写真 飯島愛に関するニュース

「まるで死の商人」故・川島なお美さんの未公開セクシー写真集“無断出版”を画策する編集長

日刊サイゾー / 2015年11月01日11時00分

9月に逝去した川島なお美さんの未公開ショットを集めた写真集の発売を持ちかけた元実話誌編集長が、大ヒンシュクを買っている。 「未公開写真をたくさん持っているカメラマンがいるんで、写真集を出しませんか?」 業界ではそこそこ名の知れた元編集長が、付き合いのあった出版社にこの話を持ちかけたのは10月上旬のこと。未公開写真は、ほとんどが80~90年代のものらしく、中 [全文を読む]

指名される写真家・山岸伸氏が初めて指名したグラドルH

NEWSポストセブン / 2016年06月08日11時00分

写真家の山岸伸氏は、これまで2000人以上のアイドル、タレント、女優、歌手を撮影。手がけた写真集はなんと300冊以上に上る。数多くの「初グラビア」も撮影してきたトップカメラマンが、彼女たちの思い出を語る。 山岸氏が印象に残っているモデルの一人が、水野美紀。撮影場所のハワイは大雨に襲われた。 「撮影現場の草原には沼のような水溜まりができたんです。すると彼女、 [全文を読む]

ASKAの"盗聴・盗撮・飯島愛"錯乱ブログをダルク元職員はどう見たか

東京ブレイキングニュース / 2016年01月18日14時05分

証拠?私が6年間取り溜めた証拠の中のひとつの写真を公開しようか?と、思ったが寸前のところで思い止まった。先ほど、一度は証拠の写真を貼り付けたのだが、窮鼠猫を噛む状態になることは私も望んでいない。なので、今それを削除した。君たちが私のことを語り合っていた盗聴の完全なる証拠となるスレッドだ。同じURLで違う内容のものが存在している。私が、コピーをした直後に君た [全文を読む]

デヴィ夫人が知っていたASKAと飯島愛の関係

アサ芸プラス / 2014年06月17日09時58分

〈どの様な人達とお付き合いがあったのか皆目わかりませんが、映像や写真を撮られ、所持していた人達にゆすられ、恐喝され、つきまとわれ、公表の恐怖にさらされながら、生きた心地もなく、暮らしていた様です〉 飯島の芸能界引退(07年3月31日)から死亡までの2年弱に、何度となく浮上した「闇社会との関連」──それがここにきて思わぬ方向に発展している。 「週刊文春」6 [全文を読む]

語っていいとも! 第37回ゲスト・はるな愛「飯島愛ちゃんはすごく影響受けました。私、同じ年なんですよ…」

週プレNEWS / 2017年02月12日12時00分

初めて着物着てお祝いに行ったら、今までフリフリの衣装でリボン付けて、誰か「映画出ない?」とか声かけてくれないかなとか思っても、そんな見向きもされなかったのに、着物で行っただけでみんなが足止めて「写真撮らせてください」って。 向こうの若い人とかが興味持ってたり、日本人に身近にあるはずの和ってものを海外の人がもっと大切にしてくれてるのを見て「あ、エンターテイン [全文を読む]

吉田豪インタビュー企画:安齋肇「ショックだけど、みうらじゅんから見ると俺は営業友達」(3)

デイリーニュースオンライン / 2016年10月03日17時08分

今日は気を抜いて来ちゃったのね、どうせ写真なんか撮らないだろうなとか思って。 ──まさか清原と同じ枠だとは思わずに。映画監督でいうと紀里谷(和明)さんと同じ枠ですよ。 安齋 ホント? ヤバいじゃん! そうか……すごいね。めちゃめちゃいろいろおもしろい人に会ってるね、いいっすね。 ──犯罪者率も高いですけどね。 安齋 ハハハハハ! 当然そうなってくるよね。 [全文を読む]

語っていいとも! 第37回ゲスト・はるな愛「実は私、その人の恋愛の仕方まで見えるんです…」

週プレNEWS / 2017年02月19日12時00分

もう、私は大阪時代、メイクを真似て写真撮ったり、憧れの人だったんだけど、当時の三軒茶屋のちいちゃな店に真っ黒のドレス引きずって来て「遅くなってごめんね!」って。 で、そこでバッてジーンズとTシャツに着替えて。初めての出会いやったんですけど「さぁ飲もか、愛!」って関西弁で。私、その頃仕事なかったから、お昼間遊びに行ったりして、すごい仲良くなって。どんどんお姉 [全文を読む]

橋本マナミ 壇蜜や井川遥らから学んだ「癒やし」の極意

NEWSポストセブン / 2016年06月30日16時00分

写真集やDVDを買って参考にしてきました。表情が優しくて、包み込んでくれそうな感じがするんですよね。イヤらしすぎないセクシーさがあって、無防備な雰囲気が魅力をそそるのだと思います」 井川と同時期には“和製モンロー”といわれた井上和香が豊満な胸とぽってりとした唇で人気を博した。その後は真木よう子が同じく豊満な胸で話題になる。近年のセックスシンボルには、確 [全文を読む]

ラブライブ事件の影響?声優は「アダルトモデル経験者お断り」になり始める

しらべぇ / 2016年05月05日19時30分

写真は株式会社ワルキューレのスクリーンショット)大人から子供まで、アニメファンすべてに夢を与える職業である『声優』。多くの若者が憧れる職業だが、「あの事件」がきっかけなのだろうか? とある参加資格がオーディションに追加され始めたようだ。■とある資格とは一例として芸能事務所を経営する『株式会社ワルキューレ』の応募要項に書かれた資格を見てみると、「法律に触れ [全文を読む]

吉高由里子は残念すっぴん!? メイクで顔が激変するタレントしないタレント

tocana / 2015年08月05日09時00分

「最近は自撮り写真のアップも多くなっていますが、あれらの中にはナチュラルなメイクを施した上で撮影しているものや修正を行っているケースも少なくありません。そのため、すっぴん顔を出しているからといって必ずしも綺麗とは限らないんです。ただ、多少なりともすっぴんに自信があるからこそ画像をわざわざ出していますので、自撮りをしない芸能人は自信がないと言えますね」(芸 [全文を読む]

相次ぐ芸能人たちの整形カミングアウト!! 日本は整形大国だった!?

tocana / 2014年09月12日09時00分

そんな彼女の疑惑は、過去の雑誌に掲載された写真と現在の顔が違うというもの。一重まぶたが、ある時期からクッキリとした二重になっていることが指摘されている。 「もちろん十代は成長期ですから、顔つきが変わったと見ることもできるかもしれません。ですが西内は、『ニコラ』(新潮社)モデルをしていた中学生時代は『アイプチを使っている』と公言していたそうなのですが、歳を重 [全文を読む]

フォーカス