関係 飯島愛に関するニュース

中居正広が金スマだけは終わらせたくない理由は、ある女優にぞっこんだったから?

tocana / 2016年12月14日08時00分

業界関係者に詳しい話を聞いた。 「あれは中居さんの意思といわれています。解散が正式決定となれば、番組タイトルを変更しないといけませんが、解散発表後に変更するよりも、こっそりと変えてしまって番組への印象悪化を避けたかったそうなのです。中居さんは数多くのレギュラー番組を持っていて、今回の一件をきっかけにやる気をなくしているみたいですが、そんな中でも『金スマ』だ [全文を読む]

飯島愛ブログ閉鎖を機に振り返るAV女優たちの“非業の死“...他殺、心中、ジャニーズとの交際のもつれで自殺も

リテラ / 2015年10月12日16時00分

また、平野勝之・カンパニー松尾といったスターAV監督とも公私にわたって深い関係をもっていたことでも知られ、AV業界の「ミューズ」のような存在だった。訃報が報じられたときは『報道ステーション』(テレビ朝日系)でも追悼特集が組まれるなど、カルト的な人気を誇ったAV女優である。 そんな彼女は05年6月27日、音信不通となっていることを心配した平野勝之や林由美香の [全文を読む]

吉田豪インタビュー企画:安齋肇「ショックだけど、みうらじゅんから見ると俺は営業友達」(3)

デイリーニュースオンライン / 2016年10月03日17時08分

──そういう関係(笑)。 安齋 でも、おもしろいヤツですよ。あんな男いないからね。今回の映画も営業かもしれないし、あの人にしてみればひとつの仕事かもしれないけど、そういう意味では確実におもしろくなるようなところっていうか、みうらじゅんっていう会社が一度入ったらこのレベルまではやりますよっていうところまではちゃんと持っていくんだよね。すごいなって思う。そし [全文を読む]

ASKAの覚せい剤依存の原因は飯島愛!? 死後なお不穏なネタに晒される不憫

messy / 2014年05月29日17時00分

発売中の「週刊文春」(文藝春秋)によると、ASKA容疑者が覚せい剤に依存した原因は、彼が2008年に亡くなった飯島愛(享年36)と不倫関係にあったことが大きく関わっているという。 不倫関係にあった2人は、飯島が亡くなる数カ月前に合成麻薬MDMAを使用してセックスをし、その一部始終を飯島がビデオで撮影していたとのこと。その後、飯島が亡くなったことで、ASK [全文を読む]

「ギフハブに消されたんじゃあ…」ASKA容疑者、飯島愛さんの死にも疑問を持っていた?

tocana / 2016年12月02日09時00分

ASKA容疑者とは長年パートナーの関係だったという。「2014年5月に『週刊文春』(文藝春秋)が2人の“関係”を報じ、ASKA本人もブログで彼女と交流があったことを認めています」とはスポーツ紙記者。飯島さんも晩年は盗聴・盗撮被害を訴え、ASKA容疑者に相談したこともあったという。 「電源の入っていないパソコンからでも監視されていると思い込んでいた。深夜にA [全文を読む]

ASKAの錯乱ブログで明らかになった闇社会”芸能人籠絡術”の衝撃

デイリーニュースオンライン / 2016年01月16日08時00分

その後、言動などからこの人物が暴力団関係者であることが判明したが、印象について「話は面白いし、気は優しいし、まぁただのよく言う芸能人好きなのかもしれない」とのんきにつづるなど、無警戒さが際立っている。 2010年には、「知り合いの力士に紹介された」という大阪で知り合った風俗店経営者に違法薬物の入手を依頼している。やがて、クスリの深みにはまっていくASKA [全文を読む]

ASKAが9万5千字ブログに綴った「飯島愛」「盗聴・盗撮」

NEWSポストセブン / 2016年01月14日16時00分

内容が衝撃的だったため、周囲の反対が大きかったようですが…」(芸能関係者) 特に話題となったのは丸々1章費やした飯島愛さん(享年36)との関係だった。「『週刊文春』でASKAさんと飯島さんは交際とともに、一緒に麻薬を使用しセックスしていたと報じられたことがあります。それだけに彼女についてわざわざ言及していることに驚きました」(スポーツ紙記者) ASKAは彼 [全文を読む]

デヴィ夫人が知っていたASKAと飯島愛の関係

アサ芸プラス / 2014年06月17日09時58分

「愛ちゃんからASKAさんと特別な関係にあったという話は聞いていません。ただ、愛ちゃんが亡くなった直後、昔はヤクザ組織にいた男性と食事する機会があったんですよ」 その男は飯島とも親しかった。そして、必死の形相で「クスリを売ってくれない?」と頼まれたというのだ。S子さんが続ける。 「愛ちゃんが芸能界を辞めた直後でした。その男もカタギになっているから『俺はク [全文を読む]

ASKA容疑者が怯えていた“薬物セックスビデオ”の流出…相手に「飯島愛」が浮上で業界騒然

メンズサイゾー / 2014年05月29日17時00分

なんとASKA容疑者は08年に他界した故・飯島愛さん(享年36)と不倫関係にあり、二人が“薬物セックス”にふけっているビデオが存在するというのだ。飯島さんが死去した際、このビデオが流出するのではないかとASKAは怯え、それが重度の薬物依存に陥るきっかけになったと同誌は伝えている。 記事によると飯島さんが死去する数カ月前、ASKA容疑者は飯島さん宅で彼女と合 [全文を読む]

ASKA、飯島愛と薬物&不倫・肉体関係、映像流出怯え薬物依存との報道 復帰絶望的か

Business Journal / 2014年05月29日01時00分

そのASKAが覚せい剤依存へ陥った原因について、本日(5月29日)発売の「週刊文春」(文藝春秋/6月5日号)は、2008年当時、ASKAと不倫関係にあったタレント・飯島愛の死去にあると報じている。同誌によれば、飯島が亡くなる数カ月前に、ふたりがMDMA(合成麻薬)を使用して性的行為に及んでいる一部始終を飯島がビデオで撮影していたという。その後、変死状態の [全文を読む]

「干されても、干されても」ビートたけしを“もっこり”させた、不死鳥タレント・岡本夏生のたくましさ

日刊サイゾー / 2013年09月18日13時00分

筆者が岡本と親しかったお笑いタレントに聞いた話によると、彼女が業界関係者から距離を置かれるようになったきっかけは、テレビ局の控室で、自分が着ていた毛皮のコートに針が刺さっていたと大騒ぎしたこと。だが、事の真相は、彼女が周りの気を引くための狂言だったとか。都市伝説とも思える真偽不明のエピソードだが、当時の岡本を知る筆者にとっては、さもありなんな話だと思った [全文を読む]

バブル時期、ディスコのトイレに丸めた100万円が…

NEWSポストセブン / 2016年12月03日16時00分

100万円はあったんじゃないかな」 そう話す宇治田はディスコDJだけでなく、テレビのMCやラジオDJ、サーファー、タレント…と多岐に活動していたこともあり、交友関係が幅広かった。30才の誕生日には『芝浦GOLD』(当時東京・港区海岸にあったクラブ。編集部注)を貸し切り3000人もの人が集まったことは今でも伝説となっている。 そこには、RIKACOや木梨憲武 [全文を読む]

ASKAと酒井法子の元夫・高相祐一に接点?暴露されていた“珍行動”

デイリーニュースオンライン / 2016年11月29日00時06分

タレント飯島愛(故人)との関係まで綴り、閉鎖した経緯もある。その後、7月18日には突然、ASKAが書いたとみられるブログが開設され、相変わらず盗聴や盗撮を訴えるなど、覚せい剤の後遺症を感じさせています。薬物使用から抜け出せていないと疑われていた矢先のことでした」(前出・記者) 一部ではASKAは錯乱して110番通報することが頻繁で、当局からマークされていた [全文を読む]

本人はブログで反論も?ASKA元被告が覚せい剤使用容疑で逮捕へ

デイリーニュースオンライン / 2016年11月28日17時15分

タレント飯島愛(故人)との関係まで綴り、閉鎖した経緯もある。その後、7月18日には突然、ASKAが書いたとみられるブログが開設され、相変わらず盗聴、盗撮を訴えるなど、覚せい剤の後遺症を感じさせています。薬物使用から抜け出せていないと疑われていた矢先のことでした」(スポーツ紙記者) 警察庁によると覚せい剤の再犯率は20代が39%なのに対し、50歳以上は79% [全文を読む]

薬物の後遺症?ASKAがブログで綴った”盗聴被害”の深刻度

デイリーニュースオンライン / 2016年07月25日12時05分

するとASKAはあっさり認め、芸能界に激震が走りました」(報道関係者) 『情報ライブ ミヤネ屋』(読売テレビ)に視聴率で大きく水をあけられていた『グッディ!』のスクープであったが、直撃さえもASKAはネタにしている。自身のブログ「aska_burnishstone’s diary」では、「やられちゃいました。フジテレビのカメラでした。番組『ノンストップ』( [全文を読む]

ASKA、“盗聴被害”ブログに「病んでる」「再逮捕近し?」の声 “キメセクの魔力”に戦々恐々の声も

おたぽる / 2016年07月22日12時00分

ASKAは、2014年に5月に覚せい剤取締法違反(所持)の容疑で逮捕され、同年9月に懲役3年執行猶予4年の判決を受けたのだが、今年1月9日、逮捕の経緯や、14年に「週刊文春」(文藝春秋)によって報じられた、飯島愛との愛人関係、盗聴盗撮の被害に遭っていることなどについて、20項目、約12万字に及ぶ長文をブログに掲載。しかし、ブログが公開されてから数時間後に [全文を読む]

ASKA手記で露呈した「盗聴盗撮集団」との噴飯なる戦い

WEB女性自身 / 2016年01月20日06時00分

だが、本誌は2008年から3年間にわたりASKAに薬物を売っていた暴力団関係者の証言を得て、2013年8月に記事にしている。これについてASKAは手記で次のように否定する。 《私に覚せい剤を3年間売ったヤクザの売人の告白だという。全くの事実無根で、あれこそ多大な金額で訴えても良かった(後略)》 本誌に証言した暴力団関係者は憤る。 「俺からASKAがクスリ [全文を読む]

暴走ブログのASKAがマスコミに宣戦布告も、逆に訴えられる!?

日刊サイゾー / 2016年01月19日11時00分

一連の事件の裏側から故・飯島愛さんとの“関係”、盗聴集団との知られざる闘いなどをつづり、世間を驚かせた。 ところが、内容があまりにもヤバすぎるため、目にした関係者が即刻削除。煮え切らないASKAは11日に「はじめまして」のタイトルで再投稿。その後、同日中に「ASKAです。“はてな”ブログ削除について」、12日に「明朝のできごと」、13日に「良かった・・。」 [全文を読む]

飯島愛とのカンケイも!?ASKA「9万字ブログ」に出版界が熱烈ラブコール

アサ芸プラス / 2016年01月19日09時58分

そのASKAが今年1月9日、薬物に手を染めたきっかけや暴力団関係者との出会い、飯島愛との関係性など衝撃的な内容を9万5000字にも及ぶ長文をブログに掲載し、話題騒然となっている。 ブログは公開から間もなく削除されたものの、ネット上に全文が流出。1週間足らずで150万回を超える閲覧数となった。 この「9万5000字ブログ」について、SNSやネット掲示板では「 [全文を読む]

「まるで死の商人」故・川島なお美さんの未公開セクシー写真集“無断出版”を画策する編集長

日刊サイゾー / 2015年11月01日11時00分

「著作権は出版社が管理しているので、倒産後の権利関係を調べるべきところを、何も関知していない被写体本人の遺族に連絡、それも亡くなって間もない時期。何も話がまとまっていないのに、勝手にウチの社の名前を出して『発行先も決まっている』と語ったため、ウチに苦情が来たんですよ」と同社社員。 この元編集長は自身の著作は何冊か出しているが、本来もっとも熟知しているはず [全文を読む]

フォーカス