華から垣間見えた“顔面コンプレックス”

アサジョ / 2016年04月27日09時58分

女優の黒木華が4月22日、都内で行われた主演映画「リップヴァンウィンクルの花嫁」の大ヒット舞台あいさつに岩井俊二監督とともに登場した。 舞台あいさつでは観客の男性から“昭和顔”であることを指摘された黒木は、「岩井さんは“平成の最先端女優”と言ってくださった。そんなに“昭和顔”なのかな」とコメント。さらに、「昭和の女優さんは凹凸のあるしっかりしたお顔の方が多 [全文を読む]

『真田丸』黒木華の“早すぎた死”は「仲が悪すぎる」長澤まさみの圧力が原因か

日刊サイゾー / 2016年04月17日09時00分

真田、徳川、上杉、北条など武将たちの攻防もさることながら、見どころのひとつとなっていたのが、主人公の真田信繁(堺雅人)をめぐる彼の初恋相手の梅(黒木華)と、幼なじみのきり(長澤まさみ)との三角関係だった。ところが、3日放送の第13話で梅が戦死。「梅ロス」になっている視聴者も多いようだ。 しかし、これにスタッフたちは胸をなで下ろしているという。いったいどうい [全文を読む]

町娘が立ち飲み屋でワイン? 歴史学者語る大河『真田丸』の違和感

WEB女性自身 / 2016年04月17日06時00分

史実を語る以前に、完全にコメディです」 ■きりが信繁のことを「源次郎さん、案外打たれ弱いところあるし」 !?(第11話)「信繁と結婚する梅(黒木華)にきりが言ったセリフですが、 打たれ弱い はボクシングから派生した言葉。いくらなんでも戦国時代にはそぐわないので驚きました」 ■上杉景勝(遠藤憲一)と信繁がまるで友達!?(第12話)「大名の当主と一国衆の次男坊 [全文を読む]

今夜の予習!恋愛・結婚が運命を変える大河ドラマ『真田丸』

しらべぇ / 2016年04月10日19時00分

■戦と人質が「出会い」のきっかけに先週放送された「第一次上田合戦」で、真田信繁の側室で黒木華が演じる「お梅」が徳川軍に討たれて死亡(史実にはこの合戦で亡くなった記録はない)。お梅が残したひとり娘とともにふたたび独身に戻った信繁は、豊臣家への人質として大阪に向かうことになる。ここで、後に関ヶ原の戦いで西軍を率いた石田三成やその盟友の大谷吉継と出会うわけだが、 [全文を読む]

長澤まさみ サービスカットの裏で低視聴率「真田丸」戦犯扱いの理由!

アサ芸プラス / 2016年04月02日09時57分

「信繁と結ばれ、けなげに尽くす『梅役』の黒木華(26)の評判が上がる一方なんです。年下とはいえ、高校・大学時代に演劇に打ち込んでいた黒木は演技力が抜群で、長澤は見劣りしてしまう。『日本アカデミー賞』ではハッキリとジャッジされて黒木に軍配が上がっている。このままでは、番手は黒木よりも上ですが、長澤の出番がどんどん減らされることになりそうです」 一方、13年に [全文を読む]

「真田丸」徳川との決戦は『敵をバカにし続ける45分』

Smartザテレビジョン / 2016年03月29日05時00分

ただ、ここで初めて六文銭が出てくるというのも面白いし、六文銭の旗を作るまでの、妻・梅(黒木華)とのちょっとしたやりとりも、心の触れ合いみたいなものを感じます。合戦の最後の衝撃的な展開も含めて、あらためて三谷さんのすごさを感じました。――3月20日放送では、信繁の結婚が描かれ、子供も授かりました。父親になったということは、戦場に臨むに当たって信繁に変化をもた [全文を読む]

「真田丸」脚本 三谷流と大河流を使い分ける絶妙なバランス

NEWSポストセブン / 2016年02月03日07時00分

たとえば信繁(堺雅人)が初恋の人、梅(黒木華)に土産の櫛を手渡そうとする場面。「いただけません」とためらう梅に、きり(長澤まさみ)は「いいんじゃないの、くれるって言うんだから」とプリプリしている。 箱入りの梅の櫛に比べて、きりがもらった櫛は明らかに安物の地味なものだったのだ。その後、きりは山で騒動があった後、わざと足を痛めたと言いだして、信繁におんぶしても [全文を読む]

長澤まさみ ボディライン丸出しの極限シースルー公開の意図は?

アサ芸プラス / 2016年01月17日17時57分

現場では主演の堺雅人さん(42)や黒木華さん(25)が役に入り込んで周囲を寄せつけない雰囲気なので、長澤さんは大泉洋さん(42)と食べ物の話などをしてリラックスしていますね」(ドラマ関係者) なんと撮影中には、長澤のフェロモンが監督をウットリさせ、見とれさせる場面があったという。前出のドラマ関係者が続ける。「草が生い茂る場所で長澤さんが立っているという、た [全文を読む]

堺雅人「信州でなければ起こり得なかった物語」

Smartザテレビジョン / 2015年09月05日21時37分

また、信繁の初恋の女性・お梅を演じる黒木華は、大河ドラマ初出演。「お梅は、強くてかわいく、少し天然なところもありという役どころです。百姓もやっているので、結構活発で、殺陣もやらせていただくんですが久々なので楽しみです」とコメント。 ことし3回目の上田だという堀田作兵衛役・藤本隆宏は、「3回とも来た瞬間に鼻水が出るんですね。長澤さんにも会った瞬間に『鼻水先 [全文を読む]

堺雅人主演 '16年大河「真田丸」 に大泉洋ら!

Smartザテレビジョン / 2015年07月10日12時47分

さらに、会見には欠席したものの、信繁の伴侶・きり役に長澤まさみ、信繁の初恋の相手・梅役に黒木華、信州の豪族・室賀正武役に西村雅彦、信繁を慕う地侍・堀田作兵衛役の藤本隆宏の出演も発表された。 堺にとって3度目の大河となる「真田丸」は、信濃の一領主に過ぎず大きな力を持たない真田家が、生きる延びるため戦国の荒波に立ち向かっていく物語。信繁のライバルとなる戦国武 [全文を読む]

フォーカス