大阪市 公共施設に関するニュース

富山市「セーフ&環境スマートモデル街区整備事業」の事業者に選定されました(ニュースリリース)

PR TIMES / 2016年04月28日11時19分

■北陸3県初 3電池を搭載したネット・ゼロ・エネルギー・タウンの開発 富山市初 災害対策機能を持つ住宅公園を備えた分譲地開発 大和ハウス工業株式会社(本社:大阪市、社長:大野直竹)は、富山市が進める「セーフ&環境スマートモデル街区整備事業」の公募型プロポーザル方式の事業提案に応募し、審査の結果、2016年3月31日、優先交渉権者に選ばれ、本日、富山市と基本 [全文を読む]

大阪府自治体に採用の雷センサ 無償実証実験300か所募集

@Press / 2014年12月15日09時30分

雷センサのレンタルサービスを手掛ける株式会社具現化(所在地:大阪府大阪市、代表取締役:仲島 秀豊)は、雷対策専門トップメーカー音羽電機工業株式会社(所在地:兵庫県尼崎市、取締役社長:吉田 修)と連携し、自治体・公共施設・学校などを対象として、雷センサ「雷ミハリ番」の無料導入実証実験サービスを提供します。募集数は300か所、期間は2015年4月~2015年6 [全文を読む]

鉄道新線・なにわ筋線……大阪市で巨大事業が続々と浮上、収入不足解消のめど立たず

ZUU online / 2017年07月31日06時50分

大阪市で巨大事業が次々に動きだし、財政への影響が危惧され始めた。2月の2017年度当初予算案発表段階で相次ぐ大型新規事業などから2023年度の収入不足解消を断念し、少なくとも今後10年間は収入不足が続くとの見通しを公表したが、その後も鉄道新線・なにわ筋線の建設計画など大きな財政負担を伴う巨大事業が続々と浮上している。招致活動が続く2025年の大阪万博や、カ [全文を読む]

梅田新歩道橋におけるネーミングライツの名称が決定しました ~「阪急阪神連絡デッキ 梅田新歩道橋」~

@Press / 2017年03月21日09時45分

阪急電鉄は、標記の3社(阪神電気鉄道、エイチ・ツー・オー リテイリング、当社)を代表して、昨年、大阪市が公募した梅田新歩道橋(大阪市北区)のネーミングライツ(命名権)に応募し、優先交渉権パートナー企業に選定されていましたが、今般、その名称が「阪急阪神連絡デッキ 梅田新歩道橋」に決定しましたのでお知らせします。 今回のネーミングライツの応募と名称の決定にあた [全文を読む]

阪急・阪神・市営地下鉄の中津駅から徒歩5分圏内に、2017年4月「小規模保育所ぴっころきっず中津」が新設。

DreamNews / 2016年12月05日10時00分

大阪市のキタ(大阪駅・梅田など)にほど近い中津に、全国117ヶ所の保育施設を運営する株式会社プライムツーワン(本社:北海道札幌市/代表取締役社長:佐藤 範夫)が、2017年4月より認可保育所を新設いたします。全国117ヶ所の保育施設をはじめ、保育に特化した事業を展開する株式会社プライムツーワンは、大阪エリアで「小規模保育所 ぴっころきっず中津」を2017年 [全文を読む]

維新の会と関西財界の利権の構図…大阪市営地下鉄民営化で露呈!?市民にしわ寄せか

Business Journal / 2013年03月20日07時05分

2月15日、大阪市の橋下徹市長(日本維新の会代表)は市議会に、同市交通局が運営する市営バスと市営地下鉄を民営化する条例案を提出した。なぜか京阪圏以外では詳しく報道されていないが、この民営化の周辺には強烈な利権臭が漂っている。 そもそも、市営バス(132路線)は大阪市全域および隣接する地域を運行エリアとし、一般の大型バスと、それではカバーしきれない住宅地や [全文を読む]

【インフラ再考】災害対策の最前線(3)迫る南海トラフの脅威、避難徹底で「死者ゼロ」目指す

産経ニュース / 2017年09月21日07時02分

大阪市内には大雨・洪水・高潮注意報が発令された。市内の水門や防潮扉などの防災インフラを閉鎖する際の司令塔となる大阪府西大阪治水事務所(同市西区)の監視操作室に約50人が駆けつけてきた。職員のほぼ全員。いやがうえにも室内は緊迫した空気に包まれた。 大阪市内には約108万人の人口と資産が海抜ゼロメートル地帯に集中しており、いったん高潮や洪水が発生すれば壊滅的な [全文を読む]

「平成29年度 奈良県子育て支援員研修」 3期連続受託 10月11日まで申込受付、11月より研修開始

DreamNews / 2017年09月11日13時00分

福祉の人材サービスおよび育成を行う株式会社ニッソーネット(本社:大阪市北区、代表取締役社長:山下吾一)は、「平成29年度 奈良県子育て支援員認定資格研修」を奈良県より3期連続で委託を受け、11月4日(土)より順次実施致します。研修申込みは9月11日(月)~10月11日(水)。また当事業の他「奈良県保育士人材バンク」事業も平成26年度から4期連続受託し、安定 [全文を読む]

【お知らせ】熊本県仮設団地コミュニティを企業連携で継続サポート

PR TIMES / 2017年07月12日15時30分

~熊本県小国町の木材を使ってここちよい場所づくり~ 日本ペイントホールディングス株式会社(本社:大阪市北区、社長:田堂哲志)のペイントブランド「ROOMBLOOM」(ルームブルーム)は、仮設住宅におけるコミュニティのサポートを目的として、三菱地所レジデンス株式会社 (本社:東京都千代田区、代表取締役:脇 英美)と協同し、ペイントでコミュニティを豊かにする「 [全文を読む]

世界有数の国際女性会議「グローバル・サミット・オブ・ウィメン」に事業開発室長 中澤淑子が登壇!

PR TIMES / 2017年05月09日16時29分

日本ペイントホールディングス株式会社(本社:大阪市北区、社長:田堂哲志)の事業開発室長、中澤淑子が、5月11日(木)~13日(土)、東京で開催される、国際女性会議「グローバル・サミット・オブ・ウィメン〔Global Summit of Women (GSW)〕」における分科会”BREAKOUT SESSION III”に登壇しますので、お知らせします。 G [全文を読む]

梅田新歩道橋におけるネーミングライツの名称が決定しました ~「阪急阪神連絡デッキ 梅田新歩道橋」~

PR TIMES / 2017年03月21日10時40分

阪急電鉄は、標記の3社(阪神電気鉄道、エイチ・ツー・オー リテイリング、当社)を代表して、昨年、大阪市が公募した梅田新歩道橋(大阪市北区)のネーミングライツ(命名権)に応募し、優先交渉権パートナー企業に選定されていましたが、今般、その名称が「阪急阪神連絡デッキ 梅田新歩道橋」に決定しましたのでお知らせします。今回のネーミングライツの応募と名称の決定にあたっ [全文を読む]

認知症の人も安心して暮らせる街に 講演会(大阪市)

認知症ねっと / 2017年01月08日12時00分

国際アルツハイマー病協会国際会議のプレイベント 2月19日、大阪府大阪市北区にある梅田スカイビル・ステラホールにおいて、講演会(シンポジウム)が開催されます。テーマは「認知症になっても安心して暮らせる街~認知症フレンドリーコミュニティーをめざして~」となっています。 この催しは4月に開催される国際アルツハイマー病協会(ADI)国際会議のプレイベントと位置づ [全文を読む]

「奈良県子育て支援員認定資格研修」を2期連続で受託 ~10月31日(月)申込締切、定員200名~

DreamNews / 2016年10月03日14時00分

福祉の人材サービスおよび育成を行う株式会社ニッソーネット(本社:大阪市北区、代表取締役社長:山下吾一)は、奈良県より2期連続で委託を受けて「奈良県子育て支援員認定資格研修」を11月5日(土)より順次開始いたします。 ニッソーネットでは当事業の他、保育士確保対策の一環として「奈良県保育士人材バンク」の事業を受託しており、これらの事業を通し、奈良県の安定的な保 [全文を読む]

阪神間の鉄道路線や主要スポットや施設を、1枚のMAPで分かりやすく表す「阪神沿線物語ロケ地めぐり MAP」を発行

PR TIMES / 2016年03月03日20時04分

阪神電気鉄道株式会社(本社:大阪市福島区、社長:藤原崇起)では、佐藤江梨子さんとハマカーンの神田伸一郎さんが出演するテレビCMシリーズ「阪神沿線物語」を、2014年1月から放送開始し、2015年11月から12月まで放送の第9話をもって、完結しました。この完結を受け、テレビCMやこれに連動する車内や駅構内用のポスターの舞台となった場所を紹介する「阪神沿線物語 [全文を読む]

阪神間の鉄道路線や主要スポットや施設を、1枚のMAPで分かりやすく表す「阪神沿線物語ロケ地めぐり MAP」を発行

@Press / 2016年03月03日18時15分

阪神電気鉄道株式会社(本社:大阪市福島区、社長:藤原崇起)では、佐藤江梨子さんとハマカーンの神田伸一郎さんが出演するテレビCMシリーズ「阪神沿線物語」を、2014年1月から放送開始し、2015年11月から12月まで放送の第9話をもって、完結しました。この完結を受け、テレビCMやこれに連動する車内や駅構内用のポスターの舞台となった場所を紹介する「阪神沿線物語 [全文を読む]

UBICとヴイストン、人工知能により、知識だけでなく、好みや感覚を理解する生活密着型ロボット「Kibiro」を開発

PR TIMES / 2015年11月17日15時09分

公共施設や商業スペースでも来場者をおもてなし人工知能を駆使したビッグデータ解析事業を手がける株式会社UBIC(本社:東京都港区、代表取締役社長:守本正宏、東証マザーズ:2158、NASDAQ:UBIC)と、UBICの100%子会社で人工知能を活用したデジタルマーケティング事業を行うRappa(ラッパ)株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:斎藤匠)、人 [全文を読む]

「奈良県子育て支援員認定資格研修」を受託10月31日(土)申込締切、定員200名(基本研修)で参加費は無料

DreamNews / 2015年10月20日17時00分

福祉の人材サービスおよび育成を行う株式会社ニッソーネット(本社:大阪市北区、代表取締役社長:山下吾一)は、奈良県より委託を受けて「奈良県子育て支援員認定資格研修」を11月14日(土)より順次開始いたします。基本研修の定員は200名(専門研修は各50名定員)で、申込みは10月31日(土)まで受け付けております。ニッソーネットでは当事業の他、保育士確保対策の一 [全文を読む]

和歌山県との「和歌山フリーWi-Fi大作戦」の推進に関する協定締結について

@Press / 2015年06月16日14時00分

西日本電信電話株式会社 和歌山支店(和歌山県和歌山市 支店長:中澤 輝仁、以下、「NTT西日本」)、エヌ・ティ・ティ・メディアサプライ株式会社(大阪市北区 代表取締役社長 染川 和彦、以下「NTTメディアサプライ」)、エヌ・ティ・ティ・ブロードバンドプラットフォーム株式会社(東京都千代田区 代表取締役社長 南川 夏雄、以下、「NTTBP」)は、和歌山県内に [全文を読む]

パソコンで自由に音声メッセージやメロディを編集可能 音声合成警報器XVSV型の販売を開始

PR TIMES / 2014年12月12日11時20分

株式会社デジタル(社長:安村義彦 本社:大阪市中央区北浜)は、MP3形式の音源データを活用し、パソコンで自由に音声メッセージやメロディを編集可能な音声合成警報器「XVSV型」を2014年12月12日から受注開始いたします。 音声合成警報器「XVSV型」は、音声メッセージやメロディで情報を伝える警報器です。従来、弊社製の音声合成警報器では本体への音声データの [全文を読む]

スマートデバイスや4Kに対応したBizひかりクラウド「ひかりサイネージ」の提供開始について

@Press / 2014年05月29日15時30分

西日本電信電話株式会社(本社:大阪府大阪市、代表取締役社長:村尾 和俊、以下 NTT西日本)とエヌ・ティ・ティ・スマートコネクト株式会社(本社:大阪府大阪市、代表取締役社長:窪薗 竜二、以下 NTTスマートコネクト)は、「Bizひかりクラウド」の新たなサービスラインアップとして「ひかりサイネージ」※1を2014年6月2日(月)から提供開始します。本サービス [全文を読む]

フォーカス