彼女 田中圭に関するニュース

人を縛り続けるのは誰かの優しさなのかもしれない──ドラマ『東京タラレバ娘』第9話レビュー

おたぽる / 2017年03月22日16時00分

彼女は「縛られている」とは気付いていないし、そして、縛られるのは悪いことではない。人と人が付き合い、ましてや一緒に暮らすとなれば、そこに何がしかの「縛り」が生じるのは当然のことだ。ある意味、それを幸せと感じることがあるのもまた確かなのだ。 香(榮倉奈々)は、リョウ(平岡祐太)ときっぱり別れることを決め、訪ねてきたリョウにも会おうとしない。「愛情」という縛り [全文を読む]

壇蜜が本人役、AKB48入山杏奈がデキ婚!? ドラマ『結婚させてください!』放送決定!

Woman Insight / 2014年04月24日10時00分

勘当寸前で家を出ていった息子が結婚するという彼女を連れて数年ぶりに帰郷、なんとその彼女は頑固な父が密かに大ファンの壇蜜だった、というストーリー! 壇蜜さんの喪服姿も美しく見どころです。 <エピソード2> 夏菜さん主演の「男はつらいのね」。「お父さん、会ってほしい人がいるの」と看護師の娘が連れてきたのは、父と同い年の37歳年上の医者! 対面の場で医者は意外な [全文を読む]

『タラレバ娘』 クズ男役・田中圭に惹かれてしまう女子続出

しらべぇ / 2017年02月09日17時30分

「言ってくれるだけまだ誠実か」と小雪は考えたわけだが、丸井の場合、彼女をあえて共犯関係に陥れることで、自分に優位なように物事を運んだ可能性も考えられる。合意のもとで不倫関係になったとすれば、小雪も一方的に丸井を攻められないからだ。原作マンガでもかなりの小悪魔で、本性はなかなかつかめないキャラとして描かれているが、三次元になるとその破壊力がわかりやすい。なお [全文を読む]

佐々木希「胸が痛くて痛くて涙が止まらなかった」<モデルプレスインタビュー/Vol.2>

モデルプレス / 2017年08月22日18時42分

このほか男性キャストには、【E】(木村)のかつてのパートナーで、【A~D】4人の恋愛相談をネタにしたドラマ企画をけしかけるプロデューサー・田村伸也役に田中圭、莉桜の大学の後輩で、今や彼女の存在を脅かす売れっ子若手脚本家・クズケンこと久住健太郎役に中村倫也、ドラマ版のみの出演となる莉桜がかつて脚本を手がけた伝説の大人気ドラマ「東京ドールハウス」に出演する主 [全文を読む]

高梨臨「恋ヘタ」”美沙とゴブリン”のほっこりショットにメロメロ

dwango.jp news / 2017年05月19日15時45分

佳介(田中圭)の彼女として幸せの絶頂だった美沙(高梨臨)は、佳介が見知らぬ女性と歩いているのを目撃してしまう。《あの女性は誰?》と疑いながらも、真相を聞けない美沙。順風満帆だった佳介との関係も少しずつギクシャクしていく中、美沙はその女性と遭遇することに。彼女の口から発せられた佳介の驚きの過去…そして、佳介からも思いもよらぬ発言が…衝撃の事実を知らされた美沙 [全文を読む]

誰かを幸せにするための嘘も、他の誰かを傷つけているのかもしれない──ドラマ『東京タラレバ娘』最終話レビュー

おたぽる / 2017年03月28日13時00分

結局、ふとしたことから彼女の嘘が早坂にバレてしまう。そして、倫子の本当の気持ちに気付いた早坂は、彼女に別れを告げる。 早坂は言う「気持ちにフタをすることも、嘘をつくことと同じ」。彼もまた、自分の気持ちに嘘をつくことを潔しとしなかったのだ。 そんな頃、小雪(大島優子)は、街で偶然丸井(田中圭)に会う。そして彼に「ありがとう」と告げ、気持ちに決別をつける。そ [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】田中圭 岡田准一から学んだ自らを奮い立たせる“呪文”

TechinsightJapan / 2016年04月03日19時10分

元妻との復縁を望みながらも、彼女が好きになった主人公との交際を応援するという難しい役回りを見事に演じた。そんな彼がこれまで共演してきた俳優で最も影響を受けたのが岡田准一だという。 岡田准一と田中圭は映画『図書館戦争』で共演している。4月2日放送の『王様のブランチ』(TBS系)で“買い物達人”に出演した田中圭が、これまでに映画やドラマでの共演者で「影響を受け [全文を読む]

佐々木希 芝居ができないのに「女優一本」宣言で所属事務所は大困惑!?

日刊サイゾー / 2012年05月19日08時00分

ドラマだと如実に数字が出てしまい、彼女の"本業"のCMに影響が出てしまいます。映画は本人以外の要素もヒットに大きく関わってきますし、"大根ぶり"があまり目につかないと考えてるようです」(映画関係者) そんな彼女は今、沖縄で『サンゴレンジャー』という映画を撮影しているという。「今年は、『アフロ田中』『ぱいかじ南海作戦』の2本が公開されますが、『サンゴレンジャ [全文を読む]

志田未来、イメージとは違う素顔…“積極的すぎる”アプローチは「本当に怖かった」<モデルプレスインタビュー/Vol.3>

モデルプレス / 2017年08月29日19時10分

このほか男性キャストには、【E】(木村)のかつてのパートナーで、【A~D】4人の恋愛相談をネタにしたドラマ企画をけしかけるプロデューサー・田村伸也役に田中圭、莉桜の大学の後輩で、今や彼女の存在を脅かす売れっ子若手脚本家・クズケンこと久住健太郎役に中村倫也、ドラマ版のみの出演となる莉桜がかつて脚本を手がけた伝説の大人気ドラマ「東京ドールハウス」に出演する主 [全文を読む]

池田エライザ“派手”への抵抗…自信のなさがバネに「エゴまみれでも、自分と向き合えていればいい」<モデルプレスインタビュー/Vol.4>

モデルプレス / 2017年09月12日19時00分

このほか男性キャストには、【E】(木村)のかつてのパートナーで、【A~D】4人の恋愛相談をネタにしたドラマ企画をけしかけるプロデューサー・田村伸也役に田中圭、莉桜の大学の後輩で、今や彼女の存在を脅かす売れっ子若手脚本家・クズケンこと久住健太郎役に中村倫也、ドラマ版のみの出演となる莉桜がかつて脚本を手がけた伝説の大人気ドラマ「東京ドールハウス」に出演する主 [全文を読む]

佐々木希、「一緒にいたい」と泣きながら田中圭にしがみつく!?

ザテレビジョン / 2017年08月15日15時00分

なお、木村演じる矢崎莉桜の周囲には、4人の恋愛相談をネタにしたドラマ企画をけしかけるプロデューサー・田村伸也に田中圭、莉桜の大学の後輩で、今や彼女の存在を脅かす売れっ子若手脚本家・クズケンこと久住健太郎を中村倫也が務めることが決定。 ドラマ版には、莉桜がかつて脚本を手掛けた伝説の人気ドラマ「東京ドールハウス」に出演する主演俳優・沖田役として山田裕貴も出演 [全文を読む]

高梨臨と田中圭が顔交換! ネズミに変身も!?

Entame Plex / 2017年04月06日21時00分

本作で、高梨は新興スマホゲーム会社で働くキャリアウーマンの主人公・茅ヶ崎美沙を演じ、そんな彼女の出世を阻みながらも恋の相手となるのはNY帰りの経営のプロで“絵に描いたような”王子様・雄島佳介役を田中が演じる。田中とは、『5→9 ~私に恋したお坊さん~』(フジテレビ系・2015年)で共演して以来。 この日更新されたブログは「いよいよ明日の夜ですよ!」と題し [全文を読む]

タラレバ娘から学ぶ浮気男のロジック「セカンド彼女を作る心理」

しらべぇ / 2017年02月22日11時00分

過去の恋愛を美化して思い出す傾向が強ければ、本命彼女のほうが魅力的であっても、過去の交際相手を手放したくないと感じる心理が生まれます。妻子持ちの場合は、その言葉を信じるのなら、奥様が妊娠中でそばにいない状況と夫婦関係が上手くいっていないことが重なり、心を弱らせているのでしょう。そのタイミングで小雪の尽くす優しさに気持ちが動かされたのです。理性ではなく、本能 [全文を読む]

『タラレバ娘』3人の言い合いがリアルすぎる おびえる女子が続出

しらべぇ / 2017年02月11日17時00分

カチンときた小雪は「彼女のいる元カレとズルズル続けるよりマシ」と香を責める。さらに、それを見ていた倫子は「不倫と元カレのセカンドでしょ? どっちもどっちじゃん」とふたりを咎めた。ふたりは「相手にされないアンタよりマシ」とさらに油に火を注ぐ結果となり、そこからは聞くに堪えない悪口の応酬が続く。帰り道、倫子は「女同士はこうなっちゃうとダメなんだ。自分が幸せじゃ [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】宮澤佐江、落合モトキと念願の共演 「人見知りしない同世代メンズ」に感激

TechinsightJapan / 2016年12月29日15時20分

今回のドラマで宮澤が演じる湊あすかは独身OLで男前な性格な上にズボラという設定で、AKB48時代から「男前」と言われて人気のあった彼女にぴったりである。そんな宮澤佐江が「人見知りしない同世代メンズに久々に出逢った。笑」というのだから落合モトキとは馬が合ったようだ。 ちなみに『おっさんずラブ』では“壁ドン”ばかりか“風呂壁ドン”や“床ドン”が登場するという [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】早見あかりが5秒で泣いた CM共演の高良健吾もびっくり

TechinsightJapan / 2016年04月10日14時00分

2014年のNHK連続テレビ小説『マッサン』でも注目を集めた彼女が、今月12日から公演スタートの舞台『夢の劇 -ドリーム・プレイ-』では主役という大役を務める。また現在放送中のCM撮影の現場では、早見がすぐに涙をこぼし、共演の俳優・高良健吾やスタッフを驚かせたという。 放映中のCMで早見あかりが高良健吾とカップルを演じている。泣いている彼女・早見あかりを、 [全文を読む]

田中圭、「撮影が終わったら、株を買おうと思います!」

Smartザテレビジョン / 2015年10月16日18時14分

制作は「私をスキーに連れてって」や「彼女が水着に着替えたら」、「波の数だけ抱きしめて」など、バブル時代のヒットラブコメを多数生みだしたホイチョイ・プロダクションズ。ドラマを通じて若者のライフスタイルに影響を与えてきた彼らが、今「モテる男」に必要なアイテムとして選んだのは、スキーでもサーフィンでもなく、「株」だ。 30代前後の男女4人が繰り広げる恋愛模様に、 [全文を読む]

今度はどんな顔をみせる? 田中圭が満島真之介に口説かれて出る舞台

anan NEWS / 2015年09月08日08時00分

幻覚に囚われる彼女の口から、夫(益岡)への不満や過去の後悔が語られ、家族の間の深い溝が露呈していく。9月7日(月)~23日(水)三軒茶屋・シアタートラム 原作/ユージン・オニール 翻訳・台本/木内宏昌 演出/熊林弘高 出演 /麻実れい、田中圭、満島真之介、益岡徹 全席指定8500円(税込み) 梅田芸術劇場 TEL:0570・077・039 9月26日~29 [全文を読む]

“大股開き写真”で窮地の香里奈、恋人の顔写真まで流出で「男の趣味悪すぎ」の声

メンズサイゾー / 2014年04月02日19時00分

2012年6月に開かれた語学学校のクラスメイトの誕生パーティーで撮影されたといい、彼女の傍らに今年2月に交際が報じられた台湾出身男性が写っていた。一部メディアでは「嵐の二宮和也似」と報道されたが、これを疑問視する声は早くからネット上で上がっていた。 交際報道があった今年2月、Twitter上で同じくハワイに留学していたと思われる一般ユーザーが「え、香里奈の [全文を読む]

「宮崎あおいは意外と○○」芸能記者がこっそり明かす、“ギャップが激しい”芸能人

サイゾーウーマン / 2014年03月22日13時00分

その席に、軽い体調不良により、ずっとウーロン茶を頼んでいた女性がいたのですが、それまで彼女とはほとんど口を聞いていなかった田中が突然、『お前、飲まねーなら帰れよ。ウゼエ』と言い放ったというんです。その女性は本当にすぐ帰ってしまい、凍りついた空気は回復するはずもなく、結局すぐにお開きとなってしまったそうです」 2011年に女優・さくらと結婚、いまや一児の父と [全文を読む]

フォーカス