結婚相手 向井理に関するニュース

6割の女性が夫・彼氏の服、「ワタシ色に染めたい」。今年結婚した芸能人、理想の夫ファッションランキング1位 向井理、2位 東出昌大、3位 西島秀俊。女性が語る夫や彼氏のファッション意識調査発表

DreamNews / 2015年11月16日11時30分

(1)今年結婚した芸能人のうち結婚相手に着て欲しいファッションランキング 1位 「向井理」、2位 「東出昌大」、3位 「西島秀俊」、4位「福山雅治」。(2)彼氏や夫の服装、半数以上の女性が「プロデュースしたい」。夫を変えるコツは「褒める」。彼氏はファストファッションでトータルコーデ。(3)お揃いで着たいブランド1位「BEAMS」。若年層には「adidas」 [全文を読む]

向井理の“仕事の価値観”変えた1歳愛息とのイクメン生活

WEB女性自身 / 2017年06月16日16時00分

《(結婚相手は)家庭的な人がいいかな。家を空けることが多いので、なるべく家を守ってくれる人のほうが安心して仕事ができると思います》(14年6月24日号『週刊女性』) しかし、長男誕生をきっかけに向井は変わった。すっかり妻と子供に献身的なパパになったのだ。そしてその影響は、仕事面でも表れているようだ。 「以前の彼はWEBインタビューのような仕事は敬遠しがち [全文を読む]

向井理、天野ひろゆきなど続々!今や結婚相手の条件は「料理男子」?

アサジョ / 2016年01月03日17時58分

一昔前は「パパが料理」と聞くと珍しいイメージがありましたが、今は一転して既婚男性も料理を手がけるのが当たり前の時代に。ある調査では、既婚男性の30%が家族のために調理していることが明らかになり、特に20代、50代は、頼まれて作るのではなく、自主的に時間があるときに作っているという人の割合が高くなってきているそうです。 既婚料理男子が最もよく作るメニューは、 [全文を読む]

いまや“No.1アゲマン女優”! 榮倉奈々の「同世代ゴボウ抜き」と「ハゲしめ私生活」に驚愕

日刊サイゾー / 2015年12月17日17時00分

榮倉が演じるのは、向井理が演じる主人公の結婚相手で資産家令嬢という役どころだが、これまでにない大人っぽい演技に視聴者からは好評価が続出。「まだ見ていたい」「可愛すぎる」と絶賛の嵐だ。 榮倉は2002年に芸能界入りし、ファッション誌「SEVENTEEN」(集英社)の専属モデルとして活動。04年から本格的に女優としてのキャリアを歩み出したが、その後は年の近い長 [全文を読む]

ポイントは安心感!? 「理想の結婚相手」1位を獲得した芸能人は意外なアノ人!

AppWoman / 2015年05月22日17時00分

まだ訪れない王子様を夢みては、理想と現実のギャップにふっと気づき、肩を落としているのでは?女性である以上「●●な人と結婚したい!」と、結婚相手に求める条件がいくつかあるのも当然のこと。真面目な人、優しい人、経済力がある人……あなたなら、どんな男性を求めますか?そこで今回は、楽天リサーチ株式会社が実施した「結婚に関する調査」をもとに、今どき女子が掲げる“結婚 [全文を読む]

西島秀俊と向井理の結婚にショック受ける女性をどう慰めるか

NEWSポストセブン / 2014年11月24日16時00分

その上で「彼らの結婚相手には、ほんとは○○さんのほうがふさわしいのにね」と言えば、お世辞であることは見え見えですが、全力で慰めようとしているこちらの気持ちを冷静に汲み取ってくれるはず。ちょっと前にふたりを持ち上げているので、さらに勢いよく舞い上がってくれるに違いありません。 こっちも独身なら「俺も16歳年下や国仲涼子みたいな美女を狙うから、お互いに頑張ろ [全文を読む]

セックス写真まで存在! 異端児・葉山エレーヌが降板にならないワケ

サイゾーウーマン / 2012年04月04日12時00分

さらに結婚相手も先日報じられたばかりの、同棲相手というから驚きだ。出会いからわずか数カ月の入籍ということになる。「当初日テレ内では、葉山の結婚を『スッキリ!!』だけでなく局全体で盛り上げる予定だったそうです。しかし、週刊誌に取り上げられた葉山のプライベートがあまりにもひどかったため、あっさりとした報告で終わってしまいました」(週刊誌記者) 記事によると最近 [全文を読む]

イタズラ好きの下ネタ好き、最後の大物独身俳優・玉木宏は福山雅治の後継者?

messy / 2016年05月14日19時00分

「玉木は結婚相手の条件を『黒いボンデージファッションが似合う人』『平屋に暮らしてくれる人』『北海道に住んでくれる人』など冗談交じりに語っていますが、本音は『妹と母親と一緒に暮らせる人』だそうです。妹は玉木のことが大好きで、どうしても離れたくないらしく、玉木もそれを了承。それが原因で、結婚間近になった彼女と破局したこともあると言われています」(同) そんな妹 [全文を読む]

恋愛感が普通じゃない!? “残念イケメン“玉木宏が結婚できない理由

tocana / 2015年11月18日17時00分

ある番組で『結婚相手に求める三か条』を紹介するコーナーがあったんですけど、そこで彼は"黒いボンテージファッションが似合う""平屋で暮らせる""北海道に住んでくれる"という、何とも言えない微妙な条件を出してスタジオを驚かせました。あとは几帳面すぎるところですかね。最近は反省したようですが、ハンガーにかけた洋服の向きは同じにしないと気がすまないとか、Tシャツの [全文を読む]

【ウラ芸能】天海祐希、ホンネ封印、10月ドラマまとめ(上)

NewsCafe / 2015年10月28日15時00分

向井の結婚相手(榮倉奈々=27)の父親役ですが、『ドクターX』のちゃっかりキャラとは違い、笑わないわ、冷静にヒステリーを起こすわ…」 [全文を読む]

大沢たかお、一般人女性と熱愛発覚! 広瀬香美、綾瀬はるか捨て「最後はプロ彼女」の声

サイゾーウーマン / 2015年04月25日13時00分

「昨年秋、西島秀俊や向井理ら、人気独身俳優が次々と結婚を発表した際に、西島の結婚相手が一般人だったことから『プロ彼女』という言葉が取り沙汰されました。一般人ながらなぜか芸能人と知り合い、交際に発展してからも周囲には一切情報を漏らさないという徹底ぶりが、一時期注目の的となっていたものです。綾瀬との交際は、双方事務所関係者の徹底ガードの元で行われるという慎重 [全文を読む]

若い女性の“ファザコン化”が未婚化の要因? 理想の結婚相手は彼氏よりも「父親」との調査結果

ウートピ / 2015年02月19日12時00分

要因のひとつとして、「女性が結婚相手に求める年収が高すぎること」があげられますが、若い女性たちが「父親大好き」であることも、関係しているかもしれません。理想の結婚相手は、今の彼氏よりも「お父さん」?カルピス株式会社が、20代独身OLを対象に、「理想の結婚相手」は誰か、自由に答えてもらったところ、回答した617人のうち、断トツでトップだったのは「自分の父親」 [全文を読む]

新月9ドラマ 新進気鋭の脚本家が寿女優をどう料理するか注目

NEWSポストセブン / 2015年01月19日07時00分

ストーリーは、結婚は契約であると考える依子(杏・28才)と、結婚相手に“寄生”したいニートの巧(長谷川博己・37才)。“恋愛不適合者”の2人が、やむを得ない事情から結婚を目指し、恋愛感情を持たないままデートを重ねていくラブコメディーだ。 東出昌大(26才)と元日に入籍したばかりの杏が演じるのは、デート未経験の東大卒の国家公務員・依子。超合理主義者で、結婚す [全文を読む]

攻略しにくい男性の「プロ彼女」になるためにはどうすればいい?

恋学 / 2014年12月05日07時00分

結婚したい男性トップ2が結婚を決めて「西島秀俊・向井理ショック」などと言われましたが、西島秀俊さんは結婚相手に対して以下のような厳しい条件を設けていたそうで……。お相手が“プロ彼女”なんて呼ばれるのも納得してしまいます。 1,仕事のワガママは許すこと2,映画鑑賞についてこない3,目標を持ち一生懸命な女性4,“いつも一緒”を求めない5,女の心理の理解を求めな [全文を読む]

西島秀俊を『あすなろ白書』時代から見守ってた女性の悔しさ

NEWSポストセブン / 2014年11月28日16時00分

「西島さんって最後の砦で、私の周りも結婚相手が若い女性だったことで大ショックを受けています。女性に見向きもせず、仕事に厳しく、どんどん自分を追いつめるストイックな役者だと思っていたのに、結局は20代の若くてきれいな女性に目が向いた。『なんだ、普通の男と一緒だったんだ』とがっかり。煩悩を見せないでほしかった」(沖さん) 西島を1993年の『あすなろ白書』( [全文を読む]

伊藤英明の結婚に竹野内豊の熱愛。新世代“独身貴族俳優”ポジションの担い手は!?

messy / 2014年10月23日19時00分

また、今年8月には一部スポーツ紙に元モデルでバツイチ子持ちの女性と結婚準備を進めていると報じられたが、結婚相手はこの女性とは別人のようだ。 今回、四十路を手前にしてゴールインを決めた伊藤だが、今年に入ってからというもの彼のようなアラフォー人気俳優の結婚・熱愛が相次いでいる。伊藤の親友と言われる坂口憲二(38)も今年1月にバツイチの一般女性とデキ婚し、先日に [全文を読む]

三田友梨佳アナ「娘はやらん!」老舗料亭経営の実父が激怒

WEB女性自身 / 2014年08月22日11時00分

父親は『まだ結果も出していない野球選手ごときに、娘はやらん!』と大激怒しているそうです」(前出・三田家の知人) 娘の結婚相手について、父親は、まったく違う希望があったようだ。「料亭のお客でもある一流企業の幹部などからも、彼女には縁談話が舞い込んでいるそうです。父親としては『収入も不安定で、長く働くこともできない野球選手の妻として苦労するよりも、どこかの御曹 [全文を読む]

フォーカス