映画 飯島愛に関するニュース

追っかけ総直撃!選ばれし“永遠のマドンナ”に会いたい!(7)「加賀美早紀」

アサ芸プラス / 2016年05月09日09時57分

01年、15歳の少女が1万2083人の中から射止めたのは、飯島愛の自伝を実写化した映画のヒロインだった。壮絶な人生を演技未経験でハードな芝居に挑んだ加賀美早紀(31)が、映画以上にドラマティックな少女時代を語る。「何でここに来たの?」 まったく笑わないし、動機は特にないし、映画のオーディションを受けるにはあまりにも異質な私に、監督はそう言いました。「興味あ [全文を読む]

飯島愛ブログ閉鎖を機に振り返るAV女優たちの“非業の死“...他殺、心中、ジャニーズとの交際のもつれで自殺も

リテラ / 2015年10月12日16時00分

映画化やドラマ化もされたベストセラー『プラトニック・セックス』(小学館)など、自らのつらい過去や心の闇をあけすけに語りながら、それでも強く生きた彼女の姿勢は、亡くなった後も多くの信奉者を生み、そのコメント欄には〈さみしくてね、ねむれなくてね、ごはんも食べられないんだぁ。愛さんもこんな気持ちだったのかな〉〈アタシは、嘘つきなんだ。アタシに生きてる価値なんて [全文を読む]

吉田豪インタビュー企画:安齋肇「ショックだけど、みうらじゅんから見ると俺は営業友達」(3)

デイリーニュースオンライン / 2016年10月03日17時08分

イラストレーター、アートディレクターにしてソラミミストで、『変態だ』で映画監督デビューを果たした安齋肇さんのインタビューは今回が最終回。安齋さんの長年の盟友みうらじゅんさんの異常なすごさ、『タモリ倶楽部』の収録に間に合わなかった大遅刻の真相などについて語っていただきました! ■“ひとり電通”みうらじゅんの営業力 ──サブカルの人たちにいろいろ会って思うのは [全文を読む]

AV女王→女優業→バーニングに干され……セクシーアイドル・及川奈央の波瀾万丈人生

日刊サイゾー / 2014年11月09日12時00分

そのあたりは、元AV女優であったこともさることながら、この10年で女優として映画や舞台で活躍してきた経験のたまものでしょうね。ビジュアルもほとんど劣化がない。でも、よく考えたらまだ34歳だし、老け込むような年でもありませんね」(同) AV引退後の及川は、テレビ東京系の深夜番組や映画、舞台などで、タレントや女優として活躍。08年には、『炎神戦隊ゴーオンジャー [全文を読む]

語っていいとも! 第37回ゲスト・はるな愛「飯島愛ちゃんはすごく影響受けました。私、同じ年なんですよ…」

週プレNEWS / 2017年02月12日12時00分

初めて着物着てお祝いに行ったら、今までフリフリの衣装でリボン付けて、誰か「映画出ない?」とか声かけてくれないかなとか思っても、そんな見向きもされなかったのに、着物で行っただけでみんなが足止めて「写真撮らせてください」って。 向こうの若い人とかが興味持ってたり、日本人に身近にあるはずの和ってものを海外の人がもっと大切にしてくれてるのを見て「あ、エンターテイン [全文を読む]

独自路線!紅白の裏でテレビ東京が放送していた番組(平成3年~5年編)

しらべぇ / 2014年12月23日18時00分

ちなみに、この映画はどんな内容かというと 90年、梅雨の日本を皮切りにスタートした”ブロンド・アンビション・ツアーの舞台裏での出来事にステージの映像を織り混ぜ、”アーティストとしてのマドンナの姿を追ったドキュメント映画。 ●必見!「ライク・ア・ヴァージン」での逮捕寸前の過激なショウ!「あまりにも卑猥」としてトロント当局から自粛勧告。 ●鍛え抜かれたマドンナ [全文を読む]

語っていいとも! 第37回ゲスト・はるな愛「実は私、その人の恋愛の仕方まで見えるんです…」

週プレNEWS / 2017年02月19日12時00分

―ちなみに、藤原紀香さんはだいぶ前に映画の『キャッツ・アイ』でインタビューさせてもらって。印象的だった話が、芸能界に入るのを親族会議まで開かれて大反対されて、それでも神戸から通って、お仕事やり始めて。 阪神淡路大震災の後、自分はこんなことやってていいんだろうかって思った時に、お母さんに「人生どうなるかわかんないんだから、あんたは東京行きなさい」と言われて [全文を読む]

結婚発表の及川奈央、元“AVクイーン”成功例の裏に「バーニングに干された」過去も?

日刊サイゾー / 2016年12月08日18時00分

その点、及川はNHK大河『龍馬伝』に出演するなど、世間に女優として認知されている上、一般男性との結婚ですからね」(芸能ライター) AV引退後の及川は大河ドラマへの出演のほかにも、テレビ東京系の深夜番組や子ども向けの特撮ヒーロー物、映画、舞台など、ジャンルを問わず活躍してきた。また、最近は麻雀の趣味を生かして、麻雀番組にも出演している。まさに順調すぎるキャリ [全文を読む]

突然の死から7年...“ファンが悩みを綴る場“と化していた飯島愛のブログ閉鎖

メンズサイゾー / 2015年09月19日18時00分

同書はベストセラーとなり、後に映画・ドラマ化された。 「タレント活動を始めた頃の飯島さんは、セクシーな魅力と奇天烈な発言がウリで、どちらかというと"おバカキャラ"に近いタレントでした。ゆえに男性ファンが多かったのですが、『プラトニック・セックス』を出してからは独特の切り口で本音を語るスタイルに変化し、コメンテーターとしての露出も急増しました。その飾らない立 [全文を読む]

ホリエモンが押尾学の“行き先”を予想 同僚になる可能性も

NEWSポストセブン / 2012年03月14日07時00分

映画も観ることができます。週末にはDVD化されて間もない映画がテレビで放送されることもありますし、月に1~2回開かれる“集会”と呼ばれる上映会では、おやつを食べながら映画鑑賞できるみたいです。レアなものでいうと、カラオケ大会まで催されることもあるそうです。 そんな感じで刑務所偏差値が日増しに上昇していく堀江および周辺スタッフでございますが、堀江は先週の月曜 [全文を読む]

橋本マナミ 壇蜜や井川遥らから学んだ「癒やし」の極意

NEWSポストセブン / 2016年06月30日16時00分

他には主演映画『花と蛇2』の試写会で「久々に縛られて感触がよみがえりました。ドMです」などと、言葉でも男を挑発した杉本彩が1993年に、貝殻ビキニで有名になった武田久美子が1994年にヘアヌード写真集を発売。今も、セックスシンボルとして輝きを放ち続けている。 ※週刊ポスト2016年7月8日号 [全文を読む]

指名される写真家・山岸伸氏が初めて指名したグラドルH

NEWSポストセブン / 2016年06月08日11時00分

「彼女の主演映画がカンヌ映画祭で上映されることになり、カンヌからマルセイユ、パリと大型バスで周りながら撮影しました。『私のイメージ通りにきれいな写真を撮ってくれた』と聞いて嬉しかったですねえ」 2005年に他界した本田美奈子も山岸氏に撮られた写真を愛していた。 「美奈子ちゃんのお母さんは、『この美奈子の笑顔が一番、好き』と、今でも美奈子ちゃんの部屋に何冊 [全文を読む]

山口美江の謎の死にみる「女性の孤独死問題」

メンズサイゾー / 2012年03月10日15時00分

東映のスターとして数々の映画やドラマに出演し、「好感度No.1女優」ともいわれた彼女の孤独死という最期にショックを受けたファンや関係者は多かった。 元AV女優で"Tバックの女王"と呼ばれてタレントとしても活躍した飯島愛さん(36歳没)も、孤独死した美女の一人。ミリオンセラーを達成した自伝『プラトニック・セックス』(小学館)で作家としても成功した彼女は、07 [全文を読む]

フォーカス