前田敦子 黒木華に関するニュース

宮沢りえ、前田敦子らがグーグーとの再会に胸キュン!

Smartザテレビジョン / 2016年06月11日10時00分

WOWOWプライムで6月11日(土)よりスタートする「連続ドラマW グーグーだって猫である2-good good the fortune cat-」の第1話完成披露試写会が行われ、主演の宮沢りえを筆頭に、長塚圭史、黒木華、前田敦子、田中泯、犬童一心監督が舞台あいさつに出席した。 本ドラマは、大島弓子の自伝的エッセーのドラマ化第2弾。第1作の宮沢、長塚、黒木 [全文を読む]

宮沢りえ主演作のネコに胸キュン!メーキング動画公開

Smartザテレビジョン / 2016年05月31日13時00分

宮沢、長塚圭史、黒木華、田中泯ら前作からのキャストに、今回、前田敦子らが加入。オリジナルストーリーを展開しつつ、人気漫画家の麻子(宮沢)が、東京・吉祥寺の自宅兼仕事場で、2匹の猫と暮らす日々を描く。 スペシャル動画では、主人公の漫画家・小島麻子の飼い猫・グーグーをはじめ、第1話で麻子が拾ってきて里親を探す子猫たち、第3話で麻子が大学時代に同級生と通っていた [全文を読む]

浜崎あゆみ、IMALU、平愛梨…実は意外と小柄な女性芸能人たち

アサジョ / 2016年05月07日09時58分

アイドルで言えば高橋みなみ(148センチ)や大島優子(152センチ)もそうで、彼女たちが在籍していたころのAKB48では、161センチの前田敦子を見て『あっちゃん、でかっ』と驚く人もいましたからね」 ちなみに現在11歳の芦田愛菜は推定133センチと言われており、平均身長を10センチほど下回っている模様だ。一方で顔付きはどんどん大人びており、「黒木華に似てき [全文を読む]

『グーグーだって猫である』全6巻待望の電子書籍化!宮沢りえさん主演「連続ドラマW グーグーだって猫である2 -good good the fortune cat-」は6月11日より放送開始!

PR TIMES / 2016年04月26日12時41分

「連続ドラマW グーグーだって猫である2 -good good the fortune cat-」 出演:宮沢りえ 長塚圭史 黒木華 / 前田敦子 西田尚美 イッセー尾形 / 田中泯 ほか WOWOWにて6月11日(土)から毎週土曜よる10時放送。第1話無料放送 http://www.wowow.co.jp/dramaw/gou-gou2/ KADOKA [全文を読む]

前田敦子と宮沢りえ&激かわネコとの共演シーン公開!

Smartザテレビジョン / 2016年02月27日14時00分

WOWOWで6月より放送される「連続ドラマW グーグーだって猫である2-good good the fortune cat-」の追加キャストが発表され、前田敦子、イッセー尾形、西田尚美らが出演することが分かった。 本ドラマは、少女漫画界の巨星・大島弓子が飼い猫たちとのいとしい日々をつづったコミックエッセーを、宮沢りえ主演でドラマ化した作品の続編。 前田は、 [全文を読む]

プロデューサーがキューピッド!?佐藤健が次に浮名を流しそうな大物女優とは?

アサ芸プラス / 2015年05月09日17時59分

「佐藤はこれまで『仮面ライダー電王』(テレビ朝日系)の秋山莉奈、『Q10』(日本テレビ系)の前田敦子、舞台『ロミオとジュリエット』の石原さとみなど、数々の作品で共演女優と、浮名を流してきました。そして今回のドラマで共演している黒木華は昨年、ベルリン国際映画祭にて最優秀女優賞を受賞し、今や映画やドラマに引っ張りだこの人気女優。そんな勢いのある彼女を佐藤が次の [全文を読む]

佐藤健、『天皇の料理番』15.1%発進! 「ブス帰れ」合コンで人気急落後の夜遊び事情

サイゾーウーマン / 2015年05月03日12時45分

また熱愛報道も枚挙に暇がなく、元AKB48・河西智美がブログに掲載したのと同じシチュエーションの写真をブログにアップしたり、また前田敦子の“お尻丸出しお姫さま抱っこ”スキャンダルにより、ネット上で『佐藤はAKB食い!?』という説が浮上したことも。一時期は、週刊誌の常連となっていました」(週刊誌記者) そして極めつけは、現在、第三子を妊娠中である広末涼子との [全文を読む]

女優・大島優子は“サブカル女優ロード”に乗れるか? 映画『ロマンス』主演も「前田敦子とは違う」の声

日刊サイゾー / 2015年01月15日20時30分

「大島と同じ太田プロダクションの前田敦子が、山下敦弘監督の『苦役列車』で映画関係者の評価をグッと上げた経緯があるため、大島も同様に“サブカル女優ロード”を歩ませようとしているのでしょう。しかし、笑顔の裏にじっとりと暗い印象を持つ前田と違い、大島の演技にはまだ深みがない。また、タナダや大倉のファン層が、大島を評価しているとは思えない。“アイドル女優”からの [全文を読む]

「演技派女優」を目指すAKB48・大島優子、バッシング跳ね返すため“卒業ヌード”の覚悟

メンズサイゾー / 2014年03月12日18時00分

卒業発表後は異常なハイテンションで吹っ切れた様子と評判ですが、それほどアイドルを辞めて女優に専念したかったということでしょう」(芸能関係者) かつての盟友でライバルの前田敦子が、主演映画『もらとりあむタマ子』などで女優として評価されたこともあり、大島の焦りはピークに達していたのだろう。それだけに卒業後の女優業に懸ける気合いは並々ならぬものがあるに違いない。 [全文を読む]

フォーカス