前田敦子 山田菜々に関するニュース

8月23日緊急発売! AKB48の全軌跡が1冊に!完全永久保存版『AKB48東京ドームコンサート オフィシャルムック AKB48 in TOKYO DOME 1830mの夢』発売

@Press / 2012年08月22日13時00分

不動のセンター・前田敦子にとって、この東京ドームコンサートは夢の実現とともに、自らの卒業記念でもあります。豊富な過去写真と、新たな撮り下ろし写真&インタビューで綴る、AKB48の「現在」と「7年の歴史」。ラブリー&セクシーのグラビアから、関係者への徹底取材を基にしたインタビューetc.マニアからAKB初心者まで、見ても読んでも楽しめる、「AKB48完全図鑑 [全文を読む]

NMB48藤江れいな地元卒コンに山田菜々サプライズ登場、オファーは当日

dwango.jp news / 2017年04月14日22時29分

ここからユニットコーナーとなるのだが、AKB48時代に前田敦子と高城亜樹と藤江で歌ってたユニット曲『黒い天使』を披露した。現在16期研究生も歌っている楽曲なので、最近のファンも馴染みのある曲だと思うが、オリジナルメンバーである藤江が谷川愛梨と森田彩花を慕え、堂々とセンターを努めた。かつてのセンターは前田がやっていたが、お世辞抜きに前田以上のインパクトを残し [全文を読む]

中山優馬も驚き!?元NMB48メンバーの“艶っぽい仕事”にファンから動揺の声

アサ芸プラス / 2016年04月22日17時59分

「グループ全体でトップだった前田敦子や大島優子レベルですら、卒業後は順調とは言えない状況です。そのため、一般層への知名度がまだまだの山田は、今、仕事を選んでいる余裕はないのでしょう。また今回の話題で、さらに艶系の世界へ落ちていくのではと心配しているファンもいるようですが、彼女の弟はジャニーズの中山優馬です。彼の仕事に影響が出るほどの、これ以上の過激な仕事を [全文を読む]

“女優”として開眼!?元AKB48グループメンバーが続々イメチェン!

Movie Walker / 2017年03月22日19時20分

卒業後は“女優”として自らのポジションを固めつつある前田敦子や大島優子の後を追うように、SKE48とNMB48の中心メンバーだった2人もこの春、新たな一歩を踏み出した! まずは、SKE48の1期生として松井珠理奈と共に“W松井”の確固たる地位を築きつつも、2015年8月に同グループを卒業した松井玲奈。テレビドラマや舞台などで着々とキャリアを積んでいる彼女だ [全文を読む]

AKBの恒例成人式「ニュースにする価値なし」の声! 浮き彫りになった“落ち目”の原因とは?

tocana / 2016年01月10日08時00分

あの時は前田敦子や高橋みなみ、柏木由紀に松井玲奈など一般的な知名度も高い人気メンバーがたくさんいました。取材する報道陣の数も多く、各社、複数のディレクターや記者を出していたりして、現場も熱気がありましたね」(ワイドショースタッフ) 2012年は他にも板野友美、河西智美、高城亜樹、増田有華らが新成人として晴れ着姿を披露した。また、2009年には大島優子、小嶋 [全文を読む]

「第2回AKB48グループ ドラフト会議」が5月に開催決定!

エンタメNEXT / 2015年01月24日13時00分

今年は、過去最多となる対象楽曲1035曲の中から201位までが特設サイトで事前に発表され、中日となった3日目の公演では140位からカウントダウンがスタートし、130位には卒業生の前田敦子のシングルのカップリング曲『右肩』がランクイン。 初日公演に前田がサプライズ出演したこともあり「まさか!?」という雰囲気が会場を包む中、前田が登場してファンを驚かせた。2 [全文を読む]

AKB48に「20歳定年」説…成人したら即「脱ぎ路線」!?

メンズサイゾー / 2013年01月19日16時00分

鈴木まりや(中国のSNH48へ移籍)小林香菜仲谷明香野中美郷米沢瑠美(活動辞退、卒業)増田有華(活動辞退、卒業)仲川遥香(インドネシアのJKT48へ移籍)高城亜樹(インドネシアのJKT48へ移籍)北原里英(SKE48とAKBを兼任)河西智美(卒業予定、ソロデビュー)大家志津香柏木由紀(チームBキャプテン降板、ソロデビュー)前田敦子(卒業)高橋みなみ(総監督 [全文を読む]

AKB48グループ成人式。今年のメンバーは黄金世代と注目世代にはさまれた「クセのある世代」

週プレNEWS / 2013年01月15日15時30分

昨年の成人式は前田敦子や高橋みなみ、板野友美といった黄金世代で話題を呼んだ。いっぽう来年は渡辺麻友、島崎遥香といった注目メンバーが成人を迎える。では、今年はどんなメンバーなのか? 「あらためて見回したんですが。味のあるというかクセのあるというか……、個性的なメンバーが揃っています」(峯岸みなみ) また今年は華やかさがなく、報道陣が集まらないのではと、峯岸 [全文を読む]

フォーカス