過去 飯島愛に関するニュース

故・飯島愛さんから見える「苦しみ」......AVデビューの坂口杏里を待つ「茨の道」とは

Business Journal / 2016年09月08日16時00分

彼女の中で消えてなかったから」と過去を払拭する難しさを指摘していた。 週刊誌等では、「借金返済」が目的として報じられているため、坂口も金策に窮して、やむなく、その道を選んだということなのだろう。芸能界で成功した飯島愛さんですらも、自身の過去を払拭できなかったと坂上が語っているが、過去を消せない重さは間違いなくある。 「飯島さんの活躍に言及されましたが、彼女 [全文を読む]

ラブライブ事件の影響?声優は「アダルトモデル経験者お断り」になり始める

しらべぇ / 2016年05月05日19時30分

■とある資格とは一例として芸能事務所を経営する『株式会社ワルキューレ』の応募要項に書かれた資格を見てみると、「法律に触れる行為を行っている方」「過去にアダルト系ビデオモデルの経験のある方」がNGという内容があった。違法な行為をしている人がダメなのは当たり前だが、アダルトビデオに出演したことがある人も参加不可という厳しい条件が付けられているようだ。■ラブライ [全文を読む]

飯島愛ブログ閉鎖を機に振り返るAV女優たちの“非業の死“...他殺、心中、ジャニーズとの交際のもつれで自殺も

リテラ / 2015年10月12日16時00分

映画化やドラマ化もされたベストセラー『プラトニック・セックス』(小学館)など、自らのつらい過去や心の闇をあけすけに語りながら、それでも強く生きた彼女の姿勢は、亡くなった後も多くの信奉者を生み、そのコメント欄には〈さみしくてね、ねむれなくてね、ごはんも食べられないんだぁ。愛さんもこんな気持ちだったのかな〉〈アタシは、嘘つきなんだ。アタシに生きてる価値なんて [全文を読む]

語っていいとも! 第37回ゲスト・はるな愛「飯島愛ちゃんはすごく影響受けました。私、同じ年なんですよ…」

週プレNEWS / 2017年02月12日12時00分

それからもたびたび仕事でも会ったりして、この人はいろんな過去はあるけど、でも今を正直に一生懸命、人と向き合ってるとこがすごいなと思って。 あと、嫌な目で見られたり、たまに目も見てくれない人もいたり、いろんな見られ方したと思うんですけど、そういうとこもすごい似てて。 ―過去のレッテルを背負いつつ健気に一生懸命…そういう生き様を見て、自分も隠すことに意味がない [全文を読む]

結婚発表の及川奈央、元“AVクイーン”成功例の裏に「バーニングに干された」過去も?

日刊サイゾー / 2016年12月08日18時00分

元AV女優の及川奈央が5日、結婚したことを自身のブログで報告した。お相手は41歳の会社員で、数年前に出会い、今春から交際に発展したという。 100本近いAVに出演し、“AVクイーン”として名を馳せた及川は、飯島愛以来、最も成功した元AV女優の1人。2004年にAV女優を引退した後は、主に舞台女優やバラエティタレントとして活動してきた。 「最近はセクシー女優 [全文を読む]

「高橋みなみに【元AKB】表記はNG」通達、メディア側の過剰配慮?

messy / 2016年05月06日23時30分

こうした例は過去にも存在する。「2008年に亡くなった飯島愛は、テレビではある時期から元AV女優という肩書に触れることが一切NGとなりました。本人は隠している素振りはありませんでしたから、むしろテレビ制作側が過剰な配慮をしてしまった結果といえるかもしれません」(芸能関係者) 肩書の使用禁止はテレビ業界ばかりでなく、出版界にも。「小沢健二と小山田圭吾はフリッ [全文を読む]

飯島愛のブログは、なぜ死後も人が集まったのか ネット社会における死を考える

ウートピ / 2016年02月09日12時05分

過去の日記を読み返したり、後輩が入っていたコミュニティの掲示板に何か書き込まれていないかを見に行ったりもした。すごく近しい間柄だったかというと、実のところそうでもない。けれど、確かに後輩はこの世からいなくなってしまっているのに、インターネット上には変わらずに存在しているのが不思議で、何度も見に行ってしまった。私だけでなく、後輩とmixiで繋がっていた人は、 [全文を読む]

飯島愛が「ぶっちゃけタレント」と一線を画した理由 彼女の遺した叫びを振り返る

ウートピ / 2015年11月01日15時57分

ぶっちゃけトークが人気に飯島は、バラエティ番組での歯に衣着せぬ物言いで人気となり、過去の両親との確執、家出、援助交際、整形、AV出演などを赤裸々に告白した自伝『プラトニック・セックス』(小学館)はミリオンセラーとなった。「お金が大好き」と公言して憚らず、自分の弱さ、汚さも露にすることで支持を得てきた飯島。しかし、彼女がぶっちゃけたのは、それだけではない。「 [全文を読む]

「まるで死の商人」故・川島なお美さんの未公開セクシー写真集“無断出版”を画策する編集長

日刊サイゾー / 2015年11月01日11時00分

レコード会社は12月、過去のアルバムを再発売することを決定。タレントの松居一代は10月7日、「緊急会見」と題して自著の出版会見を開いたが、ここで夫の船越英一郎が過去、川島と交際していたことを暴露して本の宣伝に利用した。 同じくタレントのデヴィ夫人は、川島さんの亡くなった翌日に情報番組『直撃LIVEグッディ!』(フジテレビ系)に出演、携帯電話の留守電に残され [全文を読む]

あの元トップAV女優の危機?ファンから酷な質問連発、飯島愛との致命的な違い

Business Journal / 2015年05月26日23時00分

AV女優出身で過去に芸能界で大成功した人といえば、故・飯島愛さんなどごく少数。CDのリリース記念イベントといえば、レコード店やレコード会社、ライブ会場や屋外イベントスペースなどが定番だが、20日の麻美のイベント会場は、グラビアアイドルやAV女優たちの聖地でもある東京・秋葉原ソフマップのアミューズメント館。芸能記者が語る。 「歌であれバラエティであれ、彼女 [全文を読む]

相次ぐ芸能人たちの整形カミングアウト!! 日本は整形大国だった!?

tocana / 2014年09月12日09時00分

そんな彼女の疑惑は、過去の雑誌に掲載された写真と現在の顔が違うというもの。一重まぶたが、ある時期からクッキリとした二重になっていることが指摘されている。 「もちろん十代は成長期ですから、顔つきが変わったと見ることもできるかもしれません。ですが西内は、『ニコラ』(新潮社)モデルをしていた中学生時代は『アイプチを使っている』と公言していたそうなのですが、歳を重 [全文を読む]

ASKAの覚せい剤依存の原因は飯島愛!? 死後なお不穏なネタに晒される不憫

messy / 2014年05月29日17時00分

また、彼女の追悼本『飯島愛 孤独死の真相~プラトニック・セックスの果て~』(双葉社)では、飯島が88~89年に起きた「女子高生コンクリート詰め殺人事件」に関与していたという話があったり、過去に元SMAPの森且行(40)や志村けん(64)らと交際していたとの記述もあった。さらに、本作で飯島の主治医が彼女の最期の様子を明かしたことから、患者に対する守秘義務に [全文を読む]

飯島愛さんのブログ 閉鎖発表後にお別れのメッセージ続々届く

NEWSポストセブン / 2015年09月25日07時00分

番組終盤では過去約230回分の出演から飯島さんの特集が組まれ、大きな反響を呼んだ。 そして番組内で、彼女が亡くなってから7年のこの節目に1つの区切りをつけることが発表された。 「(ご両親から)ご連絡がありまして、愛ちゃんのブログを今回閉鎖すると」──。 2008年12月24日のクリスマスイブに都内の自宅マンションで亡くなっているのが発見された飯島さん。あれ [全文を読む]

飯島愛が歴史を超えて大活躍! 幻のお色気ファンタジーマンガ『タイムトラベラー愛』

日刊サイゾー / 2015年02月11日20時00分

内容は、飯島さんが過去へ未来へとタイムトラベルをするという、タレントマンガとしては異例のファンタジー路線です。しかも、AV女優からタレントへの転身期に当たる1994年の作品ということで、セクシー度も全開の内容になっています。 ストーリーをご紹介しましょう。人気絶頂のアイドル、愛ちゃんが、海でのグラビア撮影中にマネジャー見習いの梅原、カメラマン助手の竹中、 [全文を読む]

ASKA容疑者が怯えていた“薬物セックスビデオ”の流出…相手に「飯島愛」が浮上で業界騒然

メンズサイゾー / 2014年05月29日17時00分

関係者の証言以外に直接のつながりは見いだせないが、飯島さんは過去に自身のブログでチャゲアスの大ファンであることを明かし、コンサートを観に行ったことなどを記述。さらに、飯島さんの著作『プラトニック・セックス』(小学館)が映画化された際には、チャゲアスがなぜか名前を伏せて『NOT AT ALL』名義で楽曲を提供している。 また、薬物という点では飯島さんにも疑惑 [全文を読む]

ASKA、飯島愛と薬物&不倫・肉体関係、映像流出怯え薬物依存との報道 復帰絶望的か

Business Journal / 2014年05月29日01時00分

「美川憲一や長渕剛、槇原敬之、いしだ壱成など、過去に違法薬物所持で逮捕された芸能人の中には、カムバックして現在も活躍している人も少なからずおり、ASKAには根強いファンも多いため、復帰の可能性もゼロではなかった。ただ、どちらかというと真面目さが売りでもあったASKAが、セクシー系タレントの飯島と薬物を使用し、かつ不倫関係にあったとなれば、イメージ崩壊とフ [全文を読む]

セクシー女優が次々と登場する夢のようなパチンコ台が登場

NEWSポストセブン / 2012年04月18日16時01分

過去に発売されたセクシー女優のパチンコ台といえば、故飯島愛さんや現在テレビで活躍しているタレント及川奈央がいる。これらの台は、アイドルが登場する台よりもちょっとセクシーに作られており、パチンコ好きはもちろん、セクシー女優が好きなユーザーにもウケがいいという。そういった理由からセクシー女優の台は市場で大ヒットを飛ばし、メーカーには次々と注文が殺到。 ぱちシ [全文を読む]

フォーカス