原因 内田有紀に関するニュース

芸能界最高のモテ男、その華麗なる「恋愛伝説」

日刊大衆 / 2016年12月24日21時00分

原因は濱口の浮気とされているが、本人はこれを否定。しかし、小倉は2008年に『踊る!さんま御殿!!』(日本テレビ系)で、明石家さんま(61)から「とんでもない男に引っかかったんやから」と濱口を思わせる口ぶりで話題を振られると、濱口の名前は出さなかったものの「そうです、失敗りんこです」と答えていた。「彼氏が浮気相手に送ろうとしたメールが自分に届いて驚いた」と [全文を読む]

千原ジュニア 福山へ嫉妬心原因で元カノ内田有紀と破局説出る

NEWSポストセブン / 2015年10月10日07時00分

その原因こそ、福山だったといわれている。 「ジュニアさんは福山さんにかなり嫉妬していたといいます。例えばふたりで家にいたときにテレビをつけると福山さんが出ている。すると、“今も気にしてるんじゃないの?”というようなことを必ず言う。彼も冗談半分だったのかもしれないけど、内田さんにしてみれば別れて連絡もとっていない元カレのことで、何度もそんな話をされるのが我慢 [全文を読む]

伝説の「低視聴率ドラマ」 面白すぎる断末魔」(1) 「家族のうた」打ち切り舞台裏

アサ芸プラス / 2012年06月12日10時54分

原因解明と同時に、その舞台裏と、知られざる「後処理」現場を追跡した。 昨年4月、芦田愛菜(7)主演の「マルモのおきて」で高視聴率をマークしたフジテレビの日曜夜9時は「ドラマチック・サンデー」と呼ばれる黄金枠。10年秋、フジとして31年ぶりに設けたドラマ枠だった。だが、今春スタートの「家族のうた」は大惨敗。フジでの連ドラ打ち切りは、明確な記録が残る87年以降 [全文を読む]

ドクターX、米倉&内田「入浴シーン」で最高視聴率を樹立!?

日刊大衆 / 2016年10月29日22時00分

しかもその腫瘍は20年前のオペでのミスが原因だったということで、またもこそくな病院側と、納得できない未知子とのバトルが展開された。 この日は、直前に放送されていたプロ野球日本シリーズ「日本ハム対広島戦」の中継が延長されたため、通常より50分遅れての放送だったが、視聴率24.3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と今期最高記録をマーク。三佐江と西園寺の関係性や [全文を読む]

松下奈緒のウェディングドレス姿に「需要なし」の烙印 社長令嬢発覚が致命傷に?

おたぽる / 2016年06月21日19時00分

最終回では、松下をはじめ、貫地谷しほり、佐藤仁美、舞羽美海ら主要キャスト陣がウェディング姿を披露したものの、視聴率は下落してしまい、ネット上では、『世間は松下のウェディング姿には興味ないってことだな』『完全に“需要なし”の烙印を押されてしまった』などと揶揄する声が飛び交ってしまっているようです」(芸能関係者) 美人女優として活躍しているうえにピアニストとし [全文を読む]

身体的、精神的、経済的、性的・・・様々なDVトラブルについて弁護士に聞いてみた!

日本タレント名鑑 / 2016年12月13日16時10分

増加の理由としては、やはりDVが不法行為(民法709条)に当たりうることや、離婚原因になりうること等、法律問題であるという認識が普及したからではないかと思います。一昔前であれば、妻は夫の暴力に耐えるのが当たり前だという風潮もあり、訴えることができるかもしれないとか、離婚できるかもしれないという考え方も少数だったように思います。今は夫婦問題やDVの相談所等も [全文を読む]

ドラマ版『時をかける少女』主演・黒島結菜の不安は“演技力”よりジャニーズに“食われる”こと!?

日刊サイゾー / 2016年05月15日09時00分

もっとも、タレントのプロモーションにはなりますし、主演クラスをやったという実績作りにもなるのでしょうけどね」(同) しかし、逆にこの作品が大コケした場合は、出演者の魅力のなさが原因といわれるリスクもある。前回の仲による実写映画版の客入りが悪く、「映画館は原田版を知っていそうな中年男性のひとり客ばかりだった」と、役者より作品のファンしか惹きつけられなかったこ [全文を読む]

Majiで打ち切り5秒前?広末涼子の主演ドラマが視聴者から見放された理由

アサ芸プラス / 2016年02月15日17時58分

さらにこれ以外にも、「ナオミとカナコ」には多くの視聴者が離れた原因があったという。「放送前からDV夫の殺害計画というテーマが宣伝されていたため、視聴者の興味は主人公がどのような方法で、完全犯罪の殺人に挑むのかという部分でした。しかしフタを開けてみれば、佐藤隆太演じるDV夫と、偶然まったく同じ風貌の人間が現れ、夫を殺した後の替え玉にするという都合の良すぎる [全文を読む]

佐藤隆太、新境地挑戦の危険性

NewsCafe / 2015年12月02日16時00分

原因は吉岡のDVだったと言われています。経験者だけに演技にリアリティが出ると期待され、選ばれたんじゃないでしょうか」 じゃあ、今回のドラマはかなり話題になりそう? 「どうでしょう。何をやっても当たらないフジは、DVという夫婦間で急増している社会現象を扱い、視聴者に興味を持たせようとしていますが、時代を読むセンスが悪すぎる。イスラム国の残酷なテロや暴力がニュ [全文を読む]

若い人は意外と知らない!?実は元夫婦だった芸能人ビッグカップル!【パート1】

日本タレント名鑑 / 2015年11月21日09時55分

華やかな生活のため、外食やお付き合いからの出会いや誘惑が多いこと、ラブシーンなどで疑似恋愛をすることなどもあり、現実と仕事が混ざってしまいがちな事も原因のひとつかもしれません。 今回は、若ければ若いほど知らない、「え?夫婦だったの?」という芸能人“元”カップルをご紹介してみたいと思います。 10代にはあまり知られていない!?30オーバーには常識なあの“元” [全文を読む]

【美女友達を作ろう第3回】銀座のホステスと元無職は友だちになれるのか

AOLニュース / 2014年08月05日22時00分

前後の記憶は曖昧ですが、鎮静剤の注射をうつ先生の顔はなぜか鮮明に覚えています」映画『クワイエットルームへようこそ』の内田有紀で見たことあるやつだね!(想像以上に重かったのでちょっとごまかしながら)原因は何だったの?「専門学校での友人関係がよくなかったり、あとはストーカーされていたことの不安もあって、睡眠導入剤を一気に飲んでしまったんです」ス、ストーカー?「 [全文を読む]

岸部一徳ふうに? 恐怖の「涙袋女」が増殖中!

messy / 2014年05月11日12時00分

また、目元の皮膚は顔の中でも薄く繊細な部分であるため、かえってたるみやシワの原因となってしまうことも。「涙袋」よりもやや下にあるたるみ(岸部一徳氏をイメージしてもらえればわかりやすい)と「目袋」と呼ばれるが、ヒアルロン酸の打ち過ぎで「涙袋」が「目袋」のようにパンパンになってしまい、かえって老けて見えたり疲れて見えたりする場合も……。 顔じゅうの美容整形を繰 [全文を読む]

中山美穂の離婚報道は「出来レース」か!? バーニングの“別れさせ”戦略とは

日刊サイゾー / 2014年03月28日19時00分

辻がハードロックバンドを始め、女性のように肩までかかるロングヘアにするなどビジュアルが劇的に変化したことに中山が困惑するなど、夫婦の距離がどんどん遠くなっていたことが離婚原因だと伝えられている。 中山は24日に登場したイベントで、何事もなかったかのようにパリでの生活や長男についてうれしそうに話したが、辻については触れず、左手の薬指に指輪はなし。離婚報道の“ [全文を読む]

『踊る大捜査線』ファイナルでも有終の美を飾れない水野美紀の"ビミョーな事情"

メンズサイゾー / 2012年01月21日11時00分

恋愛を禁止するなど大事に育て、美形の女優として売っていきたい事務所側の思惑と、仕事を選んだり、アクションを中心に舞台へ比重を移したいという水野の主張との間で折り合いがつかなくなったことが独立の原因のようだ。「10年以上にわたって育ててくれた事務所を勝手に飛び出したために、水野は事務所側の怒りを買ってしまいました。今、大手芸能プロと制作サイドの力関係では、大 [全文を読む]

フォーカス