綾瀬はるか 内田有紀に関するニュース

綾瀬はるか、竹内結子から、波瑠、高畑充希まで…「実は歌手デビューしていた」人気女優

日本タレント名鑑 / 2016年06月22日11時55分

綾瀬はるかは小林武史プロデュースで歌手デビュー映画『高台家の人々』『海街diary』の主演をはじめ数多くの映画、ドラマで主演する綾瀬はるかさんは、2006年3月、Mr.Childrenなどを手掛けていた小林武史さんのプロデュースにより『ピリオド』で歌手デビューしています。その後も計4枚のシングルをリリース。彼女のキャラクター同様、柔らかい歌声が印象的でし [全文を読む]

【ウラ芸能】綾瀬はるか、パックリ流血で惨敗 1月ドラマまとめ(下)

NewsCafe / 2016年03月25日15時00分

そして最下位は綾瀬はるか(31)、三浦春馬(25)、水川あさみ(32)共演『わたしを離さないで』(TBS系)でした」デスク「初回視聴率から最下位の6・2%でスタートして、6%台と7%台をうろうろして結局、最終回は6・7%と、安定の爆死ドラマだった」記者「日系イギリス人作家、カズオ・イシグロ氏(61)の原作で映画化も舞台化もされてますから、ストーリー展開が分 [全文を読む]

綾瀬はるか“香里奈”超えの大爆死、広末ドラマはフジ最下位! 1月期ドラマ初回ランク

サイゾーウーマン / 2016年01月21日13時00分

2016年1月期の連続ドラマ(午後8~10時台)が初回放送を迎え、ランキングトップは17.1%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)の高視聴率を獲得した、SMAP・草なぎ剛主演『スペシャリスト』(テレビ朝日系)だった。 1位の『スペシャリスト』は、13年5月にスペシャルドラマが放送され、19.4%を記録。昨年12月までに4作が放送される人気シリーズとなり [全文を読む]

あの女優やモデル、タレントも! ブレイク必至の「登竜門」があるらしい!?

マイナビ進学U17 / 2016年04月01日12時03分

これまでに出演してきたのは、綾瀬はるかさんや大島優子さん、鈴木杏さん、川口春奈さんなど、テレビや映画で活躍するタレントさんばかり。過去には宮沢りえさんや森高千里さん、元JUDY AND MARYのYUKIさんも出演していました。中条あやみさんもポカリスエットのCMに出演したことで、今後ますます活躍していくだろうといわれています。実は、「このCMに出ればブレ [全文を読む]

【ウラ芸能】遠藤憲一、オヤジ心くすぐる 1月ドラマ(下)

NewsCafe / 2016年01月25日15時00分

ところで10位はガクンと下がって、広末涼子(35)と内田有紀(40)共演『ナオミとカナコ』(フジ系)で7・9%」記者「さらに下がって11位は綾瀬はるか(30)、三浦春馬(25)、水川あさみ(32)共演の『わたしを離さないで』(TBS系)で6・2%の爆死レベルでした」デスク「メンツはいいのにね。なんでだろう。『ナオミとカナコ』はDV、『わたしを離さないで』は [全文を読む]

今クールドラマの見どころは「女×女」 注目3作品紹介

NEWSポストセブン / 2016年01月24日07時00分

「ヒロインの綾瀬はるかさん(30才)と水川あさみさん(32才)が、力を合わせて“宿命”に立ち向かっていくという設定。過酷な宿命を背負った彼女たちが何を考え、どんな行動をとるのか。支配欲の強い水川さん演じる美和は、孤独ゆえに綾瀬さん演じる恭子に嫌な態度をとってしまう。女同士だからこそ本音をぶつけやすく、それが時に相手を振り回すことになるんです。そんな、誰も [全文を読む]

広末涼子、能年玲奈…2016年は人気美人女優たちが映画・TVでひと肌脱ぐ?

アサ芸プラス / 2016年01月15日01時57分

「同じ所属事務所の後輩である綾瀬はるか(30)に看板女優の座を奪われて、かなり焦っている。常に話題の中心にいなければ気が済まないお姫様気質なので、脱ぐ気マンマンでオファーを待っている状況でしょう」(芸能関係者) 崖っぷちヌードの噂が絶えないのが香里奈(31)だ。昨年秋に放送された4年ぶりの主演ドラマ「結婚式の前日に」(TBS系)が平均視聴率5.8%と大惨敗 [全文を読む]

2016年冬ドラマはこれにキマリ!?期待ドラマを“勝手に”お薦め!

日本タレント名鑑 / 2016年01月12日11時55分

綾瀬はるかさん、三浦春馬さん、水川あさみさんというキャスティングも、美しくも残酷な設定にマッチしており、素敵な化学反応が見られそうです。 冤罪で投獄された女性が再び逃避行する『逃げる女』も、主演の水野美紀さんはじめ、田畑智子さん、仲里依紗さん、賀来賢人さん、遠藤憲一さんと、雰囲気たっぷりの実力派ばかりで見逃すわけにいきません。今年の冬は、まさにサスペンスシ [全文を読む]

長澤&綾瀬「海街diary」を超える最強の“姉妹作品”はあのCM?

アサ芸プラス / 2015年05月31日17時59分

6月13日に公開される「海街diary」は、湘南を舞台に綾瀬はるか、長澤まさみ、夏帆、広瀬すずの四姉妹の共同生活を通し、家族の絆を描く作品だ。公開前から人気女優4人の美貌や胸元に話題が集中しているが、過去にも「美人姉妹」作品は多い。 名作漫画を実写化した97年公開の「CAT’S EYE キャッツ・アイ」では、来生三姉妹を藤原紀香、 稲森いずみ 内田有紀が演 [全文を読む]

「ドクターX」が絶好調で、米倉涼子が「小泉会」の二次団体「米倉会」を結成!

アサ芸プラス / 2014年12月01日09時59分

会長の小泉を筆頭に米倉涼子、飯島直子、天海祐希、長澤まさみ、内田有紀、香里奈、石原さとみ、綾瀬はるか、水川あさみ、吉高由里子、北川景子といったドラマや映画では欠かせない主演クラスが顔を揃えている。 「過去に広末涼子や深田恭子、沢尻エリカらが関係者を通じて入会申請をしたが、女優力不足を理由に却下されたとか」(芸能プロ幹部) この小泉会に、先頃「二次団体」が発 [全文を読む]

V6岡田准一主演大河『軍師官兵衛』18.9%の惨敗スタートも高評価「年間20%超えに期待」!?

日刊サイゾー / 2014年01月07日09時30分

前作の綾瀬はるか主演『八重の桜』の初回平均視聴率21.4%にも、2.5%及ばなかった。 だが、主人公ゆかりの地である兵庫県を含む関西地区では、平均視聴率23.0%と好発進。東西で差が生まれているようだ。 同作は『江~姫たちの戦国~』以来、3年ぶりの戦国もの。巧みな弁舌と軍略で豊臣秀吉を支えた冷徹な軍師・黒田官兵衛(岡田)の生涯を描く。 初回では、官兵衛の好 [全文を読む]

名作ドラマ&漫画「最終回のヒミツ」(2)「もう一度見たいドラマ」 1000人アンケート

アサ芸プラス / 2013年03月13日09時54分

現代に戻った仁先生(大沢たかお)は、江戸時代の咲(綾瀬はるか)が書いた手紙を受け取る。その最後に「○○先生をお慕い申し上げておりました」。仁先生が号泣した。先の3つの要素で見ると──。 「仁先生が現代に戻ってハッピーエンドなんですが、でも坂本龍馬は死ぬ。終わり方も、秘密が解明されたわけではなくて、もっと続けられる話ではあります」(前出・黒田氏) ちなみに続 [全文を読む]

フォーカス