作品 本郷奏多に関するニュース

銀髪の本郷奏多もやっぱりカッコイイ!今度は13歳役に挑む<アカギ>

モデルプレス / 2017年09月21日20時04分

11月で27歳を迎える本郷が、今作で13歳の役柄を演じるところも見どころのひとつだが、今作について「またしても女性キャストは一人も出てきませんが(笑)、本当に前作以上にカッコイイ、振り切ったスタイリッシュな作品になっています」とアピール。 「麻雀を知らない方にも楽しめる作品なので、少しでも興味があったら『麻雀はわからないから…』と敬遠せずに見て頂ければ、 [全文を読む]

本郷奏多&佐藤栞里“ポケモン声優”挑戦への覚悟「歴史を汚すわけにはいかない」

映画.com / 2017年07月18日06時00分

だが“幸せな挑戦”の裏には、歴史ある作品を「汚すわけにはいかない」という覚悟があった。(取材・文/編集部、写真/江藤海彦) 劇場版第20作となる今作は、20年前に放送されたテレビアニメ第1話のラストで、伝説のポケモン、ホウオウを目撃したサトシとピカチュウが交わした約束の続きを、完全オリジナルストーリーで描く。本郷はポケモン博士を目指すトレーナー・ソウジ、佐 [全文を読む]

業界人613人が選ぶ2015夏ドラマ期待度ランキング!

日本タレント名鑑 / 2015年07月02日09時55分

もちろん視聴者の期待値も気になる所ですが、ドラマの制作に関わる側である業界人の期待している作品も気になるもの。今回、業界関係者613人にアンケートを実施し、この夏、特に業界関係者が期待しているドラマ作品をあげてもらいました。 やっぱり定番ははずせない!期待度1位はおおかたの予想通り、82票を獲得した『デスノート』。映画版が既に大ヒットしているため、安パイと [全文を読む]

本郷奏多“金髪”をお披露目「いろいろあって…」

モデルプレス / 2017年09月14日18時02分

同作ではホムンクルス・エンヴィ―役を演じる本田は、本作の魅力について、「テーマが深くて、なぜ錬金術で人を作ってはいけないか?など、倫理観に訴えかけてくるシーンも多いので大人も楽しめる作品」と熱弁をふるい、コミックと映画の違いについて「漫画はデフォルメされていてライトに思えるようなことも、実写だとものすごく重く感じることもある」と紹介。 さらに、「映画では [全文を読む]

本郷奏多、“見下し系”男子役で人気急上昇! 2.5次元俳優として重宝される理由は?

リアルサウンド / 2016年10月05日06時10分

近年、漫画原作の実写化作品が目立つ中、注目を集めている俳優といえば本郷奏多ではないだろうか。本郷は、いわゆる“2.5次元俳優”のひとりで、特に若い女性を中心に人気だ。“2.5次元”というと舞台やミュージカルのイメージが強いが、昨今ではマンガやアニメを原作とした映像作品に出演することが多い役者も“2.5次元俳優”と呼ばれている。では、なぜ本郷はそうした作品[全文を読む]

本郷奏多、オススメは“世界で一番愛している”ラミちゃんの写真

Woman Insight / 2016年05月29日14時20分

アニメや漫画を原作とした作品に多く出演する本郷さん。先日も自身が「大好きな作品」という人気コミックを実写化した映画『鋼の錬金術師』のエンヴィーを演じることが発表されたばかり。「ビジュアル的にも原作に近づいています。トータルしたらかっこよくなっていると思います。キャラクターの本物(実写)になれるので、100%振りきってファンタジー作品を楽しんで演じられれば [全文を読む]

土屋太鳳主演ドラマに本郷奏多&戸次重幸ら出演決定!

Smartザテレビジョン / 2016年01月23日08時00分

「東野圭吾さんの作品は本当に素晴らしいものばかりですので、今回参加することができて非常にうれしいです。 原作や東野さんのファンの方にも満足していただけるような作品にできるよう、精いっぱいの尽力をさせていただきます。それから共演者の方々もすてきな方ばかりですので、見応えのあるドラマに仕上がることは間違いないと思います。僕自身もお芝居をさせていただけるのが今か [全文を読む]

本田翼&本郷奏多、ハガレン展をPR 「あ~っ!の連続。興奮しっぱなしでした」

エンタメOVO / 2017年09月14日17時43分

本郷も「少年誌で連載していた作品ですが、すごくテーマが深い。『錬金術で人を造ってはいけない』とか、すごく倫理観に訴えかけてくるような描写もあるので、大人も楽しめる作品」と紹介した。 映画の見どこころについてもトークを展開。ヒロインのウィンリィを演じた本田が「一番はアクションシーン。迫力がすごい」と答えれば、主人公に対抗するエンヴィー役の本郷も「CGだと思 [全文を読む]

本郷奏多「ドラゴンクエストX」実写化ドラマで主演<コメント到着>

モデルプレス / 2017年09月09日12時00分

これまで映画『GANTS』や『進撃の巨人』に出演し、12月には『鋼の錬金術師』の公開を控えるなど、“実写化俳優”としても名高い本郷は「実写ドラマは、映像がとても綺麗な作品になっているので、きっと物語の中に入り込めることと思います。是非観ていただけたら嬉しいです」とコメントを寄せた。 ◆地上波史上最長CMがオンエア決定 また、その実写ドラマの予告編が、フジ [全文を読む]

本田翼、本郷奏多をベタ褒めしすぎて“注意”受ける

モデルプレス / 2017年09月14日17時50分

また、「テーマが深くて、なぜ錬金術で人を作ってはいけないか?など、倫理観に訴えかけてくるシーンも多いので大人も楽しめる作品」と本作の魅力を語ると、「漫画はデフォルメされていてライトに思えるようなことも、実写だとものすごく重く感じることもある」とコミックと映画の違いを紹介。さらに、「映画ではCGが今までの日本映画のクオリティじゃないレベルで展開されています [全文を読む]

ネット騒然! イケメン俳優・本郷奏多のドラマ最新作、舞台はなんとラブホテル

ガジェット通信 / 2016年11月11日12時30分

楽しみ〜(^-^)— 緒方恵美@緒方会&Live「禊」 (@Megumi_Ogata) 2016年11月4日 本郷奏多さんと言えば、「テニスの王子様」越前リョーマ役、「NANA2」岡崎真一(シン) 役、「GANTZ」西丈一郎役、「進撃の巨人」アルミン役、「アカギ」赤木しげる役など、映画やテレビドラマで漫画原作の作品に数多く出演し、その中で強く印象に残る演技 [全文を読む]

元アイドリング後藤郁が舞台「ダンガンロンパ」で復帰

Smartザテレビジョン / 2016年02月27日21時30分

約2年ぶりの芸能界復帰となる後藤は「元々ゲームのファンだったので、今回この作品に参加できることを大変光栄に思っています。そして、舞園さやかが“超高校級のアイドル”ということで、アイドルの端くれだった自分とリンクさせながら、頑張りたいと思います」と意気込みを語った。ほか、主な登壇者のコメントは以下の通り。本郷奏多(“超高校級の幸運”苗木誠役)「僕自身は前回の [全文を読む]

『ダンガンロンパ』舞台化決定! 苗木役に本郷奏多 “石田あきら”違いのノンスタ石田明が演出!

ガジェット通信 / 2014年04月26日19時30分

[本郷奏多さん コメント] ダンガンロンパは、発売日に買ってプレイしていたほど好きな作品なので、それを自分が演じられるというのは本当に嬉しいです。「それは違うよ!」と皆様に言われないように、キャラの個性やスピード感を活かしたエンターテイメント色の強い作品を皆で組み上げ、ダンガンロンパファンの方にも納得していただけるものを作りたいと思います! [石田明さん [全文を読む]

実写『氷菓』“最重要人物”関谷純役は本郷奏多!33年前に起きたある事件とは…

シネマトゥデイ 映画情報 / 2017年08月08日08時00分

出演オファーに対し、「アニメを観ていて好きな作品だったので、純粋にうれしかった」という本郷。本作には、主演の山崎、広瀬に加え、小島藤子(伊原摩耶花役)、岡山天音(福部里志役)というフレッシュなキャストがそろうものの、終始一人での撮影で誰とも一緒にならず寂しかったそう。役づくりについては「(安里麻里監督に)仰っていただいたイメージに近づけるようにしたつもり [全文を読む]

本郷奏多、山崎賢人×広瀬アリス「氷菓」で最重要キャラ・関谷純役に!

映画.com / 2017年08月08日08時00分

筋金入りのアニメ・マンガファンなだけに「(オファーは)アニメを見ていて好きな作品だったので、純粋に嬉しかったです」と喜び、「無理なく実写化できる世界観でありながらとても人気のある作品なので、実写化するなら是非見てみたいなと思っていました」と語る。撮影現場の雰囲気については、「終始1人での撮影だったので、どなたともご一緒できず寂しかったです」と悲しそうに述べ [全文を読む]

本郷奏多&しょこたん&古田新太らの二十数年前の写真に衝撃!

CinemaCafe.net / 2017年07月02日16時34分

登壇陣は全員、浴衣で登場! 本郷さんは映画を待ち望んだ子どもたちを前に「日ごろからこういう陽の当たる作品をやってないので、子どもたちのキラキラした眼を見て違和感が…」と苦笑。古田さんも「場違いですね。すごく居心地が悪いです。こんなおじさんがいて申し訳ない(苦笑)」と自虐気味に語り、会場は笑いに包まれる。 会場は20年前にはまだ生まれてもいなかった子どもた [全文を読む]

【フジテレビ】本郷奏多主演、ラブホスタッフが恋愛テクニックを伝授する連続ドラマ『ラブホの上野さん season2』続編制作決定!2017年秋よりFOD配信・地上波放送にて

PR TIMES / 2017年06月22日14時00分

そんな上野さんのすごさに気づき、恋愛テクニックの教えを乞うため、五反田キングダムでアルバイトをすることになった大学生の一条昇(柾木玲弥)が、上野さんのもとへ恋愛相談にくる男女たちを通して、少しずつ恋愛テクニックを身に着け、最後に意中の女性に告白するまでを描いた作品です。 続編となる本作では、一条昇の後日談のほか、上野さんを演じる本郷奏多による、少しサディス [全文を読む]

「鋼の錬金術師」のリバイバル連載がスタート!カラーページも完全再現

おたくま経済新聞 / 2017年06月12日13時24分

本作は、月刊少年ガンガンにて2001年から2010年にかけて連載されていた作品。全27巻が発売されている。今回のリバイバル連載は12月に公開を予定している実写映画に先駆け行われるもの。カラーページも完全再現で第1話から掲載。6月12日以降は、毎週月曜と木曜に最新話が無料配信される。 また、実写映画からはファンイベントに抽選で500名を特別招待することが発 [全文を読む]

小関裕太、21歳。音楽、考え方、腹筋…ナオト・インティライミから学んだこと

Woman Insight / 2016年06月10日11時00分

「追われる」はホラーなんですけど、どこか面白みもある……という作品で、“何かに向き合う”というのがテーマになっています。「告白してしまう」は“挑戦”ということをテーマに、僕が、短時間で大きな課題をクリアする、という内容になってます。各作品、ゲストも登場するので、それも見どころですね。 WI では、各フィルムのタイトルにかけた質問をしていきますね。俳優仲間で [全文を読む]

土屋太鳳、本郷奏多&戸次重幸から“天使”と大絶賛!

Smartザテレビジョン / 2016年03月21日21時40分

本ドラマは人気作家・東野圭吾の「カッコウの卵は誰のもの」を映像化した作品。“スポーツ遺伝子”を題材に、親子の絆を描く医科学系ヒューマンサスペンスだ。 土屋は、優れた“スポーツ遺伝子”を持つアルペンスキーヤーの主人公・緋田風美を演じ、スキー検定2級の腕前を劇中で披露。「トップアスリートが取り組む努力とは比べられませんが、ゴールを目指す姿勢や、チームワーク、 [全文を読む]

フォーカス