子供 内田有紀に関するニュース

ドラマ「はぶらし/女友だち」女も男も恐怖する池脇千鶴の怪演

メディアゴン / 2016年03月10日07時30分

ついには子供への虐待の兆候。視聴者のイライラは、ドライになりきれない鈴音にも向けられる。一方、水絵については、実際に仕事探しをする場面、引越し先を探す場面、息子に優しくする場面などが、鈴音のいないシーンでも描かれる。水絵は水絵なりに耕太を守りながら生きているのだ。このドラマ、どうオチをつけるつもりだろう。最終回が近付くにつれて、そんな疑問がわいてきた。<凄 [全文を読む]

「中山美穂、離婚劇」にまつわる、恐るべき復活シナリオ

アサ芸プラス / 2014年04月15日09時59分

子供も10歳になり、40代半ばを迎え、復帰するなら今しかないと思ったのではないか」(スポーツ紙デスク) また夫の辻仁成に詳しい写真誌カメラマンは、こうも言う。 「辻は近頃イメチェンを図り、今ではサラサラのロン毛に中世的なファッションがウリ。その奇抜なファッションは、中山のみならず子供からもやめて欲しいとクレームが付いていました」 そんな中で気になるのが、中 [全文を読む]

広末涼子 ドラマ「ナオミとカナコ」撮影スタッフに見せつけた“変わらない魅力”とは?

アサ芸プラス / 2016年02月20日09時57分

子供の運動会など、行事には夫婦そろって顔を出しています」(スポーツ紙記者) 視聴率回復のため、広末がもう一肌脱いでみては? [全文を読む]

【ウラ芸能】遠藤憲一、オヤジ心くすぐる 1月ドラマ(下)

NewsCafe / 2016年01月25日15時00分

撮影現場では本領発揮で、フジオカに擦り寄ってるってウワサも聞くぞ」記者「フジオカは美人の外国人奥さんとの間に双子の子供がいる既婚者ですからさすがに大丈夫でしょう」デスク「ふふ。チェックしといてね。ところで10位はガクンと下がって、広末涼子(35)と内田有紀(40)共演『ナオミとカナコ』(フジ系)で7・9%」記者「さらに下がって11位は綾瀬はるか(30)、三 [全文を読む]

よゐこ濱口 ネットユーザーがモテ理由分析「子供みたいだけどマメで優しく金持ち」

AOLニュース / 2014年02月28日22時00分

経済力と知名度肩書きだな」 「やっぱ金の力ってスゲーよなぁ」 「この人すごくモテるのに、結局別れてるのが不思議」 と、やっかみの声もあがっているものの、 「裏表の無い性格なんだろうな」 「子供みたいに無邪気だけどマメで優しく金持ち」 「性格良さそうだし誰からも好かれそうだしね」 「濱口から金持ちを抜いてもモテるのかな モテるんだろうな~」 といった分析が登 [全文を読む]

名作ドラマ&漫画「最終回のヒミツ」(2)「もう一度見たいドラマ」 1000人アンケート

アサ芸プラス / 2013年03月13日09時54分

蛍(中嶋朋子)は不倫相手の子供を産むが、それを承知で、幼なじみの正吉くん(中澤佳仁)と結婚する。 6位にはホームドラマの嚆矢となった「時間ですよ(第1部)」(TBS・70年)。サラリーマンの1人息子・一郎(松山英太郎)は転勤で嫁・芙美(松原智恵子)とともに「松の湯」を去る。女将・まつ(森光子)と主人・祥造(船越英二)の2人がしみじみと語り合う。 7位の「1 [全文を読む]

小林麻耶、新人時代の“いじめ”は期待の裏返しでもあった

NEWSポストセブン / 2012年09月14日07時00分

幼稚園に通う子供を持つ母親からの、ママ友から<無視されています>という相談コメントに応える形で、彼女の言葉は綴られた。 <分かります>と切り出した小林は、2003年4月にTBSへ入社した際に、「挨拶をしても無視された」という経験を明かし、冒頭の発言を続けたのだ。 さらに、上司から嫌みを言われて、<最初は言われるたびに泣いてばかりいました。アナウンサーは向 [全文を読む]

水野美紀 会議室では決まらない「踊る大捜査線」 復活ウラ事情「織田裕二の直訴で封鎖できなかった」

アサ芸プラス / 2012年09月12日10時54分

今作に関しても、ストーリーの核となる誘拐される子供の母親という配役でありながら、電話で話す声のみの出演という屈辱的な扱いになる寸前だったという。 ところが、救いの手が差し伸べられたのだ。 主人公・青島刑事を演じる織田裕二(44)が、制作サイドにクレームを入れたというのである。 「織田は同作のみならず、自身が主演する作品では必ず制作初期段階から台本に目を通し [全文を読む]

伝説の「低視聴率ドラマ」 面白すぎる断末魔」(1) 「家族のうた」打ち切り舞台裏

アサ芸プラス / 2012年06月12日10時54分

落ちこぼれたところに突然、娘を名乗る子供が3人も現れるという設定のホームコメディでした。しかし、これが87年の田村正和(68)主演『パパはニュースキャスター』(TBS系)にソックリで、登場する犬の数まで同じ(笑)。『パパは――』の脚本家、伴一彦氏がツイッターで類似点を指摘したことで、騒動が勃発しました」 TBSからの抗議を受け、フジは盗作こそ否定するも「認 [全文を読む]

『踊る大捜査線』ファイナルでも有終の美を飾れない水野美紀の"ビミョーな事情"

メンズサイゾー / 2012年01月21日11時00分

今回の完結編も、雪乃の子供が誘拐されるという設定なのでなんとか出してほしいと頼み込んだ末に、バーニングプロダクション側が"恩情"で許可した結果だという。ネット上には「最後なんだから出て欲しい」「映画のストーリーにリアルが絡んでくるって最悪」などの声もある。 [全文を読む]

フォーカス