作品 田中圭に関するニュース

今度はどんな顔をみせる? 田中圭が満島真之介に口説かれて出る舞台

anan NEWS / 2015年09月08日08時00分

しかも作品の中で、居てほしいと思うところにぴたっとハマる人なのだ。 「たしかに、台本をいただいて真っ先に考えるのは、作品の中での自分の役の居方なんですよね。主役に輝いてほしい作品ならば主役をどう引き立てられるかを考えるし、登場人 物たちの繊細な心情を描きたい作品ならば、どれだけそこを表現できるかを考える。自分の芝居がどうこうよりも、出演した作品がよかったと [全文を読む]

佐々木希「胸が痛くて痛くて涙が止まらなかった」<モデルプレスインタビュー/Vol.2>

モデルプレス / 2017年08月22日18時42分

佐々木:田中さんとは何度かほかの作品でご一緒したことがあったんですけど、今回は役が役でしたので、撮影中は「(伊藤くんは)本当に最低」って思っちゃいました(笑)。 ― それほど“伊藤くん”が、ハマっていたんですね(笑)。 佐々木:「目を覚まして!」って思ってました(笑)。最低ぶりがすごくて、監督も笑っていましたね(笑)。 ◆1番共感できたのは? ― もし智 [全文を読む]

え?あの刑事ってそんなに偉かったの!?日本ドラマの刑事たちを階級で比べてみた!

日本タレント名鑑 / 2017年06月14日07時30分

「古畑任三郎」「踊る大捜査線」「相棒」、古くは「西部警察」や「太陽にほえろ!」などなど名作と呼ばれるドラマ作品にも、刑事ものはたくさんあります。このドラマに出てくる数々の名刑事たち。作品の中での上下関係は分かりますが、作品を飛び越えた階級の比較っていまいち分かりません。 そこで今回は、刑事ドラマ(一部アニメ)に出てくる刑事たちを、階級で比較してみました。あ [全文を読む]

第9回WOWOWシナリオ大賞応募総数424編

PR TIMES / 2015年10月15日11時43分

株式会社WOWOW(本社:東京都港区、代表取締役社長 田中 晃、以下「WOWOW」)は、プロ・アマ問わず優れたシナリオ作品を発掘し、脚本家の育成を通じて広く映像文化の発展に貢献することとその映像化を目的に、毎年、WOWOWシナリオ大賞を実施しています。 第9 回となる今年の応募総数は、424 編でした。多数のご応募をいただき、誠にありがとうございました。 [全文を読む]

恋ヘタ、田中圭「ドSキャラ」に女性悶絶!?

日刊大衆 / 2017年04月13日18時05分

このドラマは、『プチコミック』(小学館)で連載されていた同名人気コミックを実写化した作品。新興スマホゲーム会社で働くゲームプロデューサーの茅ヶ崎美沙(高梨)が、恋に仕事に奮闘するという物語だ。第1話で美沙は朝の公園で、ニューヨーク帰りの雄島佳介(田中)に出会う。それ以降積極的にアプローチされるようになるが、狙っていた次期社長の座を佳介に奪われてしまい、美 [全文を読む]

鈴木梨央はじめ注目株が続々 新たに“子役ブーム”が訪れるか!?

日本タレント名鑑 / 2016年04月21日10時55分

この作品には、かつて"子ども店長"として一世を風靡した加藤清史郎くんも出演するほか"子役オールスター"と銘打ち4兄弟の共演が話題になっています。 さて、芦田愛菜さんの活躍で子役ブームが巻き起こったのが2011年頃。鈴木福くん、谷花音さん、小林星蘭さん、本田望結さんら次々と人気子役が登場しました。 それから約5年。上記の5人はいずれも小学6年生になりましたが [全文を読む]

第8回WOWOWシナリオ大賞 応募総数決定

PR TIMES / 2014年10月20日16時19分

WOWOWは、プロ・アマ問わず優れたシナリオ作品を発掘し、脚本家の育成を通じて広く映像文化の発展に貢献することとその映像化を目的に、毎年、WOWOWシナリオ大賞を実施しています。第8回となる今年の応募総数は、482編でした。多数のご応募をいただき、誠にありがとうございました。 応募作品は、第一次、第二次選考後、2015年1月に最終選考候補作品を公表し、最終 [全文を読む]

第7回WOWOWシナリオ大賞応募総数544編

PR TIMES / 2013年10月23日12時59分

WOWOWは、プロ・アマ問わず優れたシナリオ作品を発掘し、脚本家の育成を通じて広く映像文化の発展に貢献することとその映像化を目的に、毎年、WOWOWシナリオ大賞を実施しています。 第7回となる今年の応募総数は、544編でした。多数のご応募をいただき、誠にありがとうございました。 応募作品は、第一次、第二次選考後、2014年1月に最終選考候補作品を公表し、最 [全文を読む]

第6回WOWOWシナリオ大賞 応募総数492編

PR TIMES / 2012年10月17日17時32分

WOWOWは、プロ・アマ問わず優れたシナリオ作品を発掘し、脚本家の育成を通じて広く映像文化の発展に貢献することとその映像化を目的に、毎年、WOWOWシナリオ大賞を実施しています。 第6回となる今年の応募総数は、492編でした。多数のご応募をいただき、誠にありがとうございました。 応募作品は、第一次、第二次選考後、2013年1月に最終選考候補作品を公表し、最 [全文を読む]

恋ヘタ、田中圭の「髪クシャ」に胸キュン悶絶!?

日刊大衆 / 2017年06月15日22時05分

このドラマは、仕事には努力を惜しまないが、恋愛方面はからっきしの主人公・茅ヶ崎美沙(高梨)の、不器用な恋模様を描く作品。 第10話で、仕事のことで落ち込んでいる美沙が一人で飲んでいると、同じ店に雄島佳介(田中)が現れる。ふだんは佳介に強気な美沙だが、ここでは「あなたに言われて分かったことがある。一人でできることなんて、たかが知れてる」と弱音をポロリ。これ [全文を読む]

今夜スタート『恋ヘタ』、大コケ感満載の理由…また『逃げ恥』二番煎じ狙いが見え見え

Business Journal / 2017年04月06日20時00分

漫画家・藤原晶氏の同題作品をドラマ化したワケだが、世間は安易な原作モノに飽き飽きしている。 また、実写化するにしても、たとえば前クールに東村アキコ氏の原作を実写化して放送された『東京タラレバ娘』(同)は、2014年から現在も雑誌連載が続いているし、昨年10~12月期の大ヒットドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)も、海野つなみ氏によって今年2月まで連 [全文を読む]

田中圭写真集「R」(ぴあ)発刊記念イベント、大盛況!

PR TIMES / 2016年04月04日09時18分

[画像1: http://prtimes.jp/i/11710/195/resize/d11710-195-483951-1.jpg ]4年半ぶりとなる写真集「R」は、渋谷のスクランブル交差点や路地裏、ホテルの一室、寂れた廃墟ビル、青い空と白い砂のコントラストが美しい砂丘など、様々なシチュエーションで撮影された作品。[画像2: http://prtimes [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】田中圭 岡田准一から学んだ自らを奮い立たせる“呪文”

TechinsightJapan / 2016年04月03日19時10分

はじめに挙げたターニング・ヒューマンが岡田准一で、映画の撮影現場にて「作品だけでなく、スタッフや共演者も本当に全員をちゃんと見てくれる」姿に感銘を受けた。なかでも岡田から受けた一番大きな影響が「身体を鍛えるようになった」ことだ。 『図書館戦争』の現場では“岡田メソッド”なる筋トレが広まり、田中もそれを実践していた。今もジムに行ってトレーニングを続けている [全文を読む]

“パパ”田中圭、娘の「かっこいい」にデレデレ

Smartザテレビジョン / 2015年11月03日20時30分

作品は、田島隆の人気漫画「奮闘!(きばれ)びったれ」を原作にした同名ドラマ(1~3月tvkほか)を映画化した作品。広島の街を舞台に、“お人好しで頼りないシングルファーザー”“切れ者の司法書士”“元・極道”という3つの顔を持つ伊武が、理不尽な目に遭う庶民を助けるべく奮闘する姿を描く。 初めての一般披露を前に、登壇した田中は「ドキドキはしています。ドラマか [全文を読む]

池田エライザ“派手”への抵抗…自信のなさがバネに「エゴまみれでも、自分と向き合えていればいい」<モデルプレスインタビュー/Vol.4>

モデルプレス / 2017年09月12日19時00分

◆“派手”への抵抗 自信のなさがバネに ― 先程、聡子より実希の方が似ている、とおっしゃっていましたが、作品に登場する女性の中で1番共感できたのも実希でしたか? 池田:やっぱり実希ですね。家族や親しい人との距離感、親密度が実希に近いです。あと、私も真面目な学生時代を送っていたので、派手なことをすることへの恐怖心とか壁を常に感じるタイプで。特に私は見た目が [全文を読む]

岡田准一、“因縁”の石田三成役に「『嫌われてないかな』という思いがありました」

ザテレビジョン / 2017年08月02日06時05分

今日はどうもありがとうございます!」(平)、「九州はことしいろいろなことがあって大変だったと思いますが、この作品を見ていただいてつらい思いや苦しい思いを吹き飛ばしてもらって、8月26日の公開に向けてぜひとも応援してください」(原田監督)と、それぞれ感謝を込めてあいさつした。 今回の役のオファーを受け、岡田は「『ついに来たか』という気持ちでした。前の作品で… [全文を読む]

【恋ヘタ連載】高梨臨インタビュー「恋がへた過ぎてイライラします(笑)」

ザテレビジョン / 2017年06月15日22時50分

『〇話見た?』『ここのシーンどう思った?』というふうに真剣にお芝居についてもお話ができるので、本当にいい相手役の方と一緒に作品がつくれているな、と圭くんに感謝しています。素晴らしい仲間と出会えました。あとは、寝癖を直していただけたら完璧です(笑)。 [全文を読む]

内藤剛志“一課長”がクランクアップ!「また来年お会いできることを願っています」

ザテレビジョン / 2017年06月15日06時00分

昨年のシーズン1よりまた一歩、作品として前に進めたことを実感しています。このドラマに関わったことをぜひ皆さん、自慢してください! そしてまた来年この現場でお会いできることを願っています」と、力強くあいさつした。 クランクアップのセレモニーを終え、内藤は「3カ月間、とても楽しかったですね。シーズン2では新しく田中圭さんが加入した上、捜査員一人一人のキャラが濃 [全文を読む]

安田顕&山本舞香&田中圭で3夜連続“変愛ドラマ”を放送

Smartザテレビジョン / 2016年12月10日05時00分

この作品はサスペンスな部分もあり、チクッと刺すところもキッチリある、チャレンジをしているコメディーです。今回演じるジェイクは、僕の好感度だだ下がりの役(笑)。演じる側としては相当ヘビーですね。台本の読み合わせをしただけでも、ジェイクとして感じるものは重かった。人は時間がたてばたつほど、思い出を美化したり、心にふたをしたりしながら、自分を正当化するもの。もち [全文を読む]

満島ひかりが「センスが好きなんですよ」という演劇人とは?

anan NEWS / 2016年10月21日22時00分

近年、手がける舞台作品が高い評価を受けている演出家・熊林弘高さんとともに、満島ひかりさんは、いま舞台『かもめ』の絶賛稽古中。 「以前に出演した熊さんの舞台では、稽古中の出来事ひとつひとつがすべて宝物みたいで、できあがった作品が好きすぎて、お客さんに見せたくなかったくらい(笑)。熊さんは『この役はこう演じてください』ではなく、私たちのなかに潜んでいるその人を [全文を読む]

フォーカス