子孫 徳川家康に関するニュース

史上初!武田家の秘宝「清光」を『武将の末裔 伝家の宝刀』が誌上公開。高倉健さんの秘話も必読

PR TIMES / 2017年03月15日12時38分

刀剣本は数多あれど、子孫が語るシリーズは本誌のみです。さらに武田家の秘宝「清光」を独占取材し初公開。刀コレクターとして知られた高倉健さんの(秘)エピソードも必見の価値ありです。 [画像: https://prtimes.jp/i/4702/177/resize/d4702-177-149533-0.jpg ] 「武将の末裔」シリーズの第一弾は「子孫52人の [全文を読む]

今日の『真田丸』で滅亡する北条氏 でもその後どうなったの?

しらべぇ / 2016年06月19日06時00分

勝頼の異母兄で、盲目のため出家していた海野信親(竜芳) の子孫が、徳川綱吉の時代になって高家旗本に取り立てられた。また、信玄の五男、仁科盛信の子孫も徳川家に仕えて旗本となっている。(4)豊臣(木下)家→足守藩・日出藩大坂の陣で徳川軍に包囲され、淀君と豊臣秀頼が自刃した豊臣家。秀頼の庶子・国松もわずか8歳で斬首され、秀吉系の豊臣氏は断絶した。しかし、秀吉の正 [全文を読む]

真田信繁の子孫 『真田丸』で最初の妻演じた黒木華が大好き

NEWSポストセブン / 2016年04月27日07時00分

「徳川を追い詰めた信繁とは逆に、私は家康の子孫である徳川記念財団の理事長に対面したときはその威厳に圧倒されました(笑い)」 そう語るのは信繁から数えて14代目、仙台真田家当主の真田徹氏(67)である。建設会社を65歳の定年まで勤め上げた徹氏は現在、信州上田観光大使としての仕事に励む毎日だ。 「信繁は1615年の大坂夏の陣で討ち死にしました。しかし生前に仙 [全文を読む]

信長、家康、光秀の「歴史」は、すべて秀吉の捏造だった!嘘だらけの「本能寺の変」

Business Journal / 2015年05月14日06時00分

明智光秀の子孫が書いた『本能寺の変431年目の真実』(文芸社文庫)が、発売から1年4カ月が経過してもなお売れ続け、27万部を突破する驚異的な売れ行きを見せている。 著者は明智憲三郎氏。もともとは三菱電機のシステムエンジニアで、いわゆるプロの学者ではないが、先祖の名誉回復を願う子孫が感情論で書いた本ではなく、国内のみならず海外も含めた膨大な数の文献に当たり、 [全文を読む]

米国しか知らない典型的米国人が選んだトランプ大統領は結局、現政権と同じ政策に走る

Business Journal / 2016年11月09日23時00分

龍馬は「そのワシントンという大統領の子孫は、今何しているのだろうか」と尋ねた。あまりにも予想外の質問に、海舟は「今どこにいるか、誰も知らないだろう」と答えたという。さらに、海舟は龍馬に、国民の入り札で選ばれたアメリカの大統領は「自分の家の下女の生活のことを心配している」とも語って聞かせた。 当時の日本は江戸時代で、徳川家康の子孫が代々将軍になっているが、 [全文を読む]

“明智光秀”子孫が語る「本能寺の変」(1)信長による家康討ちが発端

アサ芸プラス / 2014年09月24日09時56分

その動機について、「信長を恨んだ末の謀反だった」というのが定説だったが、光秀の子孫がこれまでの議論に一石を投じたのだ。はたして431年目の新事実とは!? 「私が祖先の明智光秀の研究を始めたのは、20歳頃のことで、一冊の歴史本を読んでからです。それまで私の心の中には、『上司(織田信長)にイジメられて殺すなんて、そんな浅はかなことをする祖先だったのか』という疑 [全文を読む]

NHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」放送まであと少し! 『井伊直虎ぴあ』(ぴあMOOK)発売 ~ゆかりの地・人物・歴地・人間関係 この一冊ですべてわかる~

PR TIMES / 2017年01月04日10時24分

本書では、直虎を中心とした人物相関図、遠江から始まったとされる井伊家の歴史、今川義元や徳川家康ら直虎を取り巻く武将たち井伊家嫡流子孫に聞く直虎の新事実、浜松・井伊谷を中心としたゆかりの地などを、全四章にわけて徹底解説。脚本を務めた森下佳子氏のスペシャルインタビューも必見です。 [表: https://prtimes.jp/data/corp/11710/ [全文を読む]

武田家当主 「織田家の子孫の方とは毎年お会いしています」

NEWSポストセブン / 2016年07月16日16時00分

今回、両家の直系子孫である上杉家第17代当主・上杉邦憲氏(73)と武田家第16代当主・武田邦信氏(68)の初対談が実現。両当主が大名家の関係について語り合う。 〈山梨県笛吹市では「ふるさと納税」の寄付額によって、春の祭り・川中島合戦戦国時代絵巻で信玄役、謙信役を演じる権利を得ることができる。だが、その額は信玄役が100万円、謙信役は50万円と大きく差がある [全文を読む]

今夜の予習!恋愛・結婚が運命を変える大河ドラマ『真田丸』

しらべぇ / 2016年04月10日19時00分

画像はNHK『真田丸』公式サイトのスクリーンショットなおこの竹林院が産んだ子孫は、大阪夏の陣で信繁が討ち死にした後も、仙台真田家などで現代まで命脈を保っている。■兄・信幸にも新たな出会いが先週の放送では、上田城にほど近い砥石城から騎馬を駆って参戦し、槍を振るって活躍した真田信幸。今は、「こう(清音院)」という病弱な妻を正室としている。清音院は、信幸・信繁兄 [全文を読む]

信濃が舞台の『真田丸』 幸村の子孫が宮城県にいる理由とは

しらべぇ / 2016年02月24日11時00分

■幸村の子が仙台藩へ逃れられた理由©宮城県観光課幸村の死後、彼の子孫がどうなったかご存知だろうか?「家康を追い込んだ幸村の子が生き残るなど、もってのほか」という状況のはずだが、その子孫が「仙台藩」でかくまわれていた。それはなぜなのか。じつは窮地に陥った幸村が、伊達政宗の家臣 「片倉重綱(しげつな)」に子供たちを託していたのだ。重綱は、大坂の陣で敵方だった仙 [全文を読む]

明智光秀の子孫が新解明する「間違いだらけの織田信長」

アサ芸プラス / 2015年08月13日17時55分

「戦国武将の逸話には、創作である軍記物の記述に引きずられ、それが定説となってしまうことが多い」──そう語るのは戦国武将・明智光秀の子孫で、先頃「織田信長 四三三年目の真実 信長脳を歴史捜査せよ!」(幻冬舎)を上梓した明智憲三郎氏。実は光秀の主君・織田信長にまつわる定説は、間違いだらけなのだという。独自に解明した信長の「真の姿」を明かしてもらった。 信長とい [全文を読む]

信長はなぜ?「本能寺の変」の真実を明智光秀の子孫が解き明かした

リテラ / 2014年12月22日13時06分

それは、作者が「本能寺の変」を起こした張本人、明智光秀の子孫であるからだ。 光秀の末裔であり本書の著者である明智憲三郎氏は、歴史学者でもなければ、学術畑でもない。なんと本職はシステムエンジニアで、大手電気メーカーに入社後、一貫して情報システム分野で活躍してきたのだ。その理系の発想をもって、これまでの「定説」をことごとく否定する論理的手法も話題に拍車をかけて [全文を読む]

なんでも鑑定団・国宝級茶碗に陶芸家「どう見てもまがい物」

NEWSポストセブン / 2017年01月23日07時00分

“お宝”は明治時代に大工をしていた店主の曾祖父が、戦国武将・三好長慶の子孫の屋敷を移築した際に大枚をはたいて買い求めたもの。25年以上も押し入れの“肥やし”になっていたが、気になって番組に鑑定を依頼したという。 この世紀の発見を、テレビ東京は放送前から〈番組始まって以来のお宝が大発見される様子が放送されます〉と書かれたリリースを各メディアに配布するなど大々 [全文を読む]

NHK大河「おんな城主」が男だけじゃないギョーテン新説!(2)家康vs三成の暗殺勝負!

アサ芸プラス / 2017年01月22日17時54分

『問鉄砲』を命じた家康の判断が勝利をもたらしたとすることで、家康や、その子孫の徳川将軍家の権威を高めようとした江戸時代の作り話の可能性が高いと思います」(安田氏) 同様に徳川の威光を知らしめるために創作されたと言われるのが、石田三成にまつわる話である。 豊臣秀吉の死後、豊臣家内で軍務を担う武断派と、政務担当の文治派が対立。加藤清正、福島正則らの武断派の7人 [全文を読む]

サンド伊達は正宗の末裔!? 実は戦国武将の子孫だった有名人

日刊大衆 / 2017年01月10日11時00分

先祖に戦国武将がいる芸能人ならではの逸話ですが、今後も制作側が面白がって、有名武将の子孫を戦国モノの時代劇にキャスティングする、なんてことがあるかもしれません」(芸能誌記者)――近いうちに、戦国武将を演じる伊達みきおの姿も見られるかも!? [全文を読む]

時が止まったかのような信州・木曽路の宿場町!妻籠宿と木曽福島宿を訪ねる

サライ.jp / 2016年12月18日19時00分

■町並み保存発祥の地・妻籠 妻籠宿は室町時代、木曽義仲の子孫である義昌が木曽谷の南の備えとして整備した山城・妻籠城の麓に形成されました。 江戸時代には、五街道のひとつ中山道の街道整備とともに木曽11 宿といわれる宿場が発達。そのひとつである妻籠宿は、規模は南北約250mと11宿のなかで最小ながら、旅籠は31軒、人口は400 人を超えたといいます。 [ca [全文を読む]

【真田丸】大坂の陣を生き延びた?3人の豊臣関係者とは

しらべぇ / 2016年12月11日11時30分

元国連事務次長の明石康氏は、この全登の子孫ではないかと言われている。江戸幕府の落武者狩りから逃れるうちに今の秋田県あたりに定着した説だ。これを裏付ける史料はないが、逆に「明石全登は間違いなく大坂夏の陣で死んだ」決定的証拠もない。いくつかの史料には「全登の討死」が書かれているが、一方で彼の生存を伝える史料も多いのだ。このあたり、先の大野治房と似ている。治房も [全文を読む]

ケネディが最も尊敬した日本人政治家「上杉鷹山」とは誰なのか?

まぐまぐニュース! / 2016年11月08日01時17分

国家は、先祖より子孫へ伝え候国家にして、我私すべきものにはこれなく候 人民は国家に属したる人民にして、我私すべきものにはこれなく候 国家人民の為に立たる君にて、君の為に立たる国家人民にはこれなく候 藩主とは、国家(=藩)と人民を私有するものではなく、「民の父母」としてつくす使命がある、と鷹山は考えていた。しかし、それは決して民を甘やかすことではない。鷹山 [全文を読む]

「真田丸」三成に謹慎を言い渡した男の真意とは!?

Smartザテレビジョン / 2016年09月02日12時00分

――そこに暮らした正家は、どんな人物だと感じましたか?実は、水口で正家の子孫に当たるというお寺のご住職にお話を聞けたんです。正家は関ヶ原で三成の西軍について、負けて自分の城に逃げて落ちてくるのですが、最終的には捕まって切腹します。正家は死の直前に「子供には申し訳ないことをした」と言ったという話を聞いて、「この人は武将であるよりも先に、父親であり夫である“普 [全文を読む]

日本最後の和鏡師に聞く、「鏡」に秘められた歴史と秘密とは

Woman.excite / 2016年03月06日10時00分

当時のカトリック信徒(キリシタン)やその子孫は、国内にカトリック司祭が一人もいなくなった1644年以降、表向きは仏教徒として生活しながら密かにキリスト教の信仰を代々伝えていきました。そんな中でキリシタンたちは慈母観音菩薩を聖母マリアに「見立て」、また一見、普通の鏡にしか見えない鏡に光を反射させることによって、内部に隠されたキリスト像を光で投影することができ [全文を読む]

フォーカス