徳川家康 井伊直政に関するニュース

来年の大河ドラマで大注目!「浜松出世の館」が1年限定オープン

Walkerplus / 2016年11月02日14時30分

市内の観光スポットの案内や、ドラマに登場する井伊直虎・井伊直政・徳川家康を紹介する。 また、徳川家康が浜松城に長く住み、やがて江戸幕府初代将軍となったことで“出世の街”としても知られる浜松。出世城・浜松城と徳川家康をめぐる観光ルートの紹介も行う。 ほかにも、「出世」「家康」「直虎」をテーマにした土産品の販売や、カフェ・出世茶屋もオープン。全国の井伊家ゆかり [全文を読む]

柴咲主演大河に阿部サダヲ&菅田将暉&尾上松也ら

Smartザテレビジョン / 2016年07月12日13時46分

「おんな城主 直虎」は、徳川家康に仕えた徳川四天王の一人・井伊直政の養母で、戦国時代に女性ながらに男性の名前で城主を務めた井伊直虎の生涯を描く。 柴咲とは映画「舞妓Haaaan!!!」('07年)などで共演のある阿部は徳川家康役。直虎が後見人として育て上げた井伊直政を家臣に迎え入れ、重用していく。 その直政を演じるのは、大河ドラマ初出演となる菅田将暉。戦 [全文を読む]

「関ヶ原」岡田准一&有村架純らの扮装姿初解禁! 迫力の合戦シーンも

Smartザテレビジョン / 2017年03月13日08時00分

大河ドラマ「軍師官兵衛」(2014年、NHK総合ほか)、映画「蜩ノ記」(2014年)以来の本格時代劇出演となる岡田准一、これまで数々の歴史上の人物を演じてきたが徳川家康役は初挑戦となる役所広司、本格時代劇初、さらには殺陣などのアクションにも初挑戦の有村架純と、まさに現代の日本映画界をにぎわす豪華キャストが大集結。 日本映画史上初めて描かれる「関ヶ原の戦い [全文を読む]

徳川家の末裔も愛用? あの「天下分け目の戦い」をポップによみがえらせた「関ヶ原Tシャツ」を着て天下を取るでござる

PR TIMES / 2016年08月30日11時53分

この戦いで争った二派は、徳川家康を総大将とする東軍と、毛利輝元を総大将とし石田三成を中心とする西軍。今回は、その東軍と西軍の各武将をTシャツ上でアイコン化いたしました。[画像1: http://prtimes.jp/i/17413/8/resize/d17413-8-321275-1.jpg ]白と黒のシンプルな配色にもかかわらず、ジャパニーズモダンな表現 [全文を読む]

『セキガハラ 第4巻』刊行のお知らせ

@Press / 2015年04月22日16時30分

■ ストーリー説明:徳川家康 VS 徳川家康……!? ますます加速する、予測不能の超展開 慶長三年(1598)、謎の大蜘蛛によって豊臣秀吉は殺された。その後、大蜘蛛に洗脳された徳川家康が暴走。石田三成は前田利家と協力し大蜘蛛を仕留め、家康の洗脳はとけたが、利家は絶命した。 混迷はさらに続く。慶長四年三月、加藤清正は福島正則、さらに「三成抹殺」の命を帯びた [全文を読む]

【書評】秀頼に徳川主導を認めさせながらの豊臣との共存共栄

NEWSポストセブン / 2017年04月19日16時00分

【書評】『徳川家康 われ一人 腹を切て、万民を助くべし』/笠谷和比古・著/ミネルヴァ書房/3500円+税 【評者】山内昌之(明治大学特任教授) 著者には歴史家に必要な構想力と考証力と叙述力が過不足なく備わっている。まずは現時点での家康伝の決定版が誕生したことを喜びたい。 徳川家康は、豊臣秀頼との二重公儀体制を受け入れる用意があった。著者は、西国における豊臣 [全文を読む]

NHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」放送まであと少し! 『井伊直虎ぴあ』(ぴあMOOK)発売 ~ゆかりの地・人物・歴地・人間関係 この一冊ですべてわかる~

PR TIMES / 2017年01月04日10時24分

本書では、直虎を中心とした人物相関図、遠江から始まったとされる井伊家の歴史、今川義元や徳川家康ら直虎を取り巻く武将たち井伊家嫡流子孫に聞く直虎の新事実、浜松・井伊谷を中心としたゆかりの地などを、全四章にわけて徹底解説。脚本を務めた森下佳子氏のスペシャルインタビューも必見です。 [表: https://prtimes.jp/data/corp/11710/ [全文を読む]

推し武将は東軍?西軍? 勝負時に着たい関ヶ原Tシャツ

&GP / 2016年09月01日21時10分

争った二派は、徳川家康を総大将とする東軍と、毛利輝元を総大将とし石田三成を中心とする西軍だ。 モノトーンでシンプルながら、見る人が見ればわかるでしょ?と言わんばかりの力強さのあるデザイン。描かれているのは、東軍8名(本多忠勝、福島正則、井伊直政、 細川忠興、小早川秀秋、徳川家康、黒田長政、藤堂高虎)、西軍8名(島左近、石田三成、大谷吉継、立花宗茂、安国寺恵 [全文を読む]

ゆるキャラ(R)グランプリ2015で日本一を獲得した「出世大名家康くん」の『大出世報告会』開催!徳川御宗家第18代当主 徳川恒孝氏の労いに家康くん男泣き!?新しいキャラの募集も!!

@Press / 2016年03月23日17時00分

徳川恒孝(とくがわ つねなり)氏から「徳川家康公と同様、天下統一して立派な将軍様になられましたね・・・・」などと、ありがたい労いのお言葉を頂戴して感無量の家康くんの目には、キラリと涙?が光ったようにみえました。 その後、鈴木康友浜松市長より、今後の浜松市のシティプロモーションに関わる『重大発表』として、来年の大河ドラマの主人公である女城主「井伊直虎」をイメ [全文を読む]

2017年大河ドラマにも決まった井伊家の「赤備え」のルーツを描く! 第20回歴史群像大賞出身者のデビュー作、『甲州赤鬼伝』発売中!!

PR TIMES / 2015年09月11日13時47分

天正3年(1575)、武田勝頼率いる武田軍と、織田信長・徳川家康の連合軍が激突した設楽ヶ原の合戦において、父・山県昌景と長兄・昌次を失った昌満。14歳の彼に残されたのは、「鬼となりて、名を天下に」という父の呪いともとれる遺言と、「最強」を宿命づけられた赤備え継承の重圧だった。 武田家中において若輩者と冷遇されながらも、木曾義昌との出会い、井伊万千代(後の [全文を読む]

“歴女”杏も熱く語る!「大 関ヶ原展」が開催

Walkerplus / 2015年01月29日19時06分

3月28日(土)から5月17日(日)まで、徳川家康没後400年記念特別展「大 関ヶ原展」が東京都江戸東京博物館で開催される。同展では、徳川家康と徳川四天王(酒井忠次、本多忠勝、榊原康政、井伊直政)の具足や石田三成の愛刀、島左近の兜など、合戦に参加した武将の武具が展示され、「関ヶ原合戦図屏風」「関ヶ原合戦絵巻」の出陳数は10点以上と過去最多。史上最大級の規模 [全文を読む]

不調NHK大河…浮上のカギ握るのは…

NewsCafe / 2017年03月05日07時00分

初回の16.9%が最高で後はゆっくり下げている感じです」 デスク「オイラも見続けてるけど、決してつまらないわけじゃないし、『真田丸』には及ばないけど、最終的には健闘すると思うな」 記者「どのあたりで楽観できるんですか」 デスク「今のところ、チラチラと出てくる程度だけど、将来は徳川家康となる松平元康を演じる阿部サダヲ(46)が気になるね」 記者「ああ、その正 [全文を読む]

井伊直虎だけじゃない!戦国時代の女性は思いのほかたくましかった【お江戸ルほーりーの時代劇、勝手に応援し隊 第四夜】

サライ.jp / 2017年02月23日17時00分

江水散花雪(国立国会図書館蔵)井伊直虎が育て上げた井伊直政が徳川家康に仕官。徳川四天皇として重用されます。以来、井伊家は幕府の中枢部で辣腕を振るい、桜田門外の変で暗殺された大老・井伊直弼など多くの人材を輩出しました。戦国時代の女性は政略結婚などで人生を狂わされる、虐げられた存在というイメージが強い。勿論そういった側面もあっただろうが、そればかりではなかっ [全文を読む]

柴咲コウ「直虎は、飾り気がなく潔く純粋。私もそうありたい」

プレジデントオンライン / 2017年01月20日09時15分

でも逃げずにきちっと続けてきたので、今年はきっと花が咲くと信じています」 ---------- NHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」 2017年1月8日(日)午後8時スタート 幕末の大老・井伊直弼の先祖であり、徳川家康の重臣・井伊直政の養母となる井伊直虎。彼女はいかにして領主として家督を守り、乱世を生き抜いたのか。女性城主の知恵と奮闘を描く物語。出演は柴咲 [全文を読む]

岡田准一主演「関ヶ原」に東出昌大ら豪華キャスト出陣!

Smartザテレビジョン / 2017年01月18日12時00分

対する東軍では、徳川家康を支え、“井伊の赤鬼”の異名を持つ猛将・井伊直政に、映画・舞台などでは欠かせない演技を見せる北村が、初芽と同じく「伊賀の忍び」として家康に仕え、次第に側近となっていく蛇白には、数々の作品で記憶に残る演技ぶりをみせつける伊藤が。 そして、“三成憎し”の思いから家康を支持する武断派の武将福島正則を演じるのは、TEAM NACSのメンバ [全文を読む]

NHK大河ドラマに激震 「おんな城主直虎」は男だった!?

NEWSポストセブン / 2016年12月12日07時00分

ちなみに「直虎が育てた男子」とは、後に徳川家康に重用されて「徳川四天王」の一人に数えられた井伊直政。関ヶ原の戦いなどの戦功により彦根に領地を与えられ、彦根藩の初代藩主となった戦国武将だ(江戸時代末期の「安政の大獄」、「桜田門外の変」で知られる井伊直弼は彦根藩第15代藩主)。 こう紹介すれば、江戸時代まで続く名門・井伊家の窮地を救った「女傑」の物語に俄然興 [全文を読む]

来春の大河「おんな城主・井伊直虎」で話題、国宝・彦根城を行く

IGNITE / 2016年12月01日19時00分

その直虎の甥で、彼女が後見人となっていたのが井伊直政であり、彼は徳川家康のお気に入りとして、井伊家の立場を不動の物とした。 直政は1600年の関ヶ原の勲功によって佐和山城(さわやまじょう)に入ったが、元々佐和山城が石田三成の居城だったため気に入らず、琵琶湖の近くに新しい城を築こうと計画していた。 しかし1602年、関ヶ原で島津軍よって受けた銃創が原因とな [全文を読む]

草薙素子、リサリサの声優・田中敦子が戦国に降臨!! スマホRPG『戦国修羅SOUL』 【期間限定】「女の園・大奥ステップアップガチャ」キャンペーン開始!!

PR TIMES / 2016年07月22日09時39分

【キャンペーン期間:2016年7月21日(木)~7月28日(木)11時59分】 [画像1: http://prtimes.jp/i/3670/719/resize/d3670-719-181097-1.jpg ]=======================================『戦国修羅SOUL』 各プラットフォームURL■ App Store [全文を読む]

豪傑・井伊直政に菅田将暉!?次期大河ドラマ新キャストに歴史ファンが落胆

アサ芸プラス / 2016年07月14日09時59分

また、徳川家康の「伊賀越え」に付き添ったわずか34人のお供の1人といえば、その勇猛さがわかるだろう。「直政は自分を厳しく律した人でも知られています。菅田のイメージとは真逆ですから、歴史ファンが落胆するのも当然でしょう。ただ、最近の大河は女性向けのライトな内容の『おんな大河』が人気で、直虎もそうなる可能性が非常に高い。となれば、直政も猛将ではなくただのイケ [全文を読む]

'17年大河新出演者発表!春馬「子役時代の恩を」

Smartザテレビジョン / 2016年05月26日22時54分

「おんな城主 直虎」は、幕末の大老・井伊直弼の先祖にして、徳川家康の重臣・井伊直政の養母である、井伊直虎(柴咲)の生涯を描く。織田信長と同年代を生きた直虎は、大国に囲まれて次々に当主を失う中で、女性ながらに城主となり、幼い跡継ぎを守って戦国の世を生き抜いていく。 会見に登壇した柴咲は、「初めて顔合わせしたばかりですが、これまでに共演させていただいた方もい [全文を読む]

フォーカス