深田恭子 内田有紀に関するニュース

綾瀬はるか、竹内結子から、波瑠、高畑充希まで…「実は歌手デビューしていた」人気女優

日本タレント名鑑 / 2016年06月22日11時55分

歌手活動も本格的に行っていた深田恭子 綾瀬さんの事務所の先輩にあたる深田恭子さん。1998年、主演ドラマ『神様、もう少しだけ』でブレイクした翌年の1999年5月、『最後の果実』でCDデビューしています。その後2002年まで7枚のシングルをリリース。アルバムも4枚リリース。もともと華原朋美さんに憧れて歌手を目指していたという経緯もあり、深田さんにとってCD [全文を読む]

古畑任三郎にHERO、ヒットメーカーを育てたフジテレビのあの時代

週プレNEWS / 2015年04月09日06時00分

まだ駆け出しだった内田有紀(ゆき)さんや深田恭子さん、広末涼子さんらが主演を務めたストーリーが多かったですね。 鈴木 連ドラで放送していた頃はオムニバスが3本で、だいたいナンセンス系、ヒューマン系、ホラー系とテーマが分けられていて、もちろん得意なことばかり担当するわけじゃなかった。 木下 サッカーと一緒で、本田でも香川でも決まったポジションはあるけど監督や [全文を読む]

「透明感ハンパない」永野芽郁、アルペン新CMに絶賛の声! 業界内で来年の大ブレイク確実視

メンズサイゾー / 2016年12月18日12時00分

CMでも存在感を発揮しており、格安SIMサービス「UQ mobile」の今秋からスタートしたCMでは深田恭子(34)や多部未華子(27)との三姉妹役に抜擢。こちらも三女役の永野に「可愛い」との声が殺到しており、ソフトバンクの「白戸家」やauの「三太郎シリーズ」に並ぶ人気作になると期待されている。 また、ダウンタウン・松本人志(53)が出演する「タウンワー [全文を読む]

【ウラ芸能】深キョンに新境地…1月ドラマ視聴率(上)

NewsCafe / 2016年03月24日15時00分

個人的には堀北真希(27)主演『ヒガンバナ』(日テレ系)で、知英(ジヨン=22)の日本語が上達してたのが印象的だった」記者「『地獄先生ぬ~べ~』(日テレ系)の時はうんざりでしたが、今回はJY名で主題歌を担当していたことが明かされ、役得でした」デスク「あと、月9の『いつ恋』と並んで深田恭子(33)とディーン・フジオカ(35)共演の『ダメな私に恋してください』 [全文を読む]

【ウラ芸能】遠藤憲一、オヤジ心くすぐる 1月ドラマ(下)

NewsCafe / 2016年01月25日15時00分

ぷっ」記者「9位は深田恭子(33)とディーン・フジオカ(35)共演の『ダメな私に恋してください』(TBS系)で9・0%でした」デスク「ディーン・フジオカはNHK朝ドラ『あさが来た』で大ブレーク中。ドS男役はおいしくて、いいんじゃない?」記者「深田は彼氏なし・仕事なし・貯金なしの30歳ダメ女の役ですが、賛否両論ですね」デスク「役は処女っていう設定だけど、本人 [全文を読む]

広末涼子、能年玲奈…2016年は人気美人女優たちが映画・TVでひと肌脱ぐ?

アサ芸プラス / 2016年01月15日01時57分

フジの木曜22時枠のドラマはこの作品で最後になるだけに、制作サイドも放送コードギリギリまで攻めるはず」 脱ぐ意気込みでは深田恭子(33)も負けていない。「同じ所属事務所の後輩である綾瀬はるか(30)に看板女優の座を奪われて、かなり焦っている。常に話題の中心にいなければ気が済まないお姫様気質なので、脱ぐ気マンマンでオファーを待っている状況でしょう」(芸能関係 [全文を読む]

2016年冬ドラマはこれにキマリ!?期待ドラマを“勝手に”お薦め!

日本タレント名鑑 / 2016年01月12日11時55分

コメディもシリアスも演じられる、守ってあげたいアラサー代表深田恭子さんと、朝ドラで話題のDEAN FUJIOKAさん。これは、もうキャスティングだけでよだれものです。 特に、三十路なのに不器用で彼氏いない歴=年齢、大人の恋愛が出来ない深田さん演じるミチコは可愛くてたまりません。この子を深田さんが演じると考えただけでワクワクです。毛玉だらけのパジャマや下着を [全文を読む]

「ドクターX」が絶好調で、米倉涼子が「小泉会」の二次団体「米倉会」を結成!

アサ芸プラス / 2014年12月01日09時59分

「過去に広末涼子や深田恭子、沢尻エリカらが関係者を通じて入会申請をしたが、女優力不足を理由に却下されたとか」(芸能プロ幹部) この小泉会に、先頃「二次団体」が発足したと話題になっているのだ。 「ドラマ『ドクターX』(テレビ朝日)が絶好調で、副会長を務めていた米倉が枝分かれし、晴れて会長の小泉から『米倉会』を旗揚げすることを許された。今後は小泉会と共存共栄 [全文を読む]

フォーカス