末裔 徳川家康に関するニュース

徳川家の末裔も愛用? あの「天下分け目の戦い」をポップによみがえらせた「関ヶ原Tシャツ」を着て天下を取るでござる

PR TIMES / 2016年08月30日11時53分

[画像2: http://prtimes.jp/i/17413/8/resize/d17413-8-159842-12.jpg ]【 東軍の末裔も着用!】株式会社戦国は、2016年8月27日に東軍の総大将である徳川家康の末裔、徳川家広氏とのトークイベント「合戦」を開催しました。その際、同じく東軍の本多忠勝氏の末裔である本多平学氏にもご参加いただき、お2人に [全文を読む]

史上初!武田家の秘宝「清光」を『武将の末裔 伝家の宝刀』が誌上公開。高倉健さんの秘話も必読

PR TIMES / 2017年03月15日12時38分

人気を博した「武将の末裔シリーズ」の第三弾! 朝日新聞出版は、「武将の末裔」シリーズ第三弾となる週刊朝日ムック『武将の末裔 伝家の宝刀』を3月15日に発売します。 刀剣にスポットを当て、織田信長、豊臣秀吉、徳川家康らの末裔しか知りえない刀剣にまつわる事件を本誌だけに語ってもらいました。刀剣本は数多あれど、子孫が語るシリーズは本誌のみです。さらに武田家の秘宝 [全文を読む]

京都の梅の名所「北野天満宮」にある七不思議

まぐまぐニュース! / 2016年01月31日19時00分

豊臣秀吉 豊臣秀吉は、自らが神となり、豊臣家が神の末裔になることを望んだと言います。秀吉の墓所・豊国廟(現在は阿弥陀が峰山頂)が造られた当時に描かれた狩野永徳作の洛中洛外図屏風にその証拠を見ることが出来ます。秀吉を祀る豊国廟の建物は北野天満宮を模して造られているのです。拝殿と本殿を石の間でつないだ神社形式の建物であったことが確認出来るのです。 先ほど三光 [全文を読む]

真田信繁の子孫 『真田丸』で最初の妻演じた黒木華が大好き

NEWSポストセブン / 2016年04月27日07時00分

戦乱の世を生き抜いた彼らの「末裔」を訪ねた。 堺雅人演じる主人公・真田信繁(幸村)は、1615年、大坂夏の陣で圧倒的に不利な戦況の中、3500の兵を率いて徳川家康の本陣まで攻め込んだ「日本一の兵(ひのもといちのつわもの)」として知られる。ところが、400年が経ち、その“関係”にも変化があるようだ。 「徳川を追い詰めた信繁とは逆に、私は家康の子孫である徳川記 [全文を読む]

【詠み人知らず】「鳴かぬなら…」ホトトギスで有名な俳句に織田信成を組み入れるとこうなった!

秒刊SUNDAY / 2017年04月12日18時31分

織田信長の末裔でフィギュアスケーターの織田信成さん。非情な性格だった祖先の性格とは裏腹な優しい泣き虫気質で有名です。これをホトトギスの俳句に組み入れると面白い結果となりました。織田信長泣かぬなら殺してしまえホトトギス豊臣秀吉鳴かぬなら鳴かせてみせようホトトギス徳川家康鳴かぬなら鳴くまで待とうホトトギス織田信成泣く— アキラ (@akr46GHz) 2017 [全文を読む]

サンド伊達は正宗の末裔!? 実は戦国武将の子孫だった有名人

日刊大衆 / 2017年01月10日11時00分

元フィギュアスケート選手の織田信成(29)が織田信長の末裔と名乗っていることは有名だが、実は芸能界にも有名武将たちの血を受け継いだ人物が存在している。 まずは俳優の赤井英和(57)。赤井は戦国時代から安土桃山時代にかけて丹波国で勢力を誇った武将で通称“悪右衛門”と呼ばれた赤井直正の弟、幸家の末裔だ。赤井直正は有名な軍学書である『甲陽軍鑑』に「名高キ武士」と [全文を読む]

株式会社戦国が『合戦』という名の歴史トークイベントをシリーズで開催!第一回のゲストは徳川家の末裔である徳川家広氏が登場!

PR TIMES / 2016年07月05日12時27分

戦国時代を軸にした歴史を語る初めてのトークイベント「合戦」。全国へ動画配信も実施され、合戦で得た利益はすべて熊本城の復興に寄付することも決まっています。株式会社戦国(愛知県名古屋市緑区桶狭間上の山八三九番地 代表取締役 総大将 美崎栄一郎 )は、8月27日(土)よりトークイベントシリーズ「合戦」を開始いたします。[画像1: http://prtimes.j [全文を読む]

靖国神社の徳川宮司「明治維新という過ち」発言の波紋

NEWSポストセブン / 2016年06月20日11時00分

徳川宮司は徳川家の末裔であり、“賊軍”の長であった15代将軍・徳川慶喜を曾祖父に持つ。徳川家康を祀った芝東照宮に奉職した後、靖国神社の宮司になった。「賊軍の末裔」が「官軍を祀る神社のトップ」に立ったわけである。◆「大村益次郎像を撤去せよ」「明治維新史観」の見直しは最近のムーブメントだった。昨年1月に発売された原田伊織氏の『明治維新という過ち 日本を滅ぼした [全文を読む]

武家:本家長男より一族長者/純丘曜彰 教授博士

INSIGHT NOW! / 2016年06月06日04時00分

それで、家康十男の末裔の紀州家四男ながら当主(藩主)となっていた吉宗(32歳)が、紀州藩を従兄に譲って存続させ、家継の末期養子(死没直前に縁組したことにする)として第八代将軍に。同様に、第十一代将軍の家斉も、一橋家からの養子。第十四代、家茂(いえもち)は、紀州家から、次の第十五代、慶喜は水戸家出で一橋家を経て将軍に。 その前の戦国時代の織田家ともなると、跡 [全文を読む]

本多正信末裔 転勤族なのにすぐに素性バレてしまう

NEWSポストセブン / 2016年05月03日07時00分

草刈正雄が演じる真田昌幸の魅力的なキャラクターなどが話題となっているが、登場人物の「末裔」たちを訪ね歩くと、先祖に負けず劣らずユニークな人物がいた。 「徳川家康に知略をもって重用されたといいますか、権謀術策の泥をかぶったのが我が祖先の本多正信です。近藤正臣さん演じる『真田丸』での役回りは、イメージ通りだと思います」 そう語るのは本多正信の次男・本多政重を初 [全文を読む]

歴史ロマンあふれる琵琶湖のほとりで新たな“闘い” 滋賀でキャッチボール競技

OVO [オーヴォ] / 2017年05月22日12時07分

もしかしたら、笑顔いっぱいの子どもたちの中には、戦国武将の末裔もいくらかいたかもしれない。琵琶湖は今後、キャッチボールという新たな“闘い”の証人になっていくことだろう。 [全文を読む]

東京タワー直下の前方後円墳に眠る「初代都知事」は誰なのか?

週プレNEWS / 2017年04月26日06時00分

それで姫と」 「えっ、もしかしてあの有名な村上海賊の娘!?」 山や虫に縁遠いのは海賊の末裔(まつえい)という何よりの証(あかし)だ。われわれはいずれ海賊の財宝を求めて旅に出ることもあろう。メンバーに加えておいたら大化けするかもしれない。 ■東京ミステリー探検隊、いざ、芝丸山古墳へ! かくして東京ミステリー探検隊は“初代東京都知事”が眠る、謎めいた地へと足を [全文を読む]

NHK大河ドラマに激震 「おんな城主直虎」は男だった!?

NEWSポストセブン / 2016年12月12日07時00分

井伊家末裔でもある達夫氏は、井伊家が当主を務めた彦根藩の記録を調査し、「直虎は、女ではなく男だった」との結論に至ったという。 大河ドラマの主人公ながら、井伊直虎に関する史料は極めて少ない。そこでNHK公式サイトにある大河ドラマの「あらすじ」をもとに、これまで伝えられてきた直虎の人物像を紐解いてみると──。 直虎は遠江(現在の静岡県西部)の北部にある井伊谷( [全文を読む]

靖国神社150周年 西郷隆盛や幕府軍の合祀計画が急浮上

NEWSポストセブン / 2016年10月04日07時00分

「賊軍の長の末裔」が「官軍を祀る神社のトップ」に就任したのである。 2013年1月の就任時、「幕末の動乱期、曾祖父の慶喜は身を挺して朝廷と御所を守った」と発言して注目された徳川宮司は、今年6月に共同通信のインタビューで、自らの「明治維新史観」を一歩進めてこう語った。〈文明開花という言葉があるが、明治維新前は文明がない遅れた国だったという認識は間違いだったと [全文を読む]

信長はなぜ?「本能寺の変」の真実を明智光秀の子孫が解き明かした

リテラ / 2014年12月22日13時06分

光秀の末裔であり本書の著者である明智憲三郎氏は、歴史学者でもなければ、学術畑でもない。なんと本職はシステムエンジニアで、大手電気メーカーに入社後、一貫して情報システム分野で活躍してきたのだ。その理系の発想をもって、これまでの「定説」をことごとく否定する論理的手法も話題に拍車をかけている。 さて著者自身が本書の特徴として挙げているのが、その独自の検証方法。 [全文を読む]

フォーカス